アーカイブ:2017年7月6日

7/6

かたる:今の焦点は「FRBの動向」と「金融規制克服論」と「インフレ」などがテーマですね。このような狭間の推移を市場がどう捉えるか…。故に難しいのです。市場が気迷い症状に見えるので…ヒアリなどの話題で、殺虫剤関連が賑わうのでしょうが…単発のマネーゲームなのです。半導体も…底入れ模索段階で、まだ下値は確定されていません。

昨日から本日は、SUMCOなども高いようですが…調整波動からは、通常は、なかなか反転しないものです。問題は信用買い残の推移です。SUMCOは信用買い残が膨らんでおり953万株もあります。簡単に上昇波動入りするとは…思っていません。ただ実態は絶好調が続いており、間違いなく…高値を、再び更新すると思っています。

皆さんは、この三市場残に…注意を払う必要があります。日証金などは…あまり関係ないですからね。株価の調整は、基本的に二通りです。値幅で下げて乖離を調整するやり方と…時間推移で移動平均線が上がって来るのを待つのですね。25日線や200日線などの移動平均線に注意を払うと良いでしょう。基本的に200日線にタッチするなら、目先人気は一巡している筈です。

ただ…小野薬品のように信用買い残が、極端に重くなると…どうしても時間調整は避けられません。最近、小野薬品は信用買い残は、急速に減っており…誰かが買い始めると、既に市場心理は完全に逆転していますから、更に信用買い残が減る可能性があります。だから時間を掛けても平気の方、あるいは小型株は嫌いな保守的な層には…此処からの下値はお薦めです。

信用買い残が少ないと言う事は、仕掛けて、仮に上手く…その時に、相場が上がらなくても…、株価水準は、段々、上がっていきます。相場が休む時に、大きく下がらないから…直ぐに人気が盛り返すのです。目先の売り物が僅かな為です。このケースは、ムトー精工ですね。おそらく時間を置かずに…800円台の株価を示現すると思っています。このまま続騰する筈です。

売り物の壁を、自分で全部、買えても…全部の売り物を、自分で買っては駄目なのです。例えば…1万株の売り物があるなら、先ずは2000株、3000株と…少しずつ買うのです。一人相撲は…相場の世界では、必ず、失敗します。継続的に…休んだら、買えば良いのです。良いものなら…必ず、株は上がり…上がった株価が地相場になります。

クラウドワークスは、少し前は500円台で、いくらでも買えました。段々、水準が上がり800円割れも、前回は買えましたが、今回は、この4ケタを割れた…この辺りが地相場になりそうな展開です。このラインが鉄板の安値水準に、なりそうですね。上昇は鈍いですが…現在の200日線は962円です。いつでも…発車オーライなのでしょう。発射かな?

SUMCOの200日線は1536円ですね。タッチする前に反発しましたが…たぶん、秋から年末年始にかけ、2015年の高値2458円の奪回でしょう。ウェハーなので…半導体は、むしろ後工程が良いのかな?…とも考えています。何れ、皆さんも理解されるでしょう。でもSUMCOは、好きな株ですからね。大型株の割に…値動きが良いのです。だから今回も…取り組んでいます。でも本日は売っていますよ。

最近、カタルも目先投資を、実践していますからね。小手川君にチャレンジです。まぁ、彼の足元にも、及びませんが…目標があることは楽しいのです。偉そうに…、テレビで解説している馬鹿より、彼の方が…ずっと、上ですからね。日本にも…バフェットのような人が誕生すれば良いと思っています。目先博打ではなく…論理的な投資が出来る人が増えれば良いですね。そうすれば…日本も、何れ…市場経済型に変化するかもしれません。

いい加減に…馬鹿メディアには、ウンザリです。何故、偽物世界が、もて囃されるのか?サッパリポンです。先日、隣の浜ちゃんと温泉に行ったのですが…彼は関西の吉本が東京進出して、メディアも可笑しくなったと言っていました。更に読者からは「メディアは韓国・朝鮮系の在日や帰化人に完全に汚染されている」とのメールを頂きました。

確かに…メディアは、しつこい報道姿勢ですね。加計学園など…どうでも良い問題に思えますが…くだらないことで、いつまでも騒ぎますからね。慰安婦問題など…歴史的な背景を見れば…いい加減に繰り返すな!…と言いたいですが、しつこく、いつまでもグダグダと…韓国は言い続けます。成田闘争も、結局、ごく僅かな農家の所に、外部の人間が多く入って来て、問題を複雑化にさせて…無駄な時間を浪費しました。メディアと言うのは、何処に基準があるのか…サッパリポンです。「社会のダニ」のようにも思えます。

折角、ネットがあり…いろんな意見が読めるので…日本人は、もっと賢くならなくては、なりません。自分で物事を考えましょうね。株式取引の基本ですね。自分が様々な材料を見て…どう考えるか。その試行錯誤の繰り返しです。自分のシナリオが崩れることなど…しょっちゅうあります。カタルなど…は、今だって、揺れています。レポートを読めば、分かります。それほど…今は難しいのです。

上がる株は、分かるのですが…ピタリと…当て続けるのが難しいのです。ほぉ~やはり、上がって来ました。太平洋興発ですが…95円が買えなかったのです。こんな事は一杯あります。でもたいした魅力もなく、買えないから見送ったのです。まだまだ早いですが…本日は、ある株を685円で500株だけ買いました。でもなかなか…680円は買えないのです。少し前は…660円でも買えたのです。現在の200日線は683円ですね。おそらく、この株は…あと3ヶ月くらいで…明確な上昇波動入りをするのでしょう。

ケネディクスも…そうですね。一度、520円を割れた方が綺麗に見えますが…割れずに立ち上がる可能性も、濃厚になって来ました。実は、カタルの7月の期日は1500株しかありません。この…まだらっかしい時間推移が、人間心理を、微妙に揺さぶります。75日線は522円ですね。200日線は468円なのです。故に…まだまだ利食い圏の人は、大勢、居るのでしょう。

アララ…火が、付いてきました。太平洋興発は118円ですよ。コンチクショウ!買わなかった株だけが大きく上がる。いつもの事です。こんな株は、所詮、幕間つなぎです。ムトー精工の方が、筋は良いですね。ぼやいていたら…ケネディクスは536円ですね。反転相場は、いつなのか?

まぁ、未来など見える筈はなく…のんびりやるのが、一番なのでしょう。当たるも八卦、当たらぬも八卦と言います。注意深く、相場を観察していれば…何れ、流れは明確になります。それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。
2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
株式投資関連の本