2/17

かたる:あの時、日経報道を見て東芝の株を買って、翌日だったか? その観測報道が「誤報」と判明したために直ぐに売ったのですが、やはり株価は200円を下回って来ました。あの報道だって、ある意味で事実誤認の「フェイクニュース」と言われても仕方ないと思います。確かに、記事の扱いは疑問符になっていましたが…、結局は5000億円ではなかったわけです。まぁ、未来予測を取り上げるべきかどうか…。難しい判断です。株の世界は、常に未来の出来事を予想しますから、大概は…外れるわけです。

そんなカタル君も、よく間違えます。最近では、売り上がっていたクラウドワークスの考え方を…出来高増から、新規仕掛け筋の参入か?…と思い、折角、売り上がっていたのに、途中で考えを改め、買い参加したために…再び損失を被りました。儲かる玉も売らず…トホホです。まだ分かりませんが…たぶん、目先の参入筋は骨のある筋とは違うような感じです。それを確かめるには、株を売ってみることです。売っても上がるようなら、これは本物で…売ってみて、更にドンドン下がるようなら…駄目ですね。

小野薬品の底入れも…そうです。DeNAも…そうですね。大阪チタンで…底入れ解説をしましたが…あの時も少し早かったために、途中で嫌になり…ヤレヤレで売ったのです。成功したはずのVテクも、結局、上手く立ち回っていません。下値の買の入り具合など…色んな観点から…総合的に、目先の判断をするのですが、なかなか難しいものです。今日は、皆さんの為に、カタルはクラウドワークスを下値で投げています。この「おまじない」が効くかどうか…。710円まで売ってみました。先日、買ったばかりの770円台の玉ですね。

よく大きなファンドが大量の玉を買う前に…相場の堅さを確かめる為に、下値圏で空売りを仕掛けます。それは…買いたい為に、敢えて売ってから、下値を確かめるわけですね。それで簡単に下がるようなら…駄目なのです。

逆に、大きく下げる前もそうです。バブルの頃、実質的な相場は1987年に終わっています。しかし1989年末にかけ…1年近くも、指数だけで株を持ち上げました。それからガンガン本格的な「売り仕掛け」が入りましたね。覚えている人は、あまり居ないかな?おそらく…今回のトランプ相場は、その可能性もあります。問題はGSなどの動きなのでしょう。現在は250ドル近辺で、株価はウロウロしていますが…この水準はリーマンショック前の株価位置です。その様子が此方です。

GSの動き

つまり…この10年間、金融システムは、後ろ向きの「後処理」をしていたのです。ようやく完了するかどうか。昨日の日経夕刊には、イエレン議長は金融規制緩和に否定的と…掲載されていました。あれ? 僕は、何処で…彼女が、好意的に変わった…と言う、記事を見たのかな? 確かに、これまでのFRBは厳格な清貧思想だったので…イエレンが金融規制緩和に好意的?…と言うのは、意外だった為に、昨日のレポートで、敢えて指摘したわけです。でも日経夕刊には、今まで通りの姿勢との報道でしたね。アレレ? もう少し様子見が…必要ですね。

カタルは、必ずFRBは金利をガンガン上げると思っています。だって、既に金融規制克服論が生まれていて…景気は立ち直っているのに、更に減税に、公共事業投資ですからね。その上、規制緩和ですよ。景気は明らかに過熱します。物価は上昇し、インフレになります。だから正常な感覚のFRBは、利上げのペースが速まります。でもトランプは違いますから、米国大統領とFRBは、対立して…確執が生じる筈です。

アレレ…707円を付けていたクラウドワークスが726円を付け1円高になりました。おまじないが、効いたかな? ヨカヨカ…。カタルの犠牲で、皆が助かれば…それでヨシです。本当は、15日に持ち上げるのが、最も強い形ですが…信用買い残の推移や値動きを見ると…新規仕掛け筋の参入と言うのは、幻想かも知れませんからね。

故に本来、描いていた昔のシナリオの方が、正しいかも知れません。200日線を挟んで…当面は、横這いが続くと言う見方です。新高値更新は、今年後半から来年と言う筋書きです。本当は…15日まで買っていたのですが…カタルの感覚と違うために…目先の玉を、泣く泣く外した次第です。

昨日は…ビックリしましたね。 U-NEXTの相場です。いきなり600万株を超える出来高でTICK回数上位に、顔を出しました。カタルがレポートしたのは、14日で…その日の寄り付きの891円で500株買って、ストップ高したので…翌日(300株)、昨日(200株)と2回に分けて売っています。そうしたら、まだ上がっていますからね。

実は…息子の為に、もう1000株買ったのですが…、彼、曰く…朝三暮四だそうで、目先のお金が良いと言う事で、此方は…彼の取り分10万円抜く為に、800株を、昨日1100円の指値が1130円で売れました。ところが引けは…1327円ですからね。開示資料を、ざっと読んだだけで…良く観てないのですが、どうでも良いですね。ボヤージュと同じ感覚です。

基本的に、この会社のように…。新規上場株は、上場から2年程したら、良い株は反発します。クラウドワークスは…まだまだ、これからです。たとえ目先は駄目でも…。そんなに心配しておらず、又仕掛けます。もう少し賢い参謀が付くと良いのですが…。

参謀と言えば…グリーの田中君は、輝きを失いましたね。面白みが、なくなっています。あの時、カタルは1000円前後で、取り組んだのですが…プラットホーム認識の間違いに気付き、損切りをしました。「かたき討ち」をする為に…ずっと、観察を続けていましたが、最近のグリーには「華」が感じられません。

カタルは、一度、やった株の多くは、継続的に観察を続けています。小野薬なんかも…そうですね。DeNAは、昔、やったのですが…最近、キュレーション問題で、再び観察銘柄に取り上げています。この株、おそらく…この辺りが買い場の筈ですが…如何でしょう? 現在の株価は9円安の2420円です。先日、打診した株価は、確か…2545円です。そうして相場の下げに対応するために、この実験を止めたのですが…最近はケネディクスの上昇もあり、余裕が生まれ実験を再開しています。

何か…打診銘柄ばかりで面白くありませんね。カタルの感覚にピッタリくるのは、クラウドワークスのような株なのですが…休みも必要ですからね。新規参入者が生まれるためには、株価が下がることも必要なのです。前より余計に、また株を買えば良いだけの話です。株は金持ちのゲームなのです。貧乏人は僅かなお金しかないから、損切りを余儀なくされます。投資家の器量の問題ですね。

中国のCITICが、昨年に続き…鉄鉱石で減損処理をしていましたね。日本の商社は一括で損金処理をしましたが…。先日の報道では…三井金属が立ち直って来ました。株価も強いですね。これは好業績を背景に、値上げも受け入れられたようです。SUMCOと同じ構造です。きっと…船も注目されますね。今、株価を見たら…もう既に上がっているようです。やはり、米国のインフレを前提にして、相場が動いている様に見えます。

先日、読者から設備投資の富士機械を勧められました。好きな株です。スター精密も好きですね。両者とも、値動きが激しいのです。でも株価位置を見たら…やはり既に、高いのですね。下値圏でウロウロしている株で…何か、ないのでしょうかね。景気敏感株と言う銘柄群からです。結局、あまりアナ株を狙わずに…王道をやればいいのかも知れません。カタルの欠点でもありますね。さてゴタクも長くなり…本日のレポートは、この辺にします。それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2016.09.28

    9/28
  2. 2016.03.03

    3/3
  3. 2016.03.24

    3/24
  4. 2016.08.24

    8/24
  5. 2016.12.02

    12/2
  6. 2016.08.05

    8/5
2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
株式投資関連の本