11/25

ようやく…アノマリーの2週間が経過します。本日は11月11日に2327円を付けた2週間後が本日の11月25日です。前回は10月27日に2336円を付けたので、その2週間後11月10日に解除になる予定でしたが、残念ながら1円だけですが新安値を更新し、条件が成立せず、その翌日の11日に2327円を付けたので、そこから2週間が新たな観察期間になり、本日、大引けまでに2327円を下回らず、それ以上の株価で推移するなら、ロコンドの調整波動は9月2日に4180円から11月11日に2327円までの47日間の調整期間が完了したことになります。

ロコンドの日足

この考え方はあくまで…カタルのこれまでの経験則から生まれたジンクスと言うか…アノマリーです。カタルは、本日は先ほど2450円で1000株を追加で買ってみました。果たしてどうなりますか…。

次は前の二つの山を越えると…新しい上昇波動に移行することになります。厳密には2745円を抜いて2750円を付けたので、その株価を上回ると、上昇波動入りを確認することになりますが…この僅か5円の意味があるかどうか。安全を見積もって、3350円の株価を抜いたら強気に転換すると良いと思います。

カタルは今でも今年は「ロコンドで始まり、ロコンドで終わる」相場になるだろうと予測しています。しかし昨日、本日の日経平均株価の大幅高を見ると…誰も信じないでしょう。本日は証券株の野村証券なども高く…名目時代入りをした相場付きに見えます。ここから始まります。

昨日かな? 株式投資金額と債券投資金額の比率を話した「リバランス」の考え方を紹介しました。およそ31兆円の資金移動が起るというものです。

その話の中で…カタルが機関投資家ならエレクトロン(8035)などの持ち株比率を減らして、コニカミノルタ(4902)のような割安株を組み入れると述べています。早速、本日の寄り付き段階で…コニカミノルタは買い気配を付け髙くなっています。市場から…一定の支持を得られたのでしょう。

カタルは株屋ですから…投資家の性格により、いろんな銘柄をご用意できます。村田製作(6981)は、何れ5桁銘柄と述べており…この所、連日、株価が上昇を続けています。この話を東邦チタンの時ですから…2018年末から、ずっと述べ続けています。

時間軸は、人それぞれで違います。自分の合った投資を心掛けましょう。そうして…己の「力量把握」は、自分だけが分かる分野です。どのリスク・ウェートを選択しようが勝手なのです。

カタルは今でもケネディクスは割安だと思っており、連日買っています。本日も2000株を寄り付きで買いに行っていましたが、意外に株価は飛びませんから、もう5000株を追加で本日は7000株を買い増ししました。

こう書いているのに…未だに多くの方から、ケネディクスの問い合わせがあります。公開ページで毎日述べていますから、それを参考にして下さい。同じことを返信するのは面倒なのです。皆さんは…株の「鞘抜き」に神経を使い過ぎです。そんな神様の領域が分かる訳がありません。

自分の価値観を育てて下さい。カタルは自分自身の「ものさし」を持っており…相場が間違っていると考えるタイプの人間です。

だから三菱UFJの株価は謎のまま…マクアケやBASEなどの株価も理解できません。しかしロコンドは、他人が見捨てても…本日は2450円で1000株だけですが…買い増しを実行し、ケネディクスも寄り付きで…合計7000株を買っています。昨日も2万株以上を買いました。もう枠がありません。常に、「目一杯の人生」を歩んでいます。

ケネディクスの事を聞かれますが…カタルには分かりません。他人の行動を事前予知できるほど…神様の様な領域の人間ではなく…あのストップ安の568円を5万株以上も投げる人間です。そうして…この高値の755円で買い直しているのです。

カタルは、以前…こう述べています。経営者が変われば…簡単に株価は1000円以上だと述べており、誰でも、普通ならその程度の経営は出来ると言い、オープンハウスとの株価比較を提示しました。

ですが、やはりリーマンショックから…金融庁の政策は「恐怖」だったのでしょう。その「トラウマ」がある為に、宮島さんは慎重な行動を採り続けました。最近まで…ですが、2017年2月辺りから…ケネディクスは方針転換をしました。例のCREの株式を15%引き受けましたね。業務上の付き合いとは言え…他社の危険資産である株を買いました。たぶん…宮島さんは、この辺りから考え方を変えたのでしょう。

ケネディクスの持つAUM残高は、「宝の山」です。

良質な収益不動産を「兆円単位」で揃えるのは、今では不可能です。2003年、みずほが倒産すると騒がれたような環境から蓄積した財産です。あの時は、竹中平蔵が銀行を恫喝して、大手銀行の不良債権処理を強引に強行したのです。そんな環境は二度と訪れません。そうして蓄積された良質な収益資産の不動産のAUMが1兆8837億円、これに6209億円の他社支配分が加わります。この意味が理解できないようでは…。

カタルはこれに加え…世界のヘッジファンドの運用状況の話をしています。ミレニアム・マネジメントの話です。

これだけ丁寧に解説をしても、自分が株を買ったからどうのこうの…聞いて来る人が大勢います。他に…いったいカタルに何を求めるのでしょう? 

株価の行方など…神様でないと分かりません。カタルは40億円の飛ばした男です。そんな男に完璧な読みをしろ…と言う方が無理な注文です。常識で物事を考えましょう。その為に高島屋の隣の空き地の話をしました。30年間ですよ。良質の不動産資産を集めるのは大変なのです。

カタルは、ケネディクスは経営者さえ変われば…簡単に株価1000円程度なら直ぐに変身させることが出来ると述べています。簡単ですよ。1兆8837億円も自由にできる資産があります。

コニカミノルタの株価が、どうして…300円台なのでしょう。同じことです。日本株で運用している機関投資家は、馬鹿投資家です。時代が見えていません。時代を感じて下さい。株価が上がるとワイワイガヤガヤ騒ぎ…本質を見ようとしていません。カタルは皆さんの本物の投資家になって欲しいと願っています。自分の相場観、価値観を育てましょう。

ですが…カタルが正しい訳ではありません。だからカタルが推奨しているケネディクスは空売りがまだできるのかどうか…分かりませんが貸借銘柄です。コニカミノルタもそうですよ。反対なら…野村証券もそうだし…「空売り」をすればいいのです。

自分の価値観を大切にして、行動をしましょう。カタルはマクアケもBASEも絶対に株を買いません。ですが…三菱UFJは、しょっちゅう…「買っては投げ」を繰り返しています。

果たしてロコンドは、どうでしょう。本日、本当に「調整期間」と言う「喪」が明けるかどうか…。2327円です。やってみせ、言って聞かせてさせてみせ…なのです。「率先垂範」がカタルのモットーです。偽物人間はどうでも良いのです。自分だけは、常に真剣に…本物を目指すために、試行錯誤をしています。それでは…また明日。 



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

IRNET

本サイトは、「今日の市況」(月~金)、「株式教室」(土)、「コラム」(日、祝)をほぼ毎日発信しています。

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

過去のIRNET

広告

株式投資関連の本



連絡先

kataru at irnet.co.jp
(at をアットマークに変えて送ってください。)