投稿者:kataru

6/7

米国では債券にヘッジファンドのショートの関与があり、金利が3%台に上がったと言います。しかし最近の報道を観ていると…9月頃のFRBの対応は0.25%と0.5%の利上げに割れているようです。カタルは、まだ金利が下がるは思っていませんが、しばらく…大きな動きはなく…「高止まり現象」でしょう。基本的にインフレ圧力の動向がハッキリするのは、もっと後の話です。

米国10年債の利回り推移

その間の基本は、全体相場の「値固め」と、「仕手系株の物色」で…ゲリラ戦だろうと思っています。

本日は昨日、買えなかった「BASE」(4477)の340円の残り300株と他に1000株を340円で1300株買いました。他には「メルカリ」(4385)を2100円で追加購入しました。メルカリは、かなり…カタルとの「相性が良く」気に入っています。人間と言うのは、儲かる…儲からない…と言う判断だけで、株式を選択するわけではありません。カタルには「カタルの好み」があります。

この所…「目を付けていた」のに逃した魚で大きいのが「大阪チタン」(5726)です。この株はカタルの好みの株です。欧州筋のファンドに玉が入っており、それを種に、時々…バカ相場を演じます。相場なんか…所詮は腕力ですからね。

一時的な株価なら、お金さえあれば…いくらでも操作できます。そうして選択しなかったけれど、今回は「QDレーザ」(6613)も惜しかったですね。此方は日々観察になっており…それでも見逃しました。本当に…何のためにデータを取っているのか…自分でも呆れます。

長く…相場に携わっていると、仕手性のある株は、自然に…自分の脳裏に焼き付きます。

過去の相場がイメージされます。今回、Jトラストに加担しているのは、過去の動きがあまりに強烈だったためです。株価は10倍なんてもんではなく…数十円の株価が4750円台ですからね。本当に驚きました。藤澤さんは、そんな強運の持ち主です。その何十倍、100倍近いのかな? その時は現役の証券マンでしたが…ただ、ただ…呆れるばかりで観ているだけの人でした。だから…2019年に「入れ込んだ」のです。

今回は増額修正で…まもなく四季報が発売され、好業績が一般化されます。基本的に決算短信を読んでいる人など…僅かです。この四季報が発売される日が、基準日のようなものでしょう。もう直ぐです。本日は450円~下に5円刻みで1万ほど…買い物を入れましたが、全く…駄目でした。強烈にフルイを入れる仕掛け筋もあるから…何とも言えませんが、まぁ、ノンビリとお手並み拝見です。

でも大阪チタンやQDレーザもそうですが…上がる株があるだけ、今は良い相場です。失われた時代のなかでは…何をやっても、駄目だったのです。上がる株が「皆無」だったのです。そんな時代を知っているだけに…株を買って、儲かる今の相場は、この世の春です。昨日は安いと思っていましたが…結局、日経平均株価はプラスですからね。驚きます。

日経平均株価の日足推移

本日は200日移動平均線27939円の攻防です。先ずは「千里の道も一歩」からです。

カタルは常々不思議でした。親父が死んで…一所懸命に生きようと東京に出てきて、その後はバブル崩壊で歩合外務員の生活をスタートさせました。これは…大変な悲運の確率です。

そうしてその後、たった一度も、高値を更新したことがなく…「奈落の底」の転落人生です。どう考えても…日本と言う国は、おかしい国です。市場原理主義者のカタルにとって、株価が上がらない国の政策は、「間違っている」という立場です。本当にバカ政策です。

よくこれだけの馬鹿が、上に行けるものです。なにが…東大法科のエリートだ。記憶力が良いだけで…これだけ長い期間、時代の進化を止める政策は、やはり間違っています。ところが…岸田さんは、支持率が高いと言います。何もしない内閣が支持されるのです。

日本人らしい選択です。此方の報道がありました。やはり…カタルと同じように考えている人は居るのでしょう。

まぁ、かたるは結果が、全て…の人間です。彼は、時代に恵まれた…強運の持ち主でしょう。丁度…企業の内部留保が484兆円で、個人の現預金が1092兆円の時に…首相のチャンスが来たわけですからね。コロナも面白いでしょう。

群馬銀行株(8334)の週足推移

尚且つ、ドラスティックな展開で…首相になったのです。これも運命でしょう。どう考えても…日本株は上がるしかない訳です。しかも「金利裁定」は絶対なのです。昨日のリストのなかにも、地銀の「群馬銀行」(8334)が挙がっていました。調べてみれば…分かります。どれだけ「割安な株」か…と言うのが、分かるでしょう。しかも配当利回りは4.37%です。

何故、「SBI」(8473)が地銀へ関与しているか? 何故、村上ファンドも地銀株を買っているか? 誰が考えても…「当たり前の理屈」です。馬鹿でも儲かる日本株です。

問題は東芝のようなケースです。日産自動車もそうですが…村社会論理です。日本人は、このシステムを捨てようとしません。本日の日経新聞にも「競争原理が働かず」…となっています。 「臍が茶を沸かす」とは、このことです。自分達、メディアが改革を拒む報道を繰り返して…よく言うわ。バカバカしくて…話になりません。日本人の多くは、本当の実態を知りませんからね。ロシアのプロパガンダは、どの国も似たようなものです。米国だってフェアではありません。

だから…カタルのような「いい加減な人生」で、あまり考えない「パッパラパー」が一番です。真剣に考えていたら…自殺の選択肢しかなくなります。「寛容の社会」を実現させましょう。あまり深く追求しないことです。

Jトラのヤフーの掲示板を観ると…くだらないやり取りをしています。生産性がないというか、なんと言うか…。今の日本国民のレベルが分かります。もっと面白い論争をした方が良いですね。株には、売り手には売り手の理屈があり…買い手には買い手の理屈があります。

米国の金利論争などは面白いです。どちらが正解なのか…。その時間軸も。それぞれで違うから…やはり多くの人は、この時間の概念が欠けています。

人間と言うのは、諦めるまで時間を要します。最近の「BASE」(4477)なんか…をみると、ようやく諦めつつあるように感じています。カタルは買ってみたい株を、たくさん見ています。でもなかなか資金がないですからね。でも下値圏の株を100万から500万株ほど…本当は1000万とか買えるだけ…下値で集めてみたい株は、沢山あります。みんな、何故こんな安値なのか? 悩む株ばかりです。

まぁ、カタルファンの方が、ノンビリやりましょう。

時間を掛けるなら、必ず長くレポートを読んでいれば…皆さん、全員が億万長者です。5億、10億は、はした金、100億ラインで普通の金持ちです。世界の富豪はみんな兆円単位です。まぁ、それまで…命が持つかどうか分かりませんが、読者の人で20歳代、30歳代の人は可能性があります。だから…頑張ってください。カタルの残された時間が沢山あるなら…なんとかなると思いますが、この「体たらく」です。話になりません。

オークマ(6103)の日足推移

でも最近「オークマ」(6103)などの工作機械株は強いですね。この現象はカタルが述べている「国内回帰」と「設備投資」が盛んになるという理屈、内部留保が484兆円もあるのでお金が、動き始めている話です。つまり…名目成長時代に入ったことを「裏付ける現象」ですよ。こういう解説が、株価を観ただけで瞬時に浮かばないようでは…一流域の証券マンとは言えません。

日々の株式手数料を、月に1000万円以上を挙げ…尚且つ顧客の財産を10倍に出来るなら…本物の証券マンでしょう。カタルは「入り口」まで行きましたが「ベンチャリ」で失敗をしました。あと少しだったのです。本当に…。最後は金融庁様の「村論理」に、行く手を阻まれました。赤字企業への融資を認めないというバカ政策に、カタルは転落しましたが、当時は分からなかったのです。トホホ…です。

本日は、いくつか気になる株に、打診買いを入れて株価の動きを追いますが…会員の方が優先されます。先日の「京都銀行」(8369)も「意味がある」話なのです。本日の株価は高いようです。先日5850円で買ったのですね。儲かるから売ろうかな? 一度でも…手掛ければ、記憶に残ります。しかし「机上論」の話では、意味がありません。やはり何でも経験です。講釈師はメディアのコメンテーターで充分です。僕らは「実践派」です。さて…そんな訳で本日はこの辺にしましょう。

何しろ、カタルのマンションの前の建設現場が、今、面白いのです。この観察時間が必要です。あれれ? Jトラは下値が全く買えず…今の株価は453-472-453-470=779500(10:28)です。仕方がないから…470円で2000株買ってみましょう。ハイ、470円で追加のお買い上げです。確か…この水準の買いが、カタルの一番の高値かな? たぶん…そうだと思います。

もう2000株追加で買ってみます。ハイ、買えました。

まぁ、あまり馬鹿になっても仕方がないので…時間をおいてみます。昨日の買いは455円まで買えたのです。そんな訳で、僕らは高値を追っては駄目ですよ。下値になったら…玉を沈めましょう。本日は例外です。

今週はCPIの発表を控え…本来なら株価が不安定で、下値を模索する筈ですが…カタルは意外に「底堅い動き」をすると考えています。何故なら、既に先行して、心あるファンドが買い始める時間だからです。中国では滴滴出行(ディディチューシン)の好材料が出ており、明らかに政策転換の方向性が、至る所で観られ始めています。この意味が解るかな? 「ソフトバンク」(9984)は高いですね。

中国と言えば…「商船三井」(9104)などの株価は、どうなるのでしょう。海運株も今は、高値圏での揉み合いを続けています。今、又追加で470円Jトラを買ってみましたが、やはり…なかなか470円買いにはなりません。相場の見処は沢山ありますね。自分の趣味に合う株を手掛けると良いですね。またね。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。
2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
株式投資関連の本