5/26

コロナ禍で、一気に…日本が「流動性の罠」から抜け出せる可能性が出てきました。この意味は会員の人には分かると思います。日本もようやくデフレの亡霊から抜け出せる可能性があり、同時に先の話になりますが、やはり「財政ファイナンス」を「咎める」現実がいつか訪れるかも知れません。 

世間では「MMT論理」と言うけれど…人間の倫理観として、やはりMMT論理は、ある意味で間違っているんじゃないかな? だから必ず、そのツケを払わざるえない事態に追い込まれます。日本は食物自給率が低いですから…ね。はやく…中央銀行(日銀)がひっぱり、米国は無理でしょうが、欧州や中国も加えたデジタル通貨の実施を検討すべきでしょう。

どうして、こんな発想が生まれるか…と言えば、最近の日証金の回転日数の動きです。この日曜日かな? コラムで様々な指標を掲げました。米国のマネーストックの様子。日証金の回転日数、そうして東証の裁定残推移、この買い残が最近は減っており、売り残と買い残の差が開きました。なんと…2兆円を超えるのです。

通常、人間は希望を持って、未来を歩みます。明日はもっと良い生活を…と言う具合です。だから必ず、日経平均株価の先物が高くなり、現物株が安く、通常は先物を売り、現物株を買う行動が常なのです。普通の人はそうなのですよ。

ところが…連日メディアはネガティブな報道ばかり繰り返します。この報道を観て人間は知らずしらずの内に、未来は暗いと思い込むのです。これは自然な現象です。特に日本人はある意味で従順なのです。戦後、ロボット教育を実施してきたために独創性がありません。江戸時代からの共同責任体制の村論理は浸透しています。あらゆる条件が今の日本人を作っています。

しかし…市場原理の株価は、全然、論理が違います。村論理の奉加帳が回り、みんなで助け合う精神ではなく、競争に敗れた奴は市場を去り、新しい仲間を迎えるのです。「創造的破壊」を好みます。変化を求めるのですね。

ところが日本はフジテレビの日枝さんを支持して地検が動き、高額報酬を妬み…地検が動きます。そうして今回は、黒川さんの追い落とし…村派閥の勝利です。逆に安倍政権の支持率はどんどん低下しています。でも…変わるように思います。

今回のコロナ禍は、いろんな面で「時代の進化」を早めます。オンライン診療が良い事例の一つ、レムデシビルの早期認可なんて…あり得ない工程です。そうしてアビガンがどうなるか。新薬認可の世界も、村社会の話しです。

日経平均採用のRSIの平均値の推移

ここで一つ…日経平均株価とRSIの資料を提示しておきます。このRSIと言うのは、値上がり幅と値下がり幅の比率の話です。この週間のRSIの戻りの鈍さも、コラムで掲げた推論を裏付けています。本日、発表される先週末の信用残の推移が見ものです。

これら仮説を繋ぎ合わせると…ケネディクスは一段高をすると言う結論が導き出されます。 故にカタルは、連日買っています。本日もたった2000株ですが…買い増しを実施しています。これは希望的推察かも知れませんが…。

日経新聞には、いろいろ載っていますよ。テレワークでオフィス需要が減る、コロナ禍で不動産を利用する人が減り、賃料が落ち込むとマイナス要因が並びます。でも果たしてそうでしょうか? そう思うなら…ジャンジャン空売りをすれば良いのです。ケネディクスは貸借銘柄です。市場はどんな意見を持つに人にも、門戸は開かれています。カタルは常に実践派です。

さて…連日買い続けているロコンド君、近日中に株価が反転するように見えます。本日は昨日の下値1077円を割り1071円まであります。

25日線を待たずに…反発路線を歩んでも良いように思っています。本当は13週線の1000円割れもあるかな?…と思っていましたが、意外に、なかなかの出来高推移に感じます。果たして…この観測が当たるかどうか。それとも希望的観測かなぁ~。

カタルは25日線ラインまで視野に入れ、買い場を探していましたが…昨日、買いました。まぁ連日、買い下がっていますが…。別口座でも買いました。株価位置は高いけれど…やはり良く見えるのです。

ケネディクスの日足推移

本日は、一つの事例を掲げます。このチャートの形は下値が切り上がる「揉みあい」です。このように…株価の動きが止まるのは、売り物の壁がある為です。しかしこのケネディクスのように、下値が切り上がるのは、買い方が有利で…下値を買い続けている現象の時によく見られます。でも確実ではないのです。

ロコンドの日足推移

先日、一気にロコンドが駆け上がる可能性もあったのです。だからカタルは、あの1200円台の揉みあいを買ったのです。でも壁を破れず、調整を入れました。「やって駄目なら引いてみな」…。これは自然の原則です。無理をせず、一旦撤退をして…次の参加者を待てばいいのです。良い物なら、必ず、株価が下がる事で、応援部隊が現れます。

でもあの1200円台の時に、下値を切り上げていたので…てっきり一気に、上昇したら困ると思い…カタルは高値を買いました。今回のケネディクスがどうなるか…。急騰した後によく出るチャートの形なので、覚えておくと良いのでしょう。

大型株の三菱UFJの戻りは鈍く、今の相場を象徴している様に見えます。みんなが利食いを急ぐから…シコリ感が生まれないのです。だから意外にこの傾向が続くかもしれません。ケネディクスはコロナ禍の戻り相場で、「指標」観が出てきました。ひょっとすれば…一気に行くかもしれません。この「指標」観(観は感かな?)と言うのは、先日のソフトバンクや三菱UFJのように市場が注目する存在と言う事です。此処でソフトバンクの生い立ちが面白いので纏めてあります。此方が参考になるかな?

もしケネディクスが行けるなら、仕掛け筋が入っているレオパレスも可能性が出てきます。目先は逆風だから相場になります。「疾風に勁草を知る」パターンです。株式投資は少数派の論理なのです。だから「人の行く裏に道あり花の山」と言います。一般常識の逆説的な考え方で物事を考える必要性があります。勝者ばかりに目を向けず、敗者の論理も理解せねばなりません。両方の考え方のプロセスを理解して、相場の臨むことが求められるのでしょう。

でも相場が大きくなるためには、様々な要素(条件)が整わないと駄目なのです。未来図の話になりますから、やはり分かりません。

市場の整合性とは…例えば…千代化の株価が最近戻り始めています。この現象は相場全体が温まって来たから、戻っている訳です。つまり先駆したソフトバンクの動きは千代化の株価に影響を与えているとも言えます。カオス論理のようなものですね。だから先駆する指標銘柄の動向は重要なのです。あれだけ…叩かれています。でも彼は素晴らしいと思います。韓国だから幼少期はまだネガティブな環境の筈です。カタルの小さい頃もチャンコロと言って、毛嫌いする人は大勢いました。たしかABCマートも三木さんも…彼は北だったかな? 頑張っています。

でも日本人はやはりモンゴルより日本人の横綱を求めますからね。まぁ、民族論は根深い感情なのかもしれません。

今、ロコンドが上がり始め…1125円に15000株以上の売り物がありますから、カタル自身も500株だけ、この壁を買いに行きます。ハイ今、出来ました。果たして、どうなるでしょう。追随の買いがあり売り物が切れました。1127円まであります。このように…自分で売り物を全部買える力があっても、絶対に勝っては駄目です。少しだけ買ってみることを勧めます。原稿を書いている僅かな時間なのに…先ほど1080円ならいくらでも買えたのです。でもカタルは1070円から下に5円刻みで買いを入れただけです。

そうか…別にロコンドだけでなく、全体の相場が強いんですね。今の日経平均株価は426円高になっています。デフレの関門は22750円です。カタルはコロナ禍により、ようやく「流動性の罠」から脱出できると思っているのです。進化が加速します。

難しかったら、もう少し皆さんが関心のある個別株の材料話などもしますよ。難易度を下げた会話も出来ます。カタルはカメレオンのように変身できる証券マンです。ある日は買いと言い、翌日になると売り場です。…と平気で語れる証券マン、人生は「塞翁が馬」の口ですからね。要望があるなら…メールをください。

介護のT君は何故、昨日ストップ高したのでしょう。決算をみましたが、良かったのですが、ストップ高する内容なのかどうか…それとも仕掛け筋の「狼煙」でしょうか? 先日のロコンドがそうでした。こんな形の押し目をカタルは買いました。そうしたら、すぐに利食いが出来ましたね。介護のT君もなかなかですよ。だからやるなら、この押しを買うべきでしょう。今の株価は546-549-525-526=552300(10:42)です。

カタルは蛍のように…あっちの水、こっちの水と飛び回りたいが、資金力が乏しい貧乏人です。実は臨時会員レポートを出した時のO君も買いたいのです。でも…あっちこっちの選択は出来ません。的を絞らねばなりませんからね。でもT君も魅力的です。この株は小型株でもないから、何れ直ぐ、銘柄を実名で公表します。本当はフェローテックも発表しても良かったのですが、カタルは情報屋ではなく、銘柄を選別するプロセスを学んで欲しいと願っています。その為に市場の整合性の話などをしています。

今日はソフトバンクの指標性が、全体相場にも影響を与える話をしました。またケネディクスのチャートを観て下値の切り上がりのパターンが重要だと言う話もしており、ロコンドを事例に、押してダメなら引いてみな…の話もしています。カタルはあの1291円まで買っており、合計で1200円台の買いは3500株持っています。一気に抜けて人気株になる可能性を考えたのです。アンジェスのように…。

アンジェスは期間限定の商品ですが、ロコンドは違います。本当に1万円を超える成長株の要素を秘めていることをカタルは昔、潜在成長率の話をしていますね。複利終価と言うマジックのような話を展開しています。ラッセル型の銘柄はそう登場するものではありません。何しろ…誰も道を付けてないのです。自分が道を作るのですよ。このオムニチャンネル販売は革新的な販売方法です。あらゆる商品への広がりがあります。田中君が期待に応えるかどうか…分かりませんよ。何しろABCマートは2800億円ですが、ロコンドは85億円なのです。それなのに…時価総額は125億円ですからね。

普通の人はアマゾンのように…批判をします。でも赤字を垂れ流し、批判を浴び続けたアマゾンは、今ではMAGA相場を引っ張るリーダーの一人です。1兆ドル倶楽部ですよ。100兆円です。コロナ禍が進化を早める事例になるかどうか…試されます。

それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

IRNET

本サイトは、「今日の市況」(月~金)、「株式教室」(土)、「コラム」(日、祝)をほぼ毎日発信しています。

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去のIRNET

広告

株式投資関連の本



連絡先

kataru at irnet.co.jp
(at をアットマークに変えて送ってください。)