6/11

昨日は11:31に予約投稿をしたのですが、機能せず申し訳ございませんでした。その後訂正しましたが、仕組み上、上手くトップページに反映されず、読者の方にはご不便をかけ申し訳ございませんでした。右の上にカテゴリー別のサイトとリンクしており…、あるいはカレンダーや右の最近の投稿からは新規原稿が見られる状態でした。カタル自身、仕組みを理解しておらず…改善出来ませんでした。お詫び申し上げます。

たぶん…11:31に予約投稿機能は働いたのですが、その時間にアクセスが集中しており、アップできなかったために…生じた現象ではないかと推察しています。実は、過去にもカタル自身がアップできない事がありました。

そこで改めてのお願いですが、11:30~11:35の5分間は、当サイトにアクセスしないようにお願い申し上げます。カタル自身が原稿をアップできません。なにぶん…貧乏故、少額プランのサーバー利用料のものを採用しています。共有のものなのです。

IRNETへのアクセス頻度の時間別推移

此方のグラフは、当サイトのアクセス頻度を示すものです。そんなに時間を気にしなくても、言っていることは変わりませんから、繋がらない時は時間を置き、空いている時に読んでください。宜しくお願いします。

さて本日も昨日に続き…千代化を買い増ししています。カタルには不可解な現象なのです。既に商事(三菱UFJも…)はお金を投じることが決まっており、計画によれば…毎年100億から200億円を返済するのです。皆さんは本当にIR資料を読んでいるのでしょうか? 2000億円を超える損失は債務超過になる程…大きな金額です。しかしどう考えても1000億円を2000億円に増額し、商事は多額の資金を投入している訳です。しかもLNGは必要です。

株は過去を売り買いするものではありません。未来を評価するものなのです。だから憶測が生まれるのです。誰も未来は分かりませんが、与えられた条件で推測をするわけです。基本的には会社の予測は、ある程度…正しいのでしょう。その計画に沿った株価評価があると思うのです。

返済金額100億円の一株利益は38円です。つまりPER10倍で380円なのです。仮に200億なら76円ですよ。そうするとPER10倍で760円の株価評価です。どう考えても300円前後の株ではないでしょう。 お金があるなら、いくらでも買えますが…カタルは貧乏故、1000株、2000株しか買えません。

読者の人は、上手に株を買おうとしていませんか?

そんな事が出来るのは神様だけです。あるいは会社を乗っ取れるぐらいの金持ちだけでしょう。貧乏人は、自分は株式投資が下手なのだ…と自覚して、昨日も書きましたが、なんども分けて買えるように、何回も、何回も買えばいいのです。仮に株価が下がり、それでも自分の価値観に合うなら…買い続けることです。

カタルは先日の高値364円だったかな?…その高値水準も買っている訳です。そうして…当然、300円割れの株価も買っています。一発で決めよう…などと欲を描かず素直な気持ちで、最初から負けても仕方がないと思って臨むことです。チタンでもJトラストでも同じことです。下がっても買い続ければ良いのです。

問題は此処です。自分が買った株が下がると、株を買わなくなる人が大勢います。何故、同じ品物が安くなったら…買わないのでしょう。株は…腐りますか? むしろ配当をしているなら、配当利回りは上がります。 2%の配当利回りの会社が半値になれば…4%になるのが理屈です。倒産しない限り…2年程度、買い続ければ、その内、株価は底を打ち上がり始めますよ。カタルはそんなブツブツ投資を、皆さんにお奨めしています。

今日、株を買って明日売るのは理想ですが…そんなに当たり続けることは、過去の事例から見て不可能でしょう。そんな人にカタルは出会ったことがありません。逆に株を買ったら、10年も再現されない高株価で買った人には、何度も出会いました。つまり株は高値になると…買いたくなるように出来た商品です。高値になれば、なるほど…魅力的に見えるのでしょう。でも論理的な価値は、株価が上がるたびに、資産価値も劣化して行きます。

僕らは賢い投資家を目指すのです。IR資料を読めば、千代化の優位性は明らかです。あとはその信用度の問題だけです。その為に過去の実績があるのでしょう。千代化の地相場は800円前後なのです。

三菱商事は詳細に調査をして資金投入を決めたのでしょう。それを信じるか、信じないか? 信じない人はドンドン空売りでも…何でもすれば良いのです。カタルはこう述べています。相場環境が良くなれば…比較的大型資本の千代化が選択されると、前から…同じことを述べています。NY株価は、既に6連騰です。

連騰と言えば…13連続陽線を提示したJトラスト(8508)。カタルは長い証券マン人生の経験の中で、たぶん初めてだと思います。13日間連続の陽線ですよ。他に事例があったら教えて欲しいものです。今は500円程度で、いくらでも株を買えますが…きっとその内、「器の違い」が明らかになるでしょう。

過去、カタルが述べたことが、外れたことがありますか? カタルは高値になっても言い続けている為、高値で買ってブイブイ文句を言う人はたくさん居ます。でも最初のスタート時点に買えば…大概は儲かっています。それもブツブツ投資なら間違いない投資でしょう。

あらら…寄り付きで2000株買った千代化が上がって来ました。今の株価は329-345-325-344=1992500(9:29)です。経験の長い証券マンなら、千代化の仕手性に目を向けない証券マンは居ません。カタルの仲間の歩合セールスだった元常務の株屋は、千代化が大好きでした。何故か? この株は上がり出すと…すごい勢いで上がり続けるからです。

このような…株が持っている「習性」と言うか、「個性」と言うのは、経験がないと…なかなかインプットされるものでありません。何故、カタルが千代化を毎日買い続けているか? そのDさんの行動が、目に焼き付いているからです。伊達に証券会社の常務にはなれません。いくら小さくても…。その人は株が好きだから役員を退職して、歩合セールスになりました。実はブツブツのお兄さんです。この一家は、何故か面白いですね。証券会社に二人も入れるのですから…。

SUMCOをカタルが好きになったもの、このDさんの影響です。安川などと並び…株式市場では、有名な仕手性のある千代化、その出番に出会ったのです。こんなチャンスを、活かさない手はありません。商事が資金を投入した段階で、株価は500円といった意味が、その内…分かるでしょう。カタルは2月の段階から言い続けています。村論理の国を代表する「三菱村」だよ…よく考えることです。

さて…他はどうでしょう。窪田製薬、日本通信、そーせい、ZOZOなどがTICK回数上位に並んでいます。でもカタルは述べています。医薬品の時期は、もう季節はずれです。確かにデフェンシブストックと呼ばれる分野は、景気の後退期に活躍します。でも逆金融相場の時に手掛けるべきでしょう。訳の分からない博打をするより、勝算のある博打をしましょう。いくらでもあると思っています。東レなどは大き過ぎます。こんな閑散期に選ぶセクターではありません。

銘柄選択は難しいのです。市場参加者がどの程度存在し、その人達の好みを理解しないとなりません。証券マンが手数料を上げ続けるのは大変なのです。ブツブツの年収2000万以上の数字は、月額株式手数料が常に500万円以上です。どんなに悪い相場でも、彼は空売りもやっていました。カタルのような拘りはないようです。

でも駄目相場でも、買いで参加できる銘柄があること自体、既に名目時代が確立に近づいている証でしょう。この意味は会員の方は分かると思います。フリューの株価も髙いようですね。カタルは損をして売ったけれど…。基本はブツブツ投資を実践すれば、必ず儲かるのでしょう。ただし倒産をしない限りです。

500円割れがあるJトラスト、本日は492円まであったようです。時間が経過すると益々買いたくなります。困った性格です。此方も、もう直ぐ発射なのでしょう。此方は全体市況が弱い時に物色されるのでしょう。

皆さんは自分で株を売り買いする以上、確りと会社のホームページに飛び、IR資料に目を通すべきです。丹念に読めば分かりますが…未来の株価は、もう大概は決まっています。その中で最も良いものを探すわけです。

一応、カタル君は、プロでも上位の部類でしょう。伊達に「予定納税」などしません。税理士の方なら、予定納税をする所得水準がどんな水準かご存じの筈です。よく毎月、毎月…何百万も税金を納めたものです。内情は火の車なのに…。

だから一応、皆さんは、このレポートを何度も読むべきでしょう。昨日の原稿の古河電工の部分など…なかなかだと思っています。あの原稿を読んで…実際に古河電工のIRに飛んで、内容を読んだ人が何人いたのでしょう。

大切なお金ですから、自分で確認して自己責任で投資をしないと駄目ですよ。こんな当然のことが守れないから、日本人は困った人種です。それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2018.07.30

    7/30
  2. 2018.03.20

    3/20
  3. 2015.06.12

    06/12
  4. 2016.11.22

    11/22
  5. 2017.05.11

    5/11
  6. 2016.01.04

    1/4
2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
株式投資関連の本