資金を動かそう!

米国の小売り消費が盛り返し…満更、イエレン時間も想定外の現象とは言えず、かと言って…トランプ氏やサンダース氏の躍進は、明らかにアメリカンドリームの崩壊を示しています。もともと米軍が太平洋地域だけに配備を絞ったのも…米国のパワーバランスの欠如を示し、力が落ちているのは明らかです。それにも拘らず、覇権主義を強要する辺りが、世界に混乱を与えているように思います。シリア情勢などは、ある意味で米国の間違った政策により生まれた結果の混乱でしょう。イラク戦争から生まれたISなどもそうです。

一方、市場原理は先行してグローバル展開です。ただ日本のニュースを聴いていると…中国への嫌悪感を煽る報道姿勢に思えます。きっと、こんな事が続き…太平洋戦争に突入したのでしょう。メディアの方向性は非常に重要です。なかなか抜け出せない「流動性の罠」の為に、日本は貴重な時間を失っているのです。メディア関係者は猛省せねばなりません。失われた時代と呼ばれる空間を、いつまで続ければ、気が済むのでしょう。

中国の習近平氏は「一路一帯」政策を推し進め、鄭和への憧れを抱いている様に見えます。あの時代は、遠く中東まで中国支配下だったようです。日本は、米中の狭間を行きかうしか生きる道はなく…カタルは幻想を抱き続けていますが、なかなか軌道に乗りませんね。黒田さんにしても、安倍さんにしても…良い線を行っていますが、結果は及第点に届くかどうか…。もともと2013年5月にバーナンキ前FRB議長は、テーパリング発言をしました。バーナンキは自分が押し進めた量的緩和の出口を示し、イエレン氏に道を託しました。彼女がFRB議長に就任したのは2014年1月、そうして、ようやく準備が整い利上げに動いたのは2015年12月17日の事です。実に9年半ぶりの正常化への道です。まぁ正常化かどうかは…意見が割れます。

ただ一方では、依然、金融規制が厳しく、昨年6月から各社は急激に規制下のシステムに転換しました。この1年間は基本的に金融が縮小しているので…経済が回復しているとは言え、「ユトリ」がない回復です。日本でも評価が割れますね。失業率などは、確かに改善はしています。しかし実態はブラック企業が存在し、ブラックバイトの有様です。企業は相変わらず、リストラの嵐が続いています。

この理由は明らかで、新しい体制転換が終了してないのですね。トヨタが車を生産し販売する「ものづくり」を強調し過ぎた為に…失われた時代が長引いているようにも思えます。過去への回帰現象です。その為に為替が重視され、市場が動いています。CTAと呼ばれるヘッジファンドの連中は、儲かるから仕掛けるわけです。つまり市場に歪があるのです。市場に潜在的な歪があるから…そこを突かれ…市場が動くのです。

最近の外人売り動向を見れば明らかですが…明らかにアベノミクスに対し失敗論を突き付けている様に見えます。しかし1月に、初めて日銀はQE2の誤りを認め、マイナス金利を導入し、マネタリーベース主眼から、マネーストックに視点を移し始めたように見えます。更に…財務省、日銀、金融庁の政策会議が持たれるようになり、金融庁は赤字法人への融資容認に動き始めました。この報道が3月です。おそらく、この秋には…市場は新しい動きを感じる筈です。1月に入ってから銀行株などが大きく下がっており、明らかに市場は次の展開に備え…準備を始めたように思えます。バイオの「旬」と言い…、間もなく新しい時代が始まるのでしょう。

でも株って、難しいですね。あまり早く…次世代に移行すると待たされますからね。この準備期間が、何年も続くケースがあります。かと言って、光通信やソフトバンクのITバブルのように…時々、バカ爆発する事もあります。人気なので…バブル化するわけですね。人々の気持ちをコントロールするのは難しいのです。

カタルは、必ず「1300兆円の逆襲」相場が生まれると思っています。長いデフレマインドが行き過ぎている為に、此処に、大きな歪が生じています。資産インフレマジックを利用しない市場経済はありません。結局、マネタリストが主張する論理が間違っているとは、言えませんね。過去の日本株はPERが80倍程度だったのです。論理外ですね。理屈に合いません。100%の配当性向で、資金回収まで80年間も掛かると言うものです。ファナックの…「これ以上の内部留保は必要ない」と述べた事を、カタルは強く支持しましたが…トヨタのような大企業が、悪戯に現預金を保守的な観点で積み立てる必要はありません。

資金循環統計

資金循環統計

上場企業の現預金残は、246兆円と日銀の資金循環統計で明らかになっています。246兆円ですよ。メディアの責任ですね。内部留保が正しいと思っています。「いい加減にしろ!」と思いますね。無借金が良いとは限りません。事実、無借金のベンチャリは消え、借金まみれの双日は生き延びました。同じことが…個人の金融資産にも言えます。1741兆円も保有していますが、なんと…現預金残が902兆円もあります。メディアの報道が間違っているからです。株式の配当利回りは3%を超えているものが多く存在し、リートは5%を超えるものもあります。馬鹿ですよ。カタルにお金を預けてくれれば…簡単に3%保証が出来ます。

実質成長率重視の逃げの姿勢から…、名目重視の積極的な躍動感がある社会への展開を…国を挙げて、どうして取り組まないのでしょう。メディアに勤めている人は…一応は、優秀な筈です。現場に居るプロデューサーなど…猛省せねばなりませんね。一体、あなた方は、何年、清貧思想を続ければ、気が済むのでしょうか? その清貧思想の為に、どんどん社会は疲弊し…中国の後塵を拝するようになっているのです。馬鹿な清貧思想は止めるべきですね。お金など使って…ナイボなのです。貯め込んで…額に入れて飾って置いて、なんになりますか? 所詮、紙くずです。いい加減に…自立しましょうね。

市場は、必ず、「歪」を是正します。基本は裁定論理なのですね。故に「かい離」現象は、必ず修正時間を迎えます。あとは…このスタート時間の読みです。そうして、この歪を突く集団が強いか…どうかなのですね。消費税延期、日銀の追加緩和、財政出動などを経て夏相場になるのかどうか…。下値は限られているように見えますが…果たして躍動感が溢れる市場展開に移行できるかどうか…。スター株の誕生が待ち望まれます。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2016.05.22

    スピードが命
  2. 2016.10.09

    三角フラッグ
  3. 2015.03.22

    白川道
2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
株式投資関連の本