7/16

いや…本日は忙しく、今まで売買をしていました。今日は9時26分からの書き出しです。何故、皆さんの多くは「株価を観てから」行動をするのでしょう。事前に、カタルは「相場の流れ」を説明しており、その通りの展開に…実際の現実も「近い動き」になっています。

まぁ、多少はカタル自身のシナリオと実際の値動きは違いますが、概ね…事前の「観測通り」です。

「クックパッド」(2193) の日足推移

前から述べていますが、基本的に「市場要因」が良ければ…と言う条件ですが、それなら、ほぼ「完ぺき」に近い形で「事前告知」をしていると考えています。

問題は、最後の「時間軸の壁」ですが…この精度も、最近の「クックパッド」(2193)から「ニデック」(6594)も、今回の「出前館」(2484)は一般読者には伝えていませんが、会員には「事前告知」をしています。

「リクルート」(6098)の日足推移

昔に遡るなら…「リクルート」(6098)は自慢の一つです。これだけの大型株です。時価総額は10兆円を超えています。

さらに2年前から…時間は掛かっていますが「川船」(9107)も、なかなかの成績です。そうして、今回の「ココペリ」(4167)は株価が倍増です。「クックパッド」も倍増ですよ。あとは、読者の皆さんが「判断」をすることです。

「大阪チタン」(5726) の日足推移

確かに「大阪チタン」(5726)などの事例もありますから、完璧とは言えませんが、過去の実績を観れば、相場が良くなった今年からの成績は、「馬鹿でも儲かる」相場です。

何といっても、嬉しいのは「ジェイドG」(3558)の「正当な評価」への「復帰」です。ここで「お詫び」と「訂正」です。カタルは「500株は、最低は買う」と述べましたが…本日は1960円まで買いに行く指値だったために、未だに買えていません。

「出前館」(2484)は500株だけですが…寄り値の321円で買いました。この理由は「寄り前の気配値」の為です。出前館はストップ高気配で、ジェイドGは、確か…安かった気配値のように思ったのです。だから1960円で指値をするなら「買えるだろう」と思っていた為です。でも実際は違いました。公約を撤回します。ごめんなさい。

本日は「売り」ばかりです。

特に「ココペリ」(4167)です。何とかして…寄り付き間際に「株価の窓」を空けないように…ずいぶん、カタルの持ち株を売ったのです。「空売り」(実際は繋ぎ売り)まで、用いましたが、結局は「多勢に無勢」でした。

600円でも、売れるとは…驚きです。何しろ…カタルの手持ちが消えるほどの勢いでした。何故、300円台の頃から…何度も、何度も繰り返して…この株の魅力を伝えているのに、皆さんは、それを無視して、株価が騰がると追随をするのでしょう。

「ジェイドG」(3558)も同じです。

カタルは先ずは、当たり前の話ですが…会員様に、下値での「買い増し」(1500円台の株価)を一緒にしました。そうして一般読者も1700円台でしょう。一緒に、ジェイドGの株を買っています。

「決まっている事」なのに…何故、皆さんは現実に株価が動かないと行動をしないのでしょう。つまり…自分のシナリオを「信じてない」のです。自分自身に、確信が持てないから、「付和雷同」の行動になります。

「三菱UFJ」(8306)は、ようやく…たぶん休みなのでしょう。

「三菱UFJ」(8306) の週足

しかし600円の所から1000円以上も株価は上がりました。この意味を、誰も「的確な解説」をしていませんが、カタルは早くから…実質経済が、名目経済に変化している様子を伝えています。

「野村証券」(8604) の週足推移

つまり「貨幣乗数」効果が発揮されますから、ようやく…お金が動き始めています。だから「資産投資の雄」である「野村証券」(8604)だけを、買っていても「それで、良し」と述べています。そうして…本日は「ココペリ」を買うために、売った「野村証券」を買い直しています。寄り付きの956.5円で5000株だけ買いました。

カタルは、何故、その株を選択しているか? 

その「事前告知」を、分かり易く解説して…そうして実際に行動をしているだけの話です。仮にカタルと同じ行動なら…「ジェイドGの口座」は、株価が戻る時間を待たされましたから、あまり運用成績は良くありません。

しかし…その失敗した「アフターケア」も、ちゃん…としています。別に2800円台で買っただけの人も、時間が経過するなら…大丈夫です。しかし、「ジックリ」…時間を待たねばなりません。

でもその他の口座は「すこぶる」好調です。既に今年は3倍増を達成しています。これはカタルにとって…過去、最高の運用成績です。それ程…「市場要因」が、とっても…良いのです。別にカタルが優れているのではないのです。「市場の力」に、「助けられている」だけの話です。これが「名目成長経済」の原動力です。市場参加者に「希望」と光を与えて、未来の「夢」を見せてくれます。「アメリカン・ドリーム」が存在するから、米国は強い国なのです。

でも日本の「失われた時代」は、実質経済成長の「希望のない世界」です。

だから池井戸君は、「三菱UFJ」を辞めて…小説家として今では立派な立場になっています。「ココペリ」の近藤君は、同じころ…彼は、少し「基準が緩い」…「みずほ銀行」の出身です。しかし同世代ですから、銀行の「理不尽な行動」を現場で、経験をしています。たぶん…池井戸君と同じように、「貸し剥がし」の「社命」より…人間としての「倫理観」を大切にしたから、銀行を退社した可能性が高いのです。これは、カタルの「勝手な想像」です。

ようやく「社会の流れ」を変える人種が、育ってきたから、実際の日本は大きく方向転換を始めたのでしょう。

もともと…安倍政権の誕生の時に、その路線は決まっていましたが、時間軸が延びたのは…村社会の「抵抗勢力」の影響でしょう。最近も、安倍派閥は壊滅に追い込まれています。馬鹿は、いくら、この話をしても理解しようとしません。でもこのカタルレポートを読んでいる若者の中から、未来の日本を「背負う人」が育つことを願っています。過去のレポートは右のカレンダーから遡って…20年分以上の苦悩の…歴史、「愚痴」が読めます。

カタルは「希望」に燃えて…地方から妻子を連れて上京しましたが、「返り討ち」に遭いました。瀕死の重傷です。でもそれでも「雑草の如く」、根を張り続け…未来の夢に向かって伸びようと「努力」をしています。カタル自身に、残された時間は余りありませんが、意欲ある若者の「肥やし」になるなら…生きている価値があります。互いに頑張りましょうね。

カタルもよく分かりませんが…たぶん、一気に「ジェイドG」が2828円の高値を奪回して「新ステージ」に入れるか? 確信はありません。

「ジェイドG」(3558)の 日足とフィボネッチ・ファン

何れ…新しいステージに入るのですが、一気に、その動きが「始まるか」どうか…は、未定です。この分岐点は、たぶん株価で2300円台だろうと分析をしました。先日、お見せしたチャートは安値の951円と高値の2828を結んだラインをお見せました。この解説が正しい「選択だろう」と思ったのです。

「ジェイドG」(3558)の 日足とフィボネッチ・ファン

しかし本日は、最も弱いシナリオである…安値951円と先日、付けた1251円を結んだラインにすると…株価のステージが「新しく変わる」のは…つまり2360円辺りから2400円のラインでしょう。まぁ2400円を超えるなら「新しいステージ」だろうと思っています。

つまり株価は「新展開」を迎えます。

「空売り」も入っていますから、一気に「行く可能性」も否定できません。何しろ、プロ以外の一般の人は貸借銘柄でないから、「空売り」が出来ません。仮に出来るとしても「松井証券」で、「1日限りの選択」しかない筈です。カタルの認識は、そうです。違っていたらゴメン。独自に株を調達できるなら…教えて欲しいのです。

現物株を持っているカタルもたぶん「繋ぎ売り」が出来るはずですが…やったことがないのです。

だから田中君が見ていたら…早く、幹事証券に要望して「貸借株」にして、欲しいのです。もし動かないようなら…幹事証券を、変えても良いと考えています。貸借株の方が、一般の投資家の行動は「取りやすい」のです。投資と言うのは、色んな「手法」があるのです。「ココペリ」の610円も売れました。どうして、この株は、こんなに強いのでしょう。全く不思議です。

「BASE」(4477) の週足推移

他に株を買ったのは「BASE」(4477)を買っています。先ほど266円で5000株ずつ2回ですから、本日は1万株ですね。カタルはまもなく…「BASE」も株価が上がると思っています。

そうです。インドで「アップル」の販売が伸び始めたそうです。この意味は証券マンなら、直ぐに反応が出来ます。中国は「国家規制」が入りますが、インドも変わった国ですが、たぶん中国ほど…厳しく対応をしない筈です。

でもインドは、中国の様な展開にはなりません。その理由は、日本のような存在、つまり…「空洞化の時代」では、ないからです。中国のあの時の成長は、日本が「絶望の淵」にあった時に…古い仕組みの村論理である「終身雇用」を、メディアが「国民に押し付けた」から、仕方なく…日本の経営者は、中国に「生産移転を加速させた」のです。中国の繁栄は日本のお陰でもあります。

このような…流れが見えないと駄目なのですよ。確りした相場観の確立が、「BASE」が安値水準になっても、株を買える行動になります。だから「クックパッド」も「ココペリ」も、安値から株を買うことが出来ます。

「ジェイドG」(3558)は、もう時間の問題で、軽く「背中を押せば」空売りした馬鹿が上値を買います。彼らには、「時間制限」があるのです。いつまでも自己主張を出来ない仕組みです。

カタルのサイトの閲覧数の推移

更に損失が膨らむと…自動的に「強制的に決済」を迫られます。あの時も言いましたが、所詮、機関投資家の「空売り」でも、「ない株」を売ることはできないのです。たかが100万株程度の話しでしょう。みんなが1000株ずつ買って100名です。カタルの読者は、約5000人ほどでしょう。だから…みんなで一斉に200株ずつ買うと、「ジェイドG」(3558)クラスでも、簡単に…「ストップ高」を付けることが出来るのでしょう。

カタルのサイトの閲覧時間の推移

ここでお願いです。「11:30~13:00」の間は、大変混んでいますから…時間を変えてアクセスしてください。

まぁカタルは、そんな風に皆さんを煽りません。実際に、本日も「ココペリ」は売っていると「真実を正直に告白」しています。このレポートでは、「嘘」は言っていませんが、脚色をする場合もあります。多少の「色」を付けるだけですが…、基本的に、みんなが同じような行動をすれば…人気は自然に冷めます。

動かない時が華とも言えます。そんな事で…本日はこの辺で終了です。最後にこちらの報道は、価値があるのでしょう。またね。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

IRNET

本サイトは、「今日の市況」(月~金)、「株式教室」(土)、「コラム」(日、祝)をほぼ毎日発信しています。

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去のIRNET

広告

株式投資関連の本



連絡先

kataru at irnet.co.jp
(at をアットマークに変えて送ってください。)