9/28

かたる:いや…驚きましたね。久しぶりにカタルの好きな「ユビキタス」(3858)祭りになりそうです。何しろ、「何処でもドア」を持っているユビキタスは、豊富な切り口があり、ようやく黒字転換になりますからね。しかも一般的には…売り上げ増なのです。買収なのですが…基本的にM&A戦略は、一つの経営方法です。このクラス辺りが…今の相場環境にピッタリなのか? それともケネディクスクラスか? 夢テクの選択肢もあり、豊富な選択肢が並んでいます。

加えて、米国金融の復活も邦銀株を支えており、この背景はイエレン時間ですが…まさにバラ色相場のイメージです。加えて半導体市況は、物凄い動きなのです。アドバンテストが主流かな? 勿論、SUMCOも高値を取るのでしょうが…。迷いますね。

ユビキタスの日足

取りあえず…ストップ高しているユビキタスのチャートを観ると分かりますが、この1145円は、今年1月の高値を一気に抜いたものです。此処が重要なのです。明らかに…大物の仕掛け筋が参入しているものと思われます。タイミングはピッタリです。売り上げ増加の変化に黒字化が重なり…仕手株としての条件が整います。

ユビキタスの週足

過去、カタルは、ユビキタスで2度の取り組みを行っています。何れもスタート時点より参加し…天井圏で上手く売れず…残存を抱え、敗退しました。

ただ今回は、ルネサスなどとの共同開発案件がそろそろ収益化します。その為に音楽ソフトに強みを持つエイムやエ-アイコーポレーションなどを買収してきました。今回は…明らかに、今まで培ってきた技術力の開花を目論んだ「仕掛け筋」の参入でしょう。このグループは、兎に角…強いのです。たぶん…同じ「仕掛け筋」だろうと推測しています。

カタルは、2010年の初めにユビキタスが突然動きだし…全体相場が超閑散な局面での一本立ち相場を、演じた相場に参加したのです。これが最初の切っ掛けです。

あの時は…今のように良い相場環境ではありません。まさに「大名行列」相場で…全ての株が、「下に…下に…」だったのです。そんな中で、輝く星がユビキタスでした。なんで…こんな株が上がるんだ? 故にカタルは、その背景を調べました。

そうしたらQBの開発ですね。今では、全ての家電はコンピュタのプログラムで動いています。カタルは立ち上がりの遅さにイライラしていました。故に省力化の観点もあり…QBが大きく伸びると考え…相場に参戦しました。株価は1000円割れの時でしたね。あっという間に…3000円台です。

この技術開花が、伸びに伸び…なかなか収益に寄与せずに、ご存知のようにユビキタスは低迷していました。しかし…。もし背景を良く知るグループの参戦なら…、再び市場の人気を席巻する存在になる可能性があります。来年は準天頂型衛星も整備され、マゼランとの提携も活きてきますね。ユビキタスは「何処でもドア」なのですよ。

カタルも実態は良く知りませんが…野村にはあるグループが存在します。最近では…そうだな。ユーグレナ(2931)と言う株が、馬鹿高値を付けていましたね。そのグループが1万円台に持ち上げたのですね。高値は16510円ですね。ミドリムシを培養して燃料や健康サプリ等…展開していますね。ブツブツは、彼らと親交があり、早くから野村の常務たちのグループの関与を言っていました。でもカタルには、魅力がサッパリポンでした。故に全くやりませんでした。

市場には、色んなグループが存在します。銘柄選別の感覚も様々です。カタルは本物を目指している為に、最近は、偽物銘柄を、あまり手掛けていません。でも結構、上がりますよ。「そーせい」など…カタルにはサッパリでしたが…上手く収益を付いてきたので良い相場になりました。ユビキタスも車載器の売り上げはこれからです。自走車関連でもあります。

不思議なことに…JVCKWも指摘している様に、動意づいています。ZMP関連ですね。ユビキタスの前の社長は、ZMPの役員です。そんな関連があるのかも知れません。カタルは、真相は分かりませんが…動きを観て…明らかに違うから、此処に来て…何度か取り上げています。昔から、ずっと持っているからです。ひょっとすれば…上場来高値更新もあるのかも知れません。5140円ですからね。そーせいのように収益が付いて来れば…高値の更新もあり得ます。

この手の株は、一般的に…地場証券の連中は好きです。カタルもその口ですよ。だからベンチャリのような馬鹿を、時々冒します。カタル銘柄で過去にシコっているから、追加レポートをしています。

カタルも、最近は、儲かっていますから、このスッ高値で買い増しを考えています。何処で…買おうかな?取りあえず…何回か、このストップ高は値段が付いていますから、今、500株だけ、買いに行きますね。今は12000株売りの38500株買いです。時間は10:32です。買えるかな?

本当は寄りでも、買おうと思ったのですが…本日は長期保有の期日分500株を利食いしたのです。寄り値ですよ。先日も、やはり寄り値で1000株売って、ストップ高してダレましたね。本日は、大丈夫でしょう。カタルは…事前に述べています。今度、4ケタに乗せるなら…ひょっとすれば、ひょっとすると…ハイ、今ストップ高の1145円で500株買えました。これは短期口座の分です。まぁ、長期も短期もありませんが、気持ち上の問題です。

本日はケネディクスも夢テクも買っています。夢テクは920円から5円刻みで905円まで今の所、買っています。先日も、述べましたね。馬鹿は利食いする事ばかり考えると…。乖離が高くなれば…当然の事ですが利食いが入ります。当たり前ですからね。

相場は非常に強いですね。民進党が分裂しそうで…小池さんは、筋が通りませんね。都知事を辞任して、国政をやるべきです。彼女が主張している東京の国際金融都市宣言は、財務省を説得しないと実現できません。一定の力がなければ…出来ませんからね。もし「希望の党」が100以上の議席を確保するなら…ケネディクスの相場にも、大きな影響力があります。

この発想が、分からないようでは…証券マンの資格もありませんよ。先日、日経平均株価は200日線割れで反発しました。少し…危なかったけれど…一気に、市場の雰囲気は変わりました。故に、ケネディクスも高値を取って来ました。この理由は、日本が既に「名目時代」入りしていると言う事です。そうすると…上がる銘柄がドンドン増えます。

カタルの読者は、みんな億万長者です。大丈夫です。100万円しかなくても…。8回で1億28百万円ですね。カタルは有言実行です。昨年から200万で始めた短期口座の投資…初年度はソフトフロントやカイオムの失敗もあり100万の儲けで終わりましたが、今年は昨年分を取り戻し…この2倍路線を歩んでいます。

果たして夢テクは、綺麗にアウトソーシングを追い、上場来高値を更新するかどうか…楽しみです。最大一株利益の81円の50倍程度なので、やろうと思えば…4000円台の株価も実現可能ですね。この変化率は、必ず…外人からも評価されます。

そろそろアップの時間です。今なら、ユビキタスも買えますね。1145円に8200株の売り物があります。それでは…また明日。夢テクも、安いから良いと思いますよ。ケネディクスもそうですね。半導体だって、そうですし…。それぞれ、読者が自分の力量に合わせ、無理をせずに、粛々と頑張りましょうね。

無理をしないことです。不安になる持株なら、減らしなさい。下がったら、いつでも買えるようにしておけば良いのでしょう。それではまた明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2017.06.01

    6/1
  2. 2015.10.16

    10/16
  3. 2015.07.09

    07/09
  4. 2018.03.08

    3/8
  5. 2015.01.22

    01/22
  6. 2015.06.01

    06/01
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
株式投資関連の本