新聞記事を読んで…

本日の日経新聞の8面を読み、再びメディアの論調が気になった次第です。この記事は中国経済の事が書かれたコメントですが「不動産バブル抑制 前面に」との見出しがふってあります。記者の認識は中国の不動産価格がバブルだと思っているのでしょうか? それともバブル懸念を抑制なのでしょうか? 正しくは…不動産投資抑制と言う見出しではないのでしょうか? 言葉の使い方により…読者の受ける印象は大きく変わります。

日本と中国の実質経済成長率の推移

日本と中国の実質経済成長率の推移

 

メディアは基本的に購買数や購読者数を意識して過剰に人々の感情を煽ります。しかしゲスな視点を多く感じます。近年の中国の成長は素晴らしいものです。歴代の指導者が図抜けていると思います。鄧小平以来…文革の悲劇を乗り越え、共産党体制の方が正しいんじゃないか…と、錯覚するほどの成功ぶりです。その様子を実質GDPの成長率の観点を、日本と比較したグラフが、ネット上に在ったので…紹介しておきます。

なかなか…「流動性に罠」から、抜け出せない日本と違い、中国の成長は、すごいなぁ~と思っています。実はカタル君は、バブル当時ですから…1989年頃の話ですね。歩合外務員になり3年程稼いだから…、中国に行き事業展開をしようと考えていた時期がありました。当時の中国は、まだまだ劣等国でした。でも日本が立ち止まっている間に、大きなギャップが、急速に縮まりましたね。もう中国の方が、上の分野が多く存在します。

国の指導者が優れているか…。アホかの違いは、この数字を観ると歴然としています。日本は敗戦を迎え、米国の占領下で日本人のロボット化を謀る、画一化教育が定着しました。そうして…みんな馬鹿になりました。森喜朗などは、日教組と組んで…盛んに「ゆとり教育」を支持していました。その結果、日本人はドンドン劣化したように感じています。

数字上では、失業率は、低下を続けていますが、実態は…嘘の求人広告が蔓延し、ようやくハローワークも、この問題に着手し始めています。ブラック企業問題は、電通事件を観るまでもなく…上場企業まで蔓延しています。やはりパイオニアの指名解雇事件から、日本の労働市場は歪みましたね。実態を見ずに…小手先の村論理を優先させた結果、どんどん悪化したように感じています。まるで抗生物質が、効かなくなった病原菌のような存在です。

折角、安倍政権は名目時代に舵を切ったのに…遅すぎた結果、なかなか「流動性の罠」から抜け出せないように感じています。トランプ政権の誕生は、ある意味でチャンスなのですが、果たして、このチャンスを活かせるかどうか…。

カタルはソフトバンクの孫氏の支持派ですが…あの態度は、やり過ぎで不快感を覚えました。ロシアのプーチンとの立ち話の話です。あれは飛び入りでやったのでしょうが…、あの感覚は、日本人にはありません。秩序を乱す不快を感じたのは、カタルだけでしょうか…。彼も、今の時期、必死なのは分かります。何しろ…瀬戸際ですからね。安倍総理の表情からすると…カタル同様に不快感を抱いたのでしょう。

ケネディクスのリートの決算が発表されていたようで…まだ含み損失を、計上していましたね。利益と相殺していました。本体の方は、既に綺麗になりましたが…リートの方は未だに続いているようです。名目時代が加速すれば…毎年、5%程度の不動産の上昇が見込まれます。1兆円投資で500億円ずつ増え続けるのです。凄い事ですね。

問題は、名目時代のスピードが上がるかどうか…なのですが、来年は、失業率の3%割れが実現しますから、一気に人件費が上昇する筈です。此処に、トランプ政権の金融規制の緩和となると…世界経済全体に、インフレ圧力が高まります。来年の米国の利上げが2回から3回になったと言って、驚いていますが、こんなもんじゃ…ないかもしれません。

何しろ、これまでに世界中の中央銀行が、ジャブジャブに資金を入れたので、信用乗数は大幅に低下しているのです。その足枷だった金融規制が緩和されますから、信用乗数は10倍台に戻ろうとしますね。未来への夢(信頼)が生まれ、リスクを取るようになります。だからケネディクスは…宝物ですね。この事を言い続け…既に3年か…。来年は4年になりますね。なかなか動かない経済に、いい加減にウンザリしていますが…メディアの馬鹿論調が、「流動性の罠」を、増長しているのです。記者はバブルの定義を、良く知るべきでしょう。

カタルのようなバブル馬鹿が、楽しく、生きれる社会を望む次第です。自殺者を大量に生む清貧思想と…浮かれる馬鹿が多い社会と、どっちが楽しいのでしょう? どうせ、人生は一回で、やり直しは…効かないのです。一所懸命にやる奴が、浮上する世界の方が、楽しいですからね。でも孫氏の…あの行動は、やり過ぎですね。それでは…また明日。

本日、夕方に、有料会員向けの「報告」を書く予定です。会員の方は…是非、ご覧なってください。アップは…夕方5時頃になります。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2017.07.29

    データは語る
  2. 2016.07.16

    日銀の失敗
  3. 2016.02.27

    自社株買い
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
株式投資関連の本