1/20

かたる:全く…サッパリポンですね。本来はイエレン時間が流れる筈なのに…。何故か、なかなかその時間が訪れません。米国経済は、世界中からの資金流入を受け順調なのです。(考えられるのが…グローバル化した経済構造ですね。故に、昔のやり方が通用しないと言う事かも知れません。)

そりゃシェールガス効果で浮かれた所は、打撃を受けますが、基本構造は原油安のプラス面が大きい筈です。故に、米国の消費は落ち込まない筈です。中国も様々な問題を抱えていますが、過去の日本のようにバブル崩壊に加担し、資産価格の下落を後押しする政策は取りません。故に軟着陸のイメージが正しい筈です。問題はサウジやノルウェイなどの資源関連で、これまで潤っていた国々の動向、更に資源だけのロシアやブラジルなどの動きですね。

昨日、日経新聞を読んでいたら…、大概、カタルの場合、原稿を書く前に日経新聞を読んでないのですね。あとで読みます。故に、昨日レポートを書いた後に知ったのですが、大阪チタンなども持っていると報じられていましたね。それも30%弱で大きいですね。これで大阪チタンの株安背景が…納得です。この株価の行方などが、サウジ売却説の動向を探る、手がかりになりそうです。自走車関連で、カタルはパイオニアを掲げ、サウジが保有していると言う報道を目にし、この程度で押されるようなら、たいした「仕掛け筋」ではないと考えていました。もともとCBも戦略だと考えていたのです。此方の勝手読みでしたね。残念無念です。良い素質だったのです。

世界中の株が、昨年の夏の水準を割れている様で…市場原理の米国も一時的ですが、割れているようです。しかし昨日、初めて…三菱UFJの出来高が1億株を超えました。昨日は陽線率を見ましたが、要するにデータ上は…良い所に来ており、反発する場面のように思います。故に「いちごHD」(2337)、「シャープ」などの注目銘柄を掲げています。昨日はZMP関連のジグソーに(3914)材料が出ていましたが、しかし上値にシコリ感があり、余程の力量がないと高値を抜けるかどうか…。もともとテーマ株は、収益の裏付けが乏しく10年後の技術ですからね。

でもZMPなどの上場予定もあり、行けると踏んで…カタルも偽物相場のテーマ株に乗りました。しかし、まだ残があるとはいえ、この形は仕切り直しを強いられます。でもこの場面で相場らしい、相場にならなかったので…、そもそも自走車関連の人気は、駄目なのでしょう。アイサンの出来を見て行けると思い、テクノスジャパン(3666)まで手を広げましたが、痛手を受け撤退です。損失は大きかったですね。トホホ。偽物相場は…所詮、力がものを言う世界ですから…。つまり今回のジグソーも、スターには…成り得ない可能性が高いかな?

ZMP上場と言う支援材料も、いつになるやら…。もともとIPOなどの多くは、上場前に投資した連中が、逃げる手段です。スタートしてから大物に育つには、様々な試練がありますからね。ヤフーは例外です。だからクラウドワークスなどの方が、既に株価は下がっており、面白いと思っています。何しろ、この株価水準はIPO前の水準ですからね。

さて今回掲げた「いちごHD」は、いい感じで推移しています。昨日発表された信用買い残は減り、新規売り残が増えています。このまま仕掛けることが出来るなら、ケネディクスとの比較感もあり高く感じますから…、当然、空売りが、ガバガバ入ることは必定です。果たして、やる連中がいるかどうか…。問題は収益面ですが、ケネディクスに比べ乏しく見えます。しかし…経営者次第で、経済環境が好転すれば、一気に、一株利益100円台も夢でないのかも知れません。何しろ…森泰吉郎などは、一代で、あの財を成したのです。金融デリバティブ技術が発展した現在において、「1300兆円の逆襲」と言うシナリオは、そういう効果がありますからね。ダヴィンチの金子さんも、あっという間に1兆円からの資産を、一時的とはいえ、手にしたのです。

一方、シャープはホンハイ次第ですね。サムソンも絡むようですが…薄型テレビから4K、8Kへの移行の更新需要が発生し、ここを乗り切れば…簡単に経営の立て直しが可能です。ホンハイが市場原理に則り、TOBを掛けるかどうか…。シャープの借金は7393億ですね。あの7000億円の提案は、面白いですね。株価を見ていれば…何れ判明します。サムソンも絡んでいる様で面白いですね。此処に中国企業などが手を挙げると…もっと面白くなります。でも本来の狙いであるカタルの本格的な立ち上がり相場とは、異質です。

ソフトバンクは株安が続き、本当に…MBOの可能性が出てきましたね。もともと総務省論理が浮上し、スプリントも苦悩しています。まさに四面楚歌です。でもペッパー君が育ち、何れ未来が開けそうに思います。難しい所を買うのではなく…落ち着いてからの銘柄になりますが、株価が下がっており、俄然、興味が湧いてきました。スマートコミュニティーの本命は、確実にロボットです。それも産業用途ではなく…AIの発展が支えるペッパー君のようなロボットですね。この技術はIBMの「ワトソン」と言いますが…アップルのような構造です。グーグルをも凌駕するので楽しみです。カタルの心をワクワクさせる、このような会社が存在するだけで嬉しいですね。先ずは100株だけでも…何処かで買ってみようと思っています。

もう一つが、グリーなのですが…こちらは、なかなか新しい展開が開けていないようですね。新安値を更新しています。先日、あの報道を読み、一旦は打診買いをして…たしか、損切りしたと思うけれど、まだ持っていたかな? 要するに、打診買いなどは…いい加減なのですね。唯一、儲かっている玉が、シャープです。先日、165円かな?162円かな?忘れたけれど…信用期日が来て、クロスを振ったのが…121円でした。たくさん打診買いを入れ、損切りを繰り返していますね。本当に馬鹿です。

そう言えば…昨日の日経新聞に、カタルが紹介したWSJの記事が載っていましたね。米国大手金融株の下落です。日本も同様の動きですね。要するに、異常な金融規制が、今回の事態を招いています。原油安も中国問題も、全ての根源は此処にありますが…なかなかメディアの論調は、オバマの清貧思想を叩きませんね。だから逆に、怖いとも言えます。どう考えても…反発する場面なのに…買戻しがそのまま消化されるほど…実弾売りが多いのでしょうか? この背景が成り立つのは…サウジ説ですね。勿論ノルウェイなどの年金資金も関連します。所謂、SWF資金の動きですね。やはり大阪チタン(5726)だけでなく、ピジョン(7956)なども、かなり下げていますね。大手銀行株の下げの主因も…そうかもしれません。

要するに…可能性は色々あり、観測は難しいのです。このような状態を含め、市場原理では政策を決定して行きます。だから春闘が絡む、日本国にとって明暗を分ける、この時期は非常に重要な局面です。さくらリポートでは改善が伝わっていますが、経営者の感覚は円高推移に疑念を感じています。やはりカタルは「QE3」を、此処で…実行すべきだと考えています。

この辺りは「いちごHD」などの相場にも関連します。勿論、ケネディクスもそうです。黒田さんは…、また言い訳を繰り返す、村論理人間なのでしょうか? それとも精いっぱいの努力する市場原理タイプの人間なのでしょうか? 市場は悲鳴を上げていますからね。ここで…「天下の宝刀」を温存するようじゃ…、日本の保身主義の経営者と、何ら変わりませんね。やって駄目なら、市場が納得するまで…何度でも、やればいいのです。最後は、売り物全部を、日銀が買えば、それで済む話です。日銀に敵うやつは、日本には居ません。何しろ…日銀はラストリゾートなのです。ガラガラポンのリスクを考えれば、ここで…行動を起こす場面でしょう。それほど、今回の賃上げを決める春闘は…重要なのです。

それでは…また明日。

上手に買おうとはせずに…自分が下手糞だと思い、ドル平均法で少しずつ買えばいいのです。自分の力がない人は、自分の力量に見合うまで自重しなくてはなりません。だからカタルは、折角買った玉を、コンチクショウ…と嘆きながら、損切りをしています。貧乏人の悲哀です。金持ちは、三菱UFJの出来高が1億を超えており、銀行株も打診の領域になって来ました。しかし世界中の市場が、昨年の夏の安値を割っており、イエレン女史は苦境に陥っています。サマーズ論理を始め、レビーやダリオなどと、様々な時間が流れています。おそらく加担しているのはSWFの実弾売りと思われます。市場原理は面白いもので…売り切れば、それらの銘柄は、急速に値段を戻します。もし、この説が正しければ…の話ですが…。

此処では、株屋の感覚では「いちごHD」でしょうね。博打でシャープと言う選択もあります。逆に一般的には、トヨタなどの年金の主要銘柄なのでしょうが…カタルなら、配当利回りの「みずほ」かな? どっちに転んでも、良いですからね。サラ金株も狙い目になって来たように感じています。

まぁ、要するに、サッパリポンなのですね。本当に…何が正しいやら…現金を抱え、落ち着いてから、買う手もありますね。しかし基本構造は、失われた時代の肥やしが充分にまかれ…今回は本格反騰で、38915円の奪回に向かうと思っています。ただし安倍さんが、首相である限りの話です。故に今は、黒田さんの手中に、バトンはあるように感じています。おいおい、早く行動を起こせよ。男に、なるんじゃい!!

付利金利のマイナス金利適用、更にETFやリートの買い増し増額、国債は全部7年以上ものに…保有期間を変えればいいのです。もっとも効くのが…、求めに応じて全ての不動産を、路線価で買い取ることですね。売れない田舎の土地も含め…、そうすれば、一気に浮上します。株だって…17000円を死守します。と宣言すれば、良いのです。簡単ですね。いくらでも…対策の手は、あります。「不退転の決意」を市場に示す事が大切で…、原油価格を言い訳にするから、市場に舐められるのです。今日は良い天気で…これからお散歩じゃい。動かない市場を見ていても…仕方ありません。ノンビリやりましょうね。また、明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

IRNET

本サイトは、「今日の市況」(月~金)、「株式教室」(土)、「コラム」(日、祝)をほぼ毎日発信しています。

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

過去のIRNET

広告

株式投資関連の本



連絡先

kataru at irnet.co.jp
(at をアットマークに変えて送ってください。)