5/19

昨日、神主さんがから、電話があり、「あんたに情報料を払うから、会員にしてくれ!」と言われて…戸惑いました。なんでも…あんたに言われた銘柄を買っていたら驚くほど、良く上がったので、お金を払わないと申し訳ないと言うのです。カタルは「知り合いからお金など、取らないよ。メールを送ってくれれば、パスワードを送るよ。」…と言ったのですが、そうしたら、メールの送り方も分からない。…と言うし、あまりカタルのページも読んでない様なのです。

どうも…彼が言うのは、1カ月に1回か2回、電話をするから、色々教えて欲しいと言うのですね。そんなのは今まで通りジャン。いつでも気軽に電話をくれれば応えます。と言いました。なんでも、信用取引をしたいらしく…でもかみさんと娘に止められていると言うのです。だから「見返したい」のだそうです。カタルはようやく…かみさんに借りた追証を全額、返済しました。残り250万円と10万円ですね。ケネディクス様さまです。

その時に、何が良いか…と言われるから、株価は2倍になったけれど…やはり「ロコンド」が、良いんじゃないの。と応えたのです。その時の株価は1200円前後でした。カタルは自分でこの水準で5000株買ったよ。…とも言ったのです。

そうしたら、後場からロコンドが下がるもんだから、申し訳ないなぁ~。じゃ、カタルもまた買い増しをしようと思い、後場から、随時…下値を買い続け、大引けの1154円まで買った次第です。

やはり…現在は、一番、良く見えるのです。一晩寝て…起きるとNYダウが大幅高しています。NYダウは高値を更新していませんが、SP500もナスダックも戻り高値を更新していました。これで戻りの相場が、二段上げになる可能性が高いのです。

悪くても…横這いなのでしょ。理由はモデルナが開発したワクチンが好成績を収めたとの事です。小規模な実験のような段階でこの有様です。ワクチン開発は、時間が掛かることを知っているのでしょうか? でも…市場は「希望」に飛び付きました。

このような株式相場を見ると…名目時代の米国と、実質時代の日本の違いを感じます。

村論理の派閥は、昨晩は「祝杯」をあげていた事でしょう。僕らの世論誘導が成功して法案を延期させた…と、きっと「ほくそ笑んでいる」ことでしょう。情けないレベルです。世論の誘導は、こうやって実行されます。良い事例なので、よく憶えておくと良いでしょう。メディアの情報操作の好事例です。官僚派閥から情報は流れており、メディアは彼らに弱いのですね。ある意味で、一緒の仲間です。

その為に…バルブ崩壊以降の政策失敗のツケが、国民に回っています。最後は電通の高橋さんのような事例を、実際に創りだすのです。

何故、使わないお金を貯める「清貧思想」が正しいのでしょう。カタルにはサッパリポンです。バブル期に妬んだ人間は、もう時間の推移で退職を迎え、現場に残ってない筈ですが、検察の事例のように「亡霊」が出現します。

何が「意見書」だ。老いぼれ爺の間違った方向性の為に、僕らは「塗炭の苦しみ」を味わってきたのです。

でも今回の「コロナ禍」のおかげで、ある意味で…新しい社会が生まれるように感じています。果たして、僕のこの「勘」と言うか…「インスピレーション」と言うか…。これが正しいのかどうか…。

ここで…読者からのメールで気付いたのですが、それと本日の此方の報道をリンクしておきます。このレポートはある方向性を示しています。

ケネディクスの業績推移(四季報予想)
B君の業績推移

ケネディクスの企業業績の推移 と読者から紹介された会社のB君を並べておきます。このBと言う会社は、不動産に積極的で「自己開発」してラッセルを続けてきました。デベロッパーのように土地を買い集めて、一からビルを建てます。利益率から見ると、たぶんそうでしょう。

時代の読みが成功し不動産市況が良い状態が続くなら…利益率はこのように高くなります。しかし、その開発に時間が掛かりますから、その分、市況が変化すると、直ぐに赤字転落をして…大赤字になり「資金繰り」に行き詰まります。ダヴィンチは収益還元法にも拘わらず…倒産に追い込まれました。まぁ倒産と言うか、少し財産は残ったのですが…似たようなものです。

時代を追い風に…リスクを果敢に取って邁進をするか…。慎重な行動に終始するか…。カタルはずっと…ケネディクスの宮島さんを批判してきました。その理由は、この収益力の違いです。ですが…今回のコロナ禍では、宮島さんの経営に軍配が上がります。

何故なら、ノンリコースローンですから、開発して利益が出なくても、担保を銀行に渡せば良いからです。リスクは銀行が持ちます。でも自己資金はパーですよ。物件により色んなケースがあるのでしょう。10%のもの…20%もの…その損失は免れませんが…それ以上の損失はありません。でも銀行を裏切れば…次回は続きませんからね。やはりノンリコースは、カタルは意味がないように思います。

B君は早速赤字の四半期数字を計上

でもこの四半期のB君数字は、早速…赤字計上です。こんな様子です。だから株価は、なかなか伸びずにいました。その様子は此方のチャートです。前に掲げた四季報予想の数字なら、こんな株価はおかしいですからね。しかし…名目時代のバブル期なら、間違いなく…このB君の株価は1万円を超えます。誰もが不動産の未来を信じていました。不動産は下がらないと言う神話が存在して、銀行が必ず担保に取ってくれました。だからです。

B君の週足推移

しかし今の時代の不動産は、負動産と言われる時代です。でもようやく…アベノミクスを始め、日銀の金融政策のおかげで…全国の地価は上昇を始めました。ようやく転換した所なのです。まだ2年目かな?

「1300兆円の逆襲」が始まる条件が整ってきました。そのレポートが、先ほど紹介したブルーグバーグの報道で掲載されているグラフです。ここから数年、いや10年以上、日本は確実に新しい世界に転換できるのでしょう。まだハッキリしませんよ。でもカタルはそう考えています。

このB君は、赤字転落で株価が下がったので、昨日、カタルは100株だけ買いました。何しろ貧乏人なので、観察するために株を買っただけです。

この路線の相場が、本日は展開されているようです。三菱UFJも高いですね。ケネディクスも高いようです。この意味は、低金利が続くし不動産も上がると言う読みが背景にあります。たぶんリートも…今の1700円(1343)は買い場でしょう。2400円台が高値だったのです。地銀の馬鹿どもは、「リスク」の意味も理解してないのです。

カタルは地銀の証券運用部長など…現実に会って営業した経験があります。兎に角、馬鹿レベルです。よくあんな連中が、多額の資金を運用できるものです。その代りプライドは高く学歴偏重です。今こそ…リートなどを買うべきです。やはり今の日本と言うのは偽物国家です。

カタルの考えが正しいか、どうか分かりません。たぶん…ホリエモンは、フジテレビを買収しようとしたので、反感を買ったのでしょう。メディアは村論理を支える「巣窟」のような場所です。いきなり本丸に攻め込んでも、社会構造は変わりません。安倍さんが一人で奮闘しても、森・加計問題、桜を見る会、検察法案と叩かれます。何故、オンライン診療が良いと分かっていても、普及しないのか? 電子カルテもそうです。

案の定、金子さんが奮闘するG君は、大幅赤字の計上になりました。カタルはこれを事前に述べていました。だから、ここから本番になります。でも600円を割れませんね。割れたら、カタルはもう少し買う予定です。

カタルは、これを事前に述べていました。先ほど紹介したB君の業績も、通期では黒字予想になっていますが、これは減額される可能性が高いのです。逆にケネディクスは、ひょっとすれば、ひょっとします。この解説は長くなるので…今日はヒントだけを掲示しました。

読者から、もらったメールが切っ掛けで…本日は「積極経営」と「慎重経営」の違いが、数字に表れた比較をしました。でも実際は、コロナ禍により宮島さんに軍配が上がります。

世の中は…分からないものです。「塞翁が馬」と言うか…なんと言うか。だから世の中は面白いですね。安倍さんが退陣する頃に、本格的な名目時代に移行するかもしれません。

さて、こんな話は面白くないかな? 分かる人は、このレポートの意図が理解できるでしょう。さて相場論の話です。

ロコンドをやろうと思う人は、この下げは絶好の買い場で、早ければ…6月から一気に新高値に駆け上がる可能性があります。カタルはその路線を頭に描き行動しています。その理由は出来高推移にあります。

僕らがやっていた時代と、明らかに違う水準の出来高推移です。まぁ…安全を見る人は、今は打診買いに留め…高値を抜けた1300円台から…馬鹿になって買えば良いのでしょう。でもカタルは更に買い続けます。

さて今の株価は1179-1179-1137-1143=596600(10:31)なので、有言実行のカタル君、昨日も余分に買っていますが、本日も1140円と1130円に500株ずつ買いを用いておきます。どうなりますか…。

ソフトバンクの事も、書こうと思ったけれどスペースがありません。今日は4784円までですね。先日は4912円です。たぶん近々この4912円を抜けると思っています。

当たるかどうか分かりませんが…いつもカタルは、事前に述べて実践を続けて、自分自身が本物に変身するために、努力を続けます。ヘンシン…! 頑張るじゃん。

あっ、今ソフトバンクがジャンジャン売られています。どうしたのでしょう。何か出たのかな? 4425円まで売られ、今は4490円です。それではソフトバンクも、もう100株だけ…先日は4575円で買ったので、100円下の4475円で指値を入れます。買えるかな?

それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2020.01.28

    1/28
  2. 2018.07.30

    7/30
  3. 2019.04.09

    4/9
  4. 2019.05.10

    5/10
  5. 2016.12.02

    12/2
  6. 2018.12.10

    12/10
2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
株式投資関連の本