5/11

米国の「雇用統計」自体は、歴史的な悪化水準なのに…事前予想より良いと言い、株価が上がりました。この背景は米国のメディアの論調と日本のメディアの人間の言葉の選択違いが分かります。

基本的に、日本人は従順です。どうしてもメディアの論調に影響を受けます。その性格を利用する輩は、世の中に大勢います。故に、株式投資の場合、どうしても…自分で決めないと駄目です。流されてはいけません。

本日は半導体のF君に、ようやく…まともな買いが見られました。

カタルは金曜日も「買い増し」を実施しました。なにしろ最初の買いが900円台なのです。そこから…あっという間に400円台ですからね。まったく驚く…下げ方でした。この株は仕手株でもなく、投資信託が株主のように…まともな株なのですが、それでもこんな下げ方をします。

故に、カタルはI君と同様に、「救済銘柄」候補と位置づけましたが、クロスも見られず、下手糞です。カタルがやるとすれば…こんな株を200万から300万程度嵌めて、上に持って行きます。仮に2000円台にしても、そんなにおかしくありません。株価を上げることは誰でも出来ます。

安川電機を見れば分かりますね。この安川は、明らかに機関投資家(ファンド)のオモチャです。理屈に合わない様な株価水準です。でもやれるのですから…。

市場関係者なら、この発言は分かるでしょう。もう少し上手い市場のリードの仕方があると思うのですが…証券界も人が居ないのでしょう。どの業界も「失われた30年」は長過ぎたのでしょう。技術伝承が進んでないのでしょう。相場を見ているとそう感じます。哀しい事です。

本日の相場を見ると分かりますが、先駆したロコンドは休んでいます。 I君もそうでしょう。そうして出遅れ銘柄の半導体のF君が大幅高しています。

つまりこの現象は「相場の体温」が上がったのです。ようやく通常の体温に変化して来た現象の一つです。故に、三菱UFJの450円奪回が注目されます。この株は本来なら不良債権処理が増え、あまり買えませんが、日本の場合、長年、金融庁がガチガチの規制を強いてきました。故に、配当も維持したんじゃないかな? さらに日本は清貧思想で内部留保が463兆円ですからね。この水準で大口顧客の貸し倒れは少ないでしょう。

米国では、百貨店などが続々と破産申請をしていますが、高島屋は自前の商業ビルを売却する程度のようです。この違いは大きいですね。故にROE経営を批判した日経新聞を叩いたのです。悪戯に「清貧思想」を広めるべきではないでしょう。自分達が何を書き、どう表現するか? その影響度は計り知れません。困った連中です。官僚が悪いよね。

昔は日本国をうまくリードしましたが、失われた時代の30年間の実績を見ると…村論理の保身野郎ばかりが、上に居ます。そうして地検などは、自分達の保身に繋がるから、日産のゴーン逮捕に協力したのでしょう。本当に腐っています。

今回の人事問題も、馬鹿な誘導を国民に実施して…メディアを動かしています。この期に及び…いったい何を考えているのでしょう。小さな村の話をすべきではないでしょう。日本がリードして、米中の関係を導く「器」の人間が、居ないのでしょうか?

今やるとすれば、やはりデジタル通貨でしょう。世界共通の中央銀行が発行するデジタル通貨で「キャシュレス時代の構築」です。これをいち早く浸透させ、効率的なスマート都市建設を実行すれば…「希望」溢れる社会に変貌できます。

早く…はやく、小さな村論理で、勢力争いをすべき時ではありません。日本人は困った人間が多いなぁ~。トホホ…と嘆くのは、カタルだけではないでしょう。

さて相場は案の定、と言うか、有望株は休んでいます。本日はロコンドを1180円で500株買いました。寄り前は1170円前後の気配値でした。故に、そこから下に買い指値を入れました。でもこの形は、あまり下げずに…「右肩上がり」の小さなコマの連続が一番、相応しいパターンだと思っています。でも僕がやる訳じゃないからね。

半導体のスポット市場は、若干、緩んでいます。でもコロナで新時代になっても、需要は全く落ちません。だから仕掛けるとすると、半導体や5G関連になります。特にソフト分野の充実が急がれます。

故に…I君を大きく持ち上げる理由が生まれますが…本日は少し安いですね。まぁ、乖離があるから、休みも良いのでしょう。F君にも、皆さんには「ユビキタス」の事例の方が分かりやすいかな? それともケネディクスが良いかな?

まぁ両社とも、緩やかな右肩上がりの上昇が続いています。基本的に、株価はこう言う動きの内は、積極的に買って大丈夫です。途中で上昇する角度が変化します。今日の半導体のF君は朝から買い気配でスタートしましたが、このようなラインから急騰するケースが一般的です。今までと上昇する角度と違う形で、急騰します。人気化するわけです。だから本日なんか…このF君は買い増しの好機の可能性があります。一気に人気化するのかも知れません。

半導体のF君の日足推移(飛ぶかどうか…)

此処では…チャートだけ掲げておきましょう。

ケネディクスなんか…誰かが、株を買っている様な動きに見えます。基本的に誰かが大量の玉を買うとすると…こんな形になります。株主名簿に出るのは、ずっと後になります。ダミーのペパーカンパニーを使い、株を集めて、ある日、相場が始まります。そんな動きにも見えます。まぁ、いつものように「欲目」での解説ですが…。良い素質を持っています。今やると、空売りがジャンジャン入ります。

I君も貸借銘柄だから、一気に1万円に駆け上がると面白いですね。そうして更に3万円にお化けにするチャンスです。

でもやれる度胸のある奴が、どの程度、市場に居るか? 市場はコバンザメの連中ばかりです。「アンジェス」(4563)なんか…素質がないからね。やっても討死です。偽物をやるから駄目なのでしょう。

本物銘柄を手掛ければ、面白いのに…。その意味でロコンドは面白いですね。この株は、ひょっとすると…本当に1万円の資質を秘めています。果たして田中君が、その器かどうか…でも今回のヒカル砲など…なかなかです。問題は現物株なのです。条件がイマイチです。貸借なら、面白かったのです。でもその分、資金が余分に必要になります。

仮に本日、半導体のF君が選択されているとすれば…出来高は200万株程度に膨らめば…興味が出てきます。でも既に、この時間で52万株です。今の株価は711-720-704-706=524900(9:51)です。一気にやるとすれば、先日のロコンドの4月後半の形になります。ロコンドはヒカル君効果で4月3日から始まっています。カタルは折角600円台で1万もあったのに…この悔しさが分かりますか? まぁこれが運命です。この連中はナカナカですよ。

故に…カタルもトコトンついていきます。捕まるのを覚悟で、最後まで売り買いを続ける予定です。本日も僅か500株ですが、追随して買っています。でもこの揉み合いを離れたら、また買い乗せです。一貫して…買い乗せを選択しましょう。本当に1万円の資質を秘めている株です。でもアンジェスは、すごい人気株になりましたが…これは偽物です。この違いは何れ分かります。田中君に期待をしましょう。

半導体のF君が、本日の相場の見所でしょう。果たして前引けから後場にかけて、一気に買い上がるかどうか…カタルが玉を下値で丹念に拾っているなら一気にやります。

50万株単位で、上値を買うと面白んだよね。そうすれば…あっという間にストップ高の人気株になります。でもあまりに上品だからね。だから資質は、ロコンドに比べ大きく見劣りするかもしれません。人気化しても…4桁止まりのような気もします。力技で2000円まで持って行っても…あまり面白さがありません。そう考えると、やはりI君の資質は、頭抜けています。

株と言うのは、誰でも資金があれば、上に持って行くとは出来ますが、問題は高値圏で、どう逃げるか?…なのです。

本当は、「任天堂」のような本物に育つのが良いのです。任天堂はカルタやトランプを作っていた冴えない会社だったのです。山内さんは面白い経営者でした。ゲーム&ウォッチ時代が一番、面白かったかな? それからファミコンです。ドンキーコングの頃の任天堂も面白かったね。今では世界的な企業になりました。

ロコンドの売り上げは、僅か85億円です。同業のABCマートは2800億円ですから、30倍以上の差があります。並ぶだけでも…たいしたものです。そうしてファストリのように世界進出できるなら、本物です。でも田中君のセンスは、なかなかです。応援をしたい経営者です。株を買うと言う事は、経営者が好きかどうか…。応援できる企業かどうか…。時代の流れが合っているかどうか…。色んな条件が揃わないと、なかなか大きな相場に発展をしません。

さてそろそろ10時を回りました。10時半辺りから、上を買い始めるかどうか…。他の銘柄はどうなのでしょう。三菱UFJは422円ですね。でも野村証券は安いのです。アンジェスは本日も安いのですね。でも凄い人気ですね。カタルにはサッパリポンなのですが…たいしたものですよ。こんなボロ株が…此処まで伸びるのです。恐れ入りました。

さて…本日は、この辺でお終いにしましょう。買い増しの基本は、三菱UFJの株価が一つの目安になると思っています。450円を超えるまで、ガンガンの強気、その株価を超えたら要警戒でしょう。500円も超えるなら、一旦、持ち高を落とすべきかと思っています。でもカタルの観測なんか当てになりません。外れているから、いつまでも貧乏人のままなのです。でもやはり450円を超えたら、追証分のお金を引き上げたいと思っています。実はもう短期口座以外は、全口座がプラス転換をしました。だからF君なんかまで…物色が広がったのでしょう。

まぁ事前に、自分の頭で相場を描き、行動する癖を付けると良いと思っています。それでは…また明日。

原稿を上げる時間になり…やはりF君を仕掛けてきましたね。722円です。やるかな? 果たして、どうでしょう? もし出来高が一気に膨らんだなら、利食いではなく買い乗せを選択しましょう。それでは、また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2017.03.23

    3/23
  2. 2019.12.06

    12/6
  3. 2015.02.04

    02/04
  4. 2015.05.19

    05/19
  5. 2020.05.18

    5/18
  6. 2015.08.19

    08/19
2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
株式投資関連の本