2/16

かたる:流石、ソフトバンクの孫氏は、市場原理の真髄を知っていると思われます。5000億円の自社株買いの発表はROE経営の見本です。株価が急落すれば自社株買いをする。これこそ…真の経営者ですね。おそらく狙いは…CDS保証料の上昇に対抗した手段ですね。極めて、市場規模の小さなCDSの保証料が、上がったからと言って…直ぐに、おかしくなることはありません。格付け会社など信頼よりも、かなり低い信頼度なのです。ごく一部の取引だけがクローズアップされ、市場で倒産などが噂される事態がおかしな論理です。ドイツ銀行も然りです。それを…もっともらしく騒ぎ立てるメディアに扇動され、2003年に「みずほ」は10万以下に叩き売られます。今の株価に直すと100円以下ですが…おかしな理屈が、まかり通るのが市場の世界です。

ジョージ・ソロスは、もっともらしく…中国の不安を煽り、資本流出を訴えますが…現時点ではあり得ません。それは、この調子で3年以上も資本流出が続けば…可能性は生まれてきます。しかし現時点では心配はないのです。ロシアの方が危うい存在です。しかしそのロシアでさえ、まだまだ大丈夫でしょう。そんなわけでペッパー君のソフトバンクを100株だけ買ってみました。買い値は4950円です。まぁ、有言実行を述べているカタル君はレポートする以上、必ず、自分でも売り買いをしています。お金がない時は仕方ありませんが…大概は参戦しています。

本日もフュートレック(2468)を、追撃買いしています。寄り付きの658円から635円まで…今の所、買い増しています。非常に気に入っています。昨日の出来高も100万株台に乗り…マズマズですね。次第に600円台の株価を固める動きかと思われます。値動きだけの過小資本銘柄と違い、強弱感が対立する地合いで生まれたスター株の素質を充分に、秘めていますね。理由はAIに絡むからです。人工知能はロボット産業に欠かせません。既に時代は自動車ではなく…ロボットです。この産業の雄が、今の所は自社株買いを発表したソフトバンクですね。実はシャープに手を挙げているホンハイも絡む可能性があります。このペッパー君の部品を手掛けていると言います。

フュートレックの良さは、先ずは…この変化率の高さですね。四季報の予想数字は17円の赤字ですが…会社側は既に今期の一株利益が32円…の黒字転換と発表しています。この理由は音声認識ソフトのライセンス料収入だそうです。およそ4億円前後の契約なのでしょう。重要な点は…損益分岐点ラインを超えていると言う事ですね。つまり、これからの売り上げの積み上げは、全て利益に変化する可能性があります。合併などの影響で売り上げが伸びるようです。この子会社群が、これからフュートレックの成長を支えるもので…既に利益を上げ始めています。上場が噂されるZMPや、更にトヨタなどとも関連がありそうで…共同のブースで出店しています。それだけ技術力評価が高いのでしょう。

本来の市場原理とは…、このような夢のある企業を、市場が育ててこそ未来があります。日本は官僚組織の力が強く、直ぐに経産省がしゃしゃり出て来て…税金で予算を付けて、音頭を取りたがります。この理由は、関連団体への天下り先を求めるためでしょう。各企業が支出する協賛金などを充てにした「ぶら下がり組織」です。まぁ村論理は、良い面もありますが、悪い面もたくさん存在します。シャープのケースなどは、民間に任せるべきでしょう。米国でも、小さな政府を求める共和党は弱体化しています。サンダース氏のような共産主義的な考え方が支持されています。この話は、実に重要ですね。人類の価値観が、大きく変わるのかも知れません。お金の価値が下がる傾向にあります。逆に社会貢献度の価値がドンドン上がっています。日本でもボランティアに対する見方が、大震災以降、大きく変化しています。未来の価値観は、きっと大きく変化するのでしょう。

皆さんは、経験がないから分からないと思いますが、このフュートレックは、なかなか生まれない要素を秘めています。カタルは007やJTECを、赤字にも拘らず高く評価しています。今回、007は黒字予想を減額して赤字に変化したために売られたようですが、株価は正直ですね。しかし、また買いたくなる要素もあるようですが…、少し調べてから後程、ご報告しますね。今日は勘弁を…。そうして、もう一つのクラウドワークスですが…決算数字は、どうにか及第点です。決して悲観することもありません。余裕があれば…買い増ししても。良い水準なのでしょう。

何しろ今は、フュートレックに、夢中になりそうなのです。実にいいバランスなのですね。今後の進展が、どのような展開になるか分かりませんが…この株価推移を保つようなら…早晩、大きな、人気株の座を、手に入れる可能性が出てきます。やり方を見ていると…そんな気がしています。この仕掛け筋は…なかなか上手そうです。相場と言うのも、ある意味で芸術です。少ない資金を、どうやって活かすか? 仕手筋の醍醐味でもあります。

今回の決算数字も駄目でしたね。サラ金の話なのですが…依然、過払い請求が消えていませんね。いつになったら減るのかどうか…。詳しく調べてないので分からないのですが…。何れ、本格的に上昇します。アコムやアイフルの話をしています。

昨日の日経平均株価は1000円を超える大幅な上昇ですが…当たり前なのですね。しかし問題は、真空地帯の戻りではありません。何故、フュートレックかと言えば…この株価位置を見ても分かるように…高値圏なのです。基本的に、手あかのついた戻り株は、新高値を超えることはありません。高値を超える器なら、大きく下がらないのが…普通です。本来、小野薬などは、もっと崩れても良いように感じますが…流石、割高評価になっても、未来の利益が確り見込めるから、意外に頑張っています。でも当面は…駄目ですよ。

何か…嬉しくなっちゃいますね。久しぶりにワクワクする銘柄が誕生し、それに乗ることが出来るなんて…馬鹿になって買うかどうか…まだ分かりませんが、仕掛け筋の実力を観たいと思っています。別に高値を超えてから買っても良いですよ。先ずは打診買いをして…の話です。規模は、人、それぞれです。100株の人も居れば、1000株の人も、多くても、今は一般の人は1万株止まりにした方が無難ですね。まぁ、金持ちは10万株単位で買えばいいのですが…。まぁ、高値を超えれば、また買い乗せしますが、カタルも1万株を限度に考えています。でも追証ですからね。実は、そんなに買えないのです。

これ程、気に入っていても、パイオニアやテクノスジャパンなどの二匹目のドジョウ取りが失敗しました。何しろ、アイサンが出来過ぎでしたからね。すっかり…いい気になって舞い上がっていました。パイオニアのやり方は、気に入らないと言いつつも…最後まで付き合っていますからね。1000株だけ残し…他は切りました。シャープの利益のおかげです。駄目株は、最初から分かっていたのだから、本来は仕掛けるべきではなく、空売りから参入すべきだったのでしょう。反省です。

でも今回のフュートレックは、本物の可能性がプンプン…と匂いますね。久々のカタル銘柄に格上げされるかどうか…。クラウドワークスも5000株だけ買いましたが、まだ熟成されていません。打診の領域に留まったままです。今回のフュートレックは、打診から果たして、本格参入になるかどうか…。今の所、30円安の635円で41万の出来高です。良い感じです。後場から、一度ぐらい、700円台を噛まないと駄目ですね。近日中に一度、噛めば…上出来でしょう。

アララ…追証になったのでケネディクスを売ったのに…株価は更に上がっていますね。少し株数を減らしました。何しろ、ダリオ降臨相場ですからね。今の所、イエレンの女神様は何処に消えたやら…。結局、バフェットに惑わされた形です。バフェットも神様ではありませんからね。今回の金融株の下落で、相当、やられています。多少は売ったのでしょうが…。

カタルのやり方が、正しい訳じゃありませんが、追証になるぐらいだから、やはり過大なポジションだったのでしょう。故に、相場観に関係なく、少し持ち株を減らさなくてはなりません。こんな事は…相場観と関係ないですからね。今日は寄り付きで、ケネディクスの投げと、利食いを交ぜています。500円台売らずに…この水準で利食いしている馬鹿なのです。利食いと言っても僅かですが…。コンチクショウですね。

まぁでも、先が見えるようになってきましたからね。このフュートレックに…シャープなど候補銘柄の誕生です。本日のソフトバンクはワンタッチですが…前からMBOを視野に入れていましたからね。自社株買いすると言う事は、そういう水準なのでしょう。何しろ経営者自身が、一番よく株価位置を知っています。

この自社株は、M&Aの原資に変化します。ソフトバンクは、インドも視野に入っていますからね。何しろペッパー君の将来性は、トヨタなどの比ではありません。夢は素晴らしいのです。しかしカタルはスプリントの行方、更に、総務省の値下げ要請など…。この影響度の為に、今までは買えないと述べていましたが、今回は打診の領域で、たった100株だけですが…付き合いました。

カタルは何時も、有言実行を心掛け…その辺の理屈だけ言うアナリストと違い、身銭を切って実験を続けています。いつか…本物の投資家になる為に…。歩合外務員生活に見切りを付けました。何しろ、あの世界は、どんなに頑張っても1億程度なのです。自分でやってみれば分かりますね。1億程度の世界に、魅力はありません。さて今回のフュートレックの出来を…楽しみにしましょうね。それでは…また明日。何れ、詳しく…買いの根拠を述べる機会もあるでしょう。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2018.05.09

    5/9
  2. 2018.09.27

    9/27
  3. 2016.11.17

    11/17
  4. 2016.08.15

    8/15
  5. 2016.05.18

    5/18
  6. 2017.11.08

    11/8
2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
株式投資関連の本