06/17

かたる本来は、日経平均株価指数も下がる場面かと思いますが…、やはり、なかなか下げない印象ですね。個別で人気株と言うのはあるのでしょうか? 正直に言って、ピンと来ませんね。昨日は売り過ぎた分を、結構、買いましたね。本日も同様です。007は下げたけれど、Vテクはなかなか下げませんね。基本的に下げない株の方が強いのです。007は当然の一服ですが、ここからは、強気の対処です。あらら…買い指値が甘かったかな…。本日も買っています。更に下値にも買い指値を入れてあり、此方は…買えるかどうか。不思議なのですが…昨日の買い指値は、今日になると、みんな消えていましたね。人間の気持ちと言うのは、コロコロ変わるのでしょう。でもカタル君にとって、007は期待の星ですからね。下げれば、自分の力量範囲で、更に買い増しです。

四季報を見ていて思ったのですが、鈴木さんの持ち株は、また増えたのかな? 前回の四季報では31万に減っていましたが、今回は40万になっていましたね。あと何処かのファンドの買いが、名を連ねていましたね。まぁ、たいした株数ではありませんが…。でも会社予想が、信じられていないようで、四季報の数字は赤字が残る予想でした。会社側は黒字を予想していましたが…、この辺りの相違は面白いですね。今回の上昇後、初の押しで…昔から「初押しは買い」との言葉が存在します。この格言が、活きるかどうか…。お金がない場合は、反転を待って買う方法もありますが、ある程度、買えるならドル平均法で粛々と下値を買う方が良いですね。どっち道、企業業績の方向性は、上ですからね。

果たして500円割れは、あるのかどうか…。きっと割れると買う人は多いと思うのですが…どうなのでしょう。それとも、いい加減に呆れているかな? ケネディクスの話ですね。此方の株主は、そのままのようです。数字も平凡なもので…微増予想ですね。そう言えば、傘下のリートが不動産の入れ替えを実施していましたね。野村証券が投資信託やファンドラップなどに、力を入れるのは、プールが欲しいからですね。冷蔵庫の表現の方が相応しいかな?…それとも倉庫? リートは証券会社の投資信託のイメージですね。営業が高値まで買い上げた株を、企業業績の向上が、株価に見合うまで時間を要しますから、その買い上げた株を、保管して置くのですね。野村が過去の営業で強かったのは…持ち合い株を通じての関与があり、何処に、売っても良い株が、どの程度、眠っているか…という情報網が、あるのですね。玉が読めれば、営業活動もしやすいし、相場は作りやすいのです。

このような倉庫が沢山あれば、日々の収益は、簡単に作ることが出来ます。野村証券は株式ですが、ケネディクスは不動産です。ケネディクスは私募債など、様々な引き出しを持っており、必要に応じて出したり保管したりして利益を作ります。1兆5000億円ですから、物件が2割上昇し、3000億円の引き出しがあると…思って良いですね。現在の営業利益は100億円未満です。この3000億円から4割を抜くと、およそ1200億円、つまり12年分のストックがあり、何処かで、一株利益100円台を創ることが出来ますね。おそらく、その時に相場が生まれるのでしょう。要するに出来レースを、いつ行うか?…と言う、その読みですね。世界のヘッジファンドと密接な関係があり、何処でもやろうと思えば、できる環境だと思っています。ただ他人の心の中まで覗くことはできませんからね。

デフレ脱却と言うのは、そういう事ですね。資産効果と言うのは大きいのです。毎日稼ぎ出す利益程度の資産効果があるものです。これを否定したのが、宮澤喜一元総理や三重野元日銀総裁ですね。長いデフレ環境下を続け、日本はこの資産効果を無視してきました。その為に年金積立不足額を補うために、大企業はリストラまで実施したのです。負の遺産を整理してきたのですね。この失われた時代が20年以上も続きました。だから調整は充分過ぎるほど…なのです。故に、いくら日銀が旗を振っても、なかなか流動性の罠から抜け出せないのですね。別に日銀だけの責任ではありませんが…ようやく、初めて安倍政権になり、この過ちに気付き、グルーバル基準で年金運用などを始めた訳です。この辺りの構図を確りと頭に入れてないと、今回の相場が理解できませんね。目先、すこし銀行株が休んだからと言って、オタオタしてはいけませんね。株は上下を繰り返し、上げて行くのです。5年程度、株を買ったら、ほったらかしにしておけばいいのですね。日々、株価を気にするからオタオタするのです。

まぁ、理屈はそうでも…貧乏人は、やはり精神構造が、希薄なのですね。なかなかバフェットのような気骨者にはなれません。株価が上がれば…下がった時に買って置けばよかった。…と後悔し、株が下がれば、売っておけばよかった…と後悔し、日々、心が動揺するのが、人間です。だから投資金額を決めて、機械的に粛々とドル平均法を用いるのが一番でしょう。どうせ、株価の行く末など、誰にも分からないのです。やれギリシャだ、やれFRBだ…と踊らされるだけの話ですからね。所詮は、自分は株が下手糞だと思って、諦めることですね。ただ自分の力量に合った勝負をする事です。此処が一番の問題です。この調整が出来ないから、アタフタして、最後は自殺するのです。どうせ、金の事なのです。たいしたことはありませんね。たかが金、されど金か…。

今一番、興味を持っているのが、やはり007かな? もう少し買おうかな? ケネディクスもあり得るのですが…未だに条件が揃っていないようにも、感じています。やはり信用買い残が綺麗になり、注意喚起が外れるまで、相場がないのかもしれません。どっちなのでしょう。実はファナックも、気に入っていますね。何しろ80%の還元率は凄いですからね。でも日本郵政の上場が話題になるまで…全体は、やはり休んだ方が良いですね。それならゲリラ戦ですからね。昔は全体が休むと…仕手系の銘柄が、良く人気になったものです。個人は豊富な資金を抱えているようですから…これで相場を構築できますね。

カタル銘柄の3馬鹿トリオは、何れも、このような相場環境で人気になりやすい株です。やはり仕掛け人が存在していると思われるのは、Vテクと007ですね。シャープも可能性はありますが…、やはりお金を投じるとなると、確認したくなるのが人情ですからね。この点は、DeNAと構造が似ています。時間が経過しないと、企業業績の先が見えないのでしょう。

2010年2月にカタルは、初めて007に魅了されたのですが、その時はエリオットの波動論の通りの動きでしたね。3段上げを実施しました。今回は1000円割れから1795円までが、第一弾の株価波動です。高値を買った人は、およそ400円の下落で…トホホの心境でしょう。今回の始点が910円だとすると、1795円ですから、幅で885円ですね。通常なら1/3で300円安程度、1500円割れが買い場になる筈ですが…現在はそれより100円も下ですね。早晩、1500円絡みの動きに戻るかどうか…が、一つの焦点かな? でも、まだ乖離が高く、次は75日線と200日線のGCに注目しています。まだ30円程度、開いている様で、一日5円程度、縮まっているようですね。このタイミングなら、来週後半から再来週の頭ですね。

一方、Vテクは4300円、4210円が下値の関門でしょうか…。このラインで留まれるなら、たいしたものですね。一段高が期待されますが、此方も現在は、かなり乖離が開いています。此方は007より、日柄が必要だと思っています。あと最低2週間以上…ですね。でもこの形は非常に綺麗ですね。もう少し様子を見て、買い増しをするかどうか…決めたいと考えています。あまり全体が下がると追証懸念が生まれますからね。そうして折角、買いたいと思っていても、資金不足で手が出ないかもしれませんね。あの幻の受注が実現するなら、間違いなく1万円の壁に向かって動くのでしょう。果たして、どうなのでしょう。

三菱UFJなどは、下がるとは…全然、思っていませんね。ショック安があったとしても800円は、割れないと思っていますが…どうかな? 75日線は831円にありますね。おそらく時間経過で、このラインが上昇するのを、待つのでしょう。一日1円程度の上昇です。現在の株価が870円だとすれば、最低30日以上ですね。8月に入れば、新しい動きが見えるのでしょう。当面は、上下を繰り返す、ボックス圏の動きでしょう。国際優良株は、どれも200日線とのかい離が大きく開いており、やはり日本郵政上場前に調整を欲している様に考えています。だからカタルは、相場はゲリラ戦だと思っています。

少しずつ、段階的に買い増すのが、一番いい方法と思っています。それでは、また明日。トヨタの自社株買いって、…どうもAA型株式の補完のようですね。純粋な意味の自社株買いとは、違うようですね。AA型株式は、どの程度発行するのでしょう。まぁ、いいや…。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2016.09.21

    9/21
  2. 2015.04.01

    04/01
  3. 2016.10.18

    10/18
  4. 2015.10.29

    10/29
  5. 2015.11.24

    11/24
  6. 2015.02.04

    02/04
2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
株式投資関連の本