5/15

カタルのように…昨日の安値を叩く必要はないでしょうが、余裕のない人は適正水準まで手持ち株を削減する事でしょう。昨日まで日経平均株価は3年ぶりの7連続安だそうです。良い所がなく…値下がりが続く相場を観て、令和は暗い幕開けになっています。

「雨降って地固まる」と言いますから心配はないと思っています。言葉は便利です。沢山の選択肢があります。でも気持ちの持ち方が、一番、大切なのです。カタルは楽観派だから…凍てつく市場環境でも精神力が保てました。証券マンは、みんな鬱になったのです。普通の神経なら40億も飛ばせば…自殺しています。

昨日メールを開くと…読者からの悲観が溢れていました。基本的に、昨日のような状況になり自分の心が動揺して、手持ち株の処分に追い込まれるのは、「分不相応」な持株水準なのでしょう。自分の心と対話して下さい。

再び、ケネディクスを投げさせられ、カタル自身も反省しています。カタルの性格は、いつも目一杯に勝負をする性格で「分かっているけど…やめられぬ」口です。まるで株の取引については、アルコール中毒患者のような…弱い心を持っています。

たまに事前観測の読みが、当たるから困ったものです。つい自分は株が上手いと錯覚をします。そうして既に人生の大半を過ごして、いつのまにか気付いてみると…棺桶に片足が入っている年齢になって来ました。

あれれ?フリューが高いですね。昨日は何故か急落していましたが、本日は再び1000円台に復帰です。今、見たら昨日は決算発表で、自社株買いも同時発表しており…業績数字も好調のようです。四季報予測74円の所、会社側は84円観測とか…。

カタルは事前に1000円台で投げて、SUMCOなどを買いました。でもどっちが良かったのか…。やはりカタルの性格は派手好みです。女性の好みはフリューのような控えめな従順さを好みますが、株式は華やかな銘柄が好きなのです。

なんじゃい? これは…。昨日、投げた古河電工は258円高? どうなっているんじゃい。利食いだったじゃないか…。これも決算発表かな?

今見たら、四季報数字の283円から前期は412円?になっています。だから云ったじゃないか。 でも今期の予測は四季報よりも低く、四季報は340円ですが、会社側は297円です。おかしいな…事前観測と違います。まぁ残り500株を持っているから、良しとしましょう。カタルの事前の読みはやはり正しかったわけです。野村証券の馬鹿たれが…。たぶん会社側の慎重な姿勢が、今期数字を大幅に控えめな数字にしたのでしょう。通常は前期400円ラインと…そんなに変わらないでしょう。そう考えると、やはり安いですね。きっと何処かのファンドが…買い始めるでしょう。

まぁ昨日は…広範囲に追証水準なので、仕方なく、多くを投げたのです。救いは相場観とは違うと言う事です。でも実際に損をしている訳で、カタルの力は落ちています。昨日は千代化を買うために、無理やり、売りたくもないJ君を1000株だけ利食いをしました。でも他の口座で3000株買ったから、差引は2000株の買い越しです。

実は千代化だけが、事前観測の狙い通りの展開になっています。故に本日は、更に買うために新たに資金投入して、もう2000株、千代化を買い増ししました。決算の話です。前期の数字が倍増の損金と言う事で…折角、364円で買ったのに100円も下げられました。でもこの動きはおかしいのです。通常は決算発表を受け上がる筈です。しかし…違っています。市場関係者は、本当に株の仕組みを知っているのでしょうか?

株価は未来を買うものです。それも6か月後の姿を求めるのです。持ち株が少ないから詳しく千代化の数字を観ていませんが、日産自動車のリバイバルプランの再生の時も、前期に今期分の費用も押し込んで…V字型回復を目論みました。カタルには同じやり方に見えます。

あれれ…喜んでいて、今、相場を見たら、また指数が安いではないですか。何じゃい、これは…75円安の20990円ですよ。本当に…日本人は、何処の世界にも本物が居ない社会構造です。

経団連から政治家まで…偽物ばかりの寄せ集めです。困ったことです。唯一、仕手系の千代化のような銘柄で乗り切るしかないでしょう。それにしても古河電工はなかなかの数字でしたね。今期予測は兎も角…少し後で時間がある時に、中身を観てみましょう。

米中貿易摩擦問題で中国は追い込まれていますが、米国債を売る事が日経新聞に報じられていました。ここで先日紹介したMMT理論が関係してきます。イタリアもEUの方針に逆らって失業率の改善まで、財政出動を継続させると…ごねています。

今、一番ホットの話題です。その先頭を走っているのが日本ですからね。日本の場合、総合すれば、外部からの借り入れはありません。でも確か…米国もイタリアもアウトのはずです。故に、中国の脅しは効きます。大統領選を控え、習近平が強硬策に出る可能性があります。

だって…既に中国から資本逃避が起きており、空洞化で中国に生産移転した日本などは、中国から工場を他に移しています。ベトナムの条件が良いのですが、ベトナムは工場予定地に髙い価格を付けて…高官が稼ごうとしている様子です。その為にタイに拠点を移すと言う記事を読みました。この話と…現在、揉めているベネズエラの話は似ています。ベネズエラも賄賂の国です。ついでに話が飛びますが、ゴーンが私的な機密費を欲しがるのは当然なのです。仕事をしたものなら分かります。一般的に賄賂を払う国は多いのです。仕事をスピーディーにやるためには…歩みたくない道を選択することもあり得ます。

下地がないと…この辺の会話が、皆さんに伝わらないかもしれません。要するにトランプがごねると…中国の政策体制を嫌い、資本が逃避します。米国はこれを狙っています。

でも通貨体制の不備を突かれると困ります。際どい駆け引きです。ドルの信認問題が浮上すると厄介です。株は、この程度の下げでは収まりません。昨年のクリスマスショックの安値も…簡単に下回るのでしょう。一気に「恐慌スタイル」になります。ドルの信認問題は厄介ですよ。何れ…必ず、解決しなくてはなりません。でも今は大丈夫だと踏んでいます。

地所が自社株買いだそうです。三菱村の変身です。商事の自社株買いに続いています。本丸、三菱UFJは、本日が決算発表です。三井住友と共に注目されます。みずほは…村論理の内部抗争が絡み…大きく出遅れています。

やはり、ここは仕手戦しか…ないのでしょう。でも何故1000万株も売り残があるのでしょう? カタルには謎です。千代化は優良企業です。通常は落札した見積もりを間違った損失は一時的な筈です。カタルの…この観測が正しければ、早晩、株価は戻り4桁は無理でも500円や600円程度の相場は期待できます。ZOZOも仕手株評価です。

あれれ?ユビキタスが安いのですね。何故でしょう。先日確か増額修正を発表していたような気がしていました。 あれは前期分かな? 今期の数字は、そんなに悪いのでしょうか? 試しに200株だけ買ってみましょう。ハイ、743円で200株のお買い上げです。時間のある時に決算内容を観てみましょう。

本日は前期決算数字と、今期決算数字の話をしています。前期は終わったので基本的に関係ありません。でも古河電工のように…今期の四季報予測が悪いのに、結果はオーライでした。この会社の癖がカタルは良く知りません。仕手性がある事しか…あまり経験がないからです。でも前期の数字が400円なら、通常は今期も同程度の観測が普通でしょう。外部環境はそんなに悪くない筈です。でも自動車は、まだマイナスです。

アレレ…今度は日経平均株価がプラスですね。こりゃ、指数の売買だけでも儲かりそうな気がします。昨日、買ったDeNAは、本日は安いですね。本日も寄り値で買っています。もし下がるなら、最初の下げ(初押しは)は、買い場でしょう。2106円を基準に1000株で5万円は確実に儲かると思っています。場合によれば10万は、堅い水準でしょう。まぁ200万の投資だから僅かですが…。目先の売り物は…早晩、時間の問題で消えます。

今、皆さんには、このDeNAと千代化を公開して…お薦めしています。他にJ君もカタル銘柄らしい選択ですが…まだ数字が見えず、此方は博打株です。

でも、ひょっとすると…こいつは超大物です。 カタルは、以前にVテクを3000円で手掛け、その後、このVテクは次々に予期せぬ好材料を連発して株価が10倍になりました。時代に乗る銘柄でした。このJ君も時代背景が面白いのです。久々に心が躍る銘柄に発展するかどうか…。

良いですか…何度も述べていますが、難しい相場が続きます。だから無理をせず、分相応の取引を心掛けて下さい。儲けようとする心を押さえて…チャンスを、じっと待つのです。その内…市場は好転します。

だってZOZOの賃上げは、すごい材料なのです。こんな事が自分の心に響かないとすれば…自分が真剣に時代背景を考えていないこと言う事です。そうして商事の自社株買いです。商事は、これまで自社株が割安でも…自社株買いを実施していませんでした。

こんな目に見えない繋がりが、非常に大切なのです。それでは…ハズレやの講釈師は、また明日です。あちゃ、パー…昨日だけで、軽く100万を超えた損金です。150万近いかな?トホホ…です。馬鹿野郎は退散です。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2016.03.29

    3/29
  2. 2017.09.01

    9/1
  3. 2017.03.03

    3/3
  4. 2017.11.06

    11/6
  5. 2017.06.26

    6/26
  6. 2015.08.14

    8/14
2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
株式投資関連の本