9/29

カタル:早くも「ステルス・テーパリング」の限界が指摘されています。だから海外勢から「テーパリング」(金融緩和の出口策)だと…揶揄されたのです。そもそも長短金利のスティープ化など出来る道理がありません。やるとすれば…日銀が長期ものの国債を、自ら売るしかありません。この状態で年間80兆円もの国債を買えるのかどうか…。故に「見えない出口戦略」とゴールドマンサックスから揶揄されたのです。

この状態で21日に16823円を抜けるかどうか…が当面の焦点ですが、株価は何も…落第生の日銀だけに影響を受けるものではありません。落第生との評価は、厳しいような気もしますが…QE2以降の政策は、的を外しっぱなしです。株式投資を官僚などに認めない仕組みが、そもそも…おかしいです。

いくら馬鹿でも…カタルを見れば分かります。株式投資で追証の洗礼を、何度も味わっていると、いい加減に勉強をするようになります。何故、失敗したのか? その原因を探りますからね。株式投資は銘柄を選別する事ではなく…自分自身との心の向き合い方が、問われるのです。自分自身の「欲と現実」の狭間で、心が常に揺れます。

今の相場を観て、昨日、SUMCOを買っておけば良かったと悔やんでいませんか? カタルは早くから、金融規制克服論を主張し、IoT時代の幕開けから、半導体の活況を予測しています。ただ現時点では、まだ分からないのですね。現在の半導体市況の高騰が、本物の動きに繋がるかどうか…。何故なら、複合的な要素が重なっています。サムソンの西安工場の操業停止も影響しているかもしれないし、クリスマス商戦も重なっています。今年はスマフォの高付加価値化やゲームのVR生産も影響しています。

この見通しが立つのが11月後半でしょう。12月に入り大きく半導体価格が下がらなければ…大丈夫だと思いますが、残念ながらカタルは、あまり事前知識の蓄積がありません。半導体価格の推移とクリスマス商戦のバランスですね。調べた事がないのです。優秀なアナリストなら大丈夫でしょうが…。大手証券は良いですよ。研究所に電話して資料を請求すれば…過去のデータなど直ぐに分かります。

歩合セールスは、バックアップ・スタッフなどは居ませんからね。全て自分で調べなくてはなりません。むかし和光証券に居た頃、薬品のアナリストに日本ケミファの事を聞きました。血圧降下剤の話なのですが…、α型とか…などですが、いろんなタイプがあります。そうしたら、彼は即座に市場規模を電話で述べ、「その会社側予測は不可能です。」と述べました。優秀なアナリストだったようで…その後、ドイツ証券に移籍しましたね。つまりプロは、全てのデータがある程度、頭の中に入っているから…色んな現象の理解度が深まるのです。

カタルは昔、プロスタグランジンの開発の時に、小野薬品を手掛けました。その過程でいろいろ薬品業界の事を調べたのですね。薬事審議会の話など…兎に角、大変なのです。その様な経験が、今回の小野薬相場にも生きています。しかし残念ながら、カタルは貧乏だったために…今回の小野薬相場は、パスした経過があります。やはり100株単位でも…買い易い金額にしてもらいたいですね。株数単位などやめて、今度、金額単位で売買が出来るように、東証も考えるべきです。そうすればドル平均法投資もやりやすくなります。株数だとドル平均法投資は、難しいですからね。出来ない訳じゃないが…効率的ではないのです。

また話しがそれました。半導体の話ですね。つまり現時点では、色んな要素が重なっている一時的な現象かもしれないのです。例えば金融規制克服論にしても…穴が多く存在します。昨日の日経夕刊には、穀物価格の下落が報道されています。いくら豊作でも…最安値を更新しているようです。この価格動向は、金融規制が影響している可能性もあります。カタルの主張する金融規制克服説とは、相反する動きです。更にFRBのストレステスト強化の動きも、カタルの金融規制克服説にとってはマイナス要因に働きます。ドイツ銀行だけでなく、コメルツも9000人のリストラを計画中だと言います。そもそもフィンティックの時代になると、支店が消えて人員配備が必要なのかどうか。この問題もあります。当然ですが、ブレグジット問題も、背景に存在します。

そんなに簡単に…金融規制克服説が流れるかどうかは…未定なのです。常に綱引き状態のなかで、揺れ動いている印象です。まだダリオ時間もあり得ます。イエレン時間を前提に12月の利上げを予測して、市場は動いていますが、ここに来てのFRBのストレステスト強化の動きは、微妙に様々な現象を揺さぶります。

ただ…市場はカタルの金融規制克服説と言う新しい考え方を、支持している動きをしています。昨日は東芝が増額修正に動きました。カタルは粉飾企業なので嫌いだと述べていますが…同時に、昔、IR担当者を訪問した時に、東芝本社に行きました。その時に面談した芦田さんは好意的でした。彼のような人材も、東芝にはたくさん残っている筈です。

ノルマが達成できない為に、不正行為をするクズ社員ばかりではなく、本物の人材も東芝には、多く居る筈ですね。間違いなく金融規制克服説が背景にあれば…東芝は4ケタ奪回を達成できる可能性を持っています。この事は既に、事前に述べています。日興のアナリストが指摘する前から東芝は素質がある…と、シャープと共に推奨リストに掲げています。

トリケミカル研究所は、見事なタイミングでしたね。カタルは1750円と1700円で買いました。同時に買ったSUMCOは、900円から下値を段階的に買っています。この差は、たまたまトリケミは、何処かのファンドの利食いが先行していたためでしょう。幾らいい素質を秘めていても、どんな株も、必ず乖離調整は必要なのです。クラウドワークスもそうですね。今日は67円安の1036円ですね。

でも…ね。確かに休むタイミングですが、意外に強く見えますね。理由は出来高です。現在は既に101700株です。今の時間は10:47ですね。下げの調整過程のパターンも重要なのです。4ケタ割れ程度で…利食いを消化して推移していると、一気にステージ転換するかもしれません。あるいは、割れずに推移すれば…なお強いですね。この意味は、カタルが前に述べた1200円前後の上場当時の壁を、消化するという意味です。故に、この下げ場面が買い場かも、知れないのです。利食いしたい人は、ジャンジャンすれば良いのです。所詮、人間は自分の器量には、絶対に勝てません。人間、それぞれに「器」と言うものがあります。日本ハムの大谷君を観ていると良く分かります。運と言うのは面白いですね。

「IoTのユビキタス」の話も、しましょうか…今回は、なかなか昔のユビキタスを知っている人にとって、おかしいな…ユビキタスらしくない動きだと思っている筈です。そうしてイライラして、既に半数以上の人が、利食いしたことでしょう。カタル自身、1400円の時に一部売りました。でも株数が、それほど減っている訳じゃありません。直ぐに買い直したりしています。確信は、まだ持てませんが、本物の動きのような気もしています。来年か再来年は、株価に見合う業績変化が、訪れるのかも知れません。明らかに手掛けている種族が違うようです。

昔の株価の動きと違う現象は、時々ありますね。でも癖は、なかなか消えません。ユビキタスの素質は、兎に角、ピカ一です。カタルが何故、長く惹かれ続けているか? まさに「魔性の女」です。こいつの為なら、死んでも構わない…と思わせるような魅力を秘めています。カタルだって馬鹿じゃなく…色んな騰がる株が見えます。

最近の人気株の中では、イー・ガーディアン(6050)に強く惹かれました。でも様子見をしたのです。理由は、いきなり上がる続ける株では、ないでしょう。むしろリログループ(8876)のようなイメージです。この株、カタルが大昔に推奨した株です。1000円以下の時だったかな? 良く育ちましたね。

皆さんに10年近く我慢できるなら、かなり良い線をイー・ガーディアンも辿ると思います。まぁ、これからの経営者の器次第ですが…。素質は、ありますね。駄目株かどうかの見分けも、直ぐにつきます。現在人気になっているLINEは、目先の人気株で上がるかもしれませんが…プラットホームにはなり得ません。グーグルやアップルのような存在とは全く違います。大株主が大半の株を握っている為、浮動株が極端に少ないために、意外に人気が保たれています。韓国人も優秀なのですね。サムソンもそうだし…。

サムソンから乞われ…彼はNECだったかな? 知り合いがいます。 半導体の技術を伝授してもらおうと、三顧の礼をもってサムソンは日本人技術者を迎えたのです。嘗て、日本は半導体のトップだったのです。でも…村論理の為に、ムーアの法則に付いて行けなかったのです。村論理が優先されて崩壊しました。

エルピーダが、生きていれば面白かったのです。坂本さんは好きでした。彼もカタルと同じで…「失われた時代」にやられた口ですね。馬鹿をやる人間を認める社会構造にしないと…日本の進歩は、なくなり衰退します。

雑談が増えると…スペースが消えますね。話が途中ですが、読む方も馬鹿らしい話ばかりでは、嫌になりますから、程々にしないとなりません。ユビキタスもそうですが、ケネディクスも、今度の株価動向は…きっと異次元の動きになるのでしょう。

クラウドワークスも、この動きは、揉み合いか下降波動の調整か分かりませんが、この場面のバランスを、良く観ておいた方が良いですね。証券マンは、値動きと出来高バランスから未来の動きが見えるのです。段々、カタルは、また買ってみたい気になってきたのです。事前に、カタルは述べています。簡単に、ここの壁は越えられないが…出来高が落ちなければ、一気にスター株の道を歩むかもしれません。本当は、11月の数字を見たいのですが…この動きは、今の所、最善の形で推移している様にカタルには見えます。今日は話が途中でレポートの一貫性がありませんが、いつもの事です。また明日にします。

揺れ動く、金融規制克服論!



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2015.10.15

    10/15
  2. 2016.12.26

    12/26
  3. 2015.07.02

    07/02
  4. 2017.05.12

    5/12
  5. 2015.09.30

    09/30
  6. 2015.07.16

    07/16
2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
株式投資関連の本