カテゴリー:今日の市況

6/4

ようやく…千代化が戻り始め300円台に乗せました。「待てば海路の日和あり」です。三菱UFJは1割程度の上昇率ですが、千代化の上昇率は5割を超えます。ハイリスク派の選択の意味を実感して下さい。連騰を続け…一気に「デフレの関門」(22750円)を突破しています。

色んな資料を読んでいると…誰もが、この株高に「疑問」を呈しています。何れ、株価は下がると言う声が大半です。でもカタルは此処に来て…一段高の可能性を指摘して、本日も「三菱UFJ」と「野村証券」を買っています。加えて「ケネディクス」も追撃を実施しています。このグループは、金融相場の銀行・証券・不動産と言うオーソドックスな金融相場で活躍する業種のグループです。

先日、「強気相場は悲観の中で生まれ…懐疑の中で育つと言う」名言を紹介しています。この背景は、実体経済悪に対して、金融政策と財政出動が勝り、いずれ景気は回復すると言うシナリオです。そのなかで最も恩恵を受ける業種が、金融・証券・不動産と言う金融相場の3点セットです。

PSSの相場

アンジェスやPSSなどの中身のない博打株が、何故、高値を維持できるのか? 通常は必ず何処かで休みますから、その時に利食い売りが吸収できずに相場が下がるものです。しかし今の相場は、全体が強く…底上げになっています。

Jトラストや千代化を見ると分かります。市場はドンドン出遅れ株物色をしており、相場の強さが横に波及しています。そうして循環物色になっています。高値圏で相場が休んでも横ばいになっています。

下がるケースは、ほとんどありません。そうすると時間が経過して…短期の調整が解消されます。そうすると…また株価上がる好循環になっています。これが名目時代の相場のセオリーです。実質時代の株式相場は上がった株は、必ず下がります。だから上がった株を空売りしていると、必ず儲かりました。その逆のパターンに相場が、なりつつあります。

昔の名目時代の株式相場です。既に、この時代を知る人は、もう少なくなっています。カタルなども「年金世代」に成り下がりました。トホホ…。もう現場で名目時代を知る人はあまり居ないと思います。名目時代は馬鹿になれる奴が、勝利するパターンです。強気に高値を買い続けると…報われる世界です。何故、このように上昇相場は息が長いのか?

日経平均採用銘柄のRSI指数の推移

その理由はコロナの二次感染などのリスク、米中関係の対立、ここにきて米国の暴動と危険要因が沢山あり、株価が上がると利食いしやすい環境だからでしょう。ここで面白い資料を見せましょう。このRSI指数は、日経平均採用銘柄のものですが…日々のRSIの戻りが鈍い角度でなので…週間のRSIとのかい離は開いたままです。

ユビキタスの日足

このケースは、ユビキタスのチャートでもお目にかかっています。誰もが怖いから利食いを急ぎます。昨日、カタルは寄り値で三菱UFJや野村証券を買っていますが、何れも陰線の終わりです。みんなが利食いを急いでいるから、こういうチャートになります。その様子は、日々のRSIと週間のRSIの推移をみると分かります。

カタルは他にも…色んなデータを追っています。その何れのデータも、今の相場状況を物語っています。例えば…日証金の回転日数も30日台で早いままです。これは信用で買った人が、直ぐに利食いをしている…姿を示しています。

介護のT君の日足推移

介護のT君なんかもそうです。折角、ストップ高したのに…直ぐに調整過程に変化しています。面白いでしょう。みんなが小さな利幅で利食いをしている現象です。だから相場にシコリ感がないのです。故に相場は継続します。

一方、識者は、挙って実体経済と株価の遊離を訴えて、何れ、株価は下がるの大合唱です。でも実際の株価は上がり続けています。何処まで続くか分かりませんが…「相場は相場に聞け!」と言う諺の生まれる要因です。実践派のカタルは、「捕まるまで」…買い続けます。事実、昨日は、ロコンド株を1410円で1000株買いました。

昨日、ついに株主優待を使ってロコンドで、ランニングシューズを買いました。50%オフで…しかも2000円引きです。でもかみさんは、定価の14000円ほどの商品が良いとか…。何しろ女は強く、歯医者も保険外の歯を入れて1本3万とか言ったかな? 僕と、お婆ちゃんは保険適応です。お婆ちゃんは後期高齢者なので、総入れ歯でも、ものすごく安いのです。ビックリしました。いくら1割負担でも、あんな価格で採算に合うのか…カタルが心配をしたほどです。

兎に角、かみさんの機嫌が良くなるように、カタルはいつも「良いよ」の二つ返事です。今の相場は誰もが、株を買えば…儲かる相場ですから、良い相場です。

そろそろ介護のT君はこの揉みあいを離れて…先の高値を抜く動きに変化する可能性が高いですね。昨日は、下値をなかなか買えませんから、513円と大引けの515円でも買い乗せをしました。本日も、また買いを入れました。介護の世界は地味ですが…日本では成長分野です。何しろ、これから続々と団塊の世代が75歳以上になります。

あれれ…昨日、日経新聞の一面に掲載されても、株価は安かったのに…。本日は何故か4000円台に復帰です。I君の話です。この株は注目していてください。

でも貧乏人は、あっちの水、こっちの水と…気軽に飛び回れません。最近は手の内が大幅に改善を始め…あと一歩で、全快なのですが…。果たして短期口座の全快を祝えるのかどうか。

昨日、後場まで観ていたら…結局、1410円で買ったロコンドですが、今、再び1400円を割れてきました。今の株価は1443-1443-1391-1400=186400(9:43)です。故に1395円で500株だけ、買い指値を用います。昨日、買った1410円が2週間も、3週間も待って利食いが出来ないようでは、目先は調整を入れたいのでしょう。

売り場なんか…誰も分からないのです。カタルはいつも実践を続けて、売り買いをして売り場や、買い場を探しています。今、介護のT君が515円で買えてきました。…と言う事は、まだこの水準は売り物が出ると言う事です。

このように…実践を通じて、相場観を把握しているのです。昨日、本日と三菱UFJや野村証券を買っています。この買いが引っ掛かるなら、相場は休むかもしれませんね。ハイ、今、ロコンドの1395円が買えました。

つまり、このように実践を通じて…相場の体温を測っているのです。神様ではありませんから、誰も高値も安値も分かりません。だから読者の人は、馬鹿な質問はやめて下さい。よく売り場が分からないと言う声を頂きます。そんな場面が分かるなら、もう今頃は、株式投資なんかしません。

でも株式投資は面白いでしょう。世の中の動きが分かるし…自分の観測が正しいかどうか…未来図で判明します。自分の観測が正しいなら利益を得られるし…間違っているならお金を失います。

ロコンドは見所が満載です。売り上げはドンドン伸びていますが、現状は赤字です。しかし昨日も思ったのですが、靴の販売で型落ちと言うのか、少し古いものは50%割引と言うのがあるんですね。つまり、それでも利益があると言う事は、かなり靴の業界と言うのは利益率が高いのでしょう。

かみさんのように最新式の値引きをしない商品を欲しがる奴も居ます。面白い業界です。この株…本当に、ひょっとすると…一気に華が開きますね。このように…I君もそうですが…出来高が落ちないのが良いのです。

I君も一貫して、かなりの出来高を熟していました。株価は動きませんよ。でも連日30万株近くの出来高を熟しています。この現象は「手変わり」と言うパターンでしょう。

強気の人間が高値を買い、昔から持っている人間が利食いをします。カタルは3000円以下で買ったものを、本日は現物に変えました。ロコンドもそうですが…基本的に2割以上、株価が上がると…信用で買ったものを現物に変えると、担保価値が増します。そうするとドンドン更に、資金力にユトリが出てきます。これは証券マンのテクニックの一つです。

カタルが1410円の高値圏でも、ロコンド株を買えるのは、下値の買いがある為に…冒険が出来るわけです。いざとなったら下値のものと、一緒に売れば良いと思うからです。でも…今回のコロナ禍は、下落のスピードも速すぎて…千代化の400円を買い続けていたら、あっという間に300円を割れて、下値効果もなく損切りを余儀なくされました。こんな事もありますから、絶対ではありません。

プロは様々なテクニックを持っています。皆さんが会得するのは難しいと思いますが、時間を掛けてノンビリやりましょう。そうして毎日カタルレポートを読んで、実際に一緒に100株だけで良いから、行動を共にすれば…会得度合いが、早まります。

机上論では、なかなか身に尽きません。空手でも型をやります。体に動きを覚えさせます。口で言うのは、偽物の評論家だけで充分です。自分が、株価は高いと思うなら「空売り」をすればいいのです。でも…ね。調べると分かりますが、とっても安い株がゴロゴロしています。

5年分の利益で、発行済み株式が全部、買えると会社など…理屈では、あり得ない株価が付いているのです。カタルがお金持ちなら、間違いなくTOBをします。本日も買いに行っているU君の売り上げは1400憶円なのに…株価が370円で発行済み株式総数は1929万株です。 つまり時価総額が71億円しかないのです。売り上げの10%にも満たないのです。通常は20%~30%程度が、標準なのでしょう。やはりいくら赤字でも安いと思います。

今、人気になっているPSSをカタルが、何故、買ったか? 遺伝子解析は時代の流れです。先ずは時代背景が合っている事。更に、この株はMSワラントを発行しており、下値で、全部、株に変えたんです。つまり大量の仕掛け玉を、手に入れることに成功しました。

その時点で、今日の「仕掛け」は、容易に想像がつきます。大量の株を集めるのは大変なのです。しかも株価位置が低い所で…。大きくなる株は色んな素質を持っています。あとはタイミングの読みです。これが、なかなか難しい。アレレ? I君は4100円台です。これって、新高値? アチャチャ…昨日はヒントがあったのに…。こっちを買えば良かったかな。このように…難しいでしょう。時間の読みは…。

昨日大幅に下がったG君は、また4桁復帰です。やはり…ね。この株も1万円候補のラッセル組、ロコンドにI君と…カタル向きの銘柄が揃っています。どれをやるか…。それぞれ読者の好きです。自分の行動は、自分で決めるのです。色んな展開が考えられます。来週はFOMCにSQが絡みます。海外投資家は、これまで日本株をずっと売り続けており、日本株の在庫はありません。やはり大型株も捨てがたいですね。

今日は先日、買えなかった318円のU君を370円で2000株を買って、合計で1万株しました。更に介護のT君も買い続けています。もう既に1万株を超え…13000株になりました。下値をしっかり拾って待っていれば、何れ…市場が評価する時も来るでしょう。

ロコンドも2000円の高値で買わずに、このモタツキを、買い増ししておくと良いかも知れません。でも600円から既に1400円ですからね。でもやはり…こいつは魅力的な存在です。カタルはトコトン付き合う覚悟です。捕まって、御用になるまで、相場についていきます。

誰も高値は分かりません。上手に行動をしようとせず、無理をしなければ、どんな高値でも買い続けることが出来ます。自分の力量配分に気を付けて、行動しましょう。それでは…また明日。

I君はVテク型と述べました。あの時のVテクはこんな出来高から、いきなり300万株以上、出来て株価が上昇をしたのです。もし本日100万株を超え…大幅高するなら、カタルは高値でも追撃をします。やはり300万株以上の出来高が望ましいかな? でも出来るかね。そんなに出来高が…。

あららG君は、またストップ高? やはり誰かが買っている可能性が高いですね。この株も魅力的です。あっち、こっちに飛びまわる資金が欲しいなぁ~。困ったな。みんな、買いたいカタル君です。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。
2020年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
株式投資関連の本