3/1

先ずはお詫びです。既に削除しましたが…昨日の原稿に誤りがありました。「三菱商事」(8508)の件で…「ケンタッキー・フライド・チキン」(日本KFC=9873)の話しでした。「マクドナルド」の藤田商店とは関係ありません。この藤田田さんの部分を削除しました。ごめんなさい。以後気を付けます。まぁ、勘違いも良くあるので…読者の方も、自分なりに精査して、レポートを活用してください。

昨日は、午後から…眼科の検診でした。何しろ、1年以上前に白内障の手術をしたのですが、その時の検査で「緑内障」の可能性を指摘されて通院しています。失明に到る可能性があるので怖いのです。

でも調べて観ると…これも癌や認知症と同じで高齢化による国民病なのでしょう。確率はかなり高いのです。カタルも気づきませんでした。普通に見えるのです。眼圧が影響している事しか分からないようで…カタルの眼圧は正常なのです。だから目薬もないのですが…医者は脅すのです。医師と言うのは大げさです。3か月に一度から、4か月に一度の経過観察です。

いや…ビックリしましたね。「ジェイドG」(3558)の話です。突然の「買収」案件です。

読者からメールを頂き、ありがとうございました。この所、多くの方から、色んなメールを頂くようになりました。ようやく…皆さんも元気になって来たように思います。これが…「名目経済」なのですよ。日本は34年間も、まともな政策を実行してなかったのです。

アベノミクスから方向転換をしたのですが、未だに「トヨタ」(7203)など…は村論理です。コロナ後の金融引き締めの影響もありHV旋風の神風に助けられています。過去最高利益を叩き出しているから…カタルは他社に先行して10%程度の賃上げを発表しろと述べました。しかし駄目ですね。此方の報道です。

同業の「スバル」(7270)や「マツダ」(7261)は既に6%の賃上げを発表しています。マツダはメキシコへの投資も拡大させ…経営者の資質の違いを感じます。

昨日も述べましたが「持ち合い株の解消」を進めると…真剣に経営をしないと「即、退場」です。テスラのイーロンマスクはなかなか生産が思うように上がらない為に1か月以上かな? 兎に角、工場に寝泊まりをして…陣頭指揮に当たったのです。真剣度合いが違います。昔、植木等の♩「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ…」と言う歌がありました。今は真剣に…頑張らないと駄目なのです。

ハイ、「ジェイドG」(3558)の寄り付きを、取り敢えず、200株だけ買って、この株を買うために、無理をして…他の玉を外したので、もう300株を追加で買いました。買いたいのですが、カタル君は常に目一杯なのです。信用の枠が空いてないのです。

実は忘れていました。昨日は、他の口座でも、もう500株を買っていたのです。だから昨日は全部で1500株を買ったのですね。その前は2000株です。でも嬉しいやら…もう少し粘っているなら…「株数」も揃ったでしょうに。まぁ、仕方ありません。

名目時代の基本は「新高値を、買え!」なのです。

だから「雪だるま投資」が、有効になります。しかし実質経済下では、株高は何時も短期間です。だから「薄利多売買」の目先の戦略になります。場合によれば…「空売り」なのです。でもカタルは空売りをしませんからね。

基本的に株式投資の場合、どんな高値を買っても「恐く」はありません。仮に「ジェイドG」のストップ高を買って、株価が下がっても…「構わない」のです。「ブツブツ投資」は、非常に優れた手法です。「一度に買わない、一度に売らない」

人間は神様ではありません。それは上手な「売り買い」を前提に…行動をしますが、そんなに世の中は甘くはないのです。必ず、失敗をします。

だから…失敗を前提にして、行動するのが「ブツブツ投資」です。まぁ、一般的には「ドル平均法」とも言いますが…カタルは、ブツブツの隣だったのです。彼は、いつも伝票を100枚程度、出していました。毎日ですよ。一日中、電話をしています。夜も…です。歩合セールスの多くは、3時の場が引けると家に帰りますが、彼は6時、7時、場合によれば、もっと長く電話をしていました。

1万株を買うなら、先ずは1000株投資…と言う具合に「分散」をします。毎日、買えば…良いのです。カタルは面倒だから…そこまで細分化しませんが、彼は年収が2000万円以下になることはなかったのです。常に…です。日経平均株価が7000円台でも…なのです。相場に関係ない営業です。

皆さんは、兎に角「自己愛」が強く…、常に自分が、「他人より優れている」と思っているようです。さも…「自慢」をしたがります。でもカタルは、自分の考えに自信を持っていますが、過信はしていません。常に相場観を修正しています。

先日は、「メルカリ」(4385)で、下値観測の2100円を間違ったときにどうするか? 書きましたね。最近では…大阪チタンを2640円で500株買い、そうして2600円でも500株を買いました。でも2640円で買ったのは、「間違いだった」訳です。

だから本日は下値の2600円の買い物は残して…2640円を買った玉を2674円の微益で抜けました。常に…「市場価格が正しい」のです。失敗したら、欲を言わず、まず失敗の原因を探ります。そうして市場価格に、自分の買値を合わせようとします。

「ジェイドG」(3558)の印象は、よく分かりません。報道通りなら…株価は間違いなく「新高値」(4180円)を更新します。時間だけの問題です。

でも田中君は面白い男ですね。やはり好きなタイプです。いつも「フライング」のように見えます。でも経営者はこうでないと駄目です。いつも…自分自身を、高い目標においてチャレンジをして…尚且つ誠実な行動をしています。

カタルは「自社株買いのおかわり」を観て…しかも株価を彼は常に観察していますね。だから「株主愛」に溢れています。彼が経営を続ける限り…カタルは永遠の株主でしょう。持ち株を5000株にするか…1万株にするか…決めかねていましたが、今は1万株でも…少ないかな?と思い始めています。

でも貧乏人ですからね。1万株だと…他の「楽しみ」を奪われます。でもこのように株価が上がると…担保で利用できます。あの時に無理をして5万株にして、そのまま保持しても良かったでしょう。でもカタルは「安全策」を取って、2万株を投げたのです。そうして残りは2万株にしたのです。

でも…ね。こんなものです。良い経営者なら、長く…応援すれば良いのです。まぁ1万株は確定ですね。場合によれば…株価は1万円から2万円となる可能性もあります。都心のマズマズの所でも「マンション」を買えます。1万株です。

カタルの息子が、勤めている会社が「経営の失敗」で、株価は100円台だったのです。その時にカタルは折角だから、「株を買って置け」と言いました。でも彼は「社員持ち株会」に入り…微々たるものです。その株価が、今では4645円です。馬鹿ですね。息子の結婚式の時に、カタルにお金があったら買っていたのです。

いつもチャンスの時は「金はなし」…なのです。「ヤフー」(4689)の時も、そうでした。今回の「ジェイドG」のチャンスは活かさないとなりません。5年間ぐらい…の我慢でしょう。

そう言えば…同じようなメールも頂きました。

名村造船(7014) の日足推移

「トヨタの下請けの扱いが変わるそうですね。ダイハツやトヨタ織機の不祥事は自分たちが厳格に期日を守るように無言の圧力かけたためと反省したそうです。まず、あれくらいの大きな会社になれば自分を信じた忠実な部下たちの方向転換の時間が必要でしょう。第二は下請けの賃上げや設備投資に余裕が生じるはずです。加速度原理で何倍もの効果が出るでしょう。ほとんど忘れていた名村造船(7014)に大きな利が乗ったので半分売りました。のんびりを忠実に実行しています。かたるさんありがとう。」

この「名村造船」(7014)は、たぶん…船株相場の前後の時の話しでしょう。

当時の株価は500円に届いてないかもしれません。300円台の時から「安い」と感じていました。こんな株は、ゴロゴロ…とあります。色んな選択肢を用意していますから…自分の趣味に合った銘柄を、選択すれば良いですね。

最近でも…「あおぞら銀行」(8304)を、少し…買いました。でもまだ分かりません。「危ない」のです。基本は米国の金利が下がらないと商業不動産のリスクは継続します。依然、危ない選択なのです。

自分が、どのリスクを覚悟しているか? この話です。

カタルレポートでは、カタルは常に「ハイリスク・ハイリターン」の選択です。だから安全策を採用しません。その代わり…常に「リスク分散」も、心がけます。先ほどの「ジェイドG」の安値を叩いたのは、カタルですよ。たった2万株を投げるのも…この株は苦労をする株です。小型現物株ですから、普段の商いは多くありません。

でも…野村証券は100万株程度なら…株価を崩さずに売り買いが可能でしょう。

本日はご報告で…雪だるま口座で、下値の現引きが完了して…担保に余裕が生まれましたから、もう5000株を、本日の「寄り値」(853.1円)で追加しました。これで、この口座は全部で55000株です。

それぞれの証券会社により信用取引のルールは違います。でも野村証券は、まともな会社に見えます。先ずは、「信用金利の安さ」です。そうして80歳以上になると…たとえ建玉があっても即刻、信用取引の禁止だそうです。つまり社会的な概念で…80歳以上の人間は、まともな…人間とみられないのです。これが社会の基準であり、ルールなのでしょう。

昔は、預かり資産が6000万円だったかな? 野村証券で信用取引が出来なかったのです。その理由は「危ない」からです。自分が、どのリスクを取っているか? 自己責任なのです。

この考え方が、多くの読者には「希薄」です。ある日…全銘柄の株価が「売り気配」のまま…「ストップ安」するのです。カタルは一度、経験があります。

だから常に、建玉全てを「現引き」できる資金力が必要です。「破産」の覚悟をしている人は構いません。ヤクザと違いますから、命が引き換えになることはありません。ヤクザは家族まで…追いかけます。どんな行動も、「リクス」があるのです。

もう…あまりスペースがありませんね。

本日は他にBASEも買っています。330円が12000株買えました。下値なら更に…買い続けます。同じことなのです。新興株はジェイドGが先行して、BASEやメルカリに物色は波及します。勿論、ソフトバンクGもそうですが…カタルは距離を置いています。

今はS君を買い始めました。野村の5000株の追加が活きるかどうか…。もうジェイドGは心配いりません。前にも述べています。田中君は、上場企業のなかでも…「かなりの資質」を持っています。信頼に値する人間でしょう。当面は、彼と一緒に心中です。

今日は金曜日です。チャンネル権を確保出来たら…「不適切にも程がある」と言うTBSのドラマを観ようと思っています。1回目を観ました。カタルの心情を語っているドラマでした。「パワハラ」?「セクハラ」?…カタルは良く知りませんが、頭を軽くポンポンしたら…退職なのでしょうか? 全く…余裕と言うか、「ユトリ」が消えた社会に見えるのです。

包容力と言うか…。こんなドラマが描かれるのです。だから日経平均株価は34年ぶりに高値を更新したのでしょう。「大転換期」の可能性を感じています。また…明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

IRNET

本サイトは、「今日の市況」(月~金)、「株式教室」(土)、「コラム」(日、祝)をほぼ毎日発信しています。

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去のIRNET

広告

株式投資関連の本



連絡先

kataru at irnet.co.jp
(at をアットマークに変えて送ってください。)