12/27

カタル:昨日のフジテレビはSMAP特集のようで…家のおばあちゃんは、昼からずっと…見ており、かみさんが仕事から帰ってきたら、今度は、かみさんが夜の11時過ぎまでSMAPの番組を観ていました。だいたい…カタルには、まったく関心がないのです。娘がファンでSMAPの会員でした。故に、おばあちゃんも、これまでに3回ほどコンサートに足を運んだそうです。かみさんの話では…嵐のコンサートチケットも手に入り辛いとか…。何が面白いのか…全く理解できません。でも凄いですね。3万人とか…5万人を集客できる力は、たいしたものです。おそらくチケット代は1万円程度なのでしょうから、3億~5億でしょう。会場ではCDの販売やグッズの販売があり…どう考えても良い商売ですね。

昔、ピンクレディーが、大人気でした。彼女達の忙しさは…眠る時間がないほどだったと言います。このピンクレディーを結成し、売り出したのは、元日興の証券マンだったとか…。株屋から、いろんな職業に転職する人も多いですね。モスバーガーなんかも…そうです。伊藤園の本庄正則さんは、自動車のセールスマンで優れた成績を残し、秘書を雇うほどだったと言います。1日1台以上の納車だったそうですから…、凄い実績です。

そう言えば…カタルの知り合いの岡三のKさんも、会社が専属の秘書を付けてくれていました。何しろ、月間の株式手数料が1億円越えですからね。Kさんも凄いセールスでしたね。カタルなど…足元にも及びません。大概、仕事ができるセールスは、何か違いますね。Kさんは戦争孤児で両親とも居らず…兄弟別々に育てられました。故に生みの親と育ての親が違うので…更に兄弟が離れての生活でしたからね。弟さんも優秀のようで、確か…伊藤忠だったと記憶しています。やはり幼年期の生活体験が人間を育てるのかも知れません。「苦労は買ってでもしろ」と言いますが、この諺は本当かも知れません。

でも挫折の連続じゃ…やはり株屋の世界は、カタルのような馬鹿では…なかなか成果を残せませんね。セールス時代のカタルは、とうとう1億円の手数料の壁を達成できず、7000万円台で挫折しました。結局、K氏を目指し、上京したけれど…真似は出来ませんでした。こんな話は面白くないですね。話題を変えねばなりません。本日は年内最終売買日です。故に損切りも本日まで…ですね。カタルも、寄り付きで…5000株ほど損が出るケネディクスのクロス商いを実行しました。もっとも高い買値が470円なので…もうたいした違いはありません。別にどうでも良いのだけれど…一応、節税対策を実施しました。

昨日は…その他、小さな損の出る物を売りました。故に、手持ちは全部、利益を抱え越年です。昨年は、たしか損を計上できず、期日分を現引きしたのです。なんか奇妙ですね。アークの話です。寄り値は123円なのですが…此処で20万程度の売りを用い、全部、買いましたね。カタルと同じように、クロスを実施したようです。損切りか…益出しか分かりませんが、123円は、草刈り場になっている様で、売り物が出るたび…買っているように見えます。カタルも年末なのでポジションを落としたのですが…再び買ってみたい気になって来ました。端を揃えるため…今日は2000株だけ123円で買ってみました。なにしろ年末対策で…持ち株を半分に落としたのです。

一方、昨日、日経新聞のトップを飾ったクラウドワークスは、寄りで1万程度の損切りだったようですね。下値を固めている様に見えます。もう800円以下の買い場は、ないかも知れませんね。ケネディクスも、下値があるようにも見えませんね。来期1Qの利益を固めたようです。来春を想定していますが…来年こそ、花が咲いて欲しいものです。「1300兆円の逆襲」は、壮大なスケールで…嘗ての日揮を大きく超えるものです。

ユビキタスも捨て難い存在ですね。いよいよ車載器関連の売り上げが計上され、マゼラン関連などのドローンも実用化時代を迎えます。JTECの方は、流れが違うので、人気がありませんが、確実に拾っている所があるようで…内容から見て、割高のままです。この理由は黒字化するからですね。利益余剰金の赤字分を埋め、復配体制も視野に入ります。再生医療の分野では、日本で先頭を走っており…量産化技術が蓄積されている筈です。良い会社ですね。昨日の1370円は100株しか…買えませんでした。

そう言い続け…ユビキタスやJTECは、ケネディクスと共に、なかなか仕上がらず…継続投資になっている失敗株なのです。株価に拘わらず、魅力を感じ続けているから、不思議です。通常は…株価が下がると、買いたくなくなるものですが…なかなか上がらないカタル銘柄は、どれも有望に見えるのです。困った頑固な性格です。

小野薬品に胃がん適用申請の材料が出ていましたが、イギリスの薬価動向が…日経産業だったかに載っていましたね。交渉が下手なようで…競業品の後発メルクのキイトルーダに押されているようです。ただ高値から半年が過ぎ…そろそろ妥当株価を模索し始めている様に感じています。でも信用買い残が相変わらず重いから、当分は相場になりませんよ。上がっても…また直ぐに売られます。通常、下値で買った人たちの利食いが、効くようになってから…下値が固まるのです。

半年程度の整理では…なかなか、ここまで膨らんだ信用残を解消するに至りません。株屋の世界では2年間の整理が必要と言われています。勿論、一般論ですよ。通常、4回もクロスをしないのです。人間の忍耐の限度が、その程度なのでしょう。でもカタル君は辛抱強く、3年以上もクロスを続けています。今年も…損の頭は、ケネディクスかな? 高値で買い…安値で投げての繰り返しでした。でも今回は投げるのではなく…持ち株は過去最大ですね。どうなりますか…。

昨日、また新たな手法を、思い付きました。果たして活かせるかどうか…。問題は此処なのです。例えば…そうですね。次期戦略銘柄に良いかな…と思って、検討したメイコー(6787)を発見したのは11月25日でした。その日の終値は553円でした。ところが…チェックリストに載せ、株価を観ていたら…上がる一方で、買うチャンスを逸しました。いつの間にか、ストップ高を交え900円ですからね。呆れて物が言えません。

こんな事例は…沢山あるのです。良いと思って調べてみたら…「行ける」と思う感情の強さが問題ですね。問題は仕掛け人が入るかどうか…なのですが、昨日はボヤージュ(3688)と言う会社を観ていました。まだ、ざっと見ただけで…調べてないのですが、何しろ…これだけ、失敗を積み重ねてきたキャリアがあるのです。そろそろ当たり続けて、卒業式を迎えても、良いように思うのですが…なかなか、最後の壁が乗り越えられません。問題は、どれに集中投資をするかですね。

今回だって、クラウドワークスからSUMCOに集中し、アドバンテストに移行すればよかったのです。それを逆にアドバンテストを売り、クラウドワークスの持ち株を増やしたために、往復で1万株ですから900万円円の違いが、生まれています。まったく…時間の選択が、いかに難しいか…。あのままクリントン誕生で、あの数字の出方が、もう少し良かったら…、2100円を超えて、アドバンを3万程度は買えたはずです。メイコーでも良かったのですね。それを…まったく下手糞です。「タラ、レバ論」ばかり、繰り返しているようでは、いつまでも3流域から、這い上がれません。

そのクラウドワークは859円まで来ましたね。先日の高値が866円ですから、これを超えることが、先ずは、逆襲の一里塚です。最近、考えているのが…DeNAのキュレーション問題の日経報道ですね。昔の日本なら…完全に「アウト」の印象です。ライブドア事件に似た感触です。でも今の日本なら、笑って許せる範囲の問題だと考えています。今日の日経を読むと…任天堂との関係は、維持されると報道されています。この報道が真実かどうか…の判断が求められます。問題はメディアがどう反応し…世論を誘導するのか?…なのですね。読者の皆さんは、この報道と…株価の反応を良く観ていてくださいね。

大阪チタンの底入れ観測は、卒業です。既にボーイング社は減産体制に入っており、野村のシナリオはないと思っています。でも円安で、半導体も好調だから良いのかも知れませんが…やはりボーイングの減産は気になりますね。

代わって…キュレーション問題とDeNAの観察を取り上げましょう。どうせ観察するなら100株だけ、後場の寄り付きで買ってみましょう。だってアップは…間に合いますからね。100株なら、全部なくなっても25万円です。倒産しても…大丈夫ですからね。自分の感覚を磨くのは、実践に勝るものはありません。

それでは今日は、この辺で…なんだか、纏まらない原稿でした。年末のせいかな…? 坊さんも走ると言うくらいですからね。

DeNAの日足推移

DeNAの日足推移



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2018.01.15

    1/15
  2. 2018.06.05

    6/5
  3. 2015.06.10

    06/10
  4. 2016.05.02

    5/2
  5. 2018.08.17

    8/17
  6. 2017.05.02

    5/2
2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
株式投資関連の本