7/28

全体の相場は依然調整色から抜け出せてないようです。基本は「ファストリ」(9983)だろうと思っています。本日は、指数より売られている様子です。所詮は「日和見主義」の日本人、誰かが主導権を握ろうとすると、みんなで叩く世相は人々が疲弊しているのでしょう。

「他人の不幸は蜜の味」とばかり…善悪の判断より、先ず批判すれば正しいと思っているのでしょう。野党がそうですからね。あのレベルが国会議員です。何でも反対、何かあれば辞職要求です。簡単に内閣不信任案を出すような政治家の集まりですから…呆れるレベルです。それを後押しするメディアはもう日本国を売る、売国奴と卑下するしか表現の仕方がありません。いつしか良識ある大人は世の中から消えたように感じています。

株価も同じです。株価が上がればワイワイガヤガヤ…と騒ぎ、少し株価が下がると経営者批判です。孫正義は素晴らしい経営者の一人ですが、一般的な評価は低いままです。株式投資は自分が考えないと駄目ですが…自分で考えることをしなくなった日本人ばかりです。

本日、材料が出たS君こと「シックHD」(7365)をカタルは昨年の11月末のアルトコール時代に、この会社は良いんじゃないかな?…と考えて会員レポートで推奨をしました。当時の株価は896円でした。

ところが…下がる、下がる…。最初は社名変更のために売買が停止されるから…かな? と考えていましたが、それでは通用しない下げを演じました。

シックHD(7365)の日足推移

いくら何でも…これは買い場だろうと思い、今年5月16日のレポートで再推奨(532円で再推奨)をしました。株価は525円まで下げたのです。タイミングよく…ここが下値で株価が反発してきました。実は昨日まで買っていました。あの750円を買ったのはカタルです。カタルは株価が4桁に乗っても買い続けると…皆さんに宣言をしています。この株は素質があると考えているからです。「時が時なら」…株価が5桁になっても不思議ではないと思っているのです。

しかし現実はなかなか…カタルのイメージ通りに株価は動きません。ロコンドなんか…良い事例でしょう。この株もシックHDと同様の事例でしょう。最近のロコンドの株価イメージは、シックHDの500円台の感覚です。ですが…なかなか新規の「賛同者」が居ないようです。

如何に日本人と言うは、日和見主義で…自分自身の考え方がないように思います。

今、シックHDを770円で、500株買いました。この買値が最近では一番高値になります。本日はどうなりますか…。

光通信の重田さんはこの株を1078円で買ったのです。それも昨年の6月の話ですよ。それだけの価値があるのでしょう。彼の上前を撥ねるチャンスは、そうザラにありません。自分に能力がなければ…能力のある人の真似をすることでしょう。

光通信の重田さんは、ソフトバンクの孫氏と並び、日本の経営者の鏡的な存在です。その辺のお飾りの社長さんとは違います。

株価と言うのは面白ものです。昨日の話です。テスラとトヨタの比較をすると…まるっきり…違う業種の株式のようですが…何故、こんな差が生まれるのでしょう。皆さんは、間違っています。お金と言うのは、使う人により価値が変わるのです。時代が変わると…人々の価値観も大きく変わります。

これが実話ですよ。バブル期…カタルの顧客で、大金持ちの人が居ました。東京駅前の小さな鉛筆ビルを2つ買いました。その資金は、静岡だったかな? 郵便局に自分の土地を売り…何十億円もお金が入ったから、邱永漢の助言に従い、彼は最も価値のある東京駅前の土地とビルを買ったのです。しかし数年後、バブルが崩壊して自分の間違いに気づきます。でも邱永漢を責められませんね。

もともと…日本の馬鹿政策が間違っているのですから…。まさか…彼も日本人がこんなバカだとは思わなかったのでしょう。自分の価値観が確り出来てないから後悔をするのでしょう。

その方は既に亡くなられ…奥様は喜んでいるでしょう。静岡より東京の方が遊び場所は多いですからね。どうされたかな? 証券マンを長くやっているといろんなタイプの人間と付き合います。ヤクザのような連中から上品なボンボンまで…

経験では、河岸やの人は勝負が大きいですね。昔、和光証券の大手顧客の一人は築地支店の顧客です。平気で値嵩株の小野薬品を20万株、30万株の買い注文を出します。低位の株なら1000万株単位と言う具合です。それも、そんなにお金がなくても…目先の勝負を好みます。世の中は色んな人がいます。

ここで述べたいのは…テスラ株とトヨタ株の比較を観て、自分達の固定概念と言うのは、間違っていると思った方が良いのでしょう。

特に今のような激動の社会変革期の思想は、大きく変わります。だから「分断の時代」と言われ…多様な考え方の存在を認めないとなりません。オリンピックの精神です。日本人は村社会意識が強く…自分の考え方が当たり前だと錯覚をしています。

そういえば…カタルは昨日、このシックHDの意見を求められました。その時に「スカラ」(4845)のケースを思い出しました。似ています。だぶん…4桁までは何処でも…買い場だろうと思っています。ただし小型株ですから、無理をしない投資をしましょう。

最近はエーザイも株価は、下値を叩いた可能性が高いように感じています。

やはりロコンドもそうですが…このエーザイも捨てきれません。本日はPD(4587)に二番煎じなのかな? 武田との契約の話が出ていました。カタルは興味を覚えて、取り敢えず…200株だけ参加してみました。

カタルはいつも実践派です。故に、先ずは株を買ってから考えます。それからです。継続的に観察を続けます。ロコンドは、まだ1年と7か月ほどです。先日のM&Aを観て…カタルは安心しました。田中君のモチベーションが心配だったからです。基本はここです。

皆さんは、自分でやったことがないから分かりません。株価評価も「日和見」です。そうして他人の影響を受けます。ですが、カタルは自分が良いと信じると…トコトンやります。

なかなかホームランを打てませんが、可能性のある株を常に追っています。この辺りの「選択眼」は、自慢ではありませんが一流域でしょう。問題はタイミングだけの話です。

世の中は常に「捨てる神あれば…拾う神アリ」です。特に今は基本的に2月から株価は調整入りをしており、既に6か月近いのです。何故、株価の行方を悪戯に心配するのか…。カタルにはサッパリポンです。その内…状況は変わります。だから無理をしない範囲で、シクシク…と自分を信じて動けばいいのでしょう。

今のところ…「シックHD」(7365)の高値は、813-828-768-778=251800(9:50)です。だから高値は828円ですが…なにも心配いりません。下値を丹念に買い続けると2倍ほどになるかもしれません。

株価が下がれば…魅力は増すのです。これは基本です。こういう基本的な概念が確り…出来てないと駄目です。だから…カタルは、「何と言っていましたか?」

銘柄の選択の一番は「時代性」2番は「企業業績」で、3番は「株価位置」と述べています。

馬鹿だけです。株価が安くなって不安になって売る人は…本来は、安くなったら買うのです。お金のない人は、先ずは「打診買い」をして、あとは時間を待ちます。その内、出番が必ずやって来ます。カタルはいつも、事前に宣言をしていますよ。

今回は「シックHD」です。その前は「パイプドHD」(3919)、少し前は「NPC」(6255)かな? そうだ…新電元(6844)も、最近です。NPCなんか…既に5割以上、株価が高い水準です。

カタルは「ハイリスク派」…故に上がると思っても「村田製作」や「ソニー」などは、あまり好みません。そりゃ、自分のお金が10億、100億とあるなら…そういう選択肢も必要になって来ます。しかし所詮は貧乏人です。常にチャレンジを続けるのです。

だから…ロコンドの田中君は好きな経営者です。なかなかの器だろうと思っています。皆さんの評価は、株価で変わるのでしょうが…カタルはトコトンやる性格です。ロコンドの今の株価は1300円台ですが…時代の移り変わりで、株価が1万円になっても、全然…驚きません。その可能性が高い経営者だと思っています。

今は、シックHDかな? 

本日、後場からどうするのでしょう。ストップ高させるのは…簡単です。それとも時間経過で株を更に集めるか? 続報は、もう決まっているのでしょう。皆さんはあまりに…幼稚な考え方の人が、多いように感じます。

エーザイも目先はやられましたが…この感覚が間違っていると思っていません。

この株価水準なら、ここから、やられても…僅か1000円程度です。この薬は「人類の夢」です。良い響きです。NPCも、ここでの一服は当然でしょうが、興味があります。テスラの太陽光分野は、ようやく損益分岐点水準だと報道されています。ここからです。

良いですか…「時代性の大切さ」を噛み締めましょう。

カタルは自分がやれないことは述べていません。必ず、「率先垂範」をしています。このレポートは、皆さんが回り道をしない為の…良い教材だと思っています。何しろ…カタルの人生の凝縮版です。カタルはずいぶん「回り道」をして…現在まで来ましたが…皆さんは、毎日、このレポートを読むだけで、その時間を超えることが出来ます。かなり価値が高いカタルレポートだと自負しています。

いつも事前に…前もって提示しています。あとは皆さんの選択次第です。

事前にTOBを連発させているのは、なかなか…ないでしょう。今回のシックHDも皆さんは偶然だと思っているかもしれませんが…こんなことは、ある程度、推測が出来ているのです。問題はそのチャンスを、ものに出来るかどうか…なのです。

99.99%の人は、折角、チャンスを掴んでも、自ら、その機会を逃します。本日のシックHDの高値828円が8280円になる事があっても、不思議ではないのです。株の世界は、いつも何が起こるか分かりません。株式市場はいつも「真坂、魔坂、まさか」の世界です。だから面白いでしょう。この過程を楽しみましょう。

それでは…また明日。そうだ…シックHDの材料は此方です。もう一本、IRには公開されています。カタルは4桁になっても…シックHDの株を買い続けます。本当はカタルが上を買っても良いのですが…何しろ貧乏人です。トホホ…貧乏は嫌いです。実験も円滑に出来ません。せめて実験ぐらい、気軽に出来るようになりたいものです。それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2020.07.22

    7/22
  2. 2019.03.04

    3/4
  3. 2016.01.29

    1/29
  4. 2016.07.12

    7/12
  5. 2017.08.14

    8/14
  6. 2019.04.01

    4/1
2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
株式投資関連の本