11/11

秋の夜長のひと時の「宴」から、あっという間に、天国から…一転して「追証地獄図」に様変わりです。閻魔大王さまは。恐いのです。

いくらハイリスク派のカタル君でも、昨日の相場は、精神的に辛いものがありました。買い増しを実行したケネディクスは、売れないと思ってストップ安で投げました。ロコンドも割れないと思っていた2336円を「1円新値は鬼より怖い」の格言はあるものの…仕方なく、また投げました、あの1万株程度の2350円の買い物に売りを、ぶつけたのはカタルです。

全ての選択は…「相場観」ではありません。馬鹿カタルの性格からくる行動です。

読者には「力量の把握」が大切だと説いています。しかし「言うは易し、行うは難し」討死覚悟で、見境なく行動をする性格でないと、将来の役員を約束されたサラリーマン稼業を辞めて、歩合生活など選択しません。

常に最善の道…と信じたら「猪突猛進」です。最近は、熊も人間界の世界で悪さをし…イノシシさまも…たじたじです。カタル君は、本当は…ひつじ年ですから、お金を、むしゃむしゃ…食べます。昨日は追証の投げで、いくらのお金を食べた事か…。追証の紙屑で、もうお腹も一杯です。トホホ…お腹がパンクする。

この性格は…どうにも止まらない、山本リンダです。まさにトホホです。

もういい加減に年金生活なのだから…と思いますが、人間と言うのは、自分が、その年になると分かりますが、30歳のカタルも…65歳のカタルも…気持ちは同じです。何も変わりません。

すっかり…しょげちゃって、昨日は会員への「パスワード配布メール」を打ちながら、意気消沈でした。ここで会員の人へ、ようやく…半分程度の進捗です。ケネディクス同様に遅れていますが…金曜までには配布しますから、もう少しお待ちください。

そんな中でニュースを見ていると、此方の記事を発見しました。故に、いつも如く1000株だけ、みずほを買いに行きます。常に直感で行動をするのがカタルです。でも最近はその直感も鈍っているようです。昨日のケネディクスの買い増しも、先日のロコンドの数字を見た「第一印象」の直感も、外れています。まさに…トホホです。カタルの「勘」も、あてになりません。

さて昨日はストップ安で投げた5万ほどの内、18000株は、実は利食いだったのです。僅かな幅ですが…一応は、利食いです。でもまた買ってみたくって…ウズウズしています。本当に…困った性格ですよ。「馬鹿は死ぬまで治らない。」トランプと同じで…「負け」を認めません。

何故か…介護のツクイは、買い気配です。一体、どうしたのでしょう。決算かな? 昨日は1万株を売り、ケネディクスに乗り換えたのに…結局は、そのケネディクスは安値で投げさせられ「追証地獄」です。

ロコンドは「V1通過」と思いきや…僅かですが…再び割れました。よって、再び2週間の延期ですが…たぶん大丈夫だと思っています。故に、カタルは投げ過ぎた為、昨日は2350円で1000株を買い直し、本日も寄り値の2335円で1000株を買いました。どうなりますか…。

まだ寄りません。ツクイはどうしたのかな? 

今、調べましたら…決算発表があり、此方はケネディクスと違い、進捗率が良いから、上がっているようです。嬉しいけれど…、一日違いです。トホホ…。でも会員の人は、嬉しいでしょう。この株は4ケタを目指せる器です。ノンビリやりましょう。

さて…もう一つ、銀行株の話題を紹介します。此方です。この話は政府支援のおかげで、「与信費用」の増大は、避けられるのでしょう。問題は自社株買いです。

カタルはこの路線、ケネディクスと邦銀株の上昇は、同じ仲間、更に野村証券も同じです。ほら…ね。本日も野村証券の株価は高いですね。名目時代の確立、つまりケネディクスの4桁は「指呼の間」です

これで良いのだ…天才バカボンは、カタルの性格そのものです。

ケネディクスの1分チャート

ケネディクスの「仕手化」が見られそうです。また買おうかな? でも昨日は5万以上も投げたのですよ。そのケネディクス…昨日の状況を見ましたか? 此方のチャートを付けて置きます。568円に指値で売りを出して…成り行きの売り物が貯まると…その度に、買っていました。合計で50万株ほど拾っていたようです。明らかにプロの戦術と見ました。

たぶん…情報が漏れたか…何か、3日間で高値を取った背景があるのでしょう。

でも僕らは、景気循環に沿った王道相場を歩みましょう。そもそも新日本建物なんかの自転車操業の株と、ケネディクスは「雲泥の差」があります。だってコントロールできるAUMは1兆8000億円ですよ。2割の上昇で3000億円を超えます。如何にケネディクスが利益を、内部の引き出しに蓄えているか…常識で考えると分かります。

故に100億や200億程度の数字は、どうにでも…マジックでしょう。全ては宮島さんの腹一つです。まぁ結果は、分かるのは、3か月後です。ロコンドは、あと2か月ほどかな?

相場の焦点を語っていますから、「相場の見所」を把握すると、相場が、より一層楽しめます。

本日はみずほの記事を紹介し、みずほは興銀と富士、第一勧銀かな? 要するに小さな派閥争いの為に、競争が遅れていたのですが、みずほの藤原さんは、第一勧銀なのですが、ナカナカに見えます。 NY支店で勤務している時に、自費で…NY大学の経営大学院の夜学に通い、金融学を学んだようです。だってカタルの持論である、情報をお金に変えています。これですよ。邦銀は、情報の宝庫で…この情報の価値が「金の卵」なのです。

日本人は、情報に対する感覚が希薄です。だから太平洋戦争に負けたのです。命を左右する情報もあります。ジョージ・ソロスは、その情報でイギリスに渡り、難を逃れたのです。彼の人生も面白いですよ。やはり世に出る人は、みんなナカナカです。埋もれる乞食はカタルぐらいのもでしょう。

さて最後に、もう一つの未来図を紹介して…本日のレポートはお終いです。此方です。これは日本電産の永守さんの発想ですが…広げています。

この話しは事実でしょう。コネクティドカー時代になると、車の生産技術など…何の役にも立ちません。プラットホームを構築できるか、どうか…です。ですがトヨタ社長のレベルでは、なかなか難しそうに感じています。やはりイーロンマスクです。彼のセンスは良いものね。経営も、相場もセンスです。

自分を常に磨き、どう高めるか? 此処に尽きます。

さて簡単ですが、本日は気分が良いのですが、これでお終いです。これからパスワード、配りです。リンクを張った3つの記事は、かなり重要ですから、読んで置かれると良いですね。要するに、様々な情報の中から、どれを選択して…自分が何を感じるか? 

まぁ相場の成績を見れば、カタルの感度は褒められたものではありませんが…それでも相場は、必ず、事前に述べている様に動いています。

この僅かな時間軸のズレを解消できるなら、もうカタルは、レポート屋稼業から卒業です。あと少しですが…これが、なかなか上手く行きませんねぇ~。

ついでに…昨日のケネディクスの決算書の話ですが、仕掛販売不動産と販売用不動産の差額ですね。 あれは1Q時に変化していました。詳しくは開示されていないので分かりません。カタルは、ソロソロ…と思って、会員の皆さんには伝えています。この2年程が山場でしょう。ですが…宮島さんが態度を変えないようだと…何れTOBの対象です。

カタルが買いたいほどです。まぁ1000円でTOBをしても、採算が合う社会になります。

また…ね。「昨日、(今)泣いたカラスが、もう笑う。」ハハハ…やはり時間が外れても、当たりは嬉しいな。ツクイの動きは、その内…加速します。なにしろ…名目時代なのです。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2015.10.01

    10/01
  2. 2019.03.15

    3/15
  3. 2015.06.08

    06/08
  4. 2015.03.25

    03/25
  5. 2017.02.09

    2/9
  6. 2016.12.09

    12/9
2020年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
株式投資関連の本