05/19

かたるしかし…日本人と言う人種は、駄目な人種だと思います。今、NHKの大河ドラマは、江戸末期から明治維新にかけてのドタバタを演じています。攘夷から公武合体に傾き、そうして開国論と…180度の展開をみせるわけです。リーダーの考え方が二転三転して行きますね。1989年のバブル崩壊からの株式市場を見ていると、いろいろ考えさせられます。今回の大阪の住民投票は、残念な結果でした。カタルは地方分権と小さな政府を支持しています。橋下さんには、政界でリーダーとして地方分権と小さな行政機関を推進して欲しかったのです。

でも今回もそうですが…、結局、自立して経営できる経営者は、ほんの一握りなのですね。多くの人間は、時代の流れに身を任せる付和雷同型です。強いリーダーシップが、新しい時代を築き始めています。安倍さんの考え方と違う所は若干ありますが、概ね、一致しています。何より、「デフレ脱却」をスローガンに掲げ、経済運営をしているから、カタルは好きですね。当初は二代目のボンボンに、改革が出来るのか…疑わしく感じていました。でも三菱UFJの株価は、ようやく、デフレ脱却の入り口に来ましたね。4ケタ乗せまで…あと僅かです。昨日は新高値を僅かですが更新して、チャート上はこれで二番天井の下げパターンが消えました。まだ高値揉み合いの可能性は残りますが、意外に…一気に4桁乗せを、達成する構図もあり得ます。

野村証券も、同じですよ。僅かな…補償金など、気にせずに買う事ですね。必ず、ケネディクスの株価も上げます。こんな事は、政策がデフレ脱却に沿っているから、当たり前の事なのです。カタルは、今日も買っています。(実施的には、期日に対する対処ですね。)丁度、150円、やられていますね。トホホ…。勿論、300円台の買いもありますが、此方は、現物になっています。でも今年は、依然、損が残っていますね。まさにトホホ…ですよ。だから上がった時に、利益を計上しなくてはなりません。でも、まだまだ買いが忙しく…しばらく建玉を減らす作業は、お預けになっています。

当初から、カタルは「セル・イン・メイ」はないのでは…と考えていました。理由は以前から述べている様に、新営業年度に入り、買うべき年金などが、サラリーマンの為に4月に利益を確定させている事。更に企業がROE経営の高まりから、自社株買いをするし、基本的に、かなり企業業績は良く、PERは低下し始めていますね。

今期の業績予想数字は、富士通のような数字を出すのが一般的です。でも経営者として失格ですね。カタルは、いつも目一杯の勝負をしますが…自分が伸びるためには、常にチャレンジしなくてはならないと思っています。でもサラリーマンと言うは、保険が必要なのです。嘗てカタルの上司は、一番を目指すカタルに、良くこう言いました。「カタル君、サラリーマンは、1番より、2番が良いんだよ。出る杭は叩かれるからね。」まぁ、彼の人生観でしょうが…。でもカタルは、いつも前向きに人生を生きたいと願っています。歩合セールスでは限界点が見えますからね。どんなに頑張ってセールスをしても、年収は1億程度の話です。苦労しても、その努力をお客様は、どの程度、理解しているか…。まぁ、当たり前です。結果が、全てですからね。途中経過は関係ありません。

今の三菱UFJの株価を見ると、800円を割れることがおかしいと買い始め…500円割れは、天世の買い場…とセールスしたことを思い出します。それがまさか…の300円台ですからね。食えなくなるわけです。政策だけは、自分でコントロールできませんからね。ようやく…実質成長率ではなく、名目数字が目標になり、最近、政策目標も、こちらに力を入れ始めています。国家財政を考えれば…実質などと…言っている連中は馬鹿ですね。名目重視で、インフレにして…実質的な借金を減らすのが道理です。ギリシャは離脱すればいいのですね。ユーロに縛られれば…借金の返済額は過大で、大きくなります。でも自国通貨建てなら…かなり減りますね。日本も同じことですね。だからデフレ脱却であり、三菱UFJの4桁は当たり前、場合によれば、2000円相場ですね。当然、ケネディクスも4桁は当たり前で、今頃2000円前後の株価が妥当なのでしょう。

こんな事は、政策がきちんと運営されていれば、前もって決まっているのです。ナスダックは、未だに実質的な新高値5136ドルだったかな?…を更新していませんが、もう直ぐですね。この意味は、産業革命に続くスマートコミュニティーの時代の幕開けを意味しますね。だから007もJTECも大きく羽ばたくのです。こんな事は、既に確定しています。007の転換売りは50万を消化し、あと100万だそうですが、今の内ですね。その内、玉が吸い上げられ、株価だけがドンドン飛びますね。この100万だって、市場で、この安値水準で売り物が出て来るか、どうか分かりませんね。ある日突然、何処かに吸い上げられる可能性もあります。仕手筋にとって、種玉は命です。株を集める作業をしたことがない奴は、値段を消して…株を集める苦労を知らないのです。

必ず、種玉を集めれば、場に痕跡が残りますね。僕らは事前に、この痕跡を探し、背景を探ります。時代に合っていれば…、一緒に参加です。シャープは、きっと面白くなると思いますね。なんだか…批判記事を読むと…買いたくなって来て、困ったものです。まるで先を行きたがる馬を宥め、手綱を絞っているような感覚です。チマチマ打診買いをしている場合では、ないような…気がしてきましたね。一体、どこのアホが、日証金で株を借りて売っているのでしょう。成算があるのでしょうか? この株価では、どう見ても…買いが優勢ですね。既に太陽電池の原材料も減損処理したようですね。赤字の垂れ流しも止まるようです。本来、前回の処理ですべき対策を、2度に分け、今回、継続したイメージです。おそらく…続落しない筈。140円台は岩盤に見えますが…カタルの感覚は間違っているのかどうか…。

実際、カタルは良く、間違えますからね。本当に…。今、期日が来ているケネディクスの玉は、ハローウィン緩和による追撃買いです。未だも、考え方は間違ってなかったと思っています。ただ時間の見極めが、今一ですね。空室率は若干、上昇したそうで…村論理が邪魔しているのか…、アップルに続く、アジア拠点の整備が進みませんね。本来、AIIBの成功を見れば分かりますが、世界の経営者は、中産階級が大きく伸びるアジア市場に力を入れたいのですね。だから東京に出店ラッシュになっても、良い筈です。しかし、なかなか外資の取り込みが、うまく機能していませんね。これは複雑化している会社設立など…が、影響しているのかも知れません。もっとシンプルにしなくてはなりませんね。自分で会社の登記をしてみると分かりますね。口語体では駄目で、前例に倣っての文言を求められます。そうして監督官庁ごとに、書類の提出です。一元化すれば良いものを…。

きっと仕事をしたことがない人間が、現場に多く居るためでしょう。だから役人数を、もっと減らせばいいのです。過剰サービスをなくせば、もっと、人を減らせますね。だから大坂都構想を実現させて欲しかったですね。まぁ、こんな話はどうでも良いですね。

今日は、待ちきれず…Vテクを追撃買いしました。本当は下がるのを待っていたのですが…下値は切り上がるし…出来高は減っていましたね。何を言っているか分かりますね。007の話を、Vテクを通じて解説しているのですよ。通常、チャート的に急騰した後の保ち合いの形が、重要です。この形が下値を切り上げるようでは…玉が薄れているのですね。吸い上がっているのです。だから早晩、売り物は切れ…株価は、さらに売り物を求め切り上がります。GWのチャート論で解説しましたね。既に、カタル3馬鹿銘柄は、何れも…底入れし、上昇波動に入っていますね。ケネディクスだけが…どうかとも考えていますが、今日は518円をクリアしましたね。次の壁は531円です。注目して於いて下さいね。

今シャープの株価は、169円で変わらず…ですね。今日は今の所の安値は163円で、昨日の161円を噛んでいませんね。この分じゃ…、余程の事がないと142円でした?最安値の更新は、難しそうです。当たり前の理屈ですが、お金は無限にありますが、株券は限られています。仕手が参入しても…不思議はない環境ですね。300円程度は、妥当株価だろうと思っていますが…。上手く再建に成功すれば、4桁もありますからね。仕掛けて失敗すれば、会社を乗っ取ればいいのです。その価値は、充分にあると思うけれど…。時価総額は2892億円ですか…、でも、借金が重いからね。しかし、あのシャープを手に出来るなら…、やはりヘッジファンドが参加しても、おかしくないですね。三菱UFJは腰が引けているし…、みずほだって、きっと喜ぶんじゃないかな? 亀山と堺工場の現在価値は…どの程度なのでしょう。そんなに劣化しているのでしょうか? 段々、その気になってきた自分が怖いですね。トホホ…。

もういい加減に原稿を切り上げよう…、人間って、不思議なのですね。こうやって構想を練っていると…だんだん、自分自身が洗脳されていき、その気になるのです。証券マンはそうやって、手張りをして、みんな消えて行くのです。良い気にならず、自重しなくてはなりません。今日は、この辺で…。それでは、また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2015.05.14

    05/14
  2. 2015.10.05

    10/05
  3. 2016.01.25

    1/25
  4. 2015.12.01

    12/01
  5. 2017.01.17

    1/17
  6. 2015.03.31

    03/31
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
株式投資関連の本