2/13

いやはや…米国株の強さは異常です。やはり…どう見ても指数運用の影響が強いですね。このギャップは、どの程度あるのでしょう。カタルは米国債の推移とラッセル2000の指数を見て、それが米国株の実態評価じゃないか…と推察しています。景気が過熱するなら、金利は上がります。小型株指数のラッセルも、どちらかと言えば、実際の米国景気を表している様に感じています。

米国債の利回り推移

つまりETFなどの指数運用の投資信託などが…実態景気よりプラミアムと言うか…。上振れしているように感じています。でも確実に…実態景気も上昇しています。バンカメなどの株価は、確実に高値を取っています。この傾向は日本株でも同様でしょう。次第に…出遅れ株も物色されるのでしょう。

ラッセル2000の推移

昨日はケネディクスの決算が発表されていました。自社株買いの発表はなかったですが…1円の増配との事です。ケチな奴ですね。今の日本の不動産環境は、凄いウハウハが続いています。毎年、毎年、15%~20%近い…上昇をしているのです。

ROEが、まともな数字なら…配当はマズマズだから文句は言いませんが、ROE15%以下は話になりません。何処かで自社株買いもしなくてはなりません。でも営業利益伸び率は9.7%です。やはり利益は隠せません。もう利益を隠せる引き出しがなく、どの引き出しも利益が溢れています。

問題は市場が、いつ…AUMの真価に気付くか? カタルは時価総額が何倍にも膨らむと思っています。なにしろ2兆円…規模ですよ。自己管理でも1兆円を超えました。この資産が10%上がると1000億円です。やはり日本全体がポジティブ思考に変化し始めていますから…何処かで市場は、このマジックに気付くと思っています。何しろ…6年ですからね。いい加減に…本物真価に市場が気付いても良いと思っています。実態が良いから…ケチな宮島さんも増配を続けています。

さて、そんな話より千代化は、どうでしょう。昨日は405円で、買い指値を入れたのですが…ほとんど株価はブレません。よって売りだけでした。本日も430円、440円と売り上がっています。でも今の所、450円は売れていません。

昨日の出来高は、1000万株を超えてきました。カタルの目標は500円なのですが、なんだか…決算数字を見ていたら、もっと上がりそうだと…考え直しています。どっちにしても、5月に3月末の決算を見るまで、この上昇相場は続くのでしょう。千代化はこの辺で良いでしょうか? 

皆さん、しっかり儲けましたか? 

カタルの動向などは、相場に関係ありませんが…カタルは高値でも買っていますから、あまり持株は減っていません。それでも10%~20%程度は減っています。なかなか買戻しが出来ない為です。このラインは基本的に重い所です。普通はヤレヤレの売り物が、出やすい水準です。

日揮のケースで既に説明しています。此処から…「本番」と思っても良いのでしょう。でもカタルが馬鹿になるのは…他の株です。

実は…昨日、原稿を書きながら、そうだなぁ~と思った次第です。ロコンドを1万株持って…理想通り4400円になると、約3300万から3400万円をゲット。2万株だと6600万から6800万ですから…少し足りませんが、東京でもサラリーマンが住むマンションぐらい買えそうな儲けになります。だから、減っていた持ち株を2万株に高める作業を、昨日の午後から開始しました。

本日も寄り付きから、買い続けています。もう直ぐ2万株になります。実は千代化で儲かったので、信用枠が広がっています。それ故…他の株も持ち株を増やしています。

あらら…千代化がブレています。原稿を書いていたら420円を割れていました。ちょっと待っていてくださいね。ハイ今、420円で1000株の買い指値を入れました。今の株価は430-448-418-422=4256400(9:37)です。原稿を書いていると…ついタイミングを見逃します。ソロソロ1000万株を超えて来たので…株価は必ず、ブレますからね。

そんなに簡単に…株は上がり続けませんよ。上手に売り買いをしましょう。

そうそう…何故、ロコンドを買う気になったか…と言う話ですね。相場を観察していると、まだオーバーの売り物が150700株あり、アンダーの買い物は149300ですが…昨日の出来高は、あの100万株以来、初めて20万株を割れて187000株でした。

この株の適正ラインの出来高は、この10万台でしょう。つまり…チャートを見ても分かりますが、そろそろ…この水準の売り物が枯れているようです。 故に1000円割れの株価は、もうないかも知れないから、買値を少し引き上げました。1100円までなら、まだかなりの売り物が出るでしょう。

でも誰かが、少し上を買うと…簡単に株価が、飛び始めます。丁度…このチャートの形は、ハイ、今、千代化の420円の指値が買えました。今度は、410円にしようかな?

ロコンド(3558)の日足推移

話しを戻しますね。ロコンドのこのチャートの形は、此処から急騰した過去2回のパターンに似ています。更に週足推移をみると…右肩上がりのこの形は、前2回より、ずっと形が綺麗です。

チャート分析を出来る人は、カタルが述べている意味が分かると思います。今は、飛び出すかどうか…の運動会の綱引きです。一気に、均衡が崩れますよ。このチャートは、そういう形です。上値を50万も買えば…急騰するように見えます。簡単ですね。もう売り物が枯れています。

あらら…原稿を書いていたら…株価が上がって来て、1100円の売り物は僅か33000株です。誰かが買ったら、カタルも更に上を買います。アレ? 今、誰かが買いました。ちょっと待っていてくださいね。

ハイ、カタルも有言実行で、更に追撃買いです。今1107円で1000株のお買い上げです。ゴメンね。原稿が間に合いませんでした。

カタルは昨日の後場に、出来高が20万株を割れそうだから…追撃買いに踏み切りました。更に夜にデータを見ていたら、ロコンドの信用買い残が減っていましたから、更に本日も寄り付きから…追撃買いを実施しており、寄り値、1070円、1065円と買い続けていました。

この原稿は、間に合いませんでしたが…これからもある事ですから、この考え方を学んでください。

高値圏で、このように拮抗したチャートで出来高が減っていると言う事は、誰かが株を集めていますから、必ず、飛び出すパターンになります。此処から株価は、上昇角度を変えて、急騰ラインに入る確率が高いのです。追撃買いです。

こんな所で利食いをしていては駄目です。ガンガン買いましょう。有言実行のカタル君、この原稿を皆さんが見る…後場寄りにも、もう1000株だけ成り行きで買いましょう。だって…予想通りの展開になっています。

5年間平均の41%増収の田中君の実力に賭けます。もし四季報通りの利益を計上できるなら一気に2000円から新高値に抜けるはずです。久しぶりにワクワクしています。

アララ…ケネディクスも上げっているではないですか。寄り値で1000株だけ買って600円の指値で、期日分を売りに出していたら…簡単に売れています。

今は、なんと…なんと640円台です。こっちも始まりかな? 年初にカタルは述べましたね。平成の世は、暴落に次ぐ暴落でしたが…令和2年は暴騰に次ぐ暴騰になる。そんな事を綴ったような記憶があります。

ようやく…カタルのような「ポジティブ人間」の馬鹿の出番が、やって来るのでしょうか? 失われた時代、カタルは悲哀を味わい、泣く泣く営業活動を止めて、国会図書館に連日、通ったのです。仕事が出来ない寂しい日々なのです。あの屈辱の日々を思い返すと…涙が溢れてきます。皆さんに、このむなしさが伝わるでしょうか? 仕事をしたくても出来ないのです。

馬鹿が上に居ると…日本国民、みんなが疲弊をします。NYのランチは2000円、東京は500円ですよ。情けない日々です。

でも浮かれては駄目です。COVID-19の影響は深刻です。日本はインバウンドで内需を補ってきました。中国人様の購買力が日本経済を押し上げているのです。

ウィンウィンなのです。昨日の国会では、安倍さんがヤジを飛ばして紛糾したとか…。彼も少し傲慢になっています。でも辻元のような…意味のない質問をするから、そうなるのでしょう。本当に、人の行動を批判するようなことは、早く止めて…政策論議をして日本をどうするか? 真剣に考えないとなりません。

仮に民主党はキャッシュレスのカメラ認証の世界を、加速させる法案を提出すれば…カタルは自民党から民主党に投票します。もう時代はカメラ認証で、地下鉄の改札から、買い物まで…全てキャッシュレスです。NECが、TVCMを展開していますが、もう、その時代なのです。折角のチャンスだから、一気に予算を計上してやるべきでしょう。

そんな訳で、本日の原稿は此処までです。カタル銘柄…どの株も、頑張れよ。ロコンドはストップ高をしても…買い増しでしょう。カタルはそう考えています。

だって5年間平均で41%増ですよ。皆さんは、この高成長の実態を理解していません。これからドンドンM&A時代になるのです。GAFAの成長を支えているのはM&Aなのですよ。

それをものにできるかどうか…。浅草の美鈴を組み入れたのは、大きな進化です。この辺りの感覚が理解できないと、なかなか…これから市場で成功するのは難しくなります。日本電産も、必ず、どこかでM&Aを実行します。そうしないと25%増収なんて…数字は難しい。ロコンドは41%だからね。図抜けています。それでは…また明日。

本日の日経新聞の5面のFRBの記事と、10面のGAFAのM&Aの記事をよく読んでおいてください。この二つは非常に大切な記事です。場合によれば、法律を変えても…M&Aを加速させないとなりません。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2019.04.04

    4/4
  2. 2017.12.07

    12/7
  3. 2015.10.01

    10/01
  4. 2016.09.27

    9/27
  5. 2017.11.29

    11/29
2020年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
株式投資関連の本