2/26(バラ色相場)

あれ? …おかしいな。今朝の日本株の動向を見て、カタルは夢を見ている様な錯覚に襲われています。そうして…もう一度、スマフォを見直しNYの株価を再確認して、何度も「読み込み」を繰り返しましたが…やはりNY株価の数字は変わりません。

今度は、パソコンの画面を見てニュースを開きNYダウの株価を確かめました。これでも…やはりNY株価は変わりませんでした。「アレクサ、ニュース」と叫び…ニュースを聞いても、NHKのニュースはNY株価の大幅安を伝えています。

今は、パソコン画面の数字を何度も見直し…やはり日経平均株価は279円安の22327円です。ようやく疑心暗鬼ながら…カタルが昨日、レポートしたように、日経平均株価は「NY離れ」を認識すると言う仮説の…確信を深めつつあります。

ようやく30年以上が経過し、1989年に上京して以来、初めて、日本株は名目時代に突入するのでしょう。ハハハ…なにらや嬉しいやら、奇妙な気持ちと高揚感に包まれている現在です。

前田道路が「内部留保」を取り崩し…高額配当を実施する意味は強烈です。この現象は、日本の馬鹿経営者に「時代の変化」を再認識させるはずです。

始まりますね。たぶん…。「疾風に勁草を知る」一昨日、武者さんのレポートを読み知った諺ですが…良い言葉です。本物は何れ、頭角を現すのでしょう。僕らは賢い投資家に成りましょう。たぶん、昨日のレポートのような相場を、これから歩むのでしょう。日本も今回の「コロナ騒ぎ」で、名目時代を「再認識」させられる可能性が高いのです。

仮に「株式資本主義」になると…どうなるか? 経営者は株価に対し、必要以上に神経を使うようになります。トランプが株価をみて政策を動かしている様な世界が常態化します。カタルの読者の何人かは…カタル同様に億万長者への道を歩み、やがてカタルもこのレポートを卒業し、ノンビリできます。嬉しいな…苦節30年以上の試練が、過去の笑い話になるかも知れません。株屋が株を売ることが出来なくて、国会図書館に毎日通い、過去の資料を読み漁った日々を懐かしく感じることが出来ます。

でも…今の相場を見ても、やはり今の数字が「疑心暗鬼」なのです。ホンマかいな? この数字、そう言えば…昨日は、全面安の売り気配の中で、直ぐに携帯電話会社のソフトバンクB(9434)は、株価が入っていました。この株は利回り株ですから配当金に連動して債券のような感覚です。

日本の地価が「収益還元法」と言う利回り採算で、下げ止まったように…日本株の配当利回りも高いですからね。3%~5%に回る水準の株がゴロゴロしています。しかも前田道路のように内部留保を貯めて置けないのです。これ以上、内部留保を積み増すと、経営権を奪われるTOBに遭います。 だから…本物の経営をする事が、経営権の維持に繋がりますから、株主還元率が100%を超える企業がドンドン増えるでしょう。ようやく…日本株もROE時代に入ります。

やはり名目時代がやって来て、バラ色相場が始まります。きっと楽しいですよ。

市場はETFの運用時代なので…どうしても、株価の乱高下は否めません。でも内容のある個別株は、そんなに下がらないでしょう。だって…企業が米国のように、自社株買いをどんどんします。日銀様は本日もETFを買うでしょう。だれが株を売るのでしょう。

利回り採算の株を売る必要はありません。個人の金融資産は986兆円も現預金があるのです。この資料は日銀の資金循環統計です。此方です。自分の目で数字を確かめましょう。

既に日銀様が、かなりの日本株の浮動株を吸い上げています。だから株価がドンドン下がる道理がありません。外人投資家だって、ない株は売れませんよ。しかも利回り株なのです。そうして企業は463兆円の内部留保ですよ。個人の現預金の986兆円と合わせると…日本株を買う資金が無限とも思えるほどあるのです。

やはりどう考えても、はじまり始まり…です。今回の「コロナ騒ぎ」が切っ掛けで日本株の名目時代がやってきた。この基本的なカタルの構想に、誰か反論をして下さい。日立が日立化成を売り、子会社にTOBを掛けて吸収し、東芝もホンダもみんな同じ動きです。前田道路の事件は、面白いでしょう。内部留保を積めば、経営権が狙われます。時価総額を上回る内部留保は、もう積めないのです。自然に株主還元比率が上がります。

カタルは先週、鮨屋で老夫婦に、三菱UFJの株を薦めました。「配当利回りで充分ですよ。」…と言いました。カタルは3%台かな?…と思っていましたが、四季報を見ると25円になっています。これが本当なら、25/550円として、4.55%です。やはり株価は、もう下がりませんね。

千代化にロコンド、ケネディクスにJトラストは鉄板でしょう。これにSUMCOも三菱UFJも、みんな…何れ、株価は大きく上がります。でも…追証の人は無理をせずにカタルのように、粛々と整理をしましょう。

でも心配をする事はないですね。もう下値は限られています。今回のコロナ騒ぎで日本株の「下値の堅さ」を再認識しますよ。昨年の8月に続き、16000円だと騒いだ馬鹿は、内部留保の意味も、前田道路の意味も理解できない馬鹿です。

トヨタがスマート都市建設をして、三菱地所が7000億円投資を決めて、三菱UFJは配車アプリに大手のグラブに800億円も投資をする時代です。一連の繋がりを見ると、もう日本株は新しいステップに「突入」しているのでしょう。

この仮説が正しいなら、もう怖いものはありません。「コロナ騒ぎ」が、新しい時代を引き連れてきました。もう下地が整っていましたが…その再確認をするのでしょう。

昨日は千代化がプラス転換をするかと思いましたが、駄目でしたが、今日こそ、「疾風に勁草を知る」展開になるでしょうか? カタルは休みにS&P500のチャートを掲げ、乖離調整は、必ず訪れると述べていました。案の定、NY株価は大幅安をしました。でも昨晩のNY株価は、昨年8月の試練を経た株価の高値圏に来ました。大統領選がある為に…スピード調整なのでしょう。

短期間の大幅な値幅調整は、整理を早めます。一番怖い下げは、ジリジリした下げが続く相場ですが、このような強制的な値幅整理は、追証が追証を呼ぶ、スピード調整です。カタルのような貧乏人は、仕方なく株を売らざるえません。保険料を払うしかないのです。

でもお金持ちには、嬉しいチャンスです。千代化は下値ボックス圏の高値水準です。後場から「独歩高」すると面白いですね。ロコンドも強いです。ケネディクスだって…売り物が枯れているように見えます。

ようやく…やって来た「カタル祭り」の開催か。まだ確定している訳ではなく…浮かれることは出来ませんが、僕らは無理をせず、賢い投資家を目指しましょう。ブツブツ投資にとって株価が下がることはチャンスです。追証の口座では整理が進んでいますが、違う口座では、昨日の354円で1000株の買いに続き、本日は千代化を355円で2000株だけ買ってみました。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ…率先垂範のカタルは、今日も果敢に挑戦です。でも一方では、追証の整理で「フニャ、ふにゃ」…になっています。まぁ様々な試練があるのが人生です。互いに…この試練も楽しみましょう。人生は山あり谷ありです。上手く行かないから、人生は面白いとも言えます。

果たして…後場は笑っていられるか…、泣いているか…どちらでしょう。それでは…また明日。決して無理をしないように…チャンスは、これから、たくさんありますからね。

今日こそ、なにかが生まれ…「疾風に勁草を知る」相場になると良いですね。頑張れ!カタル銘柄。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2020.03.25

    3/25
  2. 2019.10.04

    10/4
  3. 2016.07.20

    7/20
  4. 2015.10.30

    10/30
  5. 2017.06.07

    6/7
  6. 2018.11.15

    11/15
2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
株式投資関連の本