1/24

日経平均株価の推移を観ると27000円の所は下値に見えますが…果たしてどうでしょう。多くの皆さんは、ムードで株を売り買いするのでしょう。

日経平均株価の日足推移

しかし…今は冷静な判断が必要でしょう。カタルが高額納税者になった「切っ掛け」は2003年の春です。その当時は「みずほ銀行」(8411)が倒産すると騒がれており…株価は10万円を割れて行く環境でした。このチャートでは1000円です。

2003年当時のみずほ株の推移

カタルは「みずほが倒産するなら、日本は沈没だ」と思い…市場の下げに果敢に向かいます。そうして馬鹿になって、「一本買い」していました。本当にそう思っていました。当時は不良債権処理の最中で巨額の損失を出していきます。竹中平蔵が強引に不良債権処理を強行しており、都市銀行は地価動向に拘わらず、不動産の投げ売りをしていました。

2003年当時のみずほ四季報

その売り物を買って、一気に、兆円単位の資産を創ったのがダヴィンチの金子さんでした。彼の理屈は10%以上に回る利回り採算が得られるのに不動産が下がる筈がないと言う考え方の「収益還元法価格」(不動産から将来的に生み出される収益を、現在の価値に割り引いて不動産価格を計算する方法です。)を基準に不動産を漁っていました。

その当時の邦銀は駄目でしたが、外資が彼を支援していました。そうして力を付けて行ったのです。金子さんは、論理的な解説をして金融機関を説得して不動産を買っていきます。誰もが「二の足を踏み」行動を起こさない時に、果敢に…自分一人だけ、未知の分野を開拓するのです。「ラッセル」をするのは大変です。何しろ前例がありませんから、苦労をします。

結果だけを観て、後で「とやかく」と言う奴は大勢います。日本のメディアは、この口です。偽物国家らしい…。でも株屋の世界は「結果が全て」…です。仕組みで生きる日本と実力で勝負する米国の差が、今日の一人当たりのGDPなのでしょう。IMFの資料を掲げておきます。

IMFから

株式投資は孤独です。カタルは「自分の信じる道」を歩みます。他人が何と言おうが…自分が培ってきた人生のキャリアを信じて…果敢に行動をします。未来の事は分かりませんが自分の「直感」を信じるのです。今は「アタフタ」とする場面ではなく、お金があるなら買えばいいし、ないなら、ないなりの行動を取れば良いのです。各自の力量は、それぞれ…違います。だから対応は分かれるでしょうが、自分の気持ちに正直に向き合って、無理をしない投資をしましょう。

でもカタルのような馬鹿でも、一昨年末から米国の金利高を念頭に、何れは「テーパリング」と考え…金利高を考えてきました。だから昨年の米国金利動向を観て「謎」だと述べていました。カタルさえ…そう考えて、昨年は「難しい相場」と言い、実際に僅か200万円ですが、資金を引き揚げたのです。つまり…カタルのような馬鹿でも、警戒をしていたのだから、年収が20億円レベルの…世界で一流域のヘッジファンドのマネージャーが、その事を考えない筈がありません。

事前準備をする期間は、上がらない「金利の謎」と言われるほど…十分な時間があったのです。それが…たかが金利の方向転換程度で、米国株がドンドン下がるとは思えません。まして…米国は市場主義の国ですよ。株価を重視する国民で、みんなが株の売り買いをしているのです。日本とは違います。何を、そんなに心配するのでしょう。

どう考えても「案ずるより産むが易し」の言葉通りでしょう。下落する株価を観て動揺をする人は、そもそも…その心理になるほど、どうして株を買うのでしょう。株価なんか…上がっても下がってもどちらでも良いと…カタルは述べています。自分の気持ちをどうコントロールできるかどうか…ここが難しいのです。下がれば恐怖との戦いがあり、上がれば欲との戦いがあります。冷静に自分の気持ちと向き合いましょう。

今回の船株は9月の連想が働きますが…カタルは違うと思っています。

ですが…貧乏人のカタルは買うことは出来ませんが、気持ちは買い参加です。でも他にある株を500円で1000株買って1万株にしました。実は550円前後で早めに買ったのです。そうして先日はまだ早いと思ったので、買い増しした9000株を投げに行ったら、間違って入力して…僅か900株しか売らなかったのです。色んな間違いをカタルは良くします。でもそろそろ反転のイメージです。

本日は他に「ソフトバンク」(9984)も200株だけ買いましたが、本日は何故か売り物に押されています。買値は5349円でした。ここで船株をやる奴がいるなら…大きく儲けられると思っていますが、果たして、日本に、その種族が居るかどうか…。銘柄なんか何でも構いません。基本はブツブツ投資を心掛けて、無理をしない投資を貫く事でしょう。自分の気持ちは、自分だけにしか分からないのです。

カタルの基本構想は、ようやく…日本も「脱皮の機会」を迎えたと思っています。日本にとって、この経済環境は悪くありません。何より…ダメ国家の烙印が押されていましたから、外国人投資家の日本株の持ち株は少ないのです。売れるほど…持っていませんからね。ない株を売ることは出来ませんよ。空売りなど…所詮、知れた株数です。それより…配当利回り8.84%の1868円の「日本製鉄」(5401)を買わない気持ちが、カタルには分かりません。日本に、まともな資金運用会社が存在するのでしょうか?

GPIFを始め…東京海上や日本生命などに常識人は居ないのでしょうか? 

「川船」(9107)のPERは1.72倍の表示です。株価は6820円で少し高いですが、2倍を割れているのに…株価が下がったとはいえPER110倍の「レーザーテック」(6920)の26470円を買う人はいます。不思議な市場です。同じお金なのに…価値観が全然、違います。まぁこれが現実ですから…文句を言っても仕方ありません。

マザーズ指数と200日線乖離

急落するマザーズ指数も「まもなく反転する」と思っています。なにしろ、ずっと…下げ続けています。FOMCが通過して市場が落ち着きを取り戻すときに、指数も1000ポイントを回復するかもしれません。

今の乖離は―26%なのです。いくら何でも売られ過ぎでしょう。一旦は戻ります。それから先は分かりません。ですが今が底値で…このまま「上がり続けるシナリオ」がないとは言えません。この判断はまだ先にならないと分かりません。

株式市場は、「起き上がり小法師」でしょう。何度、横に傾けても、まだ元に戻ります。ノンビリ構えましょう。無理をしない投資を心掛けて相場を楽しめば良いのでしょう。

もう一度言いますね。今は2018年の景気循環が後退する局面とは違います。今回は景気循環が上昇する局面です。ただコロナのオミクロン株の動向がどう影響を与えるかでしょう。

専門家でも意見が割れていますが、インフルエンザ程度のオミクロン株と言われており、今回でコロナ騒動は一段落する可能性があると言う観測意見もあります。本当かどうか分かりませんが、人類の過去の歴史は、このような困難な状況を乗り越えて…進化してきました。

前澤さんは宇宙体験をしたのです。火星探査も計画され…放射線や長い飛行時間の心理面も研究されている時代ですよ。カタルは、今は蔑まされ…批判されていますが、アーク・イノベーションETFのキャシー・ウッド氏の意見は正しいと思っています。好むと好まざるにかかわらず…時代は進化しスマフォは定着しました。

初代iPhoneは2007年6月29日に米国で発売されましたが…15年近く経過しますが…あっという間に、世界中の人が利用するようになったのです。時代の進化は意外に早いものです。このような波乱を繰り返して…本当の実力が試されて、この過酷な試練を乗り切った人が、時代を進化させ、その恩恵を受けます。マイクロソフト、アップル、アマゾン、そうして今試練を受けているテスラです。

自分の頭で考えてみると良いですね。他人の言動はどうでも良いのです。あの人は、こう言っている、ああ言っている…他人の行動を気にせず、自分の頭で考えて、無理をしない投資を心掛ければ、相場を楽しめると思います。相場は理屈さえ理解していれば、結構、楽しいものです。明日はどうなるだろう。明後日はどうなるか?

様々なシナリオが市場には存在しますが、どれを選択しても自由ですね。買うのが嫌なら…空売りをすればいいのです。簡単な事ですね。カタルは無理をしない投資を推奨しています。ブツブツ投資を心掛けてくださいね。それでは本日はこの辺でまた明日。

やはりここは王道に三菱UFJか…はたまた博打相場で船株を買い乗せるか…。

あらら…先ほど、1000株買った500円のB君は525円を付けてきました。でもカタルは、未だに時間軸が正しく読めませんからね。神様ではありません。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2019.11.14

    11/14
  2. 2016.05.13

    5/13
  3. 2016.08.05

    8/5
  4. 2018.05.16

    5/16
  5. 2019.06.12

    6/12
2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
株式投資関連の本