6/5

カタルは現在、世間一般では絶対に考えられない、とんでもない空想に、憑りつかれており…その可能性に賭けた行動を取り始めています。グローバル化が叫ばれたのは1985年のプラザ合意の時分です。この時に日本の優秀な筈の官僚組織は「間違い」を犯しました。故に、失われた時代を演じる破目になり、近年まで日本国民は「塗炭の苦しみ」を味わっています。

教職員なども…多くが契約社員で正社員ではありません。改善方向にあるとは言え、大学の研究所なども同じ傾向です。この理由は基本的に「1300兆円」の国民資産価値(地価)の減少が、原因の一端を担っています。年金財政も同じです。基本的なマクロ経済の方針を間違った方向に舵に切った為です。そのしわ寄せのツケを、僕らは「失われた時代」で払い続けてきました。

でも…今回のコロナ騒動で一気に修正されるんじゃないか?…と言う幻想に憑りつかれ始めています。金融・財政政策はMMT理論と相まって…正当化され、お金がジャンジャン市場に投入されているからです。「過剰流動性相場」と言う言葉の意味を、多くの人は理解していません。

外人投資家は2015年2509億円を売り、2016年は3兆36887憶円を売り、2017年は7532億円を買っていますが、2018年は5兆7934憶円を売って2019年も4345億円を売っています。今年も既に5月まで3兆6437憶円も売っているのです。彼らの手持ちは、ガラガラの状態です。

カタルは今年65歳になりました。丁度、社員セールスを辞めて31年になります。

1989年の8月かな? 親父が死んだのが7月ですから葬儀も済み…直ぐに辞表を提出して上京しました。この31年間の状況は、証券マンならご存知でしょう。大変な試練の時代です。今回のコロナ禍で営業が出来ない…と飲食業の人は訴えますが、カタルは2年か3年か…それ以上かもしれません。基本的に本格的な営業活動を出来ない時代を長く過ごしました。だって…株を買っても下がるだけの相場だったのです。

「政策」と言うのは非常に大切なのです。この失われた時代下で、この事を嫌と言うほど…考えさせられ、悩んだのです。

日経平均株価の月足推移

このIRNETも、転職を考えて作った会社なのです。そのデフレの関門である22750円と言う株価は1996年の戻り相場の高値です。この1990年代は、銀行が不良債権処理に追われた時代です。池井戸潤と言う作家が書いた、「貸しはがし」の半沢直樹のドラマの世界です。この背景は、宮澤喜一などが間違った政策方針を採用したために、国が富を失ったツケを国民が払う時代です。パイオニアの指名解雇事件など…村論理の崩壊が始まったのです。

結局カタルが上京してから、未だに、一度も…日経平均株価はバブル期の38915円の株価を抜いていません。もう31年ですよ。この時間推移は、いくら「バブル」と言われる環境でも、いい加減にクリアしても良い時間でしょう。今回のコロナ禍の後に、「バラ色相場」がやってくると述べた条件が…今回は揃っているのです。カタルのこの「妄想」は、一気に、この高値(38915円)を奪回する大相場が、スタートしたと言う仮説です。

過去、何度もトライをして駄目でしたが、今回こそ…38915円の奪回です。その為に、カタルは連日、三菱UFJなどの金融株を買っています。本日も寄り付きで2000株だけでしたが…買い増しを実施しました。

昨日、I君が出来高を伴って上がってきたために、この株を、この高値で買い増しを実施しています。公約通り、「Vテク」型になる可能性がある為です。本日も寄り値より買っています。その為に、野村証券を買い増しする余裕がなく、本日の野村証券の買いは、本日は見送りました。貧乏人は、本当に嫌になります。買いたい銘柄はたくさんありますが、実験を継続させる資金がありません。まさにトホホなのです。

あらら…500株を利食いしたG君は、また髙いじゃないですか。本日は、既に1260円まであります。この株は1700円台だったと思います。大株主の買い値です。誰かが仕掛けているから、こういう動きになるのですよ。何処まで…株価が伸びるのか分かりません。

でもカタルは「何れは1万円」になると…ラベルを張った株の一つです。この株にしては、珍しく…出来高が継続しています。一緒に行動をした会員の人は、おめでとう。もう株価は2倍になりました。嬉しいな…。でも貧乏人のカタル君は、残り1500株しか持っていません。でも宝物になるかな? ここでは…同時に膿を出したと思われるU君も強いですね。

やはり…選択と集中の判断は難しいのです。どれに比重を掛けるか?

介護のT君週足推移

カタルは貧乏だから、あっちの水、こっちの水の味を、確かめる為の実験が出来ないのです。アララ…昨日、大引けも買い増しを実施した介護のT君は、今の株価は530円です。いよいよ…先のストップ高の株価556円の奪回に向かう可能性があります。そうして…先ずは、この株価を抜いて、今年の高値2月の682円を抜く動きになるのでしょう。だって…日足では分かりませんが、週足を見ると4ケタ奪回もあり得ます。

何しろ…ニチイ学館が市場から消えて…訪問介護の世界では、シェアNO1の企業になります。ニチイ学館を買っていたファンドは、正当派でしょう。これから団塊の世代が、続々と利用する介護業界の成長を、彼らは高く見込んでいます。そこにニチイ学館がMBOですから、この株を売った資金は、ベネッセより、T君でしょう。カタルはそう考えています。

故にまもなく556円を抜けるでしょうから、そうしたら銘柄を公開して、カタルが、何故この株を買っているか…詳しく説明をします。日本では…介護の分野は成長業界です。

G君の週足推移

それにしても…チャート論から言えばG君の話ですが、今週は819円から始まりましたから、このまま株価が高いと大幅な陽線になります。過去、週間足での大陽線が、下値圏で生まれる時は…必ず、大きな相場になっています。

このチャート論は、かなり有望ですから、お持ちの人は安易に利食いをせずに、買い増しかも知れません。チャートを付けておきましょう。この週足を見ると前の高値を抜く可能性がありますね。何しろ…過去の膿を出し切った可能性があります。新しい相場のスタート地点と考えると…意外に宝物かも知れません。

まぁ、安全を見積もるなら…経過観察が欠かせませんが、あの中期計画通りなら、いずれ…株価は1万円台に駆け抜ける可能性が出てきます。やはりこのG君も魅力的です。

カタルはソニーの子会社だったM3を、安い時に発掘しています。たぶん500円台ぐらいじゃなかったかな? その株、今は市場から大きな評価を受けています。それ以上のものになっても…不思議ではありません。下値の買いがあるから、考えて…買い直すかもしれません。どうするか…。

どうも介護のT君も目先の売り物を消化した可能性があります。もう少し動きを見ないと分かりませんが、一気に「棒立ち」の可能性も、ある株です。介護と言う地味な分野ですが…意外に、この株は仕手っぽい動きをします。

あらら…折角、昨日買ったI君は、目先は売りに押されています。あちゃちゃ…。本日も寄り付きで買っているのに…あれは仕掛けじゃなかったの? また買ってみようかな? 安値が4005円までありますから…それでは4010円で200株の買いを入れます。ハイ、今出来ました。果たして…目先、上手く行くでしょうか?

このG君も凄い動きです。あっという間に100円も下がり、今は1100円です。乱高下をする株です。やはりカタル向きです。カタルは様々なアイディアを皆さんに伝えていますから、それぞれが、自分の力量の合わせ…銘柄を選択すると良いのでしょう。博打が好きな人、博打が嫌いな人…世の中は広いので色んな選択肢があります。利食い出来るものはたくさんあるのですが…みんな買いたいので困ったことです。

米国では人気車種の車は、在庫が足りないと言う悲鳴が聞こえて居ると言います。此方の報道です。皆さんは、あまり悲観的に考えない方が良いですね。あちゃちゃ…意外に押し幅が大きく、I君の安値は4000円を割れました。昨日の買いは、みんな「水浸し」…です。トホホ…。まぁ良いか…。カタル君は、大きくなると思っている株ですから、資金にユトリが出来たら、また買い向かいます。

あらら…介護のT君は、意外に早く556円の壁を抜けるかもしれませんね。あのようなストップ高と言う現象の後、このようにもたつく場面は絶好の買い場の可能性があります。僕らは、あのような現象を「予兆」と呼び…未来の高株価の暗示と受け取り、注意して観察を続けます。

大相場になるケースを見ると…株価は初動の時に、ストップ高から相場がスタートするケースは良くあります。果たして、上手く行くでしょうか?

アララ…昨日、折角買ったケネディクスは安いですね。557円まであります。昨日は590円、586円で1000株ずつ買い増しを実施したのに…トホホです。でも良いでしょう。最近の相場は非常に強いですからね。

大きく続落する事を考えず、高値で買ったら、また買えば報われるケースが多くあります。どっちが良いのでしょう。ロコンドとI君と、そうしてG君の博打と…お金があるならみんな買い続けますが…こちとら貧乏人ですからね。

あらら…馬鹿にしたPSSは2000円台の株価じゃないですか…。300円が2000円? 世の中上手く行かないものです。カタルは手掛けている時に、人気になってくれればいいのに…なかなか、ピッタリと時間推移を読むのはやはり難しい領域です。

綺麗なU君の日足推移

これじゃ…効率が悪いですね。何かに…集中投資をしないと大きな成果は望めません。でもカタルはいつもカスリばかりで…なかなか大当たりしませんからね。困ったものです。神様…たまには「幸運」の二文字を与えて下さい。お願いします。それでは本日はこの辺でお終いです。昨日、買い増しをしたU君の393円は新値かな? いや399円ですね。この株もチャートがすごくいいですね。チャート論もなかなかです。それではまたね。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2015.08.25

    08/25
  2. 2018.02.16

    2/16
  3. 2017.12.01

    12/1
  4. 2017.03.22

    3/22
  5. 2016.02.24

    2/24
  6. 2015.04.07

    04/07
2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
株式投資関連の本