アーカイブ:2018年4月1日

デッサン

昨日NHKで資本主義の経済番組をしていました。その中で「ベーシックインカム」(働かなくても…生活に必要最小限のお金を配る仕組み)の話が登場しており、米国でも実験をしたことがあり、犯罪などが減り効率的な社会になったと言います。

昨日、カタルはRPAの話を紹介しました。単純な入力作業などをロボット化するプログラミングの話です。エクセルのマクロのようなものでしょう。AI時代の発展で人間の雑用は消え、どんどん時間が余ります。我々は生きるために、与えられた時間を労働に変えて、お金を稼ぎますが、効率化が進むと…人間の雑用が、どんどん消えていきます。そうすると…時間が余りますからね。その時間をどうやって有意義に過ごすか?

早い話…お金の価値観と言うのが、大きく変化するのではないかと思っています。我々は貧乏だったころは、文化的な生活にあこがれを抱き、冷蔵庫、洗濯機、テレビなどの3種の神器を欲しがる時代を経験しています。

しかし…今はどうでしょう。お金と言うのは、文化に費やすようになっています。音楽会や習い事…自分の生活の時間を豊かにしてくれるものに多くの時間を割き、それにお金を投下しています。ゲームなどもその一例でしょう。

楽しい時間に対して、お金を払うのです。学びの世界にもお金を払います。定年を迎え、再び大学に入りなおすとか…。昨日のNHKの特集番組の経済の話も面白いですね。資本主義の形は何か?など…株式投資に参考になります。

昔なら、絶対に興味を抱かない経済番組を興味深く見ている自分が居ます。昨日は市場の総意は、時代により創られると述べましたが、時代の変遷を考えて行くと…どのスピードで未来社会に変化するか?

何故、トランプ大統領はアマゾンに、噛みつくのでしょう。デジタル課税が、どうして浮上するのでしょう。世の中は、ドンドン新しい仕組みに転換して形を変えて行きます。昔はテレビなど、考えられませんでした。ラジオが魔法のようなものだったのです。スマフォが生まれ、僅かな時間ですが…急速に我々の生活スタイルも変化し、経済の形も変わっています。産業の成り立ちがそうですね。

昨日、話題にしたRPAHD(6572)はPER279倍ですよ。一方、三菱UFJは10倍を割れるのです。その差は20倍以上もあるのです。一株利益では三菱UFJに軍配が上がりますが、株式価値の点では…市場はRPAHDに軍配を掲げています。同じお金なのに…どちらが正しいのか?

米国もFANG株を高すぎるという人もいれば…いやいや、まだまだこれから成長すると考える人たちもいます。両者の立場が市場で激突して株価が形成されていきます。市場は常に裁定概念が働きます。それぞれの価値観がぶつかり合って、価格が形成されています。

たぶん、三菱UFJが大きく下がった背景には、サウジの方針転換があるのでしょう。サウジアラビアは急速にFANG連中の新しい価値観に浸透し始めているように感じています。ムハンマド皇太子は、少々強引なやり方に見えますが、革新的に国造りをしています。デジタル化を推進したエストニアの在り方にも興味があります。

今回の…揺り戻しに見えるトランプ政権の行動は、古い経済の断末魔にも見えるのから面白い現象ですね。ブレグジットもその現象に見えます。今回、イギリスはロシアの諜報工作に噛みつきました。国民の関心をブレグジットからそらしているのではないでしょうか?

カタルはFANGの価値観がグローバル論理に変化していく過程のように感じています。フェイスブックの個人情報の漏洩事件は、データが価値を有して、人間行動を変化させる原動力にもなると述べており、データの価値が、より一層、価値があるのではないか?

医学の世界では「プレシジョン・メディシン」が、どんどん入り込んでいます。一般的にはオーダーメイド治療との言葉の方が、分かりやすいでしょうか? 遺伝子を調べて…その型に遭った治療を選択するのです。遺伝子解析が進み、様々な仕組みが分かってきており、スパコンなどの利用が治療を進化させています。

あっという間に、AIが問診をして、必要な検査を実施して、治療法を決定する時代が来るのでしょう。医者など、衰退産業ですね。早く…日本は村論理に縛られず…新しい分野を開拓しなくてはなりません。

高齢化社会を迎え…待ったなしに医療費の削減が望まれます。スマートコミュニティーの利用は、大きな効率化を生みます。今は人手不足が常態化していますが…効率化が進むと大手都市銀行のように…人員の削減が進むのでしょう。

だから日本復活の時代が、到来しているようにも感じています。この失われた時代と高齢化社会の到来とスマートコミュニティーの3つのアイテムを関連付けると、素晴らしい躍進の時代を迎える条件が揃っています。

もう、株価が上がる前から、上がる株は決まっています。要するにその進化のスピードをどう解釈するか?…が、株式投資の醍醐味なのでしょう。この狭間を埋める作業を、我々は成し遂げて、必要なところに、必要な資金を提供して…人類の進化を早める手伝いが出来るなら、嬉しい限りです。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。
2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
株式投資関連の本