4/25

かたる:いやはや狼少年とは言うものの…。既に狼老人になる手前の時間経過です。3年間も封印された「1300兆円の逆襲」は、果たして、永い眠りから解き放たれるのかどうか…。格下「いちごHD」が先導役を果たし、真打の登場になるのかどうかは…神様だけが知っている領域です。この3年間は株価が上がれば売られる…くり返し、300円から500円のボックスを行ったり来たりでした。高値圏で買い増すたびに、下値圏で追証の雨あられ…。いい加減に学習効果を発揮するのが、人間と言うものですが…カタルは馬鹿ですからね。本日は期日物を売りに出し、下値で買いを入れていますが、今の所は500円から下に指値をした為、全く買えず、売る予定の玉は全て売れました。故に持ち株は、若干減った有様です。でもなにか…良い響きですね。「いよいよ!解き放たれる3年間の封印」と言う言葉は、現在の相場絵にピッタリの印象です。

しかし同時に…世界景気は難しい局面が続いています。イギリスの離脱問題に、欧州の不良債権問題など…特にイタリアの債務などは、全く、片付いていないようです。日本同様に多くの銀行を抱え、非合理な経営体質のようですね。日本のバブルは1989年です。それから…永遠に銀行株は低迷しています。2003年にみずほ銀行が10万円を割れる構造改革を迫られましたが…未だに180円台ですからね。フィンティックの背景があるのかどうか…。非常に長い低迷を余儀なくされています。カタルの世代は、金融業が花型企業でした。基本的に高収入が約束された業界でしたが…今ではすっかり落ちぶれて、IT技術者の後塵を拝しています。ソフトバンクの孫氏は…2級下かな? カタルはアスキーの西さんと同じ世代です。しかし基本的にコンピュタの世界は、僕らが第一世代です。ビル・ゲイツも同じ世代ですね。

昔は炭鉱など…は、難関だったのです。信じられませんね。時代の変化と言うのは…面白いものです。朝方安かった小野薬品は意外に…頑張っていますね。5000円台をキープしているなら、御の字の合格点でしょう。何しろ…1:5分割ですからね。相場の見所を押さえておけば…流れは見えやすくなります。基本的に大きな時代変化、更に景気循環なども、その背景を理解するために欠かせないアイテムになります。悪戯に動き回ることもなくなります。先人が発見した相場の格言なども、失敗から生み出された言葉ですね。基本的に相場は…僕ら人間心理の逆を、歩んでいるようです。買いたいと思えば…売りを実践し、売りたいと思えば…買ってみればいいのでしょう。「人の行く裏に道あり花の山」…と言いますからね。

この5月は…おそらく、まだ若干の期日があるのでしょう。カタルは全てロールオーバーしています。その為に、未だに中長期運用の口座は、マイナス圏に沈んでいます。でも…相場を観ていると、どれも最悪圏を抜け…期日物は、良い買い場になっている様に思われます。先週、熊本地震を切っ掛けにして、一気に相場観が変わりました。東北大震災は車のIC(MCUやMPUなど…)のルネサスエレクの工場再開が遅れ…トヨタなどに甚大な被害が広がりました。でも世界トップシェアのルネサスエレクが、産業革新機構入りをするなんて…どう考えても、村論理はおかしいと思っています。シェアトップ企業なのに…それも車ですよ。村論理って…やはり間違っている様に感じています。

市場を通じての資金配分を円滑にする市場経済圏を拡充する必要があります。その為には株主軽視の村論理を捨てて、正常な裁定状況が生まれるようにならないと、市場は混乱しますね。金利の高い債券が買われ、配当性向の高い企業が正しい評価を受けるのです。裁定取引は…そのような矛盾を修正するのです。どうしてマイナス金利の国債を買い…3%以上に回る配当利回りの株式が沈むのでしょう。おかしな論理です。証券マンはこの矛盾を改正すべく…配当利回り投信を、大規模に売り出すべきです。夏のボーナス商戦に向け…個人の金融資産は1741兆円もあり、その内、902兆円も現預金になっているのです。その内、僅か1%を株式投資に向かわせれば…9兆円もの需要が生まれますね。外人売りなんてチンケな水準です。野村の役員は仕事をしていませんね。だから沈む株価なのです。500円台ですよ。歴代の先輩が…嘆く訳です。まぁ、どの業界もそうですが…仕事が出来ない奴ばかりが…上に行く村論理か…。呆れますね。

でもカタル君、昔のレポートから読み返すと分かりますが…良く当たっています。最近は…グリーなどの参考銘柄でも1割り以上、株価が上がっています。先日、シャープを買い増したタイミングも絶妙でした。本当は次期主力株候補なのです。でもテリーゴウと言う人は1000億円程度でゴタゴタと…、カタルの評価を下げましたからね。このシャープは外資導入と言う歴史的な実験の先駆者なので…相場になる可能性が非常に高いのです。カタルだけでなく、誰かが…狙いますね。10月までは博打ですが…。カタル向きなハイリスク銘柄です。倒産か否か? ぬるま湯体質に染まった日本人の資質が、問われる課題です。果たしてグローバル競争で戦える資質なのかどうか…。シャ―プの社員はテストを受けているのです。

ケネディクスだけ見ていれば…日本の未来は分かると述べています。これもデフレ脱却の切り札ですね。昨日のAUM残高と時価評価の比較の意味を載せました。充分に…背景を理解されることを望みます。いちご並みなら8.2倍ですからね。経営者の首を変えるだけで…株価は4100円です。どうして株主は、株主総会で動議しないのか?不思議ですね。これじゃ、ロジコムに併合されたダヴィンチの金子さんが、金融ファイナンスの力を利用してTOBを掛けても不思議ではありません。金子さんなら、カタルの発想が分かると思います。

実は今、マイケル・ルイスが書いた「世紀の空売り」と言う本を読んでいて…金融はつくづく「アイディア勝負」だと言う事が分かります。発想力が需要なのですね。相場を観て現実と株価のギャップを探す作業なのです。このギャップが大きければ…大きいほど、利益は増します。問題は、そのギャップの修正がいつ起こるか?…此処ですね。1300兆円の歪は、明らかに間違っており、大きくギャップが広がっています。世界中の中央銀行が流動性を供給しているのです。おかしいですね。あらゆる点で…様々なアイディアが浮かびます。三菱商事の減損処理など含め、いろんなアイディアが存在するのです。

例えば一つ紹介しますね。四季報数字が本当に正しいのか、どうか分かりませんが、もし…もしですよ。四季報通りに…売り上げ8億が、10億になり、そうして14億に変化するなら、やはり株価が…いくら赤字でも500円前後に居る現実は不可解です。サイバーエージェントの藤田さんは1101円で、45万株も買い増したのです。現在は151万株を保持しています。1327万株の総発行済み株式総数なのですから、株価が515円ですから、時価評価は68億円ですよ。非常に魅力的な…投資案件に見えますね。きっとある日突然、クラウドワークスも…きっと水準訂正が始まる筈です。

多くの人は…株価と現実のギャップを発見する事が出来ませんが…、投資と言うのは、閃きであり…アイディアなのです。ただケネディクスを観ても分かるように…現実は3年間も封印される訳です。この時間の壁を、どうやって埋めるか? カイオムは毎年、赤字の会社ですが…売り上げは、僅か3億にも届きません。その会社が、いきなり110億円のオプション契約です。いくらオプションで…確約されていなくても、仮に10年間に分散されても大変な金額ですね。何故、株価が過去最高水準に評価されないのでしょう。不思議ですね。週足を観れば…どちらかと言えば底値圏です。まぁ、バイオ関連は小野薬品次第ですが…やはり大きな違和感を覚えます。

皆さんは株価を観るから…株価の後追いをするから、駄目なのでしょう。自分がその現実を観てどう考えるかなのです。カタルはアイディアを思いついたら…昨日のように公開しています。だっておかしいですね。地所も…みんな1倍以上の評価ですよ。幾ら100%のリターンがないと言っても…売買の利権はケネディクスにあるのです。勝手にAファンドからBファンドに物件を移すだけで…数億円も鞘が抜けるのです。同じ形態のいちごHDが0.65倍の評価です。明らかに…ケネディクスは過小評価です。実際に土地を保有するのも…AUMと言う形で、支配するのも同じことです。何故、ヘッジファンドは、このギャップに目を付けて…責めないのでしょうか? 市場参加者は、みんな…馬鹿ぞろいですね。金子さん、早く復活して下さいね。村論理など糞食らえ…なのです。

読者の皆さんは…自分がどう考えるかなのですよ。カタルは間違っていると思えば…空売りをすればいいのです。カタルが正しいと思えば…同じ行動をとればいいのです。ただ多くの読者が間違うのが…自分の力量把握ですね。無理をするから心配になるのです。自分の度量を超えて勝負をするからアタフタしますね。所詮、株なのです。倒産を前提に考えて投資していれば…怖いものはありません。下がれば買えばいいのです。倒産するまで買えばいいのですね。仮に首の皮一枚でも…復活すれば、大儲けですね。駄目ならあきらめるしかありません。ハイリスク投資とは…最大投資したお金がゼロになることを言います。

その度量が自分にないなら…投資信託を買えば良いし…もっと安全な国債でも良いですね。マイナス金利ですが…。カタルは大型株も掲げています。更に、まともな株も紹介しています。先日、大きく売られた時にピジョンの話をしましたね。最安値の2109円は買えなくても…2500円前後ならいくらでも買えました。先日3025円を付けましたね。2割なら…マズマズでしょう。批判対象のトヨタだって、先日、カタルは買ったと述べました。5200円台は不可解です。今はいくらかな? 今日は5960円ですね。ソフトバンクもそうですね。大型株もちゃんと紹介しています。皆さんが好む株をやればいいのでしょう。それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

IRNET

本サイトは、「今日の市況」(月~金)、「株式教室」(土)、「コラム」(日、祝)をほぼ毎日発信しています。

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

過去のIRNET

広告

株式投資関連の本



連絡先

kataru at irnet.co.jp
(at をアットマークに変えて送ってください。)