2/5

それにしても…仕手株「テスラ」君は、すごいですね。まもなく…200ドルが1000ドルになるのですよ。注目して欲しいのは、昨年10月24日から12月5日までの高値保ち合いの場面です。この局面が買い場になります。 まるで…1000円攻防を展開している、今のロコンドの様な展開です。


テスラの日足推移

テスラの時価総額は既に1598億ドルですから、米国株全体への波及力も凄いのです。何れ…日本株もこのような展開になります。昔は、仕手化する大相場を演じる銘柄が数多く出ていました。でも「失われた時代」と「流動性の罠」の影響で、人々の心が委縮しているのです。

清貧思想も、程々に…しないとなりません。社会から発展が消えます。少し馬鹿をやると、直ぐに地検様が動くようでは…世の中は、一所懸命に頑張る奴が消えます。

もしホリエモンを、お灸程度の留め、自由に行動させていたら…とカタルは考えます。あの程度の事で、村論理の牙城が崩せるものではありません。フジテレビの日枝さんなどが画策したのでしょうが?…これは分かりませんが、カタルの推察です。大らかな目で…若者を見守りましょうよ。ZOZOの前澤は、馬鹿をやっているなぁ~って言う具合です。

テスラのイーロン・マスクと比較すると…米国と日本の違いは明らかです。フェスブックのマーク・ザッカーバーグでも、良いのですが…やはり市場経済が発展する違いが、根底に存在するように感じます。

昔の日本は…もう少し大らかだったように感じます。カタル自身も警察官に捕まった経験がありますが、温情的でした。その為に停学を免れています。大岡裁きの裁量権が現場にあったからでしょう。でも今は小さな案件でも直ぐに社会問題化します。これは人々の心から「ユトリ」が消えたので、ギスギスした社会形成になっているのでしょう。

カタルの予想が外れたぐらいで…腹を立てないでくださいね。当たらないのが、当たり前なのです。もし…当たり続けるなら、今頃、南の島で豪遊をしています。こんな原稿を書いていませんからね。こういう良識が、通常の人は備わっている筈です。

でもNHKのニュースを見ていても、些細な事を全国ネットワークでワイワイ言いますからね。みのもんたは、消えるそうですが、似たような…他人の噂や行動を餌にするハイエナ・キャスターが多く存在します。大衆迎合主義と言うのは、どうなのでしょう。

NHKが「チコちゃん」などの…下品な番組をやっていることが、カタルには信じられません。「ボーっと生きてんじゃねーよ」ですからね。カタルも良く「馬鹿」を連発しますが…文脈を読めば軽い気持ちですからね。日本人が劣化するわけです。

こんな事を書いている場合ではありませんね。本日の日経新聞を見て買い気配スタート…と思った千代化は、すんなり335円で寄りました。日経新聞の5面には、経産省が資金援助をしてLNG基地の整備を謳っています。千代化には追い風です。本当に…皆さんは相場を知っているのでしょうか?

千代化の仕手性は、天下一品の素質を持っているのです。だから過去に急騰する展開を示しているのですよ。チャートを見ると分かります。2002年から2006年にかけ、100円台から3000円台へ…急騰を演じています。

この期間は少し長いですが、途中を切り取っても分かります。カタルが何故、買い増しをしているか? この後、この下値ボックスからの離脱するチャートは、急騰場面が訪れる可能性が非常に高いチャートです。「立ち上がり型」の急騰場面が、訪れるかもしれません。一気に500円処か…800円から4ケタの展開があっても…不思議ではないですね。テスラを見て下さい。

同じことが、ロコンドにも言えます。このロコンド、ようやく25日移動平均線が下から上に200日線を抜くゴールデンクロスを達成しました。この意味はこのラインの売り物が「切れる」と言う合図です。

何も…闇雲にチャート論があるのではなく…その背景には理由があるのです。此処から仕掛けを加速させて、上値をとっても…売り物が枯れている可能性を示しています。でも僕らは、自分達が上を買うのではなく…下値をジックリ集めましょう。賢い投資家を目指すのです。

週足でも13週線が、下から上に26週線を抜くゴールデンクロスの展開です。52週線は1007円のラインです。僕らは闇雲に動くのではなく、確りした論理的な背景を携えて行動をしましょう。仮に…失敗したら、その原因を考えて、二度と同じ失敗を繰り返さないように、心掛ければ…何れ、常勝将軍になれます。

今の千代化の板を見ると…353円に104800株、354円に12050株、355円に172600株、そうして356円に132900株あります。このような売りの塊を、一気に買うのが仕掛け筋です。でも此処は重いから…ね。

前引け間際に、その動きが出るかどうか…。できなくても…後場に仕掛けると良いですね。そうすると明日に繋がります。自分の力量が、どの程度か…です。仕掛けが早いと…売り物が沢山拾えます。どうするか…見物です。

自分で相場を作れば…下値をプールする筋が出てくると嬉しいものです。僕らはロコンド株の1000円割れを丹念に集めています。このウーハンコロナの最中でも、チャートの形が崩れないでしょう。売り物なんか…僅かしか出てこないのです。

株価の構成も、ラッセル組が勝利を収めます。他人が作った道の…後を歩めば、苦労はしません。だから千代化は下値ボックスを抜くのを確認してから、高値を買っても良いですね。ロコンドも同じです。

全体相場の「兼ね合い」を考えながら、銘柄を選別します。何故、テスラなのか? この辺りに、今の相場のヒントがあります。まだウーハンコロナは「二番煎じ」があるのでしょう。

でも…それにしても強いですね。米国株は…大丈夫かな? 少し心配をしています。「燃え尽き症候群」に陥らないと良いのですが…テスラ程度の炎上は良いのですが、アップルなどに波及するは、どうか…と考えます。

でも米国の凋落とアジア地域の覇権が進む…展開もあり得ます。ドルの信認問題です。中央銀行が発行するスティーブルコイン時代になると、アジア圏が急浮上します。やはり日本株は10万円ですよね。政策官僚さん、グローバルな…明るい未来を目指しましょう。ここで日本が、がんばると社会保障料など…大丈夫です。ここでも浮上する○○です。

カタルは先日、川本を「空売り」したいと言いましたが…この代わりに2月3日にコーセーを買い、昨日はそれを利食いして…更に、千代化を買い増ししました。カタル自身の力量をはみ出し…欲望が勝りました。このアイディアは、会員レポートにも盛りましたが…皆さんは利用されたかな? 同じようなアイディアが、今、原稿を書いていて浮上しました。でもこれは、時間的なユトリがあるでしょう。

みんなは、ウーハンコロナで騒いでいましたが、カタルは早くから中国の政策目標を題材に、中国人民銀行による金融緩和が世界経済の回復を、後押しするシナリオを語っています。

昨日の米国市場は、他の政策支援観測により…株価が大幅高したようですが、基本的に政策により、株価がコントロールされています。だから正しい政策を実行するなら、バブル期の38915円は、もう直ぐ抜くのです。政策官僚さん、日本の未来を考えて下さいね。

もう時間があまりありません。ガラガラポンになる前に、ユトリある展開をお願いする次第です。自分に能力がないなら、上の権力ポストは辞退しましょう。鳩山や菅のようなアホが上に立つべきではありません。川本はまたストップ安ですね。これで4連続か…10連続の後に4連続、こんなバカな相場を手掛けて…困った種族です。同じ博打でも可能性の合うシナリオを選択すべきでしょう。

お金があるなら…日本電産も買ってみたいですね。永守氏の5年で3倍増に賭けてみたいのです。機関投資家さんなら、村田に続き…日本電産の選択肢もアリでしょう。機関投資家にも、カタルは時々…銘柄を選択しています。昨年の夏は村田製作を掲げました。あの時に失敗した「メトロサーク」が開花しています。同じことで日本電産にも…この表明は、すごい価値があるのです。

何故、複利終価係数を、持ち出しているか? ロコンドの40%以上の売り上げ増加は、すごい数字なのです。この意味が理解できない奴は100万円が361億円になるマジックも知りません。このマジックは30%ですよ。40%の角度は、格段に違います。41%ですから…40年ではなく、24年で381億円です。10%の違いは16年も期間を変えます。

如何に、ロコンドの成長度合いが、すごいか…。自分で計算をすれば分かります。まもなく…スターマインの打ち上げ開始でございます。

株って、理解を深めると楽しいでしょう。事前にカタルは…いつも「未来の形」を語っています。それを読み、何故、カタルがそう考えるか…。自分なりに考えて、ロコンドを100株でも良いから買っておくと、より一層、相場を楽しめると思います。

机上論など、偽物人間がやることです。僕らは本物人間をめざし、いつも率先垂範を実行するのです。それでは…また明日。

でも無理はしないように…一番は、自分の力量把握です。今、1020円に19400株の売り物が出ています。後場から、少しカタルも買ってみるかな? 誰かが仕掛けたら…カタルも追随しましょう。やる奴が居るかどうか…。カタルも微力ながら…応援をします。

あら…原稿を書いている内に、もう誰かが買ってしまいました。やはり…相場心がある人間が、市場には居るものですね。カタルの出番はありません。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2017.02.09

    2/9
  2. 2017.08.28

    8/28
  3. 2017.04.25

    4/25
  4. 2018.06.12

    6/12
  5. 2017.03.01

    3/1
  6. 2018.01.04

    1/4
2020年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
株式投資関連の本