9/25

かたる:へぇ…それにしても、よく当たっています。先日、期日が近いのでユビキタスを買ったばかりです。2回に分け、確か…500株ずつ買ったのです。本日は期日が近いものを1000株、利食いました。決して、儲かった訳ではありませんが損をしませんでした。株と言うのは…分からないものです。

もともと…この会社は1000円で自社株買いをした程なのです。そうして村田との資本提携で、新株を発行してもよかったと思うのですが、その自社株を充てた良心的な会社です。つまり1000円以下の下値なら、何処を買っても、いつかは…儲かると思っていました。これで何回目か、分かりませんが、いつも儲かっています。良い会社だなぁ~。

もともとユビキタスは、カタルが好きな会社で2010年からの付き合いです。カタルは「QB」の技術を観て、惚れたのですが…なかなか収益化できず駄目かと思っていたら、カーナビの採用が決まりました。車のEV化は必至で…どちらにしても、QBは電子化に欠かせない技術ですからね。この技術が、もとになりルネサスやトヨタなどと親交が出来て共同開発に至っています。そろそろ車載関連の売り上げの計上になる時期です。市場の狙いは、違う視点のようで、量子コンピュタ関連とか…の噂もあるようですが。何しろ、ストップ高だから嬉しいね。

カタルは、いつも時代に先行し、事前に銘柄を指摘して未来の見通しを述べています。この週末は「夢テク」と「ケネディクス」の話をしています。遂にケネディクスは600円台に突入です。一大仕手株化するかどうか…。仕掛け筋のお手並み拝見です。

カタルは、本日、再び…皆さんと一緒に、「夢テク」を870円で700株と半端ですが、買い増しを実施しました。やはり短期急騰型の一本立ちするチャートも存在している様に感じます。どちらにしても…大きく上がると思っています。

何しろ先駆するアウトソーシングは、既に、かなりの乖離があります。夢テクの今期の「増収減益」は、2016年12月にアウトソーシングが「増収減益」になった形と、同じ背景なのです。その後、アウトソーシングは、一気に、企業業績が急改善して…一株利益が38円から295円になります。この悪材料が出尽くしになる12月に安値を付けてから、一気に株価は倍増します。

この夢テクも、この9月期に増収減益になり、来期以降の企業業績は、急激に改善される見通しです。株価面では…2013年の夏のアウトソーシングの動きに似ていますが、業績面では、2016年12月のアウトソーシングの形に酷似しています。

アウトソーシングの業績とチャート

 

その様子を、アウトソーシングのチャートと、業績推移を観て比較して下さい。僅かな、値上がりで…怯んではいけません。時代は「人手不足」が、ドンドン深刻化します。

証券マンは、商売なので、どんどん利食いをさせ…再び、高値でも買い直せばいいのです。それが、商売です。そのようなセールスを出来ない人間は、顧客に儲けさせることも出来ず、自分の成績も上がりません。一見、安値で利食いをさせ…高値で再び買わせる行為は、矛盾します。しかし…それが相場です。相場は、常にリスクを分散させ…変化に対応するものです。

カタル自身、この心の壁のギャップを克服するのに…ずいぶん時間を要しました。しかし出来るセールスは、みんな…そうなのです。考えてみれば…良い株と言うのは、そんなに存在するわけでは、ありませんからね。何度でも…同じ株を、売り買いすればいいのでしょう。

夢テクは、今週、配当落ちですが…緩めば狙い目になります。配当落ちで下がるケースもありますが…カタルは、アウトソーシングのようなイメージを持っています。先駆した事例がある場合…時間が短縮されます。

故に本来、カタルは11月頃…と思っていました。しかし…様々な事象を観て時間を早め、読者に紹介したのです。まだ4ケタ以下なのですよ。今度は…一株利益81円が見えてきます。今の時代環境を考えれば…PER30倍の評価は妥当な水準です。決して冒険ではありません。今なら、ガンガン薦められますが…新高値を更新したら、カタルは、もう薦めなくなります。しかしケネディクスは4ケタを超えるまで推奨を続けます。

ユビキタスの時も、1000円以下は、いつでも安いから…買ったと述べました。そうして、本日は、ストップ高です。いつもカタルは…皆さんに事前に解説をしています。

後は、読者の選択次第です。反対の人は…ケネディクスは「貸借銘柄」なので、いくらでも「空売り」が出来ますよ。まだまだ買い長ですから…逆日々は付きません。どんどんやれば良いのです。地価が下がると…寝ぼけた事を云う奴は沢山います。最近でも…日経新聞には、大量のビル供給を控え…どうのこうの…と言っていました。市場には、いろんな意見があります。

要するに…自分が、どう考え…どう行動するか? 株式投資は、それが問われます。カタルが推奨しているから…とか、○○さんが、量子コンピュタ関連として、NF回路設計ブロック(6864)を推奨しているから…と言う理由は、関係ありません。要するに…他人の意見を聞いて、自分がどう考え…どう行動するか…なのですね。カタルは、過去…様々なヒット銘柄を掲げています。

全部、株価が安い時に、事前に述べているのに…多くの読者は株価が高くなると買い始めます。全くカタルには、理解できない行動です。まもなく…夢テクは、売り物が切れます。もともと小型現物株で、非常に浮動株が少ないのです。故に、株価がストップ高して、ガンガン飛ぶようになってからは、絶対に買わないようにしてください。

たぶん…出来高は100万株以上、出来ると思っています。そんな時は、少しずつ利食いをしても良いし…しばらく時代の流れが変わるまで、株を持っていても良いのです。どちらでも…構いません。

カタルは短期急騰型の「立ち上がり」罫線になる可能性があるから…早目に読者に伝えているのです。出来高次第ですが…、今週は、キーポイントになるような気もしています。何しろ決算月で、配当落ちなのです。

通常は、名義を出したくない為に、売るのが普通です。それにも拘らず、この形です。皆さんが、このレポートを読み、一緒に行動が出来る、後場寄りも…もう500株だけ、カタルは買い乗せをしましょう。まだ800円台の株価ですからね。

いつも有言実行を貫き…カタルは、本物の投資家を目指したいと考えています。偽物なら…所詮、負けるだけです。本物なら…やがて、倍々ペースで資産が増え…小手川君が挑んでいる壁まで到達できます。

彼は資金が増えて…運用が困難になりました。当たり前ですね。数十億とか、数百億の金額は、所詮、世界基準ではありません。本物の投資家は、みんな兆単位の資金を運用できます。でも、偉そうに…言えません。カタルは、まだまだ赤ちゃんです。僅か、数百万程度の追証に脅え、貧乏人故、先日は…泣く泣くケネディクスを投げていました。まさにコンチクショウで、アリアンす。それでは…また明日。

今、原稿をアップしようとしたら、NTTのサーバー故障のようです。 故に…後場寄りに一緒に、株を買う事は出来ません。仕方ありませんね。一緒に行動することに意味があります。故に、一緒に買うのは止めて、またの機会にしましょう。本日は870円で700株だけの買いです。上がったら…仕方がない。これも、なにかの運命でしょう。サーバーは13:00頃には復旧するとか…。回復次第アップします。…またね。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2018.05.08

    5/8
  2. 2018.12.10

    12/10
  3. 2016.02.24

    2/24
  4. 2017.02.20

    2/20
  5. 2015.01.06

    01/06
  6. 2015.08.07

    08/07
2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
株式投資関連の本