8/5

最近の傾向を見ると…みんな短気と言うか、短絡的と言うか…、素人化していると言うか。きっと株の事を良く知らないのでしょう。株価が上がるとみんなが強気になり、買いが集まり…逆に株価が弱含むと…直ぐに、人気が消えるように見えます。骨のある筋と言うのが存在しない付和雷同組ばかりのように感じます。その為に株価も乱高下します。

PSSなんか…見ていると、考えられない値動きです。300円の株が3000円になり…1300円を割れて…昨日は2665円まであるのです。信じられません。通常は…こんなに軽く株価は戻りません。たぶん…この手の参加者は「宵越しの株はもたねぇ~」の口なのでしょう。日計り組なのでしょうね。

この株は貸借銘柄なので、もっと動きがマイルドかと思えば…そうではありません。最近、貸借銘柄になった為か…。昨日、カタルは空売りが出来るかどうか…調べたら、残念ながらカタルの使っている証券会社では、空売りが出来ませんでした。売り残が増えている訳でもないのに…何故、規制を設けるのか? 証券会社も素人化しています。上に相場を知る人がいない為に、保身の為に過剰な規制を設けるのでしょう。

日本中、至る所で…この傾向が続いています。冒険をしない人間と言うか…。過剰に安全を優先させる考え方は、「失われた時代」で育まれたものです。コロナ報道を見るとそう考えます。

中国人との差が開きます。やはり清貧思想の実質経済と言うのは、弊害が大きいと思います。今期の決算が発表されていますが、上場企業と言えば…日本を代表する企業のトップが、のり代を設けて…失敗しても大丈夫な数字しか、打ち出さないのを見ると…今の日本が、如何に駄目かが…分かります。日本電産の永守さんが浮いて見える世界は、やはり行き過ぎなのでしょう。

相場を見ていても…何故か、安全を優先して銘柄を選択している様に見えます。でも株って面白いもので、「欠陥商品」と言うか…、何か欠けている部分が、見える株の方が、良く上がるものです。みんなが買わないから…上がるのでしょう。 まさかPSSが3000円とは…ね。カタルは4桁には、何れ…なると思っていました。でもそれ以上は、この内容では買えない株でしょう。

最近ですよ…ね。カタルが1380円と1330円でPSSを買ったのは…。

カタルは1400円前後で直ぐに利食いをしましたが…まさか2665円とは驚きです。イナゴ族と言うのはすごいですね。もう少しカタルに力があれば…この種族を餌にして…結構、儲かる相場を創る事が出来ます。力があれば…試してみたいですね。そうすれば…あっという間に1億や2億は出来ます。

アララ…ロコンドは2800円台に入って来ました。我慢をした方が…綺麗な相場になると思っていましたが…とうとう買えずに上に行くのかな? 

まぁ、良いか。それでは時間切れの可能性を考えて100株だけ…成り行きで買ってみるかな? ハイ、2819円で100株のお買い上げです。本当は「乖離調整」の為に、もう少し待った方が、良いのだと思っていました。でも…困った連中です。

理想では…一度、大きく売るのです。2000円割れ程度まで、ガンガン叩いてから買うと面白いのです。下手糞です。先週の金曜日、2611円が下値のようです。あの日、2600円から20円刻みで、下に買い物を入れましたが…全く、買えませんでした。トホホ…。

でもユビキタスは買っています。 915円で1万株を買ったけれど…その後の買いで、買値が下がりました。このように…一度、25日移動平均線を割れた方が、ロコンドも面白い…とカタルは思っていました。どうなりますか…。

基本的に株と言うものは、上下に激しく動くと良いのでしょう。今の焦点はケネディクスです。あの日454円5000株の買いは、全く買えませんでした。仮に目先の高値498円を抜くと…「底入れ」の可能性が出てきます。あの月曜日の下げは、全体高の中での個別株の下げです。

大手不動産の決算は冴えないところが多いようですが、「ヒューリック」は一人勝ちの様相だとか…。此方の報道です。日本の山林を買っている所もあるようです。カタルもお金があるなら…山を買ってみたいですね。

野村証券(8604)の日足推移

野村証券が今年1月の高値を抜けるかどうか…。586円の所です。仮に…米中株高戦争の様相になり…資産価格が世界中で見直される相場になるなら日本株も大きく上がりますね。野村は2013年980円があります。この株価も抜きますね。それが名目経済の正しい動きでしょう。そう…なるかどうか。

カタルの好きな三菱UFJですが、決算が悪いとして売られたようです。でもスペインのサタンデール銀行は111億ユーロと多額の純損失ですが…のれん償却のようです。三菱UFJは与信関係費用を1791億円積み増し、1450億円を計上しています。日本の大手企業は潤沢な内部留保があるので…多額の損失は出ないと思っています。小さなところだけでしょう。通常、配当は維持されるのでしょう。

この時期の決算を過剰に気にしても、しょうがないですね。だって…始まったばかりです。しかもコロナ禍の状況で、予想など当てになりません。「案ずるより産むが易し」でしょう。

まぁ、株の話より、選挙で苦境に陥っているトランプは中国苛めが加速するのでしょう。今回のTik Tokのやり方は、納得できません。何か…米国の凋落を思わせるやり方に見えます。軍事力と言うのは大切なのですね。まだ…。習近平のやり方も気に入りません。何か…トランプも習近平も化石人のように見えます。もう国家と言う壁は消えるんじゃ…ないかと思っているカタルなのです。だからMAGA相場が始まっているのでしょう。すごいですね。時価総額が100兆円ですよ。やはり凄い金額です。

その資本論理を行使しているソフトバンク株は、本日は流石に安いですね。315円安の6566円です。でも僕らが買った3000円の所から短期間に倍増しました。株なんか…簡単でしょう。

問題は自分がそのチャンスをどう活かすか?此処ですね。その為には株の原理を学ばないとなりません。基本的に下がったものは上がるし…上がったものは下がります。そうして移動平均線の傾きに注意を払って下さい。あとは…ノンビリやれば良いのでしょう。

どんな高値を買っても大丈夫です。時間を掛けて下値を買い続ければ…いつか、株は上がります。早く…名目時代が確立して、みんなが他人批判などをせずの…寛容な社会が形成されることを期待しています。清貧思想などをやるからギスギスして…安倍さんの批判を繰り返すのです。過剰ですね。観ていて腹立たしく思います。今回のコロナ報道も過剰な報道です。狂ったメディアです。カタル基準が、おかしいのかな?

カタルは大雑把で…いい加減な人間です。パッパラ・パーを実践しています。通常、の価値観ではないのかも知れません。でもカタルの様な馬鹿が、生きやすい国づくりをお願いします。それでは…本日はこの辺でお終いです。

困ったなぁ~。先ほど買ったロコンドはその後も続伸をしており、今の株価は2884円まであり2863円です。あの金曜日…カタルは寄り付きの2797円でかなり利食いをしています。何故なら、自動車関連の損金が100万円以上、発生していたためですね。だかれ手持ちが減りました。これが運命かも知れません。

その後、買い戻すチャンスはなかったですね。当日、NYも下がっており、その晩もNY市場が下がっていれば…翌日2600円割れを買えたはずですが…。

あの晩はNYが高く…月曜の日経平均株価は上がりました。もし…忘れなければ…2895円の高値を抜いたら、更に100株だけ成り行きで買いに行きます。カタルは1759円でも1500株を売り、その前の7月10日も4000株を1400円で投げたのです。でもこの2900円近くでも買えるのです。まぁ、余計に買う訳ではありませんが、程々に…相場観を養うために常に相場に参加しようと心掛けています。

やはりケネディクスが500円を付けましたね。あの日、454円が買えない筈です。トホホ…これで底入れの可能性が高まって来ました。どうなりますか…。試しに…この500円を1000株だけ買ってみましょう。今、成り行きで2000株買ったら…499円で買えたようです。チャート上のポイントを超えました。後で、もう3000株買って5000株にしないと駄目ですね。今日の所は…これで良いでしょう。やっぱり…ね。

今度はロコンドですが…なかなか2895円を抜けません。面倒だからここで抜く前提で…100株だけ成り行きで追撃しますね。ハイ、抜いた前提で2882円を100株買いました。

「やってみせ、言って聞かせてさせて見せ、褒めてやらねば、人は動かじ…」いつも率先垂範を心掛けているカタルです。僕らは評論家ではなく実践家なのです。ハイ、ロコンド君、今新値です。2910円を付けました。出来高は518000株ですよ。

だんだん、浮動株式が枯れて行きます。10月までガンガン強気を堅持するつもりです。それでは…本日はこの辺で…また明日。ユビキタスも上がると嬉しいなぁ~。此方は、昨日も…また一杯買ったから…パスをします。でも本日775円で指値をした500株は、安値ですが…買えました。またね。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2015.05.08

    05/08
  2. 2018.07.06

    7/6
  3. 2017.11.30

    11/30
  4. 2016.04.19

    4/19
  5. 2018.07.13

    7/13
  6. 2015.10.29

    10/29
2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
株式投資関連の本