5/13

かたる:ほぉほぉ~。このスピード感は、ゴーンさんの力なのでしょうが…日本も変わって来ましたね。三菱自動車が、これほど早く、次のステップに移行できるとは思っていませんでした。シャープのようなケースを観ている為か…。村論理に辟易としていたのです。日産にはプラスで、三菱自動車もこれで安心ですね。よく金曜会が納得したものです。

もともと三菱はブランド意識が高く、排他的なグループ企業です。カタルの知り合いがUFJと三菱の合併で…飛ばされましたからね。基本的に三菱は排他的な面があるようです。まさに村社会を象徴するグループ企業なので…このスピード感は意外でした。でもこれで下請けは…目途が立ちましたね。三菱自の業績低迷は仕方ありませんが、町工場が煽りを受けるのは可哀そうでしたからね。自動車産業は裾野が広く、3次下請けまで存在します。広範囲に影響を与えるのです。兎に角…よかったです。軽やパジェロが強く…日産と補完関係にあり、言葉通り「ウィンウィン」なのでしょう。

トヨタの5000億円の自社株買い、三菱自のこのスピード感…日本も大丈夫かな? 実はカタルは日産自動車が低迷して、倒産の危機にある時に、外資であるルノーの傘下に入ることに…嘗て賛同していました。ルノーは格下なのに…日産の経営者が3流の為に、折角の経営資源を生かせませんでした。そこにゴーン氏が登場しましたね。リバイバルプランです。以前、カタルが書いた株の本に、日産自動車の売買を具体的に述べて「レバレッジ」を上手く使えば、お金は飛躍的に増える…と事例を示しました。現物取引だけだと、資金は2倍にしかなりませんが、信用取引だと、その3倍に…。更に、上下の株価波動を利用して、スイング取引をすると…実に25倍にも資金が膨らむと解説しました。

カタルは、何度も述べていますね。銘柄などは、一銘柄で充分で…あまり関係ない。要するに売買の手法が、問題だと述べており、ドル平均法を推奨しています。あとは自分の力量を把握しろとも…述べています。株で儲けられるかどうかは、自分自身との戦いです。自分の心との戦いなのです。カタルも、まだ会得できているとは言いませんが…皆さんより、良く知っているつもりです。故に、最近はマズマズかな? そりゃ…いっぱい、失敗もしています。でも概ね…力量把握が出来始めているのかも知れません。まだ分かりませんが…ステップアップできたかな?と思っています。

例えば…昨日書いた「新日本科学」(2395)です。実は…カタルは「偽物評価」です。しかし、この株は貸借銘柄でカラ売りが出来ます。故に、相場になるかもしれません。既に「そーせい」などは疲れており、明らかにバトンタッチの時期に来ています。小野薬品は本物ですが、時間がかかります。企業業績が直ぐに大きく改善するわけではありません。小野薬は保守的な会社です。故に増額修正が連発し…何れ、薬価が引き下げられます。しかし肺がん以外にも適用範囲は広がり…、一段高する素地は濃厚ですね。バイオの相場が続くとすれば…これ以上望めない「そーせい」や「Gペプタイド」に変わる銘柄が必要です。

故にカタルは、偽物の可能性がある「カイオム」に固執し損失を受けました。まだ分かりませんが…目先はイメージが違っています。他の人気株が必要なのです。そんな所に偽物評価の「新日本科学」の登場です。過去のシコリがあり、空売り筋は…狙いやすいですね。カタルも…最初は、売ってみたいと思いました。でもこの心理の逆を行き、買いから参入しましたね。僅かですが…どっちでも、良い株数なのです。参加することに意義がある口ですね。おそらく、このまま上がると面白い相場になり、直ぐに規制です。勿論、偽物評価故…駄目かもしれません。

でもアドウェイズも、カタルの意思に反し、ある程度の相場になりました。2年前の新興御三家相場を、カタルは強く批判していました。アドウェイズ、エナリス、コロプラですね。やはりエナリスは、安値から2倍以上になりましたね。今度はアドウェイズも面白いかも知れません。でも上は限られますよ。でも少しなら取れるかも。最近のチャートは強いですからね。

そうそう…。昨日、クラウドワークスは、決算を出していました。昨日は期待感があったために株価が上がったようですが、本日は下がっています。今は500円ですね。この数字を観た感想を…述べますね。カタルは好意的に評価しています。意外に四季報予想も…満更、嘘ではない様な気がしてきました。その理由は…この会社は9月決算なので、半期決算になりますが、四季報では500百万円、-350、-350、-370となっています。しかし現実は611、-242、-241、-253ですね。僅かですが…111百万円程、営業収益が四季報数字を超えています。単純に2倍にすると通期の営業収入は、通期で12億円ほどになります。前期が8億ほどなので…5割増ですね。

しかも…基本的に時代は外注です。主婦層には優秀な人間も居ますし…子育ての為に働きにも行けません。地方にも優秀な人間が住んでいます。一方、企業が正式に「NSW」などに、仕事を依頼すれば、外注費は膨らみますが…、直接的に個人と契約できれば…安く上がります。この仕組みは素晴らしい…と大きく評価しています。此処で書く以上、今、買ってみますね。丁度、506円に500株だけ売り物が出ています。今…買いに行きます。ハイ、お買い上げできました。おそらく…今日、安いのは、事前の思惑でしょう。あるいは信用期日ですね。NSWの数字もマズマズでした。でもカタルは地味などで…買ったのを売りましたが…。高橋カーテンウォールも川岸工業も、地味な銘柄です。でも良い数字でした。しばらく…ビル建設絡みの需要は落ちないと思います。何度でも狙えますね。

あらら…また上がって来ましたね。新日本科学の話です。さっきまで安かったのに…。少し早い切り返しですね。でも本日のストップ高は3倍ですからね。カタルが空売りを考えたほどなので…きっと、かなりのカラ売りが入っています。たとえ偽物でも…相場になるのです。だから…株は分かりません。

MSNは窓埋めを完了しましたね。先日の安値が522円なので、ここを目安に…下がったら買えばいいのです。この株は、業績に問題はない筈です。でもカイオムは分かりませんよ。ハッキリ言って博打です。新日本科学も博打ですね。素人には…カタルが最近、目先もやっているから、ゴッチャになっているからもしれませんね。だから、いちいち、ちゃんと説明しないと分からないかな? 証券マン時代もそうですが…株価が2倍程度にならないと…基本的に、お客様は儲かりません。でも短期で2倍になるような株は…そう出るものではありません。それに素質があっても…仕掛け人が関与しなくては、相場は大きくなりません。

この仕掛け人の有無は…買っている本人達に、聞かないと分かりませんし…基本的に市場の総意で相場は形成されます。だから色んな不確定要素があり、儲かる情報など基本的にないのです。だから仕掛ける時は、何度かに分け…打診をしながら売り買いをすれば良いと思っています。100株の人も居れば…1万、10万株単位の人も居るかもしれません。自分の力量把握で…勝負すればいいのです。問題は自分の推測が外れた時の対処です。損をする人は…自説に拘り過ぎですね。カタルの「ケネディクス」のような存在です。

既に5月なので…どうかな? 今年は参議院選挙があるので…たぶん、大丈夫だと思っています。トヨタも、一応は…及第点です。ここに来ての三菱自動車を観ても、そう感じます。シャープは良さそうですね。でも…かなり発行済み株式総数が増えたので、あまり上値が狙えませんからね。エコポイントの更新需要が、かなりあるから…3年後ぐらいは、内容が格段に違っているのでしょう。第二は好きではありませんが、日産自動車のような展開になると思っています。もともとシャープは素質があるのです。でも経営者が駄目だったのです。日本企業の多くは、このケースです。充分に経営資源を活用できていません。ストックオプションなのではなく…銀行から借金をして自社株を買うぐらいの根性のある経営者ではないと駄目ですね。昔の野村は…そんな社員ばかりでした。でも今はスカスカに見えますね。

基本的に12月なので、6月一杯は…信用の期日がありますが…7月になると年初から大きく下げていますから、今年後半は…面白いですね。下値はかなり固いと思っています。トヨタの株価位置を観ると…そう感じています。銀行株もそうですね。下げようがありません。そう心配をする事もないと考えています。結構…いい相場に見えますね。皆さんは、どうなのでしょう。上手く行ってない人は…勉強が足りませんね。

近々、カタルは有料の株式教室を開設する予定です。相場に影響を与えると困るので、多くの募集はしませんが…、一緒にカタルと勉強すると良いですね。カタルは一応、年収1億円を…一時的ですが、超えたことがありますから…ソコソコのレベルだろうと思っています。歩合で1億を超えるのは大変です。限界が見え、馬鹿らしくなり…歩合を辞めました。そうして今は投資家になりました。果たして一流域になれるかどうか…。はやくベンチャーに10億程度出資できれば…良いですね。近々、有料の勉強会の参加者を募集します。それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2016.01.29

    1/29
  2. 2015.05.18

    05/18
  3. 2017.02.23

    2/23
  4. 2015.01.20

    01/20
  5. 2016.05.18

    5/18
  6. 2015.12.21

    12/21
2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
株式投資関連の本