ガラガラポンと名目時代のTOB

今日は可能性のあるシナリオを述べているレポートがあります。先ずは此方をお読みください。『「今は財産を守る時」日本株と米国株を能天気に買ってはいけない』と言う藤巻さんのレポートです。

このシナリオは、現代の経済学に通用するのか…。MMT理論との絡みがあります。しかし…「財政ファイナンス」を行っていることは事実です。日本国債は日銀が買っているから低利で資金が調達されていますが、この金利が上がったらどうなるか? 

カタルは昔、今回の「構造改革」に失敗をすると、「ガラガラポン」が待っている…と述べています。その事を藤巻さんは述べています。

カタルの多くの読者層は、たぶん…年金生活者が多いのでしょう。あるいは、それに近い世代の筈です。カタルは今の年金の仕組みは、おかしい…とずっと言い続けています。

必ず、自然の原理からして、何処かで…このツケは払わされると思っています。本日の日経新聞には食品価格の実質的な値上がりが載っています。冬になると販売されるロッテの「ラミー」と言うチョコレート、洋酒に漬けたブドウが使われているものですが、今年はパッケージが変わったようです。たぶん、この日経新聞の報道の現象でしょう。実質的な値上げです。

カタルはケネディクスの株価が上がらないのが、不思議でなりません。日銀様がリートを買い続け…利回り低下に貢献をしています。実際に、近年の不動産株の値上がりは凄いのです。このコロナ禍で、一時的に鈍っているようですが下がってなんか…いません。リノベーションで鞘を抜く業者の不動産株は、どれも好業績です。

プレサスコーポ(3254)の週足推移

都内の戸建て住宅に強みを持つオープンハウスが、関西の投資用ワンルームマンション業者である「プレサンスコーポレーション」にTOBをかけるそうです。今期減益予想ですが…一株当たりの純資産が1907円の会社に対し、1850円でTOBだそうです。チャートを見ると、これまでの高値圏ですが、一株利益の今期の予想は283円予想です。

TOBを実施するオープンハウスも良い会社です。此方はこの環境下でも営業増益で今期予想は一株利益が397円です。しかし実際の株価は4020円です。

オープンハウスの業績推移をみると…確実に名目時代の動きになっています。

カタルはケネディクスの宮島さんを批判する理由が、分かるでしょう。ですが…ケネディクスも、ようやくAUMは増大し始めています。この背景は毎年上昇する不動産価格です。基本的に低金利状態が続き、この鞘は非常に大きく、内部に利益がどんどん蓄積されています。今回のTOBが切っ掛けになり、不動産株、全般の見直しに繋がるかどうか…非常に興味があります。

オープンハウス(3288)の週足推移

オープンハウスの株価推移を見れば、カタルがケネディクスを買った時のオープンハウスの株価は、300円から400円台なのです。故に、ケネディクスの…この時期の株価上昇は、納得できる環境です。

皆さんは、あまりに短絡的と言うか…目先主義です。昨日は、モメンタム株の解説をし、今の相場環境を分析しています。確かに…株価の値動きに動く種族が多くなり、目先の需給で、株価がぶれますが…原点は、時代背景と景気循環などの経済的な知識が背景になって株価は形成されます。

この藤巻さんの懸念は、あり得るシナリオで、頭の片隅にしまっておくものです。

その時に、何が起こるか? 名目時代と言うは楽しいのです。ようやく日銀のETF効果が発揮され日経平均株価は「流動性の罠」から抜け出せます。

だからオープンハウスのTOBが生まれたのでしょう。この感覚、このオープンハウスの荒井さんと言う人は、なかなかです。オーナー経営なのですね。もう亡くなられましたが…大京の創設者の横山修二と言う人も、叩き上げで…凄かったですね。シベリアの抑留組です。ライオンズマンションと言った方が、分かりが良いでしょう。

兎に角…名目時代は「雪だるま経営」をガンガンすると、資産規模は飛躍的に増え続けます。カタルがケネディクスを選択したのは、日銀がリートを買っている為です。政策に勝る投資はありません。ですがカタルは…その恩恵を、二つのネック、経営者の資質と、もう一つが「流動性の罠」の為に受けられずにいます。

なかなか相場と言うのは、厄介です。狙いは正しいと思っていますが、タイミングがピッタリ合うかどうか…。

上がオープンハウス、下がケネディクスの業績推移

ここで…オープンハウスの企業業績と株価推移を掲げて行きます。上がオープンハウス、下がケネディクスです。ついでにケネディクスの業績推移も載せておきましょう。

カタルは自転車操業のオープンハウスより、ケネディクスの方が高い時価評価であるべきだと考えますが…実際は1/5程度なのです。経営力の違いと言えば…それまでですが、保身野郎は、やはり嫌いです。ブラックストーンさん、経営者を変えましょう。

それでは…本日はこの辺で、また明日。

明日は、都合により…ひょっとすると、いつもの時間にアップできないかもしれません。たぶん大丈夫だろうと思っていますが、何しろ…かたるが住んでいるマンションでは、通信設備の更新作業があります。夕方にはアップですが…朝の段階では確約が出来ません。仮にアップしてなかったら、何らかのトラブルが在ったと思い、ご容赦下さい。

有料会員の方へ、

深夜に新しい原稿をアップしたので、お読みください。なお、これより2週間は、「クーリングオフ」に応じますから、必要な人は、銀行口座を記入の上でメールして下さい。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2016.06.12

    重なる波
2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
株式投資関連の本