3/17

先ずは…落ち着く事です。世の中の多くの問題や困難な問題は時間が解決します。絶望感に包まれ、自殺をしようと思っても…1年から2年の時間を置けば良いのです。たしか…自殺でも多くの生命保険は申し込みを受けると思います。ただし条件があり、免責期間が1年~3年程度のようです。つまり…この事実は、時間を置けば人間の気持ちは変化すると言う事でしょう。まぁ、此処では「石の上でも3年」で、じっと我慢をする覚悟です。

株価なんか、何れ、必ず回復します。既に事前に述べている様に、日本株は「金利裁定概念」が働く株価水準です。だから…どの株もバーゲンです。その指標としてカタルが、皆さんに提示しているのは「三菱UFJ」株です。

この株の先日の安値は382円です。今の相場の気配値は389円です。でも本日も原稿の書き出しが早く…今の時間は8:35なので、この気配値はあてになりません。先物価格は16500円前後を示しているようです。

昨日の日経平均株価は乱高下していました。一時は17785円まで付けていましたが、結局、NY市場の夜間取引の影響を受け…引け値は17002円で、429円安でした。昨晩のNY市場安を反映した結果に終わりました。もう海外投資家は日本株を、あまり持っていません。むしろ…今度は良識派が市場に登場します。

例えば…これまで保守的な見方しかしなかった此方のサイトです。この原稿を読むとリーマン級の下値は16800円だそうです。本日にも…付けるのでしょう。彼は弱気派の代表的な人間です。この基準はPBRの0.81倍だそうです。三菱UFJの昨日の株価は394円ですから、394/1297=0.303倍です。如何に割安か…貸出の金利水準など関係ありません。

先日の日経平均株価の安値は16690円です。たぶんNYの大幅安を受けても…本日は、この程度のものじゃないかな? 日経平均株価の1000円以上の下げはないと思っています。時間が経過し8:52になりました。今の先物価格は16400円で三菱UFJの気配値はやはり382円を割れていませんね。385円を示しています。

三菱UFJと共に掲げたトヨタは、どうでしょう。トヨタは2016年の安値は5000円割れですが、今の気配値は5800円です。先日の安値は5771円です。

カタルが全体論を述べているのに…個別株を聞いてくる読者の人が居ました。関係ないのですよ。どんなに…この株が良いと言っても、今は関係ありません。カタルが相場の目安として、何故、3つの指標を掲げたか? 金利裁定概念の三菱UFJ、この金利裁定概念は鉄板の考え方です。

米国債の値動き

次に、資金逃避の動きとして…米国債を掲げています。資金回避が一巡をしたから、金利が上昇したのです。でも昨日はFRBの動きを受け、再び金利は下がりました。でも基本的には峠は越えています。

アップル株の日足推移

最後に…次世代の動きである「MAGA相場」のアップルです。何故、会員向けに先々週にマイクロソフト、アップル、グーグル、アマゾンン1兆ドル倶楽部を紹介したか? 会員の人は、その意図が分かるでしょうか? あの時に来週にもアップル株の240ドルが見られるか?…と述べました。

実際は…2週間以上経過した昨晩、初めて…アップル株は242ドルで終わり、200日移動平均線の247ドルを割れました。ようやく…です。

これだけ世間が騒いでいて…ようやく乖離調整の値幅に到達したのです。如何にアップル株が高く買われていたか? それを如実に物語る現象です。先ほど紹介した保守派の馬淵さんが「適正ライン」に株価が届いたと言う訳です。これで新しい時代に、突入できる準備が整いました。基本はアップル株の動きを、注視しないと相場が見えないのです。

三菱UFJの株価が入りましたね。事前の予想通り385円で寄ったようです。誤解があると悪いので…追加の解説をします。先日、カタルは基準を安値で、そこから2週間と言いましたが…基本は、追証が切れてから2週間が目処です。だから3月10日が439円でプラス7.3円ですが…再び3月12日に引け値で割れていますから、駄目なのです。

今度の基準は昨日の394円が基準になっており、ここから2週間です。ですから3月30日以降になります。もし本日も、この水準(394円)を下回って終わるなら…又伸びます。

追証が切れてから、2週間が、これまでの経験則です。カタルはいつも「ハイリスク・ハイリターン」派ですから…、この程度の下げは慣れています。

個別株では、このような暴落は時々あります。でも全体がこんなに下げる事は滅多にありません。10年に一度程度かな? だからある意味でチャンスです。今株を買うと…7%定期をするようなものです。だって多くの株は、適正ラインから半値です。千代化は400円と思っていたのに…194円で投げさせられました。

千代化の業績数字(会社四季報より)

でも昨日、発売された四季報数字を見て下さい。ほらね。カタルの言った通りでしょう。かたるは2月の段階では一株利益の100円近い数字を予想していました。でも為替が大きく振れており諦めました。でもこの一株利益73円より上の数字で着地する筈です。だから本当は四季報が発売される前に、力のある仕掛け人が居れば、面白い展開になったのです。

今はサウジの動向や、もともと5月の決算まで…と言う概念で、Jトラストに軍配を上げました。だから千代化を売ったのです。貧乏人の悲哀で、追証の為に、どっちも持てないからです。でも昨日は、また2000株買いました。

目先、一発高しても…不思議ではありません。でも市場には、良識的な本物人間が居ませんからね。昔は「救済銘柄」が誕生したものですが…今の時代は どうでしょう。 アホばかりの清貧思想論者しか、残っていません。だから三菱UFJの利回りが6%を超えるのです。鉄板なのに…悲しい現実があります。

とうとうケネディクスと、三菱UFJの鞘が消えました。この現象も意味がありますよ。アクティブなケネディクスに、保守派の三菱UFJ…同じことなのですが、上値は違います。カタルは20年以上、原稿を書き続け勉強をして、しかも実践をしていますから、WBSのテレビに出てくる市川さんのような日銀批判などしませんよ。

日銀が動かなくてはならない現実を作ったこれまでの政策が問題なのです。本当は市川さんの言うとおり、ETFの買いなどすべきではありません。でもとっくに、そんな段階は終わっているのです。市川さんは村社会の人間だから食えない時代の悲哀が理解できないのでしょう。自殺の選択しかない…追い込まれた人が沢山います。実際によちゃんの友達は亡くなったのです。本当の話しですよ。

清貧思想の官僚派閥が押し進めた政策の結果、絶望しか与えない「失われた時代」と言う永遠と続く成田闘争になりました。今でも…「桜を見る会」を見ると、アホな事をやっています。政治家が政策提言をせずに、週刊誌を題材に国会論争?アホ以下のレベルです。テレビ受けばかりを狙ったパフォーマンス野郎の集まりです。政治家ではなく、芸能界に行けばいいのです。情けない社会です。

市川さんに、質問をします。何故、三菱UFJの株価が純資産倍率で0.3倍で6%を超える利回りなのに…あなたは三菱UFJの株を買わないの? カタルにはサッパリ分かりませんね。こんなバカ野郎ばかりが…上に居ます。

日銀がETFやリートを買う意味を考えるべきです。価格形成が歪められる? もともと正常な価格形成が成り立っていない市場なのです。「流動性の罠」の説明をして下さいよ。463兆円も使わないお金を貯めこみ、前田道路のようにTOBを掛けられてから、慌てる社会現象が何故、起るの? みんな素人です。

まぁ、偉そうに述べているカタルも、現実を見誤って、追証で株を投げています。買い場なのに…投げている悲しさが貧乏人に悲哀です。しょうがないね。己の器を知らずに、行動する馬鹿なのです。

ようやく…アップル株が200日線ラインに届き、乖離調整が終了しました。しかし…此処から下値固めをして、新しい相場が始まります。その下値固めをする時間が必要です。本日の三菱UFJがプラスになるなら…米国離れをする日本株に、なり得るかもしれません。果たして…どうでしょう。394.5円を上回ることが出来るかどうか…。

カタルは日経平均株価10万円説を述べていますが…驚きました。カタルより、強気の人を初めて見ました。株屋ですが…なかなか面白いので…此方のサイトをご覧ください。教えて頂いた読者の人は、どうもありがとう。時間軸を変えると様々な見方があります。

でも失われた時代は「肥やし」であり、この「流動性の罠」の時間は、また格別です。そうしてコロナですからね。コロナの後で、やって来る「バラ色相場」の開始はもう直ぐです。

ほぉ~昨日高値の690円まで買ったロコンドは、プラス転換になりました。IoTのユビキタスはどうかな? 此方は残念ながら…まだ1円安です。

もう、これだけ下げが続くと…流石に、カタルのような馬鹿の追証も切れている筈です。半値になった現物株を売る馬鹿は居ませんよ。

物理的に株高の方向性の模索です。テレビの馬鹿に惑わされないように…日銀様が頑張っています。ラストリゾートの登場なのです。日銀に勝てる奴は居ません。カタルが日銀総裁なら、とっくに名目時代です。簡単なのです。みんなが喜べる社会の構築は…

やる度胸が、トップにあるかどうか…です。当然、市川さんのような批判が沢山あります。だから「桜を見る会」になるのです。WBSを支えるのは日経新聞で、日経は官僚派閥の清貧思想論者です。でも最近、その手先だった金融庁は、日銀派に変化しています。だから社会が少し明るくなってきました。

あと一息だったのになぁ~。今年の2月は、ウハウハでした。300円以下で買った千代化が448円に…この四季報の数字、73円を見れば…当たり前でしょう。

折角のチャンスを、コロナで潰されました。でも新たなお化けの存在も出ています。此方の記事も紹介しないと…カタルは片手落ちになります。強気と弱気がガップリ四つの大相撲です。ほら…ユビキタスも、プラ転です。

「落ちるナイフは拾うな」と言いますが、底が抜けて、さらに下の階の板を突き破ったナイフを拾っても、良い段階に来たのでしょう。ただ皆さんは3月30日まで様子を見て下さい。仮に三菱UFJの引け値が、更にマイナスなら…そこから、また2週間です。

まぁ観察を続ければ…分かります。間もなく底這いの展開になるでしょう。そこから前の二つの山を超えたら「新しい相場」が始まります。前の二つの山は、以前、解説しています。

カタルは常に、半年後の感覚で相場を語っています。その通りに千代化の数字は動いていますが、株価を観るとトホホ…何故、このような有望な千代化を残さず…Jトラを選択したか? これも四季報を見ると分かります。微妙な変化なので気付く人がいるかどうか…明日、気が向いたら解説をします。

でも今は、個別株をどうのこうの…と言っても始まりません。アレレ…日経平均株価が53円安ですね。今の株価は16944円です。おかしいな。何かあったのかな?

まぁ日本人は付和雷同の国民で、「赤信号みんなで渡れば怖くない」性格の人間ばかりです。テレビのコメンテーターも、そう言う輩です。いい加減なカタルより、ひどいと思います。あら…昨日690円で追撃買いをしたロコンドですが、その株価も上回りました。動物園の猿は、途端に元気になります。キャキーン。キャ、キャ、キャ…。何を買おうかな?

やはり…馬鹿に付ける薬はありません。皆さんは賢い投資家を目指していますから、時間を置いて、株を買う準備をしましょう。この後、訪れる「バラ色相場」を考えながら、銘柄の観察をしないとなりません。まぁ追証さえならなければ…時間を耐えることが出来ますからね。もう3月も終わりですね。

コロナコロナの北風は…厚い「流動性の罠」の雲を吹き飛ばし…元気なバラ色相場の太陽を連れてやって来ます…とさ。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2016.08.12

    8/12
  2. 2020.05.28

    5/28
  3. 2018.05.07

    5/7
  4. 2015.02.04

    02/04
  5. 2018.07.03

    7/3
  6. 2018.08.07

    8/7
2020年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
株式投資関連の本