11/16

カタル:大型株の三菱UFJが「5空」とは…。おそらくカタルも初めての経験ですね。小型株とは違います。如何に、機関投資家の手持ちが少ないか…が分かります。だいたい常識的な概念が機関投資家になく、素人以下のレベルです。政策もそうだし、適格人材が不在だから「失われた時代」が永遠と続くのです。おそらく…これはメディアの大衆迎合主義が、日本人の資質を劣化させたのでしょう。

戦後の荒廃から立ち上がった戦争体験者は、みんな消えました。ダイエーの中内さんの部隊などは、殆ど全滅だったそうで…周りの戦友は、みんな戦死したそうです。そのような経験を積んだ先人が、今日の日本の礎を築き上げました。それを団塊の世代から下の人間が食い物にしたのです。折角の基礎なのに…馬鹿メディアが、国民を上手く導けなかったのでしょう。

今回の株価波動が「スマートコミュニティー時代」の新たな日本の成長に繋がればいいのですが…、2100円のクラウドワークスも実現できないとは、情けない限りです。調べたらカタルは、今年2月に、みずほ株を、配当利回り投資で買ったにも拘らず、全体市況の方向性の読み違いから投げています。その時の株価は160円台でした。

昨日かな? 190円台の推奨かと思いましたが、2月に入ってからの推奨で、2月2日にみずほのチャートがあり、どうも…その時は180円前後を下値だと考えていたようです。そうして失望して、160円台で投げたのでしょう。やはり…その株価を抜いてきました。配当利回り投資は、保守的な投資ですが、時間を掛ければ確実に儲かる投資でもあります。

野村証券も600円台に入り、完全な金融相場のイメージが続いています。 カタルが三菱UFJを買ったのは11月11日の寄り付きで589円でした。この時に、みずほに岡三証券、更に野村証券も買いましたね。でもクラウドワークスの急落を受け、追証懸念の為に利食い出来る玉を外し、完全に金融相場に乗っている訳ではありません。

ようやくクラウドワークスも止まるか…と、初めて感じたのが昨日の動きでした。全体相場も、個人の投げが止まり、全体の相場付きを観ると…シコリ感のある銘柄の下落相場は終わったように感じています。この感覚を素人に…どう説明するかな? 例えば株価が急落している逆業績相場の主役だった小野薬品にしましょうか…。どうも下値が確定したように見えますね。トランプ就任で下げた9日の安値2400円です。

ただ本日も、たった500株だけだけれど買ったケネディクスは、下値が、まだ確定していません。不思議ですね。来期の数字は、絶対に…かなり良い伸びを示す筈で…しかも金融相場の銘柄です。これは、おそらく…作為的に作られた情報戦略の影響かと思っています。故に内心は、かなり期待していますが、果たして、どうでしょう。今は、動かない方が良いですね。出番を待てばいいのです。

何しろ…相場は総花的です。半導体市況も落ちない為に、日経新聞なども関心をもって追っているようです。本日の日経に追加記事が掲載されています。カタルはSUMCOなどの動きを観て…少し休みが必要だと考えています。

今は金融株の上値を試す場面ですが…流石のカタル君も、本日は三菱UFJを始め…他の金融株を、半分だけ利食いしました。大半はクラウドワークスの下値が、確定されずに、追証懸念の為に、利食いしたのですよ。まぁ、利食いと言う言葉には、程遠いお粗末さなのですが…。上手く行きませんね。順番の流れが…。

このクラウドワークス、カタルは決算発表の翌日に買いを入れました。本当は前日の1083円を割れると…考えていなかったのです。故に1100円で1000株の買いを入れたのですね。でもクリントンの落選の為に、一気に相場の流れが変化し…この手の材料株の相場には不向きな展開だった為に、押しが強くなったように感じています。

しかし流石に、昨日は行き過ぎたように思います。でも857円は割れなかったけれど…903円は割れましたからね。チャート上は、苦しい展開で…一気の上昇路線の2100円越えの確率は、果てしなく小さくなっています。

仮にこの数字のクリアがあるなら、誠備の加藤さんの様な強力な仕手筋参入の場面か、本物の成長株だけでしょう。その他大半の確率は、ユビキタス化でしょうね。でもユビキタスより、企業業績面では期待感が残っており、カタルは、期待値には届かないが…及第点を与え、追撃買いとして1100円で買ったのです。出来高バランスを観ると、明らかに、何らかの筋は存在するようです。そう考えていた所に…今朝の日経新聞を開いたら、載っていました。クラウドソーシングは、日本の働き方を大きく変える分野であり、カタルの電通事件への思い込みは…何も、カタルだけの独自の考え方ではないのでしょう。

昨日も話しましたが…本流が止まらないと、この手の株が大きく動くことはありません。全体相場は、あくまでも「金融相場の始まり」です。三菱UFJが、明らかに先導株になっており、証券マンは利食いではなく、継続買いをスタンスとします。でも商売だから…売ったり買ったりすれば良いのです。「今日の高値は明日の安値」…とセールスするのです。ガンガンと馬鹿になったものが…勝つのが金融相場の特性です。カタルのように…「3空は売り」だと…、5空など…と、相場を批判しては駄目ですね。

当然の事ですが…トランプ氏の能力査定は、まだ定着しておらず、必ず、揺さぶられます。しかし昨日の日経夕刊によれば、辣腕を振るった…あの金融規制強硬派のメアリー・ホワイトSEC委員長は、来年1月の新政権誕生で、辞任をすると報道されていました。この人の為に、どれだけの人間が苦しんだか…。ドイツ銀行への制裁金だけでなく、大手金融機関は疲弊していたのです。早くも…日経報道によれば、パラジウム相場で、金融デリバティブ派の先行した動きがあるようです。

いや…軽くなってきましたね。三菱UFJの話です。今は1億3600万株で680円台に入りましたね。寄り値が666円なのです。そろそろ、やはり一服するかもしれませんね。伸びが大きくなればなるほど、株は休むものです。でも凄いですね。当たり前と言えば…当たり前の株価です。まだ上がったと言っても、たかが600円台の株価です。カタルは、そもそも4ケタ以下は、何処でも安全圏の株価だと…ずっと昔から、言い続けています。ようやく…本当にようやく、アベノミクスの2段ロケットに火がつきますね。

しかしカタルも下手糞ですね。ケネディクスではなく、三菱UFJを買って儲けてからケネディクスに行けばよかったのに…。下手の極みを歩んでいるようです。まぁ、相場が見えているから、大丈夫でしょうが…自分自身の力量範囲で、粛々と対応すれば良いだけの話しでしょう。

ZMP関連だから、JVCKWの相場が強かったのですね。知らなかった…。それでパイオニアも一緒に戻ったのでしょう。大阪チタンと言い、グリーにサラ金株と…おそらく下値を完全に叩き、株価波動は変わっていますが…変化率が低い角度なので、なかなか綺麗な相場になりません。やはりシャープか、東芝でしょう。こっちの変化率は高いですからね。

おそらく相場は、まもなく「ぶれ」ます。必ず、メディアはトランプ拒絶報道を繰り返しますからね。でも基本的に金融規制緩和は、世界経済にとって、もっとも大切な方向転換です。

しかしNAFTAの問題は厄介です。トヨタを始め多くの日本メーカーは、メキシコに生産工場を持っており、仮に強行的だと…多額の損失計上を迫られます。だから車は買えません。たぶん大丈夫だと思っていますが、トランプ政権の懸念は自由貿易の見方だけですね。

クラウドワークスの株価波動論

クラウドワークスの株価波動論

半導体の相場は、来年だと思うのですが…、全体が休むと…何処に流れが行くか? カタルは、叩かれたスマートコミュニティーに流れると思っています。クラウドワークスは全体が止まれば、復権すると考えています。ただ1200円より上は、難しいかも知れません。そうして、この885円前後との往来相場を繰り返し…企業業績の変化を待つのでしょう。日経新聞の11面に「クラウドワーカー増殖中」の記事が載っています。そうして、もう一つご紹介しておきましょう。此方の記事ですね。読んでみて下さい。カタルも…オレンジ路線か、青線の路線か…。どちらを歩むかは、分かりません。でも電通事件のような不幸な事件をなくす事が「市場原理の本質」だと考えています。

主役は、金融相場銘柄です。銀行、証券、不動産ですが…、特に、ここでは三菱UFJですが、必ず、初押しを入れます。その時は、絶対に怯まずに…買い増しあるのみです。最初が、肝心ですからね。証券マンは急騰する金融株をどうやって顧客に買ってもらうかが…手腕の見せ所です。この1週間でかなり上がったので…下がる事を前提にして買うと良いですね。嫌がる顧客に無理強いはせずに買えない様な指値でも良いから、先ずは注文を貰う事ですね。一番は先ずは1000株、三菱UFJは100株単位なのですが…、少ない金額でも良いから、参加してもらう事です。SEC委員長のホワイト氏の辞任は大きな材料です。

カタルはクラウドワークスを、安値から一貫推奨をしています。今回の金融相場も11日に寄り付きから一貫推奨です。それは金利上昇での利ザヤ拡大などの…小手先の材料ではありません。根底は金融行政の「方向性転換」の問題なのですね。商社も良いですよ。三菱商事など…資源で苦しんだ会社の株価も、復権しますね。中国に続きインドが躍進する筈です。

おそらく…ケネディクスも何処かで急騰相場を開始する筈です。今から宣言しておきますね。本日は425円で買ったけれど、今の株価は415円まで入りました。でもカタルは非常に明るい気持ちです。手持ち株は下げているのに…何故かな? きっと、相場が見えているからでしょう。その割に…儲けは、ほとんどなく下手糞ですね。此処ではクラウドワークスで大きくやられました。なかなか…かするだけで、芯に当たりませんね。ファールばかりじゃ…、読者の評価も下がる一方ですね。せめてホームランでなくても、ヒットが欲しいですね。これじゃ、しょうがないなぁ~。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2018.02.27

    2/27
  2. 2015.04.08

    04/08
  3. 2015.11.27

    11/27
  4. 2017.02.13

    2/13
  5. 2015.01.20

    01/20
  6. 2017.03.29

    3/29
2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
株式投資関連の本