3/22

かたる:しかし…世の中は、何が幸いするのか分からないものです。相場と言うのは面白いものです。本日は朝方から「クロスマーケティング」(3675)が高く始まり…いったい、何が起こったのか?…と思って調べたら、東証1部への昇格だそうです。人間と言うのは、面白いものですね。会社の内容は変わらない筈なのに…上場指定がマザーズから、一部に格上げされると信頼度が増すようです。

確か…最近、19日に565円で2000株を買ったばかりなのです。この株は比較的にゲンの良い株です。前回やった時、500円前後からの出発だったと思いますが、それから一気に4ケタに乗り、2000株だけ残して売りました。下げ過程でも少し買ったけれど…駄目で、何処かで諦め…投げたのでしょう。そうして時間を置き、随時、取り組んでいますが、今の所は儲かっています。

お蔭で気分よく…三菱UFJを買い直しました。でもこちらはクロスマーケティングが売れたのを確認して買ったので705円の買いです。最初は704円で買おうと思ったのですが、僅か1円の違いなので、どうでも良いか…と、脇が甘くなりました。でも投げたのが、あの日の引け値の706.3円だから…「良し」かな? 基本的に売りたくもないのに…追証対策で投げましたからね。それにしても弱い株です。まだ下値が確定されていません。ヒェ~。

先週、だったかな? これで三回目かな?…期日が来て、アコムをクロスしたのですが…こちらは完全に値動きが変わったように見えます。たぶん1年半程度…見ているのでしょう。僕は間違っていました。銀行がサラ金業に進出し…勢力を拡大させて、サラ金はガチガチの規制下です。おかしな日本です。

昨日は「長い物には巻かれろ」と、「清濁併せ呑む」との…喩えを述べましたが、カタルはこれが…下手糞な人間です。ある意味で、一本気な気質と言うか…。処世術が下手糞です。昨日、佐川宣寿元国税庁長官の生い立ちを見て、なるほど…と思いました。

きっとお父さんを早くに亡くされ、彼は苦労したのでしょう。だから「忖度」(そんたく)と言う処世術が上手いと言うか…。一般的には、気遣いなのでしょうが…。何処まで、踏み込んだ発言をしたかは…本人しか分かりません。

でもカタルは、立憲民主党の枝野さんは、弁護士気質と言うか…。政治家の仕事ではなく、地検が捜査に着手しており、畑違いの追及は…やり過ぎだと考えています。そんなにやりたいなら、政治家を辞めて…地検に入れば良いのです。もっと政治家は、政治家らしい仕事をしなくてはなりません。益々、日本は疲弊して行きます。こんな風に思うのはカタルだけなのでしょうか?

もう高齢化社会は、どんどん進んでおり、時間がないのに…何故、こんなバカな論争に時間を浪費するのでしょう。明らかに日本は馬鹿が揃っています。メディアの資質の問題でしょう。あの外務大臣の岸田と言う奴も、分かっていませんね。何が総理候補だ…と思います。三菱UFJが、簡単に800円を割れているのに…テーパリング論争を持ち出そうとする感覚は、実力がない人間の証明です。やはり政治家も、株式投資をすべきです。

カタルは16連騰して…デフレの関門である22750円を、一旦は、抜けたので、今でも大丈夫だと思っており、その路線で…相場論を組み立てています。だから強気に三菱UFJを買い直しました。アコムも来そうですね。おそらく…復配が確定なのでしょう。

アレレ? 相場が強くなっています。いったい何が、起きたのでしょう。163円高の21544円になっています。クロスマーケティングの605円が売れたら、夢テクを1085円まで買い増しに行ってみますね。先ほどは、僅か200株しか売れませんでした。

流石…日経新聞の力は、偉大です。本日は、朝方からリクルートが高く、今は79円高の2575円です。他の人材関連の株価も、みんな高いですね。実は夢真HDも、東証への鞍替えを狙っています。

いよいよ…彼岸が過ぎて、1月末からの調整波動が…修正される可能性があります。たぶん5月まで…好決算を背景に、また馬鹿どもが、日経平均株価3万円説を述べるのでしょう。そもそも…カタルは失業率が3%水準を大きく割れて2.4%となっており、春闘は3%目標を達成し始めています。この発想は、一昨年の夏に、生まれた馬場レポートからのものです。

だから歴史的な「16連騰」と言う記録を作ったのです。長い東証の歴史の中で、初めての連騰記録です。そうして破れないと思っていたデフレの関門の22750円を打ち破った意味を、もう一度…噛みしめる相場が、これからやって来るのでしょう。カタルは、そう考えて…その路線でイメージを膨らましています。このバックボーンが変わらない限り…株は、「買いに分(歩?)」がある筈です。

馬鹿評論家の意見など…所詮は、みんな素人なのです。本物なら、カタルと同じように投資家の道を歩む筈。自分で相場を張らない連中に、いったい何が、分かるのでしょう。追証の痛みを理解して、初めて経済を語れます。岸田のようなアホが上に居る限り、日本はまだまだ大変な道です。早く…早く、時間がないのです。

三菱UFJが2000円になり…ケネディクスが4000円台の高値を抜く相場が見たいものです。デフレ脱却とは、そういう事を云うのです。それでは…また明日。

ケネディクスの週足推移

 



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2017.05.11

    5/11
  2. 2017.07.25

    7/25
  3. 2016.09.13

    9/13
  4. 2018.03.16

    3/16
  5. 2017.11.27

    11/27
  6. 2017.12.26

    12/26
2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
株式投資関連の本