カテゴリー:今日の市況

01/08

かたる:NY市場のブレに揺さぶられる日本株市場。やれ、欧州危機再来だとか、原油安だ…と騒ぎ、メディアは大々的に報道し、大衆の動揺を誘いますが…賢い投資家を目指してくださいね。その為に、カタルは何度も背景を解説していますね。今朝も神主さんから電話を貰いました。彼は先日の高値で信用分のケネディクスを売り、現物は残したそうですが…。その後は、賢く、みずほ株に投資、そうして彼独自なのか、双日を、利回り採算投資したそうです。基本的に両者とも定期預金のようなものですからね。双日は最終ランナーでしょうが…何れ上がるのでしょう。

そうして昨日、再びケネディクスを、信用で買ったようです。僕が投げさせられているときに、金持ちは買う訳ですね。通常は、この投資スタイルが正しいのでしょう。馬鹿が、金もないのに…自分の思惑で無理をして買い増しをするから…保険料を払わされるのです。まぁ、これは貧乏人の性ですね。仕方ありません。しかし貧乏人は、持たない強みがあります。ないものは、ないので割り切りますからね。これ程、強いものはありません。死にもの狂いと言う表現がありますが…負けを認めつつ、最後の「あがき」をするわけです。投資態度としては、決して褒められたものではありませんが、いろんな人生がある訳です。

 

神主さんレベルで…あまり世界の実態を、理解してないところを観ると…一般の知識レベルでは、おそらくカタルの構想などは、理解が出来ないのかもしれませんね。何もカタルが正しい訳じゃないのですが…カタルは考え方のプロセスを公開しており、よく読めば理解すると思いますが、無料だから、きっと情報の価値に安易になるのでしょうね。彼は、およそ20分もカタルの考えを聴いたわけで、弁護士なら2万円程度の料金でしょうかね。でも上京した折に、彼には世話になりました。色んな世界をカタルに見せてくれましたからね。彼も歩合の世界では、ソコソコの成功組です。彼は賢いですからね。

大昔の話ですが、立花証券の石井さんは、囲碁が好きで、彼の娘から帝国ホテルで指導を受け、車代として5万円だったかな? 御礼に包むわけです。彼自身も囲碁が強く全国でも指折りです。何しろ千葉県代表ですからね。きっと賢い全国の金持ちは、神主さんの様に、金利裁定に動いていると思います。だから株は下がりませんね。みずほ株の200円以下などの株価は、その内、消えてなくなるのでしょう。あと5年もすれば…、語り草になるかもしれませんね。ヤフーの200万円の様に…。ヤフーも上場時は、たった200万だったのです。それが5億円だったかな? まぁ、すでに出来上がった大型株なので、そんな倍率はあり得ませんが…2倍や3倍程度なら、あり得る話ですね。それまで3%の配当を享受して、待てばいい訳ですね。個人投資家の強みですね。時間でプロに勝る訳です。

目先の情報を書けと言われれば、カタルも書けると思いますが…、「一買い二ヤリ」が好きではありません。そんな作業はプロのディラーに任せればいいのです。しかし株って良く出来ていますね。今日は、その事を解説しようかな? その前にメールでの問い合わせがありましたが…まだケネディクスのニュースリリースに登場していませんが、「商業リート」が東証の認可を受け、昨日は、それを材料にした面があるようです。何度もカタルはケネディクスの利益構造に言及しています。だから12月17日の既発表をみれば、2月10日と言う商業リートの上場は、決まっていたのですね。先ずは儲かる物件をブリッジファンドと言う形で保管し、リートを上場します。リートは1兆5千億円程度の物件の中から、選んで組成するわけです。みんながハッピーになるように作業をするわけですね。

カタルのケネディクスの企業業績の読みは当たらないと思っています。何故なら、経営者がどの程度の利益を盛るか…経営者の心の「さじ加減」ですからね。他人の心の中は見えません。しかし概算で考えれば分かりますね。底値から、日本の投資利回り採算の不動産は、2割以上は既に上がっています。つまりケネディクスのAUM(受託資産)1兆5千億円の2割は、3000億円です。その内、歩合セールスの様に、4割を抜くとすれば…1200億円が取り分になります。ケネディクスの時価総額は幾らですか? 自分で計算しなさい。もうデフレ脱却なら、ヒローなのですね。スター評価が、確定している訳です。問題は、いつ、これが一般化し、この材料を利用する大型ファンドが、いつ仕掛けるか? そんな事は、誰にも分かりません。だからカタルは、何時も保険料を払う訳ですね。

第一弾が年末年始の予想でしたが…見事に外れ、ハローウィン緩和で一気にスタートと思ったのが、今回の間違いの元でした。この後、春に介護リートが上場されます。12月17日のリリースの様に、後から後から、ぞくぞくと続きますね。本日の日経新聞のリートの解説は、そういう事ですね。 既に割高? 利回り採算だけをみれば…そうですね。しかしこの記事は、「デフレ脱却」の意味を、理解していませんね。カタルは1%の国債金利を観て…、こんなバカな…と考えていました。しかし今では0.2%台に入ったそうですね。人間と言う動物は、目先に弱いですね。美人がベットで裸になれば…当然、人間は我慢が出来ません。しかしカタルは一度だけ…こんな話は、下賤ですね。要するに…人間と言う動物は、基本的に目先に弱いのです。

カタルは、ディスカバリーの「ファスト&ラウド」と言う番組が好きでよく観ます。リチャードは、捨てるような…ボロ車を買い付けて、それを修理して、改造し、高値で売り抜ける番組です。その買い付けに際し、いつもキャッシュを持ち歩き、ボロ車を買い付けます。人間は、目先の現金に弱いのですね。「名車再生」と言う番組でも、マイクが中古車を買い付けるのは、いつも現金取引です。株式取引は、このような商売に似ているかもしれません。誰もが見向きもしない価値を、他人より早く、見出し投資するのです。カタルの場合、失敗も多くありますが…、株は腐りませんからね。下がれば買い続ければいいのです。あるいは…時機到来をじっと待てば、いいのです。007は…いつまでも待っていますね。いい加減に…キリンさんより、首が長~いのです。その内、ろくろ首になっちゃうよ。お化けの世界なんか、嫌だよね。現世での実現を望む次第です。

あらら…冗談を書いていたら、もうこんなスペースしかありません。今日の主眼は、株価は良く出来ていると…と言う解説でしたね。二つの比較チャートを観て…その動きを解説しようとしたのです。今日はチャートだけ載せておきますね。解説は、明日の予定です。それでは…また明日。でも、高値を買ってあげたいね。007の…。是非、増資を成功させたいのです。僕もケネディクスで余裕が出来たら、必ず高値でも買うからね。それまで、待っていてくださいね。株価さん。

s20150108a
image-82



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。
2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
株式投資関連の本