05/20

かたる先日の願いが効いたのか…カタル3馬鹿銘柄の逆襲が始まったようですね。まぁ、これまで大きく出遅れていましたから…、当たり前と言えば、当たり前の上昇です。全体はもっと上がっていますからね。今の相場では下げようがありません。あの需給バランスが悪化している「みずほ」でさえ、株価が訂正波動に入っていますからね。今日は信用買い残の重いケネディクスが531円の壁を、今、抜きました。533円まであって、現在は528円ですね。次は570円や575円が、ポイントになりますね。それをクリアできれば、一気に青空突入も現実化します。明日はBBT信託の運用開始ですね。ようやくハローウィン効果が市場でも確認できるわけで、実態経済も資産効果が、やがて生まれるのでしょう。

日本企業にROE経営が根付き、大阪都市構想は否定されましたが…日本村論理からの離脱で、世界の企業が、続々と日本進出をする日もそう遠くないでしょう。だって、考えて御覧なさい。世界の購買力を支える人種は、中産階級であり、この人口が爆発するのが、アジア圏ですね。中国に続き、何れ、インドも爆食するようになります。そうなると…穀物が心配になりますね。

昔、穀物商社、カーギルは、中国人に肉の味を覚えさせるために、必死になって無料の試食会を各地で開いたとか…。壮大な計画ですが、今では牛肉の買い付けで、日本が中国に買い負けしているそうですから…、この戦略は成功していますね。ビジネス・スケールの大きさを感じさせる話は、たくさんあります。

アフリカに、靴のセールマンが靴を売りに行き、あるセールスは、誰も靴を履いてなく、裸足なので、市場はないと…諦め帰国するのですが…。なかには、だれも履いてないからこそ、未踏の市場に心を躍らせ、市場を新たに開拓するセールスも居る訳で、意見が分かれるところです。株の銘柄発掘も、似たようなものです。誰もが関心を持ってないところに活路を見出すか…シャープ。それとも人気の絶頂に心を躍らせ…、三菱UFJの新高値を買いに行くか?

先日の合同鉄鋼ですが、確か…4月4日のスクリーニングと言う「株式教室」の資料を見ると…あの時は、株価が175円だったのです。それが、今では230円ですから、31%の上昇ですね。3割ですよ。800円の三菱UFJが900円になったとしても、1割に毛が生えたようなものですね。だから株価が不人気な時に仕込んでおくと、如何に効率的か…分かると言うものです。

一応、カタル君、一流域?の証券マンだったので、全体相場さえよければ…、マズマズの成果を提供できると思っています。あとは皆さんの選択次第なのです。所詮は、たくさんある世の中の情報から、どれを選択するかは…読者自身が決めることで、カタルのおかげでも儲けた訳ではなく、カタルのせいで損をしたわけでもなく…自分自身の選択眼なのですね。

2年も調整を経れば…当たり前ですが、普通の銘柄なら、何処かで株価が騰がり始めます。三菱UFJなんかは…、なんと、5年かな? いや2008年の10月だから…、なんと7年も経過しようとしていますね。ようやく本当に…、ようやく日本経済は、まともな政策運営になって来ましたね。今では、地銀も過去最高利益の更新企業が続出しています。このように金融が元気になれば、リスクを取りやすくなりますから…、当然、実態経済も上向きに変化します。

カタルは、何度も銀座のティファニービルを、孫さん自身が個人で買った話をしましたね。銀座の中央通りは、日本で一番、地価が高い一等地です。このような一流の物件は、経済が回復すると、絶対に売り物が出て来ません。まさに宝物、骨董価値があるのです。アップルがテナントショップを出していますが…、採算に合わなくても、銀座の中央通りに店を持つだけで、一流評価に変わりますね。だから賃料は、べらぼうに高くなります。流石ですね。一流域の経営者は、時代の変化を確実に捉えるのですね。

何を言いたいか…分かりますね。ケネディクスは買い増しですね。この所、なかなか買えません。昨日の510円は空振り、今日の515円も、今の所は買えていません。ところが期日が近いので、売りに出した530円はあっさり売れました。トホホ。この買値は、確か600円台でしょう。既に007も、JTECも、全ての建玉が利食い圏ですが…、ケネディクスだけが、損失を抱えているようです。あと、シャープですね。このシャープ、ようやく注意喚起ですか…?

大概、外資系の証券会社がレーティングを大きく下げると、そこが買い場なのですね。あの証券会社は、何処だったかな? 株価目標が60円とか、40円とか…勝手にほざいていましたね。そう思うなら、自分で空売りをすればいいのですね。偉そうに…理屈をこねて…あいつらは、何時も、いい加減な宣伝マンですね。雑誌も新聞もメディアが挙って、駄目だと言っているシャープ、何故か…、カタル君は、どんどん買いたくなってきます。でも株は本当に、ある日突然、倒産などがありますからね。何とも言えません。そんなカタル、以前、絶対に、山一は倒産しないと思い買っていたのです。それが本当に倒産しましたからね。でも、あの清算額を見ると、僅かな金額でしたね。結局、維持できたのです。それを官僚は、勝手に潰しました。山一の社員は退職金をもらい、再就職し、三洋と比べると天と地の差です。やはり大会社は倒産しても優遇されます。

今日は…変な書き出しですね。1000円割れの007を買えない奴が、1400円になると買うのですね。株って…面白いですね。商品価値は、一緒だと思いますが…。だれも潜在価値を、見抜けないのですね。カタルは、シャープの株価価値は、現在、300円程度だろうと思っています。ただ誰が仕掛けるか?ですね。本当は、もっと内容が悪化し、経営者の自我が、消えた方が良いですね。藁をも掴むほど…内容が悪化した方が…経営陣も諦めます。今は中途半端ですね。いくらでもやりようがあります。シャープは素晴らしい技術があるのです。折角の宝を活かすかどうか…経営力次第ですね。その点、3000億円の自社株買いで、男を上げたボンボンの章男社長、嫌いじゃないですね。カタルは昔から、世襲する奴らを低く見る傾向があります。それは自分が努力せずに、親の遺産を引き継いだからですね。だから西葛西周辺で、労せず、時代の流れで大金持ちに成った百姓をターゲットにして、よく新規開拓しました。

みんな、何億も持っているのです。昔は農地解放で、労せずしてもらった土地が、時代の開発で地下鉄東西線が通り、地価が急騰して行きます。東京でも、指折りの地価上昇区域でした。1989年当時の話ですが…。医者など、馬鹿らしくて、やっていられない…とお客様は、話していましたね。葦が生える誰も買わない土地を買ったら、それが大化けです。100倍、200倍に化けるのですね。1億の借金が、200億なんて…。通常、あり得ないですからね。間違いなく、ケネディクスは上がります。誰が考えても、日銀が自社商品を買ってくれる会社など…ないのです。デフレ脱却の意味を、良く、吟味すると良いでしょう。

やはり…株数勝負だよね。市場から、正統な評価を受けるまで…買い続けることが出来るかどうかが、明暗を分けるのでしょう。まだまだ三菱UFJだって買いでしょう。野村証券も、然りなのです。昔は、野村の4ケタ割れなど…なかったのですね。まだ残っていると思いますよ。野村の社内にもサムライが…。なかなか眼に見えないのですね。潜在力と言うブランド価値は…。確かに、アホが、上に長く居ると中身はやがて劣化しますが…腐っても、鯛ですからね。自分で証券営業をしてみると分かりますね。カタルが1000万の投資信託を売るのと…、野村で10億の投信を売るのと、同じような価値なのです。それほど…ブランドと言うのは凄いのですね。野村は需給バランスが悪く、みずほと同じく、企業価値の正当な評価が遅れている株価ですね。その点はケネディクスと同じですね。

さて、こんな話はどうでも良いか…。そろそろ…警戒信号かも知れませんね。カタルは此処からは少し自重しようと考えていますね。何しろ貧乏人ですからね。カタル3馬鹿トリオが一斉に上がりだし…いい気になっていると市場から手痛いしっぺ返しを浴びるのは、いつものセオリーですからね。おそらく…今日の上げで正常化するのでしょう。よって少し資金を引き上げる方向で運用して行こうと考えています。皆さんも値動きに魅了されて馬鹿にならない方が良いですね。どっちでも動けるように…下げてよし、上がってよしの運用姿勢を、常にとれるように…ポジションを変化させましょうね。でも買いたいのもあるからね。困った性格です。縮小という言葉があまり好きではないのです。常に拡大ですからね。困った性格ですよ。ほんとうに…。やはり馬鹿は死ななきゃ、治らないのかもしれません。トホホ…。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2017.08.29

    8/29
  2. 2016.10.05

    10/5
  3. 2017.09.05

    9/5
  4. 2016.06.15

    6/15
  5. 2015.11.18

    11/18
  6. 2016.07.20

    7/20
2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
株式投資関連の本