2/15

かたる:昨日はマイケル・フリン国家安全保障担当補佐官の辞任が後場から伝わり、たぶん…これが原因と思われますが、全体の株式が下げて来ました。それとも東芝などの決算問題も嫌気されたのかな? その為に全体が弱含みましたね。

兎も角、日本株は長かった「失われた時代」の為に、完全なデフレ心理の「負け組根性」が、国民全体に広がっています。昔は…違ったのです。日本株だけが上がったのですね。円高でも株は上がり続けました。

カタルは、今年の気分は「ルンルンルン」だと述べています。多くの「株高の条件」が揃い楽しいばかりなのです。豊富な資金に、お金が動く条件が整ってきましたね。だから、相場は面白いですよ。

当初…カタルもトランプ政権に対し…懐疑的でした。まぁ、今でも懐疑的な部分は残っていますが…仮に最悪のケースだと、日経平均株価は1万円を割り込み、世界経済はガタガタになります。更に戦争の懸念さえ浮上しますね。でも、やはり…トランプ氏は、金持ちの成功者のように感じています。先ず、決断が早いですね。今回のフリン補佐官の辞任もそうですね。ロシアとの取引報道は、此処の擦れ違いだったのですね。故に、直ぐに手を打ちました。

なんと言っても…規制緩和ですね。ようやくムニューチン氏が、財務長官に就任すると言います。これで金融規制緩和が、早く実現すると良いですね。懸念していたFRBとの関係も金融規制強化派のタルーロ理事が、早々に辞任したとか…。そもそもFRBのガチガチの規制は、おかしいと思っていました。だって…リーマンショック時を基準に、規制を強化するのです。あんな事態は…基本的に定期検査をしていれば、事前に分かる筈です。故に前提として不慮の事態に対して、対処すべきではありません。イタリアの銀行は大変ですね。なかなかイタリアの若者の不満は、解消されません。

日本の金融市場が低迷を続けているのは、カタルが笑い話として…紹介した証券界の営業規制に似ています。お客さん、この肉はO157などの細菌が付いていて…食べると死ぬリスクがあります。それを了承して、この確認書類に署名、捺印をしてから…肉(株)を買って下さい。お金は事前に入れておいてくださいね。こんな調子ですからね。…オバマ政権下では、兎に角、清貧思想が蔓延していました。これは本当の話ですよ。

おそらく銀行融資も、同じ状況だったはずです。だから銀行は、長く借り手など居ないと…言っていたのですね。だって、無借金のトヨタのような企業しか、貸し出しが出来ない清貧思想だったのです。ところが…昨年から金融界は、ガラッと変わりました。確かに、一部のアパート経営などの不動産関連の回収が、危ぶまれる案件もあるのでしょうが…リスクなど畏れていたら…何も行動が出来ません。

一昨日の夜に、息子から会社が合併されるらしい。との話を貰い、昨日はUSENの買収の話を書きました。厳密に言うとU-NEXTの子会社に、みずほが融資するのですね。まぁ、似たようなものですが…。良いですか…景気と言うのは、お金が活発に動く様子を言うのですね。この流通速度が、高くなれば…景気が過熱します。世の中にはGDPに匹敵するお金が眠っています。このお金が動き出したら、大変ですよ。今は、長~い「失われた時代」に慣れており…誰もが冬眠状態なのです。故に日銀がガンガン焚き付けても…その熱さに誰も、気づかないのです。

一流と言われる経済学者が、日銀の不能説など…の日銀批判を続けています。それを日経新聞やNHKは、さも真実のように報道していますが…日銀が国債を買って損をする? 日銀が株を買って損をする? そんなバカなことなどが、ある訳がありません。だって満期まで、国債を持っていればいいし、株だって上がるまで持っていればいいのです。あるいは株を、自ら買って株価を上げれば良いわけですからね。要するに…やる気の問題です。

リートだって、利回りを3%、2%、1%…と買い進めば、必ず商業不動産の相場は上がり、地価が上昇を始めます。だって高値を日銀様が買ってくれるのです。下がらずに上がるものなら…誰だって、買いますね。それなのに…。このような日銀に対する不信感が「流動性の罠」を作ったのですね。ありもしない…幻想をメディアが後押ししているから「流動性の罠」が、深くなりました。でもようやく…今年は離脱できますね。

実は、昨日の原稿は間違っており、先ほどのU-NEXTへの融資は、子会社への融資のようですし…、カタルが昨日ケネディクスを買った株数は、2000株ではなく3000株でした。まぁ、どっちでも良い話ですが…嘘の嫌いなカタル君、東芝とは違い…なるべく真実を伝えています。

ただカタル自身の認識が間違っており、嘘を伝える場合もありますから、その点を、読者の人は、了解して置いて下さい。なるべく精査しているつもりですが…誤字脱字などもあるかと思います。先日、クラウドワークスを買うために、ケネディクスを413円で5000株売り、今度は高値で、昨日は455円で3000株、そうして本日も、寄り値の450円で2000株買って…、これで前の状態に戻しました。貧乏人の為に…こんな無駄な作業をするのですね。金持ちなら…株が下がれば…喜ぶのです。

現役時代に…NHKや新聞が、株は暴落している…と報道されると必ず買いに来るお客さんがいました。そのお客さんは、所謂、一般的に一流と言われるトヨタなどの大型の優良株を買うのです。必ず、儲かっていましたね。お金持ちは、やはり頭が良いのです。ところが…金融の仕組みを知らない馬鹿は、株取引をせずにパチンコや馬券などに、お金を失っています。カタルも好きだったのです。昔は競馬場通いも、パチンコ屋通いもしました。

さて昨日、買い戻したクラウドワークスは、本日の朝方は…高寄りをしましたね。実は昨日、発表された先週末の信用買い残は、僅かですが増えており、あまり良くなく…本日の寄りが下値で始まると、あまり形が良くないのですね。でも始まる前に買い物が入り14円高のスタートでした。これで…繋がりましたね。

昔…よっちゃんが、帝国ホテルに、毎日、集まって、作戦会議をしていた話を想い出しました。チャートのプロがいて…本日の引け値は、幾ら幾らにしようと…決めるのです。完全な株価操作ですね。本日の大引けは、幾らに成るのでしょう。本当は高い方が良いと思うのですが…730円まで付けての反発も、あり得ます。どちら…かな?

この所…どちらかと言えば、短期売買ばかりで…腰を据えて、何かを買うと言う事をしたことがありません。どっちに転んでも、怪我がないような株数ばかりの「遊び」を、繰り返しています。昨日は原稿を書くにあたり、U-NEXTを成り行きで500株だけ買いました。そうしたら、本日はストップ高のようで…此処で売りに行っています。

でもやはり…大阪チタンは、上がって来ましたね。2000円台に入りました。覚えていますか? カタルは底入れの形が、どんなふうに起るか…? この株を使って、解説をしてきましたね。でも残念ながら…カタルには変化率が小さく見えて…途中で離れました。

その理由の一つが、ボーイング社の減産ですが…在庫量の方が勝っているようです。加えて半導体市況が改善しており、まぁ、まぁ…なのでしょう。綺麗な上昇波動に見えます。まぁ、ハズレも多いけれど…当たりも結構ありますね。シャープなどは、まだまだ…本格的な上昇に向かうのでしょう。

株の成り立ちなど…。良く仕組みを知っていれば、騙されることなく…みんなが儲かるようになると思っています。本来、政策が名目成長を重視して、正しい政策を実行していれば…必ず、国民は豊かに成ります。ところが、馬鹿が清貧思想を蔓延させるから縮みあがり…凍てつく経済になるのですね。強権を振るっては、駄目なのです。

もう電通だけでなく、東芝や三菱自動車などの日本を代表する企業が追い込まれているのは、政策官僚の清貧思想ゆえです。君たちの文科省の天下りなども、貧すれば、最後に叩かれる訳です。昔…ノーパンしゃぶしゃぶ事件がありましたね。いい加減に…ユトリが生じる「寛容な社会」を構築しないとなりませんね。

小池さんは、選挙のためとはいえ…石原さんの行動を叩いて、本当に社会が豊かに成るのか? カタルには、前任者の行動を叩く論理が…余り理解できません。確かに、検証は必要でしょうが…それを餌にして、自分達が利を得ようとする行動は、嫌いです。過去より未来です。株の世界は…いつもそうですね。過去の失敗は失敗、これから、どう行動して行くか…それが常に問われるのです。

さて、もう500株だけ…クラウドワークスを買ってみるか…。かたるって…意外に、しつこいですね。だって、こちらを読むと…本当かどうか分かりませんが、応援してみようと言う気になります。サイトは此方です。今は747円ですから、750円まで買いに行きますね。ハイ、749円と750円で買えました。今日は…こんな所です。また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2015.08.21

    08/21
  2. 2017.04.26

    4/26
  3. 2016.02.24

    2/24
  4. 2017.01.30

    1/30
  5. 2015.06.19

    06/19
  6. 2016.06.24

    6/24
2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
株式投資関連の本