4/9

かたる:いや…ビックリしましたね。大谷翔平投手は6回まで完全試合なのです。結局7回まで投げ…毎回奪三振の1安打だったかな? これじゃ…米国も、日本以上に盛り上がりそうです。これが名目時代です。「出来る奴」を称えて、みんなで、それを目標にして前に進みます。

それが、富める者から先に豊かに成る「トリクルダウン理論」です。日本のように、悪者をワザワザ作り…みんなで叩く構図は実質時代の悪しき慣習です。どちらが生産的な社会構成かは…明らかです。「寛容な社会」の形成が必要なのです。

やはり株式相場も「スター株」が必要です。そう考えていたら、なんと…「夢テク」は新高値を更新しました。ひょっとすれば…これからムトー精工のような馬鹿騰がりをする可能性もあります。新川の時もそうでした。カタル銘柄は、たくさんの…売った後に、良く上がる銘柄を輩出しています。小野薬も、目先の仕上がり宣言を出しましたが、その後も上昇を続けています。

カタルの「空売り」仮説は…如何でしょう。土曜日の株式教室で書いた原稿の説得力は、なかなかでしょう。なんと…本日はNY市場の大幅安を受けての市場なのに…あまり下がらず、今現在は、逆に…日経平均株価は15円高の21583円です。

昨日のコラムは「ギャップを探せ!」…その中で貿易摩擦、貿易戦争と騒ぐメディアの存在を問いました。世の中には多様な考え方があり、日本人の集団行動を増長するようなメディアの存在に疑問を呈しました。

だから…そこにギャップが生まれ、「歪」が存在します。水は高い所から低い所へ流れ…やがて均等になります。メディアの存在は、人間の感情を煽ります。あの時に朝日新聞は、米国を敵として戦争を増長したのです。一部、軍部の暴走を許す社会は、今のような村論理が存在していたためでしょう。我々は、インターネットを手に入れ、いろんな意見を目にする事が出来ます。故に、必ず…多様な考え方を、自分自身で咀嚼する必要があるのでしょう。

株式投資とは…大きな「歪」を糺す過程で、利益を得る事なのでしょう。時代の流れを読み、その時代の方向性のスピードを考え、人類に貢献する人間を応援する場なのでしょう。だからテスラの馬鹿高値が肯定され…アマゾンの常識破りの成長が支援されます。そのおかげで我々人類は、更に…進化を遂げるのでしょう。市場原理主義とは、その様なものなのでしょう。

昨日の日経新聞を観ていたら…カタルが土曜日の株式教室で、取り上げたボーイング社(BA)の株高の背景(理由)が掲載されていました。タイミングが良いですね。貿易摩擦問題でBAは叩かれています。この記事を読むと…此処での調整過程で、BAの株を買ってみたくなります。この記事を書いた稲井創一さんは、なかなかタイムリーで良い記事です。

カタルはBRICsの言葉が、生まれる頃から…ずっと航空機の発展を思ってきました。故にあの時から、ジャムコ(7408)を狙い続けていました。株価が500円の頃の話です。何年も、何年もなかなか上がらなかったのですが…今回の相場で10倍になりました。そうして今は…再び調整を入れています。

しかし、この記事を読むと…今後20年間で4万機以上の需要が生まれ…、今も5800機もの受注残を抱えていると言います。中国のキャンセルが、仮にあっても…BAの業績に大きな影響を与えると言う市場の見方は、間違っているように思います。だから一番、打撃を受ける筈ですが…そんなに株は下がらないのでしょう。この記事は、その事を述べています。

我々は、市場の値動きに一喜一憂しないで…世の中の流れを、正しく認識をしないとなりません。株価の動きには、必ず、理由があります。

カタルは本日、安くなっている○○を寄り付きの1148円と…、更に1120円から下値に…随時、買いを入れています。今の所、1120円まで…買えています。次の大化け候補銘柄です。今週は、その理由を述べますから、読者の中で関心のある方は、自分で、必ず背景を確認して、同意されれば、一緒に行動を共にされれば…良いのでしょう。

明日は、そのチャートを示します。この銘柄は、貸借銘柄ですから…カタルの意見に批判的な方は「空売り」が出来ます。市場には、様々な意見が存在します。

夢テクの出来高は、既に10万株を超えて来ました。人気が広がり始めてきたのかもしれません。ひょっとすれば…一気に2000円台に突入するかもしれません。カタルは、昨年のゴールデンウィークの時に、日経産業新聞を読んで驚いたのです。

あの採用人数は、本当かな?…と思いながら調べたのですね。アウトソーシング、夢真、そうして夢テクの3社比較があり、その中で、一番…伸び率の高い「夢テク」を選択しましたが、皮肉なことに…市場は、一番、大きな規模のアウトソーシングを選択して、株価を2倍以上に押し上げました。

本来なら、一番、変化率の高い「夢テク」の方が、株価も大きく上がる筈だったのです。ところが、あまりの大量採用の為に、新人の教育経費が掛かり、相場に時間のずれが生じました。まもなく1年が経過して、期が変わるので…ようやく、そのギャップの修正が起るのでしょう。いよいよ…目先筋も、面白い場面に突入しそうです。今は46円高の1172円で出来高も12万株に膨らんできました。いずれ…100万株程度の人気を、集めるのでしょう。

カタルレポートは、一応は、元証券マンですから…、多様な考え方の投資家の要望に合わせられます。本日は再び、三菱UFJも寄り付きで1000株だけですが…買っています。ソニーも良いように思います。何しろ…5%の賃上げですよ。この賃上げは、経営者の自信の表れでしょう。背景には…エコ減税で生まれた薄型テレビなどの買い替え需要が、これから生まれます。オリンピックも控えており、尚且つ、4K、8K時代に変化しますからね。なにしろ、この軟調相場でも、株価は、カタルが高いと感じて空売りをした4950円を下回りません。

通常、目先相場が、期待できる銘柄は、どんな弱気相場でも、株価は強いものです。夢テクをみれば分かりますね。この弱い相場環境でも、なかなか下値が買えませんでした。

今回の○○は、大きく下がった株ですが…これからでしょう。リバウンドも…本格相場も両方を兼ね備えています。夢テクの時に、語りましたが…完全に見えない方が、相場は面白いのですね。意見対立があるから、相場は、どんどん大きくなります。この○○もそんな面を持ち合わせています。

皆さんが、完璧だ…と思う半導体株や、設備投資株も、ここから4月5月の戻り相場で大きくなる可能性もあります。日経平均株価が22750円を抜き、完全に…日本が名目の時代入りする確率が、非常に高いのです。

1989年末にNYダウは2753ドルでした。今の株は、下がったとはいえ…8.6倍の23932ドルです。SP500では353ポイントだったのです。それが、今では2604ポイントで7.3倍です。

何故、日本株は…その時に付けた38915円を抜けずに、清貧思想の「失われた時代」の道を、歩まねばならないのでしょう。馬鹿らしい限りです。

我々は、東芝や電通事件で学んだのです。メディアも馬鹿論理に、国民を誘導せずに、もっと大谷君の活躍に目を向け…明るい名目時代を、共に築きましょう。他人批判はせず、共に称え合う「歩み」を、早めようではありませんか? 皆さんの…良識に、期待する次第です。

明日は期待の新星、○○のチャートを掲載し、水曜日には銘柄公開をします。何か…夢テクの時の手法に、似ていますね。毎日、カタルレポートを読んでいれば…銘柄は、既に分かっていると思います。それでは…また明日。

○○の現在の株価は33円安の1119円です。楽しみです。いよいよ出来高が膨らみ始めている夢テクも…期待して下さい。何しろ、変化率が髙いのに、アウトソーシングに大きく株価面で遅れています。この時間ギャップが、小型株らしく…これから、一気に埋まるかもしれません。

本日は、親会社の夢真も、高いですね。負けるな、親に…、親を抜いて…親を喜ばせましょう。子供は、ドンドン成長します。

夢テクの日足推移



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2016.03.03

    3/3
  2. 2015.10.13

    10/13
  3. 2015.08.17

    08/17
  4. 2015.10.06

    10/06
  5. 2015.05.29

    05/29
  6. 2016.07.15

    7/15
2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
株式投資関連の本