04/16

かたるいやはや…非常に強い相場が、展開していますね。ここに来て出遅れていたソフトバンクが調整を完了して切り返してきました。もともとソフトバンクには有力な仕掛け人が存在しています。玉と言うのは、完全に外れるわけではないのですね。サイバーエージェントもそうですが、オーナー系の企業は、信者が存在するのか…常に株価が上下しています。株価が上昇する原動力は、この仕掛け人の存在であり、彼らの力量次第なのです。そうして非常に大切なことは、相場に意見対立が生まれると言う事です。シャープは良い事例ですね。かなり上値が見込める筈です。

しかしカタルには、現時点では、高橋さんの力量が読めずにいます。先日話したように、社内派閥の対立があるとすると…完全復活の大きな相場になりません。ある程度の相場にはなるのです。例えば500円程度とか…その辺りまでは読めますが、シャープらしい2000円の株価に向け、育つかどうかが見えないのですね。この辺りはDeNAも同様です。ソニーもそうですね。何れも、今、仕手化している銘柄です。ソニーは時間経過が長く、非常に危ういですが…、DeNAやシャープは現在進行形ですね。

どの株も上がるのは、事前に分かりますが、時間が読めないのですね。今から宣言しておきますが、先日紹介した合同鉄鋼は、必ず株価が騰がります。それは割安だからですね。しかし…所詮、割安株は、魅力がありません。意見対立が生まれるから、相場は面白いのです。以前、カタルは皆さんに2銘柄を、紹介したことがあります。一つは三菱化工機ですね。株価が動かない100円台の推奨。もう一つがNSWですね。ジェオフェンス関連と言う事でご紹介しました。この時は500円台の株価でした。その後、三菱化工機の買値は150円台だったと思いますが、水素ステーションの材料が重なり、株価は一気に仕手化しました。高値はその後582円かな? 現在は414円ですね。割高故に、株価は仕手化しました。

一方、NSWは、業績内容から見て割安で、何れ4桁奪回と思っていました。500円台を買い、カタルは200円ほど…抜いて売ったようですが…、株価は最近まで買われ、先日1120円を付け、現在は883円で調整していますね。みてください、割高感がある方が仕手化して大きくなりましたね。まともな株は、大きく育ちませんでした。それは高値になったら、誰が株を買うか?…という問題ですね。人間と言うのは割高だと思っても、株価が上昇して行くと…必ず買いたくなります。今のBBタワーやACCESSはその口です。美女からベットに誘われ、断わり切れる人間は多くないですね。これが人間の心理です。仕手グループは、これを利用します。BBタワーなど、所詮は銘柄の資質が問題になります。本日、日経を賑わしているJVCKWもそう感じます。でもある程度は芽が残っていますが…。

ソニーを取り上げなかったのは…完全復活が見えないのですね。本来のソニーは、今頃1万円台の株価の筈です。それが…この低たらくの有様です。未だにカタルには、未来が感じられません。まぁ、僕の観方が正しい訳じゃないけれど…。カタルは事前に取り上げていますね。シャープも、何度もここに来て採り上げています。既に上手く誘導すれば、株価は500円台までは育つと思います。でもその先が見えないのですね。DeNAもなかなかですね。何れも、まだ相場が始まったばかりです。ソニーとの時間差を感じてくださいね。株と言うのは、一度、株価の波動が変わると、暫くはその傾向が続くものです。

JTECは、今、関門の1450円を抜きましたね。これで前の二つの関門を抜きました。故にチャート的には、上昇波動が確認されましたね。しばらくこの株価上昇波動が続きますね。ただ、ケネディクスの場合は、間違いました。関門と思っていた619円を抜いたので、カタルは買い増しをしましたが、その原動力がハローウィン緩和による仮需だったためですね。通常は仕掛け人が関与して、関門を抜くのですが…その仕掛け人たちが存在してなかったのです。おそらく内部事情ですね。折角のチャンスを棒に振りました。馬鹿ですね。

三菱UFJの日足推移
image-463

三菱UFJの日足推移

そのチャンスに、今、位置しているのが三菱UFJですね。カタルは、間もなく、この保ち合い場面から、株価は離れるように見えていますね。だんだん株価の上昇スピードは、速くなるのですよ。多くの人は、次に新高値になると…ヤレヤレと売りますが、反対ですね。買い増しなのです。証券マンの人も、今から心得ておいてください。商売だから利食いも仕方ありません。しかし売った株価より高くても、直ぐに買い直さねばなりません。それが出来る証券マンが、一皮むけます。しかしお客様に売らせた株価より、高い位置で株を薦めるのは、やはり勇気がいり、普通のセールスは出来ません。しかし手数料が大きく上がるセールスは、とことん、銘柄を追いかけますね。頑張ってね。

今週の保ち合いは、買い場ですよ。例の3000円台手前の会社ですね。しかしカタルも分かりません。少し不安になっています。どうしてか? それは、どうも仕掛け人が関与してスタートした相場ではなく、日経新聞の報道なので、本当に仕掛け人が関与しているか分からない為です。でも昨日も述べたように…3Qまで赤字で、通期に、いきなり100円台の利益が計上できるなら、この変化率は大きく、おそらく株価は大きく居所を変えますね。故に過去最高水準を目指す可能性があると…、先日、週間のチャートで示しました。一気に株価は倍増ですね。過小資本故に、その可能性は否定できません。ここに来て一気に設備投資がらみの株も、動いています。

遅れていた007ですが…昨日はACCESS(4813)と言う株が動いていました。007同様に組立ソフトの会社ですね。なんと…動いた材料が富士通ゼネラルのエアコンに対し、遠距離操作を可能にする材料だとか…。007と同じIoTの話ですね。この話、007とダイキンが先攻して、実現化した材料です。しかもエアコンの大手はダイキンですね。富士通ゼネラルではありません。おかしいですね。この背景は、野村証券の仕掛け人たちの存在です。彼らには、以前、仕掛けた眠った株があるのですね。失敗した玉の整理をせねばなりません。既にACCESSの株価は3倍近くなっていますね。

007の株価は、きっと下がりませんね。おそらく株価波動は変わったと思っています。その理由は、今回の赤字ながらですが、増額修正ですからね。このように変化は株価を支えますね。最も強いのです。材料なんかより、実際の数字の変化が、一番なのですね。多くの読者は転換売りを気にしますが…そんなものは、僅かなのです。目先筋は、目先の売り物を気にしますが…市場は違いますね。時代が変わると、売り物があるから株を買うのですよ。売り物がない株は、見向きもされなくなります。この現実を感じてくださいね。最近の公募株の動向を見てください。

ケネディクス株価の動きが鈍いですが…、6000万もの信用買い残を抱えていますからね。カタルも、もうすぐ期日を迎えます。高値期日通過は5月ですが…6月一杯は、需給バランスが悪いですね。チャート的な変化日は、3週後を示しています。あと3週間ですね。昨日も487円の攻防があったようです。当然、買い残が重いだけに、一段安の場面も考えられますが、最近の相場状況から見て、ここから100円安の激安整理の懸念は、遠退いている様に感じられます。折角、お金を用意したのに…チャンスはないようです。BBTタワーは、強烈ですね。また買ってきました。カタルが観察しているときは、100円台なのですよ。なんと1年程、観察を続けていました。理由は、ある程度の素質があった為ですが…カタル銘柄には成り得なかったのです。

でも今、動いてない製造業の130円台の株も、何れ、大きくなる可能性がありますね。現在は観察中です。先日135円で打診買いはしましたが…。勿論、合同鉄鋼も、既に打診買いはしてあります。でもやはり、カタルも3流故、時間が見えませんね。困ったものです。非常に素質があると思っていたケネディクスですが…なかなかカタルの期待通りに、経営陣が動きません。その点、オリックスの井上さんは、期待通りの対応ですね。良い会社になりますよ。そうです。リクルートと共に、年金ファンド向けの会社ですね。

通常、相場が良い時は、信用の期日に向かい、株価が戻すケースが、一般的なのです。昔は…ね。どうしてか…、誰もが対策を考え、買値を引かされているから、一般的な金持ちは高値の株を現引きして、更に下値で買い増しをしますね。証券マンは、一般的にそのような商いを好みます。故にハローウィン緩和で、人気になったアイフルもケネディクスも期日向かいの動きになる可能性もあります。でも、果たしてどうなるか…。最近は個別銘柄の解説は増えていますね。でも、あまり意味はありません。所詮、銘柄は一銘柄で充分です。保守的な人は、三菱UFJを確り…と、買いなさい。3年以内に株価が倍増する可能性は、かなり高いですね。

ブラックロックの運用担当者は、日本の変化を指摘しています。日本生命のROE宣言は非常に効果があります。日経新聞さん、ROEと共に、ピジョン化の特集を組んでくださいね。アジア圏の中産階級の市場を、日本のマーケットにしましょうね。故に物流も利益が出やすい環境になりますね。海運株価は安く、年金担当者は一度、組み入れを検討せねばなりません。商社はブラックロックの担当者も述べていましたね。この商社は株価が激変する可能性を秘めています。丸紅などは、食品に強いですからね。

読者から、メールで分かりにくいとの指摘もあります。多少、メザニンなどの専門用語を用いていますからね。パッシブとアクティブとか…。でもネット時代ですから、自分で調べることも重要ですね。カタルも良く知らない用語が出てくると、調べますね。最近、関心を持ったのは…、まぁ、いいか…。果たしてJ・TECが、関門の1450円を超えたように…007も1085円の関門を、早晩クリアできるかどうか…。楽しみになって来ましたね。それではまた明日。毎日読んでいれば、何れ、カタルの考え方も理解できるようになって来ます。じゃ、倍々ではなく、バイバイ…。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2017.02.06

    2/6
  2. 2016.07.15

    7/15
  3. 2015.07.23

    07/23
  4. 2015.06.26

    06/26
  5. 2016.02.16

    2/16
  6. 2017.09.15

    9/15
2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
株式投資関連の本