6/25

NY市場は大幅安して…もっと日本株は売られると思いましたが、全く違う展開です。これじゃ…上手く株を買えません。まぁ、仕方がありません。でも嬉しい嘆きです。

日本株は強くなったものです。「失われた時代」と比較すると、その違いが良く分かります。これは…ひょっとすると、本当にひょっとします。名目時代の確立が、いよいよ近づいてきたように感じています。

さて本日は少し最近の相場の「おさらい」をしましょう。

3月のコロナ禍の相場の下げは、カタルの想像を超えるものでした。そもそも今の一般的な常識は、本当に正しいのでしょうか? このスウェーデンの学者先生の発言が注目されています。此方です。カタルは、もともとコロナに対して致死率から見て…メディアは「大げさ」に騒ぎすぎると思ってきました。だから3月の追証を、もろに受けました。まさか…の連続です。

でもそのおかげで、ようやく全快報告が出来るほど回復しました。…と言っても年初のスタートラインに戻っただけの話です。

アンジェスの日足推移

このコロナから回復劇は、「ワクチン開発」株のアンジェスと共に全体の株価水準も上がっています。何れ、時間が解決する問題でしょう。そのアンジェスの株価推移を見てみましょう。この所、「頭打ち」の傾向が見えます。相場が重くなっています。今日はアンジェスの解説ではないので簡単にスルーします。

昨日は多くの株が二段上げに入るかどうか…、その分岐点に居ると述べています。

ユビキタスの日足推移

今、強さが試されていると述べて、カタルは、敢えてユビキタスを720円で500株だけ買ってみました。この株は、その動向を見るのに格好の「好材料」の株に見えるからです。過去は800円が、この株の下値圏で…1000円では「自社株買い」を実施したこともあるからです。そうして村田製作が買った株価は512円でした。

だからカタルは「IoT」時代を迎え、ユビキタスは上がるだろうと思い、早めに買い始めました。400円台の買い値のものもありました。でも本格的には600円台で買っていましたが…そうして一旦、信用分は全て売却し…現在は現引きした株1000株と、昔から持っている株1000株の合計2000株を保持して、今回、新たに500株だけ二段上げ相場の行方を観察するために株を買いました。

実は市場の多くの株は、この「二段上げ」待ちの状態にあります。既に第一波は終わり、乖離調整が進行しています。そうして25日線を割れて、75日線上に位置している株価水準です。株価が上がるためには…200日線も超えないとなりません。三菱UFJなどの200日線は513円に位置しています。でも75日線は427円ですから、現状は200日線より下に位置して75日線より上にいます。

これはチャート論ですよ。基本的に目先の投資を重視する人は、この200日線より上に株価が居る株を狙う事です。

短期投資の場合は、株を安く買う事より、時間で勝負ですから、本当は全ての移動平均線、25日、75日、200日が右肩上がりになっている株を狙います。ロコンドのようなケースです。200日線が右肩下がりの株を買う事は、目先の株価は下がっている株を買う事になります。移動平均線の概念を、此処では、しっかり持ってください。自分の投資スタイルと行動が一致しているかどうか…。

こんな事は一般的な常識です。

さて今は「コロナ禍」から立ち上がり、NY市場が下がったように、未だに「二次感染リスク」、そうして最悪シナリオを提示する人が、多く居ます。だから仕手戦のようなものです。でも時間は、買い方に味方します。だって既にワクチン開発は秒読みです。このまま二段上げに向かえるどうか…。ここが今の相場の焦点です。

だからアンリツを事例に掲げ、アンジェスと比較しました。

希望を買い、過去を売るのです。でも二次感染リスクなどがあり…後ろ髪を引かれたままの状態です。でもナスダック指数は、既に最高値を更新しています。基本的に相場は、既に新しい時代に突入していると言う概念です。この進展がどの程度か…。

アレレ…やはり本日も高いですね。ラッセル組のG君ではなく、カタルが3日前に発見したG君の話です。まだ打診買いも入れていません。コンチクショウ! 既に発見してから1割も上昇しています。どうしようかな?

あっちの水、こっちの水と実験をする程、お金はないし…貧乏人の悩みです。今、1000株だけ…打診買いを入れました。499円で買いました。この株は昔、大損をしたのです。4ケタ以上で株を買って失敗した株です。まぁ、この話はどうでも良いのですが…。

要するに…名目時代が確立しているなら、一度、上がった株は…余程の事がない限り、再び上昇して、全体のパイが膨らむ話です。

今の相場は、多くの銘柄が第一株価上昇期を終えて、乖離調整の段階にあります。中には、この乖離を無視して上がり続けているロコンドのような株もあります。カタルはこの領域は、既に「博打株」の領域だと述べています。理由は、乖離が開いている為です。200日線は983円ですから、かい離率は93.3%も開いています。常識的には…株を買える段階ではありませんよ。

でも此処から…株価としては一番、面白い仕手戦の領域です。PSSは直近の安値390円から、高値の3150円です。実に8倍です。200日線は688円ですから昨日の株価は2456円ですから3.5倍以上です。まだロコンドは2倍にもなっていませんから、PSS並みなら…3440円と言う試算です。

株は強弱感が対立している仕手株領域が、一番、面白いのです。当然のことですが…リスクがあります。あっという間に、何かがあった場合、200日線の領域に…つまり980円台に叩き落されます。こんな小型株は乱高下します。やる人は、充分に現状を認識して相場の臨んでください。カタルは証券マンでしたから、注意も促します。あとは個人の自由です。どんな行動を取ろうが勝手です。

でもやはり一番良く見えるから、不思議です。

本当は…本日、カタルはロコンド株を買うつもりで、NY安を見た時に喜んだのです。でも一昨日のVWAP1860円にも届きません。本日の株価は1887-1899-1872-1883=141000(9:56)です。トホホ…。だんだん売り物が枯れています。

危ないと言えば、危ないし…面白いと言えば、面白い領域になって来ました。ここまで来るまでが大変なんです。通常はその前に相場は終わっています。

アンリツが伸びてきました。日経新聞の応援団のおかげです。この株が伸びるなら…全体相場も「底上げ」の可能性があります。この株は比較的大きな会社で貸借株ですから、値動きもマイルドです。その分、上に行ったとしても限られます。だからカタルは既に、先日、買った株を、既に利食いしています。面白くない。

ロコンドが下げてきました。今、1867円に2万株の売り物が出ています。カタルは1860円から下値に買いを入れます。ついでだから…この1867円も200株だけ買いましょう。ハイ、出来ました。1867円で200株お買い上げです。

何故、高値を平気で買えるか? 一つは先日、一番高い買いの1843円100株が、昨日は1900円で利食い出来ている事。そうして889円の安値の買いがある為に、下げても一緒に売れば…何とかなると思っています。皆さんも、この手法を参考にして下さい。下値の買いがあれば…多少の冒険は、へっちゃらです。

さてこのアンリツは、まともな株です。アンジェスやPSSなどは、「子供の遊び」の領域です。やはり株は、野村証券や三菱UFJと言う大型株のクラスが上がらないと駄目です。

その意味で…なかなか名目時代の確立だと断言できません。一時的にデフレの関門である22750円を、何回か上回りましたが…これでは駄目です。逆説的に言うと、この関門は現在が上値の壁になっていますが、今度は、下値の「岩盤」になります。1989年の高値から31年ぶりに38915円を奪回できるかどうか…。

如何に…アホが上に居ると、国民が疲弊をするか分かると言うものです。振り込め詐欺、自殺者など…政策担当者は自分の犯した過ちを猛省しなくてはなりません。

それをいつまでも…権力闘争をしている場合ではありません。通常は安倍政権に盾を突く場面ではなく、協力して一丸となって羽ばたく時期です。

マイナンバーカードに運転免許証が組み込まれるようですが、健康保険証もそうですし…電子カルテもそうです。一気にスマフォに組み込めばいいのです。本当に…馬鹿ばかりが上に居ます。折角、NECのカメラ技術があるから、一気に顔認証にすれば、世界トップに立てます。クラウドで管理して、顔認証にすれば…みんな必要ありません。税金はそこに投じるべきです。

お金もカードもみんな要りません。そうしてフェアな競争をしましょう。何が、個人情報だ! 国民を騙すのも、いい加減いすれば良いのです。

この失われた31年、取り戻すのは大変です。早く、早く…既に財政ファイナンスなのです。この後にガラガラポンが待っているのです。馬鹿ばかりが…事務次官になります。信用取引をして、追証になってみれば世間の苦労が分かると言うものです。

NY市場の1時間足

さて続きです。NY市場が、先日の安値24843ドルを下回らずに、底値を確認すると…一般株も高値追いになる可能性があります。ナスダックに留まらず…その確認作業でしょう。今の所は、その可能性が高いと思っています。毎日、相場観はコロコロ変化しています。だから臨機応変に臨みましょう。相場で儲けようとするから、間違いを犯します。楽しめば良いのです。失敗を楽しめるようになれば…自ずと自分の腕は上がります。そうして昨日も続々と「全快」報告が来ました。気を緩めず…細心の注意を持って相場を楽しんでください。それでは…また明日。

あちゃちゃ…アンリツは沈み、アンジェスとPSSが上がって来ました。上手く…個人の力を誘導できると良いのですが…。やはりロコンドが相応しいように見えます。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2019.08.29

    8/29
  2. 2015.07.15

    07/15
  3. 2020.01.27

    1/27
  4. 2016.05.20

    5/20
  5. 2020.06.17

    6/17
  6. 2018.08.23

    8/23
2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
株式投資関連の本