12/9

カタル:先ずは、お詫びですね。昨日はクラウドワークスについて…息子から心配されたと書きましたが、発信元は、ロンドンに住む娘の方でした。彼女の着眼点は、なかなかですよね。企業とクラウドワーカとの間に、信頼関係が築かれると、クラウドワークスを介さずに、何れ、直接取引するから、クラウドワークスの売り上げの伸び率は、大きく伸びないんじゃないか…と言う指摘ですね。娘は馬鹿だと思っていましたが、日本の詰め込み式教育では駄目だったものの…自分自身の頭で考えると言う点では、一般的な日本人より上のレベルのようです。

実は…なかなか結婚しない娘を心配していたのですが、連れてきた男は外人ですが、なかなかの好青年で、今の日本人には、いない様な…かなり出来る男です。気遣いも出来るし…。娘の気遣いも、これじゃ…自身が疲れないかな?…と思うほどです。まぁ、カタルの人生は時代の応援は得られず、自身のチャンスも生かせず、神様は、3流人間との烙印を押したようですが、子供には恵まれ…幸せかな? なかには子供が非行に走り…苦労する親もたくさん居ますからね。その点は幸いです。かみさんに感謝しなくてはなりませんね。

しかし…凄い相場ですね。カタルは毎日、夜にデータを集め、資料を観たりします。だから昨夜ではなく、一昨日のNY市場の大幅高は、金融株のディーリング評価で金融株が主導して全体を持ち上げたようです。でも不動産株が、金融株以上に2%以上も上がっていました。カタルが想像する日本のバブル相場の現象に、米国も似て来た様な気がします。いよいよ、ドルの信認が…最後に破裂するのかも知れませんね。まだまだ…かなり、ずっと先の話ですよ。仮に、この空想が実現しても5年以上は先の話しでしょう。トランプ政権は…ある意味で、危険なのです。でも今は、全く心配いりません。度々、述べている様に…今は馬鹿になった奴が、勝つのです。

金融相場と言うのは…基本的に過剰流動性の相場なのですね。日銀がガチャガチャ…と資金を投入し、本来は、必ず資産インフレが起こります。だって…常識ですね。日銀券は無尽蔵に発行できますが…モノは限りがあります。いきなり原油価格の産油量が2倍や3倍にはなりません。リグの生産も必要ですからね。時間が掛かります。ところが…世界中の中央銀行が、これほどお金をばら撒いたのです。カタルは信用乗数の話を度々しています。マネタリーベース(ベースマネー)とマネーストック(マネーサプライ)の倍率の話ですね。通常は10倍程度なのに…どんどん低下したのです。

日本には、金融機関がすぐに使えるお金、日銀の当座預金に303兆円、企業の現預金は242兆円もありますね。つまり合わせて…545兆円ものお金が眠っています。この眠りは、ある日、突然…冷めるのです。一昨日まで、日経新聞は「薄れる先行性」と証券株の上昇を馬鹿にしていました。本日の新聞は「金融株には上昇の余地」を紹介していますね。面白い現象ですね。昨日はTICK一位の常連だった三菱UFJから、ソフトバンクに地位の座が変わりました。この現象は…ようやく、出遅れ物色が始まったことを示すのでしょう。

カタルは昨日、実質成長時代は経済全体のパイが奪い合いになる…「ちょっと待っててくださいね。今、アークが下げてきたので、買いに行きますね。今日は寄り付きで4000株買ったので、この辺りで指値をしておきますね。今は112円だから、5000株ほど…買いを入れておきます。」ハイ、発注しましたが…買えるかどうか。えぇ…と、そう実質の時代は、全体が膨らまないから、奪い合いなのです。つまりゼロサム論理です。必ず、儲かる人が居れば、損をする人が居るのです。

でも名目時代になると、全体のパイが膨らむから…全体の相場が底上げになります。だから、出遅れ株が、どんどん買われるのです。最後は、どんなボロ株も…株価が安いと言う理由だけで…上がるようになります。だからアークのように…あまり魅力を感じなくても、市場が出遅れだ…と、ストップ高の評価を付けた訳です。カタルは435円の転換価格を抜くと思っています。ハイ、今、アーク112円5000株をお買い上げです。

仮に名目時代が続き…アークの株価が500円になると、借金のカタの清算ができますね。銀行はウハウハです。諦めていたお金が返ってくるのです。どうせダメになったお金だから、銀行は、更に危険を冒し危ない企業にも、貸し出しをする余裕が生まれます。このような循環で…どんどん名目時代が、拡大して行きます。名目時代は、皆がハッピーになるのです。だから馬鹿になった奴が、勝ちなのです。理屈を捏ねる奴は、負け組に転落します。1984年~30年以上も、まちに待った名目時代の到来です。

外れるかもしれませんが…カタルはトランプ政権誕生前から、金融相場を予期しており、この事を、再三にわたり…レポートで述べています。本日も寄り付きの高値で、ケネディクスを買った次第です。毎日、毎日、たい焼き君です。何れ…捕まりますね。良いのですね。捕まった時に、考えれば…それで良いのです。金融相場は、覚悟を決めた奴が、勝ちなのです。

面白いですね。有望なベンチャー企業のZMPの上場が延期になったとか…。それでJVCKWも下げているようです。そんな小型株の相場でない為に…高く逃げる事が出来なくなったので…きっと、上場を延期したのでしょう。LINEと同じような発想ですね。あほらしい限りです。安ければ良かったのに…。そんな下賤な奴は、所詮は、小物でしょう。堂々と勝負しなくてはなりません。一度決めたら…トコトンやるのです。

カタルはクラウドワークスを、応援しています。だから株が下がれば…買う量が増えるから、基本的には賛成です。本日は806円に15200株の売り物がありますね。カタルは1000株ほど、買っても消化できませんが…カタルが買えるようになったら、きっとカタルは買いますね。まだ800円にも1700株の売りがあり806円は買えません。自分で全部、買うほどお金持ちではないですからね。残念です。

本日は、他にもユビキタスも、JTECも、少しですが買いました。何しろ、儲かっている様で…どんどん買えるのですね。非常に危ない現象ですね。何処かでお金を引き上げないとカタルの性格上…際限がありませんからね。カタルにお金を渡したら…最後です。100万でも200万株でも、お金が続く限り…実験を続ける性格ですからね。この性格が不幸にも失敗を生みました。ベンチャリの40億円は…痛かったね。

まぁ、こんな性格のカタルだから、皆さんは、話、半分どころか…1/10ぐらいに思って慎重になって、行動しないとなりませんからね。カタルは馬鹿なのです。でも名目時代は、馬鹿が儲かる時代だから、名目時代が続くなら…何とか、なるでしょう。そんな、お気軽さんです。なにしろ、パッパラ・パーの性格なのです。

カタルが28歳の頃かな?当時のお金で3000万円ほどあったのです。全部、株で儲けたお金です。でも…いい気なもんで、それが災いして、勤める証券会社の役員コースを蹴って、しがない歩合セールスですからね。でも歩合の連中は変わっていますね。みんな…変わっています。ブツブツなんか、大学を卒業するために…8年だったかな? 途中、海外旅行ばかりしていました。

社長を殴ったり…みんな、一癖二癖あるのです。ヤクザもタジタジです。よちゃんも、面白かったですね。渋谷の親分の話なんか…。笑いですよ。カタルも仕手筋の50万株の注文を断りましたね。食えなかった時代に心配した恩師が紹介してくれたのです。自分で何とかやります。…と丁重にお断りしました。でもあの時期に、あの注文を受けていたら…終わりですね。お客の借金を被って…それでお終いです。歩合セールスは、自分でお客を選ばないと大変です。いくらでも100万単位の注文を、くれる所はあるのです。でも危ないですからね。

今日は、なんか…変な展開ですね。なんで、こんな話になったのでしょう。まぁ、良いか。あらら…紙面が、なくなりました。読む方も…与太話は退屈です。良いですか…いつか捕まるのです。必ず…ね。でも、そんな事を心配していたら、何もできませんよ。証券マンは1月末を目標にして、今年いっぱいは…三菱UFJを、出来るだけ沈潜するのです。カタルも、こう話す以上…本日も1000株だけ、買い乗せしました。決して利食いなどと言うチンケな邪推を、思ってはいけません。常に…顧客から、銀行の定期を解約させて…株を買わせるのです。

おそらく…トランプ政権の誕生で、金融規制のタガが外され、一気にインフレになります。こんな時代環境なのに、債券を買ったり、預金をしている奴は馬鹿ですね。まだ株が上がったと言っても、1カ月なのです。今後…5年程、上昇を続けます。まだ始まったばかりなのです。世界中の中央銀行が、量的緩和を実施して居るのです。米国は止めましたが…。

さて、本日の引け値のアークは、いくらかな? カタルの1000株の買いで、806円を付けられるようになったら、クラウドワークスを、必ず、買います。娘の心配をよそに…馬鹿なオヤジなので…仕方ないでしょう。所詮、世の中、なるようにしか、なりませんからね。それでは…また明日。今、原稿を読み直したら…800円の売りは切れましたが、まだ1000株買っても806円の15000株は、食えません。残念ですね。仕方ないか…。これが現実なのです。また…明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2017.02.01

    2/1
  2. 2015.06.15

    06/15
  3. 2016.04.26

    4/26
  4. 2015.05.27

    5/27
  5. 2016.06.13

    6/13
  6. 2015.03.18

    03/18
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
株式投資関連の本