不安を感じるなら売りなさい。

動揺が広がっている様です…。

多くの人は、近視眼的に物事を考えます。例えば、自分がケネディクスの株を持っており、値下がりしていると、もっと株価が下がるのではないか…と、不安に駆られます。これは人間、だれしも同じです。カタルだって追証対策をしたほどで、持ち高を整理しました。株式投資で難しい事は…銘柄を当てる事でも、その銘柄の動きを予測する事でもありません。一番大切なことは…「自分の心と対話する」事なのです。

良いですか…お金持ちは、株が下がり喜ぶのです。また儲かるチャンスが来たと思いますね。NHKがニュースで「株安だ」と騒ぎだす頃は…大概が買い場になります。でも貧乏人は、心のユトリがなく…常に株価動向に一喜一憂します。当然なのですが…自分の気持ちが、穏やかになる水準まで…自身の持ち高を落としなさい。…と、何度も、カタルは述べています。その株が上がろうが…下がろうが関係ありません。常に平常心を保てる水準が、自分の投資する適正水準なのです。

この力量、適正水準は…人により、様々です。1億、100億の人も居れば…100万円、200万円の人もいるでしょう。100万程度なら、仮に全部なくなっても…1年間、頑張って働き、贅沢をしなければ…普通の人は、また貯蓄が出来る水準でしょう。ボーナスで100万程度もらえる人は、多いと思います。

良いですか…儲けようとする邪推な心が、「分を弁えない」過大な持ち高水準まで、株式の保有を膨らますのです。故に、カタルはいつも「力量」問題をレポートで問うています。カタルには「分不相応」の持ち高だから、ケネディクスの持ち株を減らしたとか…書いています。はやく、自分の力量を知ることです。投資は、そこが原点です。

100万円が1億になると、今度は1億を10億、100億にしようとします。お金と言うのは不思議なもので…自分の身分にあった、水準が備わるのでしょう。

幸福度とは何か? お金のタガでは、ありませんね。どんな金持ちでも悩みがあり…解決できない問題を抱えていれば、不幸です。でも…お金がなくても、ソコソコの生活が維持できて、いつも笑いが絶えない家庭なら…楽しい限りです。

でも若者は自分の力量を、自ら決めずに…常に更なる高みを目指し…挑戦すべきでしょう。一応、年収は一つの「ものさし」です。300万の人も1000万の人も1億レベルの人もいるでしょう。でも一流域でも、せいぜい10億から20億円程度です。300万と20億円の違いは何か? その領域を探るのが人生かもしれません。 カタルは1億水準で、現役を引退しました。まぁ、「中の上」と言う水準かな? でも一人だけの実力の世界でフロックではありません。何しろ、歩合給ですからね。野球選手などをみると、世界基準が分かります。

先ず…この様な基礎的な概念が理解できてないと…どんな話を聞いても、自分自身には「馬の耳に念仏」でしかないのです。同じ情報なのに…利用の仕方で、運用成績はえらい違いです。カタルは、安川電機の株価を見た時に…その驚きを、レポートしています。昔は600円程度の仕手系株だったのです。ファナックとは…雲泥の差でした。経営者が、如何に大切か…分かりますね。本日の新聞を開くと…中国では1月の自動車販売が前年比で11.6%増だそうです。政策支援とは言え…凄い数字です。

カタルがサラリーマンを辞めて、上京して歩合として働き出した1989年からの…日本のGDP推移と中国の変化率を比べてみると…良いですね。両国の政治家のレベルの違いが良く分かります。官僚と言っても…良いですね。

アフリカでは、スマフォを使って、診断をして薬を処方するそうです。昨日、医療法人関係の友達が話していました。でも日本での遠隔治療は7点だとか…。これを高額査定にすれば、どんどん医療も進化します。わかりますか? 中国との政策の違いが?

高額なMRでもCTでも良いのですが、日本は適正な価格設定をせず、メンテナンスで利益を稼ごうとします。安価なメンテナンス業者が、新規に出てくると…あらゆる手を使って邪魔をします。ホリエモンのようなものです。部品などを…供給しないのです。むかし…富士通やNECなどの1円入札が話題になりました。同じ発想です。でも世界基準は違います。業界との癒着、医師会との癒着の村論理が、未だに存在しています。

なかなか「コンセッション」(PFIなど)が、進まないのは…官僚の権限を、なかなか打破できない為です。コンセッションの考え方は、市場原理の考え方です。利用者負担で料金価格が決まります。日本は、まだまだ…多くの課題を抱えています。

せめて…市場経済の鏡である株式市場では、優秀な経営者が選ばれる「M&A」などを活性化させないとなりません。保身に走る馬鹿経営者を、排除しなくてはなりません。

ケネディクスの今期予想

ケネディクスの決算を、ざっと見ました。まだ詳しい数字は見ていません。今期は繰越欠損金が消え、税務負担が通常に戻ります。この為に17億から37億に膨らみますが、これを補って…尚且つ、増収増益を、この時期に発表するのは…非常に珍しい現象です。

しかも…この時期に期末配当を1円増配して7円にすると、言明するとは…驚きです。決算数字も、期初の…この時期に増額しています。ケネディクスは3月決算企業ではなく12月決算なのです。余程…ユトリがある証拠です。(宮島さんは株価に配慮しているのです。)

でも…ね。 基本的にAUM残高が2兆円に膨らんでおり、自己分は1兆3732億円ですから、普通は、最低で200億程度(自己分でも137億です)の収益を上げるのが、妥当な標準でしょう。1%ですからね。昨年、銀座シックスの事例をレポートで話しましたが…この時代環境なのですよ。如何に、宮島さんの経営力が足りないか…分かります。だから…アクティブなヘッジファンドに狙われるのです。

でもギリギリの及第点なのでしょう。他に、このような好調でも…内部留保を貯める経営者が多く居ます。過剰な利益余剰もあり…仮に、今回の株式暴落で、株価が更に下がるなら買収防衛で、小野薬のように…、更に100億程度なら、自社株買いを実施しても…おかしくないでしょう。

一応、四季報数字より、大幅に上方修正されますから、決算数字はマズマズでしょう。株主は、自分で会社説明会の模様を、時間は28分かな?…を聴けば良いのです。でも期ズレの投資売却利益もあり、もっと増額されても不思議ではありません。

早く真剣に…利益を計上しないと…TOBが掛かれば、賛同する株主は、きっと多いでしょう。ユナイテッドアローズの…二の舞にならないように、宮島さんは…一所懸命に、利益を出しましょう。

メールで質問があったので、ざっと触れました。これで良いかな?

そんな事より…全体相場の話です。基本が出来てないから、株価が下がると不安になるのです。自分の勉強不足でしょう。良いですか…。カタルは、いつも株価に先行して事前にヒントを掲げています。でも明確に確信を持っている訳ではありません。ファナックが高いと感じたから、「呆れる展開」とレポートしました。案の定、好業績でも、株価は下げています。

ケネディクスは、基本的に12月に入ると調整が進んでいたのです。株価波動が全体とぜんぜん違うでしょう。だから…今回の下げが、下値を確かめるチャンスだと述べたのです。カタルは、いつ仕掛けが入っても、不思議ではないと思っています。こんな環境下だからこそ…出来るのです。でも今は、小野薬品だろうと思っているから、金曜日も3回に分け買っています。

NY市場の今週の動き

こんな個別株の話しより…全体論の話の方が、ずっと…重要です。昨晩のNY市場は、カタルの観測を打ち破り、更に…下値を掘り下げています。これで、また分からなくなっています。でも辛うじて、引け値では、ポイントの株価を上回っています。まだカタルの観測が正しい…可能性も存在します。その様子をチャートと出来高から見て下さい。

NY市場の日足データ

同時に米国国債金利も掲げておきましたから、この絵を、良く頭に叩き込んでおいてください。テーパリングの意味を、理解してない投資家が大勢います。テレビの解説者も分かっているのかどうか…疑わしい解説が、溢れています。

今回の量的緩和の起点は、リーマンショックです。その前はCDSなどの金融デリバティブ商品が景気を支えていました。これが間違っている…又は、過度の使用を咎められたのが、リーマンショックなのですよ。

だからBISを始め、FRBは、過剰とも言える水準の自己資本比率を求めているのです。ようやくこの準備が整いつつあるから…中央銀行はテーパリングに動いたのです。

しかしまだFRBだけで…ECBも日銀も、量的緩和状態を続けています。この環境で…急いで利上げをすれば…経済は悲鳴を上げ、ダリオ時間に逆戻りします。あの時にカタルはダリオ時間とイエレン時間を解説しています。

でもイエレン女史は、辛抱強く、雇用の改善を待ち、雇用数が改善しても…今度は賃金を問題にしていました。時間の経過により、諸条件が満たされたので…テーパリングから利上げに移行出来たのです。

短期の国債金利の推移

しかしFRBは、さらなる高みの自己資本比率規制を求めています。これが今回の下げの引き金かも知れません。故に金利が3%も超えないのに…株式市場は「癇癪」を起こしたのかも知れません。市場との対話…と言う事は、こういう時には、FRBは利上げを急いではなりません。

でもこのような現象になっても…元日銀総裁の三重野は、「株や土地が下がっても、経済は大丈夫だ」と豪語して、利上げを実行したので…大量の不良債権が生まれ、失われた時代に突入しました。もしパウエル新FRB議長が、馬鹿だと大変です。このような環境でも利上げを実施すると…景気は一気に冷え込み、ダリオ時間に「逆戻り」になります。

長期の米国国債金利の推移

カタルは、いずれ金利水準は5%ラインを超えると思っています。しかし…そのスピードが問題です。だから金曜日のレポートで、政策は、針の穴に糸を通すように…難しいタイミングだと述べたのです。

でもダリオ時間より、もっと怖いのはインフレの高騰に押され、市場から利上げを催促されることもあります。この方が、もっと怖いのです。大幅減税で、財政出動なので…一気に過熱する事もあります。此処での株価の調整は、むしろ望むところなのです。

昨日のニュースで、調査会社プレキンによると、ブラックロックのPE(プライベートエクエティ)のドライパウダー(投資に回されていない資金)は、昨年末に1兆ドルを突破した。…と報道されています。分かりますか? この意味が…。彼らが…ガンガン、株を売っているのは、買うために…売っているのですよ。下値を確かめているのです。

自分の頭で…時代背景を考えて下さい。目先の株価推移に、動揺する気持ちは分かりますが…正しい知識を持って、自分の力量を把握するのです。そうすれば…常に市場の勝ち組になれると思っています。カタルのレポートを、ヒントにして…自分で実際に調べて…自分なりの仮説を立てて、相場に臨めば…良いのです。この3連休は、その絶好の機会です。それでは…また明日。

有料会員への質問や、参加希望メールを、多く頂いております。しかし残念ながら、現在は募集しておりません。しかし…間もなく会員の入れ替えの時期が来ます。たぶん空く枠は少ないと思いますが…追加募集するとすれば、3月初めになると思っています。その時に告知しますから、暫く…お待ちください。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2015.10.10

    パーツの羅列
2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
株式投資関連の本