6/19

かたる:今日は良い日かな? 先ずは小野薬品が高くなっています。日経新聞によれば…中国でオプジーボが非小細胞肺がんの治療薬として認可されたと言います。もともと小野薬品は、そんなに力を入れている訳ではなく…相場論の実験で買っている為に、そんなに手持ちはありません。故に不勉強なのです。BMSが販売するのですね。でも良いニュースです。これで再び2814円を奪回できれば…理想的な展開になります。何れ…3000円台に復帰なのでしょう。

もう一つはNPCが日々公表に選択されました。きっと昨日は空売りも入ったのでしょう。でも既に、空売りは回転が効いていると思われます。カタルが手掛けた銘柄の中では…最近の出世株です。昨日に続き、本日も買い乗せしています。今の所は410円から390円まで買っています。実は昨日は大引けの426円も買いました。

この400円ラインで、再び買い増しを実行しています。果たして回転が効くかどうか…。本日の日経新聞にも…応援記事が継続しています。

天然ガスの輸入コストが上がり、また電力料金が引き上がると言う話ですが…日本は他国に比べ高い電力料金です。東電と政府の癒着の関係を見れば背景が分かりますが、東芝も東電も、お仲間企業なのでしょう。故に上場廃止を免れた村論理です。

日銀の量的緩和にもかかわらず、「流動性の罠」から脱出できない理由の一つは、この二重価格制度があるのでしょう。もともと日本独自価格と言うものがありました。これを打ち崩したのが「ユニクロ」です。広島の小さな洋服屋の柳井さんが挑んだ戦いが成功しました。

本家本丸の企業改革が出来れば、日本もグローバル論理の市場原理で動くようになります。今は年初来安値を更新している三菱UFJなど、買収されれば良いのです。10兆円企業の買収も視野に入るなら、もっと違う世界になるでしょう。今年は無理でも…来年はM&A元年になって欲しいと願っています。

たくさんのM&A成功組が出ると…日本も、徐々に変化するのでしょう。その意味で東芝の自社株買いは注目されます。7000億円は、これまでの日本企業では最大級です。何しろ30%です。資本論理の意味を、理解すべきなのでしょう。

これを批判する村論理の報道は止めるべきです。日経新聞さん、お願いします。米国では減税資金が自社株買いに回っています。アップルは代表事例でしょう。その為に資金が還流し、ラッセルやナスダックは高い株価位置になっています。

資金が、古い成功組から循環している現象です。ところが日本は弱者が世に出ると…経団連などの古い体質の企業が新興勢力を叩きます。これではなかなか…社会変革が起りません。今回の自然エネルギー問題のNPCは、その意味でも注目されます。今は400円前後の株価ですが、2000円、3000円と…高収益を掲げる会社に変貌する芽はあります。

前の14670円の株価が理想買いだとすれば…今回は本物路線を歩む可能性があります。まぁ、政策次第ですが…小野薬品の理想買いから、現実買いの初動パターンでしょう。そんなイメージで株を買っています。

多くの人は、仕手株としての評価かも知れませんが…中にはカタルのような見方もあるのでしょう。故に410円から、先ほど385円も買えました。本日は今の所は6本です。昨日は10本買ったのかな? まぁ、500株単位だから合計株数は限られています。

ケネディクスは、窓埋めをしたのですね。先ほど665円が買えました。実は三菱UFJもそうだろうと思いますが、昨年末の期日売りが、相場を圧迫している様に感じています。でも…米国は完全復活のイメージで株価が動いています。又新高値を更新するパターンに見えます。だからFRBは、消えていた年4回の利上げを支持しているのでしょう。カタルは日本人の為か…ダリオ時間を懸念していますが…。この結果は、もう直ぐ判明します。

一度、需給バランスが崩れると…相場を立て直するのは、なかなか厄介なのです。小野薬で学んでください。この次は…古河電工の筈です。

まだ火種が残っているSUMCOは、非常にやばい株価位置です。実は…昨日の大引けで出来高が1000万株を超えていたから、また200株だけ買い増しをしました。

でも古河電工の道を歩んでいるようにも見えます。どちらか? 今は分岐点に株価は位置しています。相場の立て直しは、一度「火種」が消えると…更に大変です。時間がかかるのです。小野薬品が良い事例でしょう。小野薬は業績相場に移行できると考えていますが…多くは駄目なのですよ。

そうだな…「そーせい」などは、良い事例かな? 一時所得を材料にやりました。でも五味大輔さんは、たいしたものです。彼は、その手の株が好きなようですね。一時はユビキタスなども持っていました。彼に、もう少し知識があれば…と思うのですが、一緒にNPCをやらないかなぁ~? これは可能性があります。時代背景も良いのです。

NPCの四季報の違い上が前でもので、下が夏号の最新版

NPCは貸借銘柄ですが…実は小型株です。1000万株で、総発行株の半分程度なのです。全部で2205万株しかないのですね。しかも黒字で復配予想です。ここで前回(上)と今回(下)の四季報を比べて下さい。まだ僅かな変化ですが…増額修正されています。

世界の流れはこれからです。投資には資金が付かなくてはなりませんが…太陽光発電の発電コストは化石燃料より有利ですから、金融が付きます。米国大手銀行が、挙って2000億ドル規模の融資を表明している理由は、この有利さにあります。論理が勝れば…必ず時代は動きます。

だから五味さんは一緒にやる価値があります。彼一人が、数百万程度、玉を沈めれば…株価はドンドン上がります。4ケタ台になりますね。カタルに力があればやりますが…500株単位じゃ…話になりません。今は火種が点いたばかりです。イナゴタワー族が注目しています。このエネルギーを利用できる時間です。

この連中は目先ですが…ある程度の玉を沈めれば、株価など飛行機よりも高く、ロケットのように飛びますよ。まぁ、今は博打です。関心のある方は、時間を置いて観察すると良いですね。100株なら、僅か4万円です。上手く行けば…未来に、その4万円が100万円ぐらいになるかもしれませんよ。

メルカリも上場され…大和証券も、いい加減に…玉をぶつければいいのです。大きな会社なのに…もう株価は4650円の気配値です。最近の証券会社も、腕がないと言うか…育てようと言う気概がないように思います。目先の連中に振り回される輩ばかりです。

今のNPCは株価が下げているのに…442万株も出来ています。413-420-382-385です。どうなりますか…。通常はストップ高で世間の注目を浴びますから、一般の人は6月15日がスタートです。その初押しになります。カタルは下値を買い続けます。でも上がれば売るかもしれません。所詮、貧乏人なのです。

日経平均株価は173円安の22506円ですね。でも、そんなに心配はいらないのでしょう。

今週か…来週なのですが…カタルの想像通りなら、全体の下値はその辺りで止まるのでしょう。何かが先導する筈です。東芝かな?本日は4円高の336円ですね。

1週間休むのかな?それとも続騰するか…NPCが、今は一番、関心が高い株です。他にも本日は○○○株も買っています。本日は安く618円からの始まりでした。でも610円はなかなか買えません。そのチャートを再び掲載しておきます。さて本日は、この辺で…また明日。

○○○の株価波動は変わるかどうか…



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2017.12.07

    12/7
  2. 2018.04.10

    4/10
  3. 2015.11.06

    11/06
  4. 2017.07.21

    7/21
  5. 2015.04.08

    04/08
  6. 2017.11.16

    11/16
2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
株式投資関連の本