5/29

米国の株価動向は、やはり…「財政出動」が強く働き、「A」プランの「R*」の高い成長を続ける可能性が強く…指標にも出ています。

S&P 500の日足推移

米国では、珍しく…S&Pでも5600ポイント言う控えめな目標に見えるのですが、これが一番強い観測とか…。昨日の指数は1.32高の5306でしたが、年末までに5600では…株を買う「リスクを取る人」が居るのかどうか…。カタル自身もそうですが、高い経済成長率が持続すると言うパターンは、あまり「信憑性」はないように感じています。

エヌビディア(NVDA)の 4時間足推移

しかし…AIは、既に様々な…応用が広がっており、「製薬」などは、無限の広がりがありますから分かりません。この「AI革命」は、人類の「飛躍的な進歩」を齎す(もたらす)可能性があります。米国のエヌビディア(NVDA)の株価の値動きは強く…

「バーティブ・ホールディングス」(VTR)の 4時間足推移

既に関連企業の「データセンター向けの電力供給機器・冷却機器を製造する「バーティブ・ホールディングス」(VTR)の株価は年初来で2倍余り上昇している。」と言う記事を「WSJ」で読みました。

「ニデック」(6594)の 日足推移

日本でも…「ニデック」(6594)の株価上昇を支える背景には「Super Micro Computer, Inc.」 (SMCI)向けの冷却装置が売れていると言う報道が…加味されているようです。

「ルネサスエレク」(6723) の日足推移

この「A」プランの可能性は、日本では「ルネサスエレク」(6723)などを応援する「市場の繋がり」があります。事実、「ルネサスエレク」はこれだけの売り物を高値で消化して…尚且つ、株価は高く評価されています。たぶん…相当、長い…「株価上昇」をこれから続けるのでしょう。

今は、高値を更新した時で…昨年の高値水準で買った人達の「ヤレヤレの売り物」が出て来ます。だから仮に株を買っても直ぐに上がりませんからね。皆さんが、期待する値動きではありません。

丁度、「ジェイドG」(3558)の「戻り売り」場面と…同じ背景です。

「ジェイドG」(3558)の 日足推移

昨日付けた1600円台の株価は、あの急落場面を買って…1300円割れを観た人たちが「利食い出来る」株価水準に、ようやく…なって来ました。この後、1800円を超えるまで、この「戻り売り」を浴びます。

でもおそらく…この「もたつき場面」は、買い場になるのでしょう。カタルが何故、1800円~2100円が「妥当な株価だろう」と述べているか? その理由は、何れ…株価と共に明らかになります。心配はいりません。

例え…「A」プランが定着して、今の「高い金利状態」が継続して、金利の応援材料がなくても…既に「新興株」は「戻り相場」に入りました。この動きが「加速するか」どうか…の「支援になるか」どうか…の話しだけでしょう。

「BASE」(4477)の 日足推移

「BASE」(4477)の相場への参加層は、資力が薄く…「目先筋」ばかりのようです。でもこの人達の感覚は、やはり…正しいのでしょうが、何しろ、今の日本市場には、人が居ません。「相場を知らない」馬鹿ばかり…が残っています。「攻める筋」を間違っていますから、なかなか…良い相場になりません。「豚に真珠」なのです。

カタルのような種族は、この34年間で皆消えました。

最近、現場を離れたらしい…タワー投信の清原さんでした…かね。彼も「生き残り組」だそうですが、たぶん…何処かで失敗したのでしょう。あの時、一瞬、輝いただけでした。やはり34年間の低迷は、「僕らの種族」を、壊滅に追い込んだのでしょう。「相場心」を大切に育てたいものです。

「NTT」(9432)の 日足推移

この「A」プランの進展で、一気に脚光を浴びるのは「NTT」(9432)の「iown」だろうと思っています。何れ…「NTT」も相場になりますが、今は、まだまだ…駄目でしょう。皆さんが参加しても…この「チンタラした」時間軸に、嫌気がさします。「兆円単位」の運用資金なら「買い始める」段階ですが…「小銭しか」持ってない個人が、参加するタイミングではありません。

基本的に、今の市場に存在する個人は、「目先ばかり」を気にする…鞘抜き種族です。

まぁ「目ざとい」連中で、相場には欠かせないのですが、筋のある投資家が育っていません。やはり日本市場は「黎明期」なのです。34年間の「焼き畑」農業です。「肥沃な大地」なのですが…それを「耕す種族」がまだまだ…足りません。良い素質を持っている株は、豊富にあるのですが、なかなか…開拓する、つまり雪山を「ラッセルする開拓者」が少ないのです。

タワー投信の清原さんも、時代の翻弄された一人でしょう。

彼は確か…出身は「野村」でしたね。北尾さんたちと同じように…お公家様の「氏家」体制下で、外に出た「侍グループ」の一人でしょう。「武士は食わねど…高楊枝」と言うプライドだけが、高い馬鹿なのです。「器用な生き方」が出来ないのです。カタルも似た人間の仲間です。所詮、「亜流」です。本物なら、こんな作業をする必要はなく…とっくに「あちら側」です。

「BBタワー」(3776) の日足推移

本日は「BBタワー」(3776)を260円、255円で買い増しをしました。更に…250円にも指値が入っています。この株を高値で買い増した理由は、米国の「A」プランの追随です。この「BBタワー」は、「ソフトバンクG」(9984)の仲間だそうです。知りませんでした。


「BBタワー」(3776) の板状況

仮に北尾さんが、まだソフトバンクに居たなら、間違いなく…「補助金」を獲得するのでしょう。北尾さんは「世渡り」が上手いですからね。今、「BBタワー」の250円も買えました。次は245円かな? 流石に、本日は無理でしょうが、買えるかもしれないから…一応、下値ですが…指値を入れておきましょう。ついでなので…240円にも買い指値を用いました。それ以下なら、今度は「買う株数」を増やそうと思っています。今はまだ…たった21000株の持ち株です。

目先、Cプランに肩入れをしていますが、出遅れている「新興株」は「速度」の問題です。確実に企業業績は改善しています。

C君の日足推移

その理由が分かる現象は、「至る所」で観られます。例えば…カタルが「新NISA」向けに…御用意した「C」君です。カタル自身は202円かな? 買値は忘れましたが…息子と共に1万株ずつ株を買ったのですが、今回の決算を受けて…株価が急落したのです。「アレ? おかしいなぁ~」と思っていたら…「大量受注」の話が登場して、一気に…「元もボックス圏」に株価は戻りました。

ひょっとすれば…ここが「底値の可能性」もありますが、まだ分かりません。

でもカタルは2年から3年の内に…株価は2倍以上になると思っています。また株価が下がれば…今度は、もっと「買う株数」を増やせば…良いだけの話です。この株も2014年に14620円に四季報はなっています。何か…おかしいな。株式分割をしたのかな? まぁ良いのですが、「馬鹿高値」を付けたのです。

ようやく…赤字から黒字が見える段階になって来たのに…馬鹿はK君のような8830円は買いますが、今の株価の415円を誰も買いません。もう市場には、「正しい認識」を持った良識のある投資家が、皆無になったように感じています。

目先の需給バランスばかりを気にして…株式投資の本来の意味を考えない…馬鹿を、どうしたら教育できるのか? 金融教育の大切さを感じています。

本日の日経新聞にも登場している「自社株の活用」の話です。このような報道が、市場を元気にしますが…「野村証券」(8604)はたった…4円ほどの株価上昇です。それでも957円まで高値があります。まぁ野村は、何れ4桁を定着させます。「三菱UFJ」(8306)の株価が「先駆した事例」ですから、参考にされると良いでしょう。この手の株に…2倍になれ、3倍になれ!と大きな期待をするのは…本来は間違っています。

カタル自身は、「野村」から別の選択をしています。このK君も8万株ほどを買いました。今も下値なら買いますが…売り物を待っています。

上を買うことは簡単ですが、そんなに「豊富なお金」があるわけではないのです。もっと大きなお金なら…K君ではなく、「ジェイドG」(3558)や「BASE」(4477)を、単独でも…買います。「BASE」なんか…1000万株程度買ったら、面白そうです。

カタルに30億円かな? その資金があるなら、間違いなくやります。単独でも…500円まで…買い上がります。鶴岡君は、自分をもっと追い込まないと駄目ですね。若いのですから、現状に甘えずに…もっと「ストイックな人生」を歩まないとなりません。

最近、「ZOZO」(3092)の前澤さんも「サイバーエージェント」(4751)の藤田さんも「DENA」(2432)の南場さんも…みんな小粒なままです。辛うじて「ユニクロ」(9983)の柳井さんや「ソフトバンクG」(9984)の孫さんは頑張っていますが…「世界の扉」は遠くにありです。

そう言えば…「トヨタ」(7203)の章男会長に対し、「ダイハツ」の不正を受け…「不信任」だそうです。でも彼の評価は難しいですね。時代に助けられとは言え、今のHVの現状を観れば…「時間と金」を手にしたのです。面白い「時代の翻弄」です。カタルは「ホンダ」(7267)の戦略が正しいと思っていますが…なかなか時代の読みは、株式投資と同じで…難しいのです。

「大阪チタン」(5726)は、本日も高いですね。まもなく…「ボーイング」(BA)の問題も結論が出ます。本来は、小型電炉かな? それで…3000トンの追加を考えていたらしいのですが…1万トンに格上げされました。

「村田製作」(6881)の 日足推移

「東邦チタン」(5727)は、既に量産体制が完成するのかな? サウジと共同でやっていますから、「エアバス」の需要もあるのかもしれません。この「東邦チタン」に「追い風」が吹きました。此方の報道です。つまり…「村田製作」(6881)の株価も、ようやく…これで注目されます。

カタルはこの報道を観て、直ぐに連想しましたが…このような繋がりが見えるかどうか…皆さんはカタルが言っている意味を理解できるレベルに、早く…なって欲しいのです。

特に…証券マンは「銘柄の流れ」を顧客に説明できないと駄目です。もっと勉強してくださいね。この「アップル」(ALPP)の報道は、MLCCに繋がりますから、東邦チタンにも追い風報道になります。これで…ようやく、役者が揃いました。「大阪チタン」も「東邦チタン」も株を買えます。更に「ジャムコ」(7408)の存在も忘れては…駄目です。もともと…「ジャムコ」は、既に「増産体制」を整えていました。

問題は米国の動向です。でもこのラインは、「カタル好みの値動き」になります。あっという間に2倍、3倍の可能性があります。「野村証券」にはない「変動率」です。要するに…自分がその水準の「リスク」を取れるか? 「ジェイドG」のように2800円で買ったのが、1300円を割れたのです。こんな事は良くある話なのです。

ところが…多くの参加者は、あの2800円の株を買えますが…この1300円は買えません。今の1600円の株も買えないのです。流石に、この規模の下げは、事前想定になく…カタル自身も、最後は慌てて…あの日の寄り値で、株を売り越しました。買った玉もあるのですが、既にとっくに「利食い」をしました。なかなか…懐が浅いと…苦労をします。

早く…お金を気にせずに…「ノンビリ投資」が出来ると良いなぁ~と思います。株なんか…下がった程度が、丁度…良いのです。だって、「余分に」株が揃います。

BASEの285円の5000株も買えたようです。もっと下がれば良いのです。目先筋は昨日で撤退をしたように思っています。でもBASE本体は「黒字幅」が増えるのでしょう。楽しみです。確り…下値で玉を揃えておきましょうね。馬鹿だけですよ。8830円のK君を買えるのに…413円のK君は1/20になっても買えないのです。これが株式投資の実情です。面白いでしょう。それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2019.10.28

    10/28
  2. 2020.08.13

    8/13
  3. 2022.08.29

    8/29
  4. 2019.11.08

    11/8
  5. 2020.12.03

    12/3
  6. 2018.08.16

    8/16
2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
株式投資関連の本