2/20

かたる:土曜日の日経朝刊を見て驚いたことに…日経225の採用銘柄が、相次いで新規空売り申し込みが停止されていました。この光景を見て、とうとう…「流動性の罠」と言う弱気心理も、限界点が来たかな?…と感じました。通常、日経採用銘柄は、どんなに株不足になっても逆日歩が付かないものです。大概は…翌日に日証金が借株調整をして、満額処理するのです。それが新規売り停止ですよ。カタルの…この見解に「誤り」があるかどうか分かりませんが、カタルの記憶ではそうですね。野村証券を始め、金融株に停止処置がとられています。

たぶん…決算期に絡む臨時処置でしょうが…それにしても先物との裁定取引のバランスもあり、日本を代表する銘柄の…大型株の寄せ集めの日経平均株価を、決める銘柄での信用規制は、尋常ではありません。それほど…市場には浮動株が消えていると言う事になります。日銀の吸い上げ効果もあるのでしょうが…枯草状態のイメージを強く感じた次第です。秋吉台の野焼きで、煙にまかれ死者が出たそうですが…株式市場でも空売りの死者が出なければいいのですが…。相場に意地は禁物です。負けは負け…素直に自分の見通しの甘さを認め、失敗したら撤退すべきです。

もともと、人間心理の中で、一番、難しいのが後退です。多くの人は、前進は出来ますが、後退を決断する事が出来ません。株式市場の場合…買いの場合は自分の予想に反し株が下がったら、損をして売る事ですね。空売りの場合は逆で、株価が上がったら、損をして買い戻す事です。こんなバカな筈が…。こんな事が長く続くはずがない…と自己弁護します。カタルは、その傾向が強く…危ない人種の仲間です。自己主張をなかなか変えませんからね。最後は世の中が間違っていると…考える口です。だから40億円も飛ばしたのです。

若い内は笑って許せますが…この失敗は精神的に堪えました。でも上京以来…相場を眺め…今回ほど、色んな好条件が揃う年は、珍しいですね。このチャンスを、ものに出来ないようじゃ…人生も終わりでしょう。本当に、考えれば考えるほど…全ての条件が揃い、株が上がることを示しています。そりゃ、カタルだって、ダリオのように最悪のシナリオを考えます。一番怖いのは、米中の対立構造でしょう。

大手メディアは、トランプ政権の失敗に対し…ガンガン叩きます。そりゃ、これだけ識者がコケにされている訳です。識者のプライドは高いですからね。絶対に許せないと…内心は思っているのでしょう。だからフリン氏の辞任劇を、なんやかんや…否定的に捉えます。トランプ政権の内部崩壊とか…。何とかと…ね。でも株屋にとっては、この政権は神様のような存在かも知れません。だって大きく上がって、大きく下がるのは、必定なのでしょう。仮に上手くスマートコミュニティーに移行しても、ヨシです。どっちでも良いのですからね。

カタルが一番恐れているのは、ドルと言う基軸通貨の崩壊ですね。まだ、誰もこの事を述べていません。ドイツのメルケル首相は、良識派の最後の砦です。でもフランスもドイツも危ないですね。ドイツはもともとEU統合で、一番、恩恵を受けた国ですからね。そのドイツでも、政権交代となれば…世界は大変です。でもトランプ氏は、意外に…まともなイメージですね。日米交渉でも無理な要求をしたわけではありません。まだ分かりませんが、基本的にある程度、譲歩すれば…なんとか乗り越えられそうですからね。

しかし…まだ多くのファンドは、懐疑的ですね。やはり米中関係の対立の火種(貿易収支問題)が、どう決着するか…が、一番の見所なのでしょう。でも本日の日経新聞に書かれていますが…12兆円近い配当は、魅力的ですね。早い話…既に企業の現預金残はピーク状態にあり、これから稼ぐ利益を100%還元しても良い訳です。

ケネディクスだって、毎年50億円ずつ自社株買いをすれば…市場の株は、何れ消えますからね。金融規制緩和と言う事になり…自己資本比率規制が緩和されるなら…、大手銀行は一斉に自社株買いに走ります。兆円単位で実施しても…おかしくないですね。だって…純資産価値以下なのです。差額が利益になります。(少しこの考え方は、矛盾がありますが、一理あるのです。)

効率的な資金運用を求められますからね。村論理を主張してきた考え方が、スチュワードシップコードの導入で、大きく変化しています。東芝の問題も村論理の矛盾が噴き出ていますからね。キリンもブラジル子会社の買収など…呆れる危機管理です。株主代表訴訟ものですね。今回の東芝もそうですが…カスばかり掴まされていますね。

古河電工に、日本板硝子など…昔からそうです。契約の甘い内容が、このような損失を生んでいるのでしょう。もっと法律(情報管理)に金を掛けないとなりません。日本人は調査だと…情報だとかの価値を、全く理解していませんね。故に暗号を解読され、戦争に負けた訳です。まぁ、多くの人が、流される生き方しかしませんからね。自ら…道を切り拓く、チャレンジャーは、皆無に近いからでしょう。

昨日、東レを参考銘柄に掲げましたが、良い会社ですよ。機関投資家向けですが…株価は大きく上がる場面を迎えていると考えています。炭素繊維の加工技術も進化しており、利用範囲が広がり…ユニクロのヒートテックに代表される素材革命が進行しています。軽くて…温度調整が可能な新素材がどんどん生まれています。この市場は膨大な市場です。もともと素材と言うのは、利益率が髙いのです。ただ浸透させるまでが大変ですが…日本の新素材は、世界一の技術力でしょう。その雄ですからね。

カタルは大手金融だけでなく…証券マンですからね。あらゆる要望に応えられます。それぞれ読者が、自分の力量の範囲で…銘柄を選択すれば良いだけの話です。みずほ株を買っておけば…インフレが加速しても、大丈夫ですよ。まもなく、みずほも自社株買いを実施するのでしょう。みずほの一株当たりの純資産価値は325円です。しかも7.5円の配当ですからね。これは…まさに宝物です。馬鹿な機関投資家が、10年物国債を買う心理が、全く理解できません。

ただカタルは、いつも述べている様に…ハイリスク派です。故に本日も一旦は売ったのですが、やはり未練がありクラウドワークス株を買っています。良い会社ですからね。あまり見かけない収益構造で、既に上場しているから、競争力は増すばかりです。業界最大手のランサーズとの収益差も、きっと縮まっていることでしょう。まぁ、未上場株のような会社なので…乱高下は、仕方ありません。少し買えば…ストップ高を連続します。だからカタル向きなのですが…。いくら、良い会社でも東レや三菱UFJじゃ…。まとも過ぎて…、カタルの性格に合いません。

でも素人の読者は、自分の力量の合わせ、銘柄を選択しなくてはなりません。カタルは上場廃止になっても…へチャラなのです。東芝だって、選択するケースによりますが…株を買って上場廃止になっても、その覚悟で相場に臨みますからね。貧乏人は、何か、売らないと…新たに株を買う事が出来ず嫌いです。もう少しお金があれば…なぁ~と、ないものねだりです。

幾つかの…焦点があり、本日は注目しています。一つはDeNAですね。金曜日に述べたように…あの日が、転換点の可能性が存在し、本日は木曜日の高値2480円を超えられるかどうか…。

更に、これは…どうしようかな。来週にすると、株価が上がるかも知れないし…。先日も…そうでしたね。ボヤージュは…。今、高値保ち合いをしている700円前後の株ですが…2014年に上場したのですね。その時の高値が、なんと14100円で…その後5分割したので、だから…高値は、2820円なのですね。この会社に惹かれています。昨年の高値が860円ですが…そこをクリアすると、一気に1300円から1400円台でしょう。まだ、たった1000株しか…いや1200株か…しか買っていませんが、興味を持って株価を眺めています。

明日は…そのチャートを提示しましょう。果たして、読者の皆さんは、このヒントだけで…カタルの考えている銘柄が、分かるかな? こんないい相場環境は、なかなかないですね。ケネディクスは下値がないし、今回の玉の吸い上げで…軽くなると良いですね。今年は増額修正が、確実なんです。問題は、この流れの相場環境になり、経営者の姿勢が変化するかどうか…なのでしょう。関心を持っている仕掛け人筋も、相当…多い筈です。だから、気分はルンルンルンです。それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

IRNET

本サイトは、「今日の市況」(月~金)、「株式教室」(土)、「コラム」(日、祝)をほぼ毎日発信しています。

2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

過去のIRNET

広告

株式投資関連の本



連絡先

kataru at irnet.co.jp
(at をアットマークに変えて送ってください。)