6/23

神様の粋な計らいかどうか…。先ほど、エーザイが下げて来たので12460円で100株の買い注文を入れたつもりが、単位を間違えて1000株の発注になりました。トホホ…。通常は担保がないのですが…広範囲に持ち株の処分をしたので、注文が入りました。その事実に気付いたのは、更に株価が下げて来たので、追加で…今度は12260円で100株の注文を入れた時に、このミスに気付きました。

つまり本日は、既に…合計で1100株を買い、昨日は公約通り新高値の12640円を付けたら事前の宣言通り…成り行きで500株を買う注文を出して、昼寝から戻ると…それが12650円で買えていました。つまり昨日は300+500+500=1300と…本日は今のところ間違ったので1100株を買い、合計で、なんと3100株の手持ちです。他の口座にも持ち株はあるので…さらに膨らみます。トホホ…この間違いが、正解か…失敗か…。

どうなりますか…皆さんも、注文には、充分に気を付けましょう。

まぁ、そんなに気にはしていません。でも調べると「逆日々」が付いているのですね。ビックリしました。こんな大型株なのに…逆日歩? 何故、みんな「空売り」をするのでしょう。どう考えても危険です。今、株価は更に下げていますから…12060円でも100株の買いを入れました。本当は100株ずつ買うつもりだったのです。まぁ何処かで…余分に買った分は処理をしないとなりません。

エーザイは良く分かりませんが、まぁ、高値圏の窓埋め程度しか考えていません。つまり…11500円台です。

基本的に「博打の領域」ですが、カタルは1983年~1984年の小野薬品のイメージで、エーザイを見ています。2万円は難しいかもしれませんが…16000円から18000円は、株価のセオリーと言う物があります。

経験上、株価には、壁となる株価があります。300円、500円、800円、1000円…と言う漠然とした感覚です。でもこういう上下波動が良いのです。呼吸をしているイメージです。結果だけ見ると…毎日、上げているように見えても…ザラバの中で、激しく上下する株は、整理が進みます。前に、おっかなびっくり…買った人は、僅かな儲けで売るようになります。中身が結構、激しく…入れ替わっています。

同様の感覚で「タムラ製作」(6768)と言う銘柄が人気のようですが…こっちは駄目だと思っています。単純に…株価の違いです。バフェットが自社株の分割をしないのは…素人の参加を防ぐためだと言います。悪戯に…大衆が参加する株は、上値も重くなります。浮動株率を見る上で…株主数が問題になります。基本的に資本に比べ、株主が多いか…少ないかは重要です。

本当は一度、12000円を割れた方が良いようにも思いますが…。今のところの下値は12120円です。この辺りで株価は落ち着き始めたように感じます。反転かな?

 

本日9:33のエーザイの板状況

今のオーバーの売りが428500に対し買いは415200株です。こういう板状況の感覚も重要ですよ。更に12270円に5万株ほどの売り板が見えます。これを食うかどうか…。12270円です。しばらく見ていて、株価が下げないようなら、また買い乗せです。仕方がない…こういうレポートで書く以上、100株だけ、買ってみるか…。ハイ、12260円で100株のお買い上げです。カタルの実践解説をします。

そういえば…昨日、原稿を書いているうちに、感覚が麻痺をする話をしています。ほら…5万株の売りが消えました。誰が買ったのか? 可笑しいな? 本当に出来たのかどうか…それとも取り消しですか? 場を丹念に見てないと感じは分かりません。話を戻します。…感覚が、マヒをする話です。

証券マンは、一人の顧客に銘柄の説明をして買わせるでしょう。それを、何度も…何度も…繰り返すと、自分自身が、自分の言葉に酔いしれて…自分自身も、その言葉に洗脳されて行きます。

これが「だんだん良くなる法華の太鼓」です。だんだん…当初は警戒感を持って慎重な行動をしますが、昨日のカタルを見て分かるように…今までは100株だったのに、500株単位になり、本日は、間違ったのですが…1000株単位で株を買っています。

この行動が成功すると…より一層、馬鹿になります。

今のエーザイは「綱引き」状態ですが…何れ、買い方か、売り方が負けます。

そうすると…一気に株価の動きが速くなります。通常、このような「綱引き」状態は、恐くはありません。株が怖いのは最後です。先ほど見たように…一値に5万株の売り物が出るのは、常識的な動きです。昨日は、引け高値なのに…翌日(本日)が売り気配になったのも、常識的な動きです。こういう時は、大丈夫なのでしょう。ただし…博打ですからね。気を付けて、自分の力量を超えない…投資姿勢が重要です。

エーザイの板状況(6/15=14:59)

ついでに…先日の壁の模様を説明するために、取った画像があります。この時も11500円に10万程度93800株の売りの壁がありました。それをクリアして…今の株価は12000円台です。これは6月15日にものかな?

このような仕手系の個別材料株は、全体の相場が活況になるような場面では、相場が育ちません。他の選択肢がないから、相場になりますから、全体の相場が悪くないと駄目なのです。

さてエーザイの話は、「島津製作」(7701)の話も追い風です。何故か…アルツハイマーが血液検査で分かると言う材料が出ていました。こういう感覚は重要です。だから…相場は続くと考えています。

さて「野村証券」(8604)が、「野村総研」株(4307)を売り…特別利益を600億円かな?…を計上します。この分は、今期に繰り越されたアルケゴス分の損失と同じような金額です。これで今期予測は20円ほど…18.5円かな?上がります。先日、劣後債を発行しており、アルケゴス分を埋めています。やはり…この600円割れは、宝物になるでしょう。

残念ながら、外部環境から見て…出番は直ぐに訪れませんが…心配はありません。だから確り…お金があるなら、下値を拾っておきましょう。

カタルのイメージが正しいなら…あの時は小野薬品や持田製薬の相場が終わると…金融株の相場がスタートしました。そうして…バブル時代に突入しました。カタルは今の相場環境は、何故か…あの時に「似ている」と思っています。

だからエーザイを買う気にもなっています。まぁ、エーザイは、痴ほう症のおばあちゃんの介護の影響もあります。体験したものでないと…この病気の意味は分からないでしょう。

野村株は、このアルケゴス事件でスタートに躓きましたが、ここから3年ほど掛けて…ようやく最後の疑問の回答が得られるでしょう。

何故、三菱UFJの株価が4桁以下に放置されているか? …と言う謎です。

コロナ禍の貸し倒れが、はっきりする時分、(来年)たぶん…動き出すのでしょう。証券株は、宝の山でしょう。ここでは…同時に資産運用関連株、「シックHD」(7365)や「あんしん保証」(7183)などの資産運用株も、株価が10倍になる可能性を秘めているのかもしれません。

その前にロコンドです。やはり…買値を上げないと元に戻せません。本日の下値は1738円か…。一昨日の下げ相場でも、たった61円安です。あの日は、日経平均が1000円以上、一時は下げたんですよ。

それにも拘らず、これだけの信用買い残を抱えて、株価が下げませんから、やはり…カタルの感覚は、正しいと思っています。まぁ、エーザイを早めに切り上げて…再度、買いましょう。そのエーザイ、再び弱いですね。今の株価は12195円です。まぁ、1週間程度の値固めをしても良いですね。どちらでもアリです。

他は…ペントアップ需要の「サンマルク」(3395)も「チヨダ」(8185)も高いですね。ですが…儲かると言われても、なかなか…心は踊りません。同様に…景気敏感株の「合同製鉄」(5410)を安値の1600円で1000株だけ買いましたが、あまり心が動きません。

やはり…カタルの性格は、博打人間です。タムラ製作は、全くやる気になりませんが…エーザイは「夢」を語れます。それに…人類の進歩に必要です。だから博打でも筋が通ります。相場を知る為には、たとえ…100株でも良いから、自分が相場に参加しないと…その心の動きが分からないのです。評論家のように…実践をしない奴は、所詮は偽物です。

カタルは常に本物を目指すために、事前にレポートで宣言をして、実際に行動をして、その結果を赤裸々に述べています。

月曜日の下げ相場で広範囲に投げました。あの作業は不要でした。しかし…もし、自分があの相場を見て、動揺をしたのなら、今の株価で持ち高を落としましょう。あの程度の下げで、自分の気持ちが動揺するという事は、自分の力量に対し「過大な持ち株水準」だという事です。

逆にカタルが株を投げた時に、「チャンスが来た、ここから買い下がろう」と思った人は大丈夫です。この心の変化は、自分だけにしか分からない感覚です。株式投資と言うのは…何が起こるか分かりません。

さて、本日の日経新聞の一面に「もうカニは買えない」と言う記事と、昨日だったか? 日韓の防衛費の逆転現象が報じられていました。この意味を、よく自分なりに考えておきましょう。オリンピックで酒を出すとか、出さないとか…。そんな話より、「東芝」(6502)の株主総会の話が、どれほど…重要か。本当に日本人は劣化しています。枝野なんか腐っています。こんな次元のレベルが政治家の指導者? 呆れます。官僚の資質劣化も否めません。

早く、早く…名目成長時代を加速させないと…日本は大変なことになります。もっと真剣に考えてください。何故、香港が劣化したのに…東京が国際金融都市にならないのか? もう東芝のような「いかさま」は通用しません。メディアのレベルがおかしいのでしょう。本物環境を進化させ、実力のある若者が、「頑張る時代」でしょう。

最低賃金の時給1000円は、当たり前です。この程度の金額を払えない企業は、日本に必要ありません。ドンドン切りましょう。雇用がどうのこうの…と言う前に…世界競争に勝てる力を持った環境を作るべきです。

エーザイは博打なので100株程度でも良いのですよ。馬鹿は、カタルだけで充分です。皆さんは賢い投資行動を目指してください。今、原稿を読み直したら…12000円を割れたので、もう100株10860円で指値をしてみます。またね。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2017.07.26

    7/26
  2. 2017.10.16

    10/16
  3. 2017.04.25

    4/25
  4. 2015.02.24

    02/24
  5. 2016.04.28

    4/28
  6. 2017.01.25

    1/25
2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
株式投資関連の本