7/18

かたる:いや…ビックリポンなのです。ソニー株は連騰を続けており、一気に6100円を付けました。動きが加速し始めており、後半相場の本命株に相応しい値動きです。6100円には10万株ほど売り物があり7万ほど残し…下落を始めたようです。

カタルは6100円で指値売りを出しましたが売れず、株価が下げて来たので、逆に…昨日の高値は6048円ですから6050円で追加の買いを入れました。今は6004円まで下げていますから、もう100株の買いを6000円丁度で…用いてみます。

やはり…証券マン根性は抜けていません。常に花型銘柄に参加してないと気が済まないようです。正直に言えば…ソニー株で儲けようと思っている訳ではありません。参加する事で、相場観を実感しているだけなのです。

相場観と言うのは、自分で参加しないと分からないものです。良く、買った気持になってどうのこうの…と言う人が居ますが、そんなものは「まやかし」です。たとえ僅かな株数でも良いのです。常に実際に参加することが大切だとカタルは思っています。通常はこのソニーに続く銘柄が、次々に出てくるものです。そうして全体相場にエネルギーが循環します。

昨日、関門を抜いたSUMCOの2363円ですが、引けはダレて2円安の2327円でした。下値の関門ですから…当然の動きです。ヤレヤレ…と思う人も多く、逆に買いの勢力でも、疑心暗鬼に包まれています。この理由は安川電機です。安川電機が決算を受け、新安値を更新したからです。一昨日の1128万株、昨日は828万株で安値は3600円でした。一昨日付けた4200円から600円も下げますから…かなり弱い心理です。

でも、たぶん大丈夫だろうと…考えています。続々と下値の関門を抜く銘柄が増えて…全体の相場にも安心感を与えるのでしょう。昨日、高値を買い乗せした東芝がどうなるか…。現在は5円安の344円です。この株の出来も全体に影響を及ぼすでしょう。何しろ、この環境下で高値圏なのです。太陽誘電に村田など…先頃、材料が出たエーザイ、そうしてソフトバンクなどの動向も、全体のイメージを観るためには、欠かせないアイテムでしょう。

証券マンなら、常に人気株の動向を追い、その背後に隠された銘柄の意図を考えて理解しておく必要があるのでしょう。必ず、時代的な背景があるのです。その時代感覚を掴むことが大切です。そうすれば…次に上がる株は、自ずと分かるようになるのでしょう。

信用買い残の重くない銘柄は、どれも…かなり戻って来ました。ただ好業績が約束されているのに…株価の戻りは鈍いものも、かなりあるようです。何倍にもなるとは思っておらず、皆さんに紹介すべきかどうか…躊躇って、昨日は敢えて銘柄名を○○とした航空機関連のジャムコ(7408)は、どう考えても…増額修正は決まりです。1$=105円で弾いている企業にとって、この円安は天与の恵みでしょう。カタルは昨日…200株だけ買いました。

ここでの減益要因は、新規展開のシートへの進出で、この部門が赤字を計上しているようです。内装品は黒字を続けており、ジャムコは、ドイツの会社と世界を二分するのです。ボーイングやエアバスは、こなせない受注を抱え増産体制を維持しています。今回の高値は5270円ですが、以前は6800円が最高値です。

ジャムコ(7408)の日足推移

まぁ、既に2400円前後の株価なので、大きな魅力がある訳ではありませんが…マズマズの成果を後半相場では示現するのでしょう。動きは軽いので…何処かで増額修正は確定ですから、株価が飛んだ時に買わずに、今のような人気のない時に仕込んでおくのを薦める次第です。今日は、昨日の週足に続き、日足を提示しておきます。兎に角、この株はカタル好みの銘柄です。

多くの読者は、自分の持っている株だけしか見ていませんから、「システミックリスク」の事を考えません。

今、再び1040円が入って来ており、此処に4万ほど売り物がありました。今現在は残り3万少しあるので…カタルも1000株だけ、この1040円を買ってみましょう。関門は確か…1047円の筈です。この水準で、この株を買うのは久しぶりです。ハイ、1040円のお買い上げです。

あっ、同じように考えている誰かが他にも居り、全部、売り物が消えました。誰が3万ほどの売り物を買ったのでしょう。

まぁ、こんな話はどうでも良いのですが…このシステミックリスクの話です。これは金融用語かな? つまり市場全体のリスクと言う事です。株価と言うのは、個別株要因と市場全体の要因で株価が形成されますが、どんなに好業績の銘柄を買っても、市場全体が駄目な時に…何をやっても駄目なものです。

つまり…今回の場合は貿易摩擦など…が、市場全体のリスク要因になっています。でもカタルはどちらかと言えば…債券のフラット化問題を、貿易問題より懸念しています。米中摩擦を懸念するなら、EPAが始動したわけだから、此方の評価はどうなるのでしょう。全く…理解できません。トランプ氏らしくNATOの費用負担を述べたのは、正論でしょう。日本を見れば分かります。安倍さんの外交手腕で、今の所、ターゲットになる筈ですが…風は和らいでいます。

でもカタルは、もともとトヨタが300万台体制の生産を維持する事に、問題があると思っています。もうモノを生産する時代は、さようなら…だと思っています。FAANGを見れば分かります。株価が急騰したネットフリックスは…

ハイ、今、関門に1047円を抜いて1048円を付けました。「1円新値は鬼より怖い」とも言いますが…新たなステップ入りしたのでしょう。次は1188円に小さな壁がありますが、1368円を、いつ抜くのか?…が焦点になるのでしょう。

カタルは、この銘柄を通して「市場の整合性」を問うていました。太陽誘電や村田が高値を更新しているのに…何故、この株価は下がるのか? ここに大きなギャップが存在すると述べていました。この大きなギャップを修正することが市場の使命であり、投資の儲けに繋がると述べたのです。

毎日、カタルレポートを読んでいれば、カタルの比喩的な表現は、自ずと理解されます。何故、カタルはそう考えて原稿を書いているか…読者の皆さんはカタルの気持ちになって読まねばなりません。そうすれば…証券マンは、月間の株式手数料が1000万ほど上がるようになります。顧客は自然に儲かりますから、みんな電話を掛ければイエスマンになります。

イエスマンでない人は非効率だから、他の証券会社に資産を移して貰い…取引をやめましょう。その為には…自分も努力して、たくさんの資料を読まねばなりません。今はスマフォがあり便利になりました。世界中のニュースが瞬時に分かります。だから…大恐慌のようなリスクは消えています。パウエルが何を述べているか…そうして、株価はどう動いているか…リアルタイムで分かるからです。

一番怖いのは無知です。知識がない為に…株価の上下が不安を与えます。今、ソニーの6000円が買えました。このまま大陰線になると形は良くないですね。でも全体相場が大幅高していますから…(今の日経平均株価は230円高の22927円です。) 当然、先導役は役目を果たしていますから、お休みを得られます。このような知識がないと…ソニー株の相場は終わった…売りだ…とか、空売りだとなります。でもむしろ、この動きは自然です。

話しがポンポン飛んでいるから、分かりにくいでしょうが…要するに、カタルレポートを毎日読んで…何故、カタルはそう考えているか? それを考えながら読んでください。

下手な経済新聞より、ずっと効果があると思っています。カタル自身がフィルターになって精査して話題を取り上げています。 6月のEUの自動車販売は前年同月比で5.2%増の157万でした。でもスペインは8%増と良かったのですが、イタリアは7.3%減少したと言います。

自動車販売は一つのバロメーターです。米国も好調で…しかも値段の高いピックアップやSUVが売れています。日本のような軽自動車ではありません。でも最近は軽などと馬鹿に出来ず、価格は200万ほどするものもあるとか…。

さてゴタクが多く長くなりました。それでは…また明日。ソニーの動きは参考になりますから、参考にされると良いのでしょう。どの株も底入れをしたのだろうと思っています。三菱UFJが安いですが心配は要りません。これも株価波動が変化しているのでしょう。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2015.08.14

    8/14
  2. 2015.07.16

    07/16
  3. 2015.11.27

    11/27
  4. 2017.12.21

    12/21
  5. 2016.02.10

    2/10
  6. 2018.05.24

    5/24
2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
株式投資関連の本